上野 義和

J-GLOBALへ         更新日: 03/11/22 00:00
 
アバター
研究者氏名
上野 義和
 
ウエノ ヨシカズ
所属
京都外国語大学
部署
外国語学部 英米語学科 京都外国語大学 外国語学部 英米語学科
職名
教授,図書館長
学位
文学修士(大阪市立大学), 英語教育学博士(芦屋大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1970年
大阪市立大学 文学研究科 英語学
 
 
 - 
1965年
大阪市立大学 文学部 英米語英米文学
 

委員歴

 
1986年
   
 
近代英語協会  編集委員
 
1994年
   
 
日本・オ-ストラリア意味論学会(JAPAN-AUSTRALIA SEMANTIC SOCIETY)  会長
 
1997年
   
 
近代英語協会  編集委員
 

受賞

 
1975年
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタ・ローザ市名誉市民賞
 
1995年
財団法人大阪府教育弘済会賞
 
2001年
教育奨励賞
 
2002年
教育図書優秀賞
 
2003年
財団法人大阪府教育弘済会賞
 

Misc

 
英語教育:理論と実践 -認知言語学の導入とその有用性-(論文博士号(英語教育学)取得論文)
芦屋大学   
1-445
『大学実用英作文教授用書』
英宝社   1-58   1991年
英語の意味変化(その1)
『研究論叢』   47, 8-28    1996年
英語の意味変化(その2)
『研究論叢』   48, 1-8    1997年
英語句動詞の意味論(その1)
『研究論叢』   49, 1-15    1997年

書籍等出版物

 
『英単語・熟語征服12週間』
日本教育学会   1988年   
『大学実用英作文』
英宝社   1991年   
『Living British English』
大阪外国語大学   1992年   
『英語の仕組み-意味論的研究-』
英潮社   1995年   
『Living British English and Culture』
英宝社   1995年   

Works

 
イングランド地方における庶民の日常語の調査
1989年
イングランド地方の生きた英語の調査(文献記載のイギリス英語との比較)
1990年
直示語のとらえ方-come, goを中心に
1995年
英語と米語に現れる文化の違い
1995年

競争的資金等の研究課題

 
認知意味論
共同研究
研究期間: 2004年 - 2006年
英語圏における諸英語の研究
英・米語と文化
諸言語・諸文化の類似性・相違性の認知言語学的調査・研究と日本における外国語教育との結合