高田 哲

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/08 02:57
 
アバター
研究者氏名
高田 哲
 
タカダ サトシ
所属
神戸大学
部署
大学院保健学研究科 保健学専攻
職名
教授
学位
医学博士(神戸大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1985年3月
神戸大学 大学院医学研究科博士課程修了  
 

委員歴

 
 
   
 
日本小児科学会  代議員
 
 
   
 
日本小児神経学会  評議員
 
 
   
 
日本小児保健学会  評議員
 
 
   
 
日本赤ちゃん学会  評議員、監事
 
 
   
 
ハイリスク児フォローアップ研究会  幹事
 

受賞

 
2005年11月
日本小児保健協会 2005年度小児保健実践活動賞 極低出生体重児とその親のための教育事業
 

論文

 
Interprofessional collaboration for preventing the child abuse in Japan: a literature review
石井 美由紀, 内村 利恵, 清水 彩, 本田 順子, 三谷 理恵, 橋本 真紀, 井出 浩, 高田 哲
19th East Asia Forum Of Nursing Scholars Abstract Book of Poster Presentation   923-924   2016年3月   [査読有り]
Toyoshima D, Morisada N, Takami Y, Takada S
Brain & Development.   38(3) 346-349   2016年3月   [査読有り]
Nakagawa T, Ikeda M, Murakami Y, Nakamura S, Takada S
Am J Med Genet   170(1) 183-188   2016年1月   [査読有り]
兵庫県の医療的ケア調査・2014
杉本 健郎, 田中 一宏, 常石 秀市, 河崎 洋子, 熊谷 直樹, 高田 哲
日本重症心身障害学会誌   40(3) 373-380   2015年12月   [査読有り]
通常学級に所属する知的障害の子どもの実態と乳幼児健診での結果及びその後の支援
中塚 志麻, 高田 哲
神戸大学大学院保健学研究科紀要   30 43-54   2015年11月   [査読有り]

Misc

 
子どもの虐待
高田 哲
周産期医学   46(増刊号) 1209-1210   2016年3月   [依頼有り]
子どもの虐待
高田 哲
周産期医学   46(増刊号) 1209-1210   2016年   [依頼有り]
【震災から現在(いま)、そして未来へ】 大規模災害が障がいのある子どもたちに及ぼす影響と支援
高田 哲
発達障害研究   37(1) 32-43   2015年4月   [依頼有り]
就学前(幼稚園・保育所)における発達障害児の理解】 発達障害児と家族のための支援教室運営とその課題.
高田 哲
教育と医学   62(6) 515-523   2014年6月   [依頼有り]
発達障害児と家族のための支援教室運営とその課題
高田 哲
教育と医学   62(6) 39-47   2014年6月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
大規模災害に際し障害児が遭遇する諸問題への対応 (震災復興学)
高田 哲 (担当:共著)
ミネルバ出版   2015年10月   
子育て支援のための子ども保健学 精神運動発達の特徴と評価
高田 哲 (担当:共著)
日本小児医事出版社   2012年3月   
精神運動発達の特徴と評価 / 子育て支援のための子ども保健学
高田 哲
日本小児医事出版社   2012年3月   
ADHDの発達と行動特徴
高田 哲 (担当:共著)
ミネルヴァ出版   2011年8月   
「医療的ケア」はじめの一歩 体が大きくなる、うごく・体が硬くなる、まがる、うごかない
高田 哲 (担当:共著)
クリエイツかもがわ   2011年8月   

講演・口頭発表等

 
Interferon beta-1a therapy for multiple sclerosis diagnosed in early childhood [招待有り]
Nishiyama M, Nagase H, Matsumoto M, Tomioka K, Awano H, Tanaka T, Toyoshima D, Maruyama A, Oyazato Y, Saeki K, Shiraishi K, Takada S, Iijima K
32nd Congress of the European Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis   2016年9月   EUROPEAN COMMITTEE FOR TREATMENT AND RESEARCH IN MULTIPLE SCLEROSIS
Case series of fatal acute encephalopathy [招待有り]
Tomioka K, Nagase H, Ishida Y, Tanaka T, Nishiyama M, Fujita K, Toyoshima D, Maruyama A, Matsumoto M, Unzaki A, Awano H, Takeda H, Uetani Y, Takada S, Iijima K
18th Annual Meeting of Infantile Seizure Society   2016年7月   International Symposium on Acute Encephalopathy in Infancy and Its Related Disorders
Efficacy and CNS depression of second–line treatment in children with febrile status epilepticus [招待有り]
Nishiyama M, Nagase H, Ishida Y, Tanaka T, Fujita K, Toyoshima D, Maruyama A, Matsumoto M, Tomioka K, Unzaki A, Awano H, Takeda H, Uetani Y, Takada S, Iijima K
18th Annual Meeting of Infantile Seizure Society   2016年7月   Infantile Seizure Society
急性脳症による死亡例の検討 [招待有り]
冨岡和美, 永瀬裕朗, 石田悠介, 田中司, 西山将広, 藤田杏子, 豊嶋大作, 丸山あずさ, 竹田洋樹, 上谷良行, 松本真明, 運崎愛, 粟野宏之, 高田哲, 飯島一誠
第58回日本小児神経学会学術集会   2016年6月   日本小児神経学会
当院における自己免疫性神経疾患に対するリツキシマブの使用経験 [招待有り]
冨岡和美, 西山将広, 松本真明, 運﨑 愛, 豊嶋大作, 粟野宏之, 中川 卓, 森貞直哉, 高田 哲, 飯島一誠
第119回日本小児科学会学術集会   2016年5月   日本小児科学会

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 石井 美由紀
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 高田 哲
科学研究費一部基金/基盤研究(B)特設
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 滝口 哲也
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 松田 宣子
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2010年       代表者: 松田 宣子