IIJIMA Kazumoto

J-GLOBAL         Last updated: Sep 27, 2019 at 09:45
 
Avatar
Name
IIJIMA Kazumoto
Affiliation
Kobe University
Section
Graduate School of Medicine Faculty of Medical Sciences
Job title
Professor

Published Papers

 
Nishiyama M, Nagase H, Tomioka K, Tanaka T, Yamaguchi H, Ishida Y, Toyoshima D, Fujita K, Maruyama A, Sasaki K, Oyazato Y, Nakagawa T, Takami Y, Nozu K, Nishimura N, Nakashima I, Iijima K
Brain & development   41(6) 531-537   Jun 2019   [Refereed]
Nakanishi K, Okamoto T, Nozu K, Hara S, Sato Y, Hayashi A, Takahashi T, Nagano C, Sakakibara N, Horinouchi T, Fujimura J, Minamikawa S, Yamamura T, Rossanti R, Nagase H, Kaito H, Ariga T, Iijima K
Clinical and experimental nephrology   23(5) 669-675   May 2019   [Refereed]
Yamaguchi H, Nagase H, Yoshida S, Tokumoto S, Hayashi K, Toyoshima D, Kurosawa H, Tanaka T, Maruyama A, Iijima K
Brain & development   41(3) 305-309   Mar 2019   [Refereed]
Inaguma Y, Kaito H, Morisada N, Iijima K, Tanaka R
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   61(2) 210-212   Feb 2019   [Refereed]
Sakakibara N, Morisada N, Nozu K, Nagatani K, Ohta T, Shimizu J, Wada T, Shima Y, Yamamura T, Minamikawa S, Fujimura J, Horinouchi T, Nagano C, Shono A, Ye MJ, Nozu Y, Nakanishi K, Iijima K
Journal of human genetics   64(1) 3-9   Jan 2019   [Refereed]

Misc

 
【難しくない 小児腎領域の難病診療】 難病対策と小児腎疾患 小児腎領域の小児慢性特定疾病、指定難病
飯島 一誠
小児科診療   81(12) 1681-1686   Dec 2018
●小児腎領域の難病の多くは小児慢性特定疾病や指定難病であり、個々の疾患の患者数が少ないため、自然歴や実態の把握が困難である。●次世代シークエンサーなどの発達により遺伝学的確定診断ができる症例が増えている。●ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、腎奇形等では病因不明の症例も多く、病因・病態の解明のためには、国際連携も視野に入れたデータシェアリングが必要である。●治療法のないものが大半であるが、今後、病態解明に伴い、新たな治療法の開発が期待される。(著者抄録)
【小児医療における診断・治療の進歩2018】治療技術 小児難治性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブ療法
貝藤 裕史, 飯島 一誠
小児科   59(12) 1837-1844   Nov 2018
<文献概要>リツキシマブはB細胞表面に発現する分化抗原CD20に対するモノクローナル抗体で,B細胞の異常に起因する各種病態・疾患に有効とされる.われわれはステロイド抵抗性ネフローゼ症候群を原疾患とした小児腎移植患者に対する治療経験をもとに医師主導治験を実施し,小児期発症難治性ネフローゼ症候群患者に対するリツキシマブの有効性と安全性を証明した.本稿では,リツキシマブが小児期発症難治性ネフローゼ症候群の治療薬として応用されるに至った経緯を紹介するとともに,難治性ネフローゼ症候群とリツキシマブに...
森貞直哉, 森貞直哉, 飯島一誠
日本腎臓学会誌   60(7) 992‐995   Oct 2018
【新薬が変える子ども医療-薬物の使い分けと作用機序】 新しく開発された薬 腎機能 ネフローゼ症候群 リツキシマブ
飯島 一誠
小児内科   50(10) 1637-1640   Oct 2018
<Key Points>(1)リツキシマブは難治性頻回再発型・ステロイド依存性ネフローゼ症候群(FRNS/SDNS)に対して、少なくとも短期的には有効で安全である。(2)リツキシマブは難治性FRNS/SDNSを治癒に導くものではなく、リツキシマブによって得られた寛解期間をいかに延長させるかが重要である。(3)現在、リツキシマブ投与後にミコフェノール酸モフェチルを併用することで、寛解期間を延長させうるかを検証する多施設共同プラセボ対照ランダム化比較試験が先進医療Bとして実施されている。(4)...
【小児腎・泌尿器疾患update】 遺伝性尿細管機能異常症
南川 将吾, 野津 寛大, 飯島 一誠
小児科   59(10) 1409-1417   Sep 2018
<文献概要>近年,次世代シークエンサー登場などの遺伝子解析技術の向上により,小児腎臓病と遺伝子異常との密接な関連性が明らかとなった.とくに腎尿細管においては多くの膜輸送体が存在しており,これらの機能に影響を与え尿細管機能異常症を起こす遺伝子は非常に多いことがわかってきた.いまだ発見されていない原因遺伝子や病態生理の不明な疾患も多数あるが,現時点で判明している疾患ごとの原因遺伝子とその臨床的特徴,診断におけるポイントを概説する.

Books etc

 
遺伝カウンセリングマニュアル / 先天性腎尿路奇形
森貞直哉, Iijima Kazumoto
南江堂   Apr 2016   
小児科診療ガイドライン 第3版 / ネフローゼ症候群(ステロイド感受性)
Iijima Kazumoto
総合医学社   Mar 2016   
Annual Review 2015 腎臓 / Alport症候群の軽症亜型
野津寛大, Iijima Kazumoto
中外医学社   Jan 2015   
今日の治療指針  第15版 / 巣状分節性糸球体硬化症
Iijima Kazumoto
医学書院   Jan 2015   
診療ガイドライン UP-TO-DATE 2014-2015 / 小児ネフローゼ症候群
Iijima Kazumoto
メディカルレビュー社   May 2014   

Conference Activities & Talks

 
Is congenital cytomegalovirus infection associated with autism spectrum disorder?
Nishimura N, Maeyama K, Tomioka K, Nagase H, Yoshioka M, Takagi Y, Kato T, Mizobuchi M, Kitayama S, Takada S, Nagai M, Sakakibara N, Nishiyama M, Morioka I, Iijima K
31 May 2018   
腎移植後に発症した肺クリプトコッカス症の2例 [Invited]
, Ishimura Takeshi, 横山 直己, , Furukawa Jyunya, Shigemura Katsumi, Harada Kenichi, Hinata Nobuyuki, Nakano Yuzo, Nishi Shinichi, Iijima Kazumoto, Fujisawa Masato
第51回 臨床腎移植学会総会   Feb 2018   
抗ウイルス薬治療を行った症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の1歳6か月時の神経学的予後評価と予後不良因子の検討 [Invited]
Morioka Ichiro, 福嶋祥代, 大山正平, Nishida Kosuke, Yamana Keiji, , Iijima Kazumoto, Morizane Mayumi, Tanimura Kenji, Deguchi Masashi, Yamada Hideto
第32回日本生殖免疫学会総会・学術集会   Dec 2017   
先天性サイトメガロウイルス感染児の聴性脳幹反応に対する抗ウイルス薬治療の効果 [Invited]
Morioka Ichiro, 大山正平, 福嶋祥代, Nishida Kosuke, Yamana Keiji, , Iijima Kazumoto, Morizane Mayumi, Tanimura Kenji, Deguchi Masashi, Yamada Hideto
第32回日本生殖免疫学会総会・学術集会   Dec 2017   
非定型AHO、副腎不全を呈した偽性副甲状腺機能低下症(GNAS D156N)の一例 [Invited]
林 佳菜恵, Fukuoka Hidenori, 坂本 洋一, Ikeda Mariko, Okada Yuko, Hirota Yushi, Iguchi Genzo, Iijima Kazumoto, Ogawa Wataru, Takahashi Yutaka
第218回内科学会近畿地方会   Dec 2017