長束 俊治

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/15 10:44
 
アバター
研究者氏名
長束 俊治
 
ナツカ シュンジ
eメール
natsukabio.sc.niigata-u.ac.jp
URL
http://www.sc.niigata-u.ac.jp/biologyindex/natsuka/title.html
所属
新潟大学
部署
理学部 生物学科
職名
教授

プロフィール

【研究】糖鎖の生理機能を解明するために糖鎖の網羅的な高精度構造解析法を開発してきました。現在は、その手法と遺伝子操作を組み合わせることにより、ゼブラフィッシュの胚発生における糖鎖の機能解析をしています。さらに「糖鎖アトラス」という糖鎖の網羅的データベースの構築と、糖鎖解析に必要な関連酵素等の開発も合わせて行っています。好きな糖はフコースです。最近、フコースによく似た6-デオキシアルトロースをN-結合型糖鎖の中に見つけました。
【教育】生化学が専門で「基礎化学」「構造生化学」「代謝生化学」を教えています。他にも「遺伝学」「分子生物学」「細胞生物学」「発生生物学」「糖鎖生物学」「糖質化学」などの講義を担当してきました。
【受託研究】糖鎖構造解析やその手法の開発、また糖質関連酵素の開発などを受託可能です。

研究分野

 
 

経歴

 
2009年9月
 - 
現在
新潟大学 理学部生物学科 教授
 
2004年3月
 - 
2009年8月
大阪大学 大学院理学研究科化学専攻 助教授, 准教授
 
2003年10月
 - 
2004年2月
京都工芸繊維大学 応用生物学科 助教授
 
1999年3月
 - 
2003年9月
京都工芸繊維大学 応用生物学科 講師
 
1992年4月
 - 
1999年2月
大阪大学 理学部化学科 助手
 
1992年10月
 - 
1994年9月
ミシガン大学 ハワードヒューズ医学研究所 研究員
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1986年3月
大阪大学 理学部 化学科
 
1986年4月
 - 
1988年3月
大阪大学 理学研究科 有機化学専攻
 
1988年4月
 - 
1992年3月
大阪大学 医学研究科 生理学専攻
 

受賞

 
2004年8月
日本糖質学会奨励賞
 
2000年10月
日本生化学会JB論文賞
 

論文

 
Structures and developmental alterations of N-glycans of zebrafish embryos
Ken Hanzawa, Noriko Suzuki, Shunji Natsuka
Glycobiology   27(3) 228-245   2017年3月   [査読有り]
Natsuka S, Masuda M, Sumiyoshi W, Nakakita S
PloS one   9(7) e102219   2014年   [査読有り]
Itoh S, Hiruta Y, Hashii N, Fujita N, Natsuga T, Hattori T, Bando A, Sekimoto Y, Miyata K, Namekawa H, Mabuchi K, Sakai T, Shimahashi H, Kawai K, Yoden H, Koyama S, Herr SO, Natsuka S, Yamaguchi T, Kawasaki N
Biologicals : journal of the International Association of Biological Standardization   41(6) 355-363   2013年11月   [査読有り]
Natsuka S
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   25 125-131   2013年   [査読有り]
Natsuka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(10) 1982-1983   2012年   [査読有り]

Misc

 
白血球ホーミングにおけるフコース転移酵素の役割
長束 俊治
細胞工学   14(4) 437-442   1995年
Regulation of expression of the interleukin 6 gene: structure and function of the transcription factor NF-IL6.
Akira S, Isshiki H, Nakajima T, Kinoshita S, Nishio Y, Natsuka S, Kishimoto T
Ciba Foundation symposium   167 47-62; discussion 62   1992年   [査読有り]
Interleukin 6 and its receptor
Toshio Hirano, Tetsuya Taga, Katsuhiko Yamasaki, Tadashi Matsuda, Sachiko Suematsu, Bo Tang, Yukihiko Hirata, Hideo Yawata, Masahiko Hibi, Shunji Natsuka, Shizuo Akira, Kazuyuki Yoshizaki, M. Kawano, Kenichi Yamamura, Tadamitsu Kishimoto
Recent Progress in Cytokine Research   265-285   1989年
Interleukin-6 receptor and a unique mechanism of its signal transduction.
Taga T, Hibi M, Hirata Y, Yawata H, Natsuka S, Yasukawa K, Totsuka T, Yamasaki K, Hirano T, Kishimoto T
Cold Spring Harbor symposia on quantitative biology   54 Pt 2 713-722   1989年   [査読有り]

書籍等出版物

 
生物薬科学実験講座,糖質Ⅱ糖タンパク質実験法
長束 俊治、長谷 純宏 (担当:共著, 範囲:二次元HPLCマッピングと溶出の規則性,プロトン核磁気共鳴(1H-NMR))
廣川書店   2011年   
長谷 純宏, 長束 俊治, 中北 愼一, 石水 毅 (担当:共著)
大阪大学出版会   2009年3月   ISBN:4872592697
生物薬科学実験講座,糖質Ⅰ基本実験操作法
長束 俊治、長谷 純宏 (担当:共著, 範囲:蛍光標識による糖組成分析,蛍光標識,PA-糖鎖の逆相カラムによる分離と精製,陰イオン交換HPLCによるPA-糖鎖の分離)
廣川書店   2009年   
Experimental Glycoscience: Glycochemistry
長束 俊治 (担当:共著, 範囲:“Release of O-glycans by chemical methods”, “Separation of oligosaccharides by 2D HPLC”, “Equilibrium dialysis”)
Springer   2008年   
糖鎖科学の新展開
長束 俊治 (担当:共著, 範囲:糖鎖分析の統合オペレーティングシステムとしてのピリジルアミノ化法)
NTS   2005年   

担当経験のある科目

 
 

特許

 
特開2001-204465 : モノクローナル抗体及び該抗体を産生するハイブリドーマ
伊藤哲也,中西勝義,藤田孝輝,原耕三,橋本博之,長束俊治,伊倉宏司
特開US6693183 B2 : Murine α(1,3) fucosyltransferase Fuc-TVII, DNA encoding the same, method for preparing the same, antibodies recognizing the same, immunoassays for detecting the same, plasmids containing such DNA, and cells containing such a plasmid
Shunji Natsuka, Kevin M. Gersten, John B. Lowe