疇地 宏

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/30 17:10
 
アバター
研究者氏名
疇地 宏
 
アゼチ ヒロシ
所属
大阪大学
部署
レーザーエネルギー学研究センター
職名
センター長
学位
工学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1980年
 - 
1989年
大阪大学工学部 助手
 
1981年
 - 
1982年
イェール大学 助手(兼任)
 
1989年
 - 
1991年
大阪大学レーザー核融合研究センター 講師
 
1991年
 - 
1999年
大阪大学レーザー核融合研究センター 助教授
 
1999年
   
 
-   大阪大学レーザー核融合研究センター 教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
大阪大学 工学研究科 電気工学
 
 
 - 
1974年
岐阜大学 工学部 電気工学
 

委員歴

 
1999年4月
   
 
- 大阪大学極限科学研究センター運営委員会
 
1999年4月
   
 
- レーザー核融合研究センター(現レーザーエネルギー学研究センター)運営協議会
 
2005年4月
   
 
- 理工学研究戦略ワーキング
 

受賞

 
2007年
2007 Daiwa-Adrian Prize
 

Misc

 
核反応粒子計測
核融合研究   59(2) 111   1988年
核融合研究における点火・燃焼の展望
核融合研究(別冊号)   68,31    1992年
レーザー核融合における高分解能X線画像および中性子計測
プラズマ・核融合学会誌   70(12) 1259   1994年
レーザー核融合を用いて,地球上に人工太陽をつくりだす
ニュートン   20(1) 22   2000年
Journal of Physics: Conference Series   Vol. 112, 022071    2008年

書籍等出版物

 
レーザーハンドブック第2版
オーム社   2005年   ISBN:4-274-20035-3

講演・口頭発表等

 
Plasma Physics Study and Laser Development for the Fast Ignition Realization Experiment (FIREX) Project
22nd IAEA Fusion Energy Conference   2008年   
Update of FIREX Project
Japan-US Fast Ignition and High Pressure Condensed Matter Physics   2008年   
レーザー核融合:高速点火実証実験FIREX の進展
第7回核融合エネルギー連合講演会パネル討論「核融合は地球を救えるか」   2008年   
Update of FIREX Project
35th EPS Plasma Physics Conference   2008年   
レーザー核融合における点火燃焼実現の国際情勢
原子力総合シンポジウム2008    2008年   

Works

 
学振・日露二国間交流事業「衝撃点火のエネルギー輸送とエネルギー結合効率に関する研究」
2006年

競争的資金等の研究課題

 
輻射流体力学
その他の研究制度
研究期間: 1992年 - 2003年
超高密度プラズマ物理
その他の研究制度
研究期間: 2003年 - 2006年
新しいプラズマ診断法の開発
その他の研究制度
研究期間: 2000年 - 2006年