神尾 暢子

J-GLOBALへ         更新日: 08/06/23 00:00
 
アバター
研究者氏名
神尾 暢子
 
カミオ ノブコ
所属
旧所属 大阪教育大学 教育学部 日本・アジア言語文化講座
職名
教授
学位
文学修士(大阪市立大学), 文学博士(大阪市立大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1973年
大阪市立大学 文学研究科 国文学
 
 
 - 
1966年
大阪市立大学 文学部 国語国文学
 

委員歴

 
 
   
 
表現学会  理事
 
 
   
 
中古文学会  委員
 

受賞

 
1976年
日本古典文学会賞
 

Misc

 
松浦言の唐土女性―月光と女性美
学大国文   45号11頁   2002年
伊勢物語の源融章段
中古文学   30   1982年
主題語彙の措定方法-川端康成の伊豆の踊子-
国語教育学研究誌   8   1985年
大鏡歴史の叙述方法-藤氏史観の実践構成-
物語研究 新時代社   2   1988年
落窪物語の表現構成-道頼報復と統合論理-
国語国文   58 3   1989年

書籍等出版物

 
伊勢物語の洛外空間―皇位継承の勝敗対応―
論叢伊勢物語2   2002年   
王朝国語の表現映像
新典社   1982年   
王朝語彙の表現機構
新典社   1985年   
藤壺中宮と御后言葉-語彙意識の史的資料として-
王朝物語とその周辺 笠間書院   1982年   
物語女性の呼称表現-紫上呼称の選定原理-
古代文学論叢 武蔵野書院(9輯)   1984年   

競争的資金等の研究課題

 
王朝文学の表現形成
落窪物語
松浦宮物語
伊勢物語