藤澤 正人

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/08 02:57
 
アバター
研究者氏名
藤澤 正人
 
フジサワ マサト
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
教授
学位
医学博士(神戸大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1989年3月
神戸大学 大学院医学研究科博士課程修了  
 

委員歴

 
 
   
 
日本泌尿器科学会  評議員
 
 
   
 
日本アンドロロジー学会  理事
 
 
   
 
日本生殖内分泌学会  理事
 
 
   
 
日本生殖外科学会  理事
 
 
   
 
日本臨床腎移植学会  幹事
 

受賞

 
2009年
日本泌尿器科学会 第15回日本泌尿器科学会賞 Quantitative detection of micrometastases in pelvic lymph nodes in patients with clinically localized prostate cancer by real-time reverse transcriptase-PCR.
受賞者: Fujisawa M
 
2005年5月
European Urology 2005 Best Papers In Prostate Cancer Surgery From European Urology Interindividual variation in distribution of extramural ganglion cells in the male pelvis: a semi-quantitative and immunohistochemical study concering nerve-sparing pelvic surgery
受賞者: Atsushi Takenaka, Michihiro Kawada, Gen Murakami, Shinichi Hisasue, Taiji Tsukamoto, Masato Fujisawa
 
2005年4月
日本泌尿器科学会 第93回日本泌尿器科学会総会賞 骨盤内神経節細胞の存在様式と帰納的分類に関する組織学的検討
受賞者: 武中 篤, 原 綾英, 兵頭 洋二, 石村 武志, 酒井 豊, 藤岡 一, 藤井 智浩, 常 義政, 藤澤 正人, 村上 弦
 

論文

 
Expression profile of mammalian target of rapamycin-related proteins in graft biopsy specimens: Significance for predicting interstitial fibrosis after kidney transplantation
OgawaS, IshimuraT, MiyakeH, FujisawaM
Int J Urol   24(3) 223-229   2017年3月   [査読有り]
Reality of nerve sparing and surgical margins in surgeons' early experience with robot-assisted radical prostatectomy in Japan
TatsugamiK, YoshiokaK, ShirokiR, EtoM, YoshinoY, TozawaK, FukasawaS, FujisawaM, TakenakaA, NasuY, KashiwagiA, GotohM, TerachiT;JapaneseSocietyofEndourology
Int J Urol   24(3) 191-196   2017年3月   [査読有り]
Assessment of Efficacy, Safety, and Quality of Life of 124 Patients Treated With Axitinib as Second-Line Therapy for Metastatic Renal-Cell Carcinoma: Experience in Real-World Clinical Practice in Japan
MiyakeH, HaradaKI, OzonoS, FujisawaM
Clin Genitourin Cancer   15(1) 122-128   2017年2月   [査読有り]
Expression pattern of immune checkpoint-associated molecules in radical nephrectomy specimens as a prognosticator in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with tyrosine kinase inhibitors
HaraT, MiyakeH, FujisawaM
Urol Oncol   1078-1439   2017年2月   [査読有り]
Independent association between time to prostate-specific antigen (PSA) nadir and PSA progression-free survival in patients with docetaxel-naive, metastatic castration-resistant prostate cancer receiving abiraterone acetate, but not enzalutamide
MiyakeH, HaraT, TamuraK, SugiyamaT, FuruseH, OzonoS, FujisawaM
Urol Oncol   1078-1439   2017年2月   [査読有り]

Misc

 
LOH(late-onset hypogonadism)症候群
千葉公嗣, 藤澤正人
日本臨床      2017年   [依頼有り]
Current status of robotic partial nephrectomy in Japan
HinataN, FujisawaM
Investig Clin Urol   57(Suppl 2) S121-S129   2016年12月   [査読有り][依頼有り]
Editorial Comment to Postoperative infectious complications in patients undergoing holmium laser enucleation of the prostate: Risk factors and microbiological analysis.
重村 克巳, 藤澤 正人
Int J Urol.      2016年8月   [査読有り]
Editorial Comment to Testicular torsion-detorsion and potential therapeutic treatments: A possible role for ischemic postconditioning.
重村 克巳, 藤澤 正人
Int J Urol.   23(6) 463-4   2016年6月   [査読有り]
Hedgehog signaling and urological cancers
Shigemura K, Fujisawa M
Curr Drug Targets   16(3) 258-71   2015年   [査読有り]

書籍等出版物

 
治療薬Up-To-Date 2012 / 利尿薬
藤澤 正人
メディカルレビュー社   2012年1月   
腎泌尿器―症例から学ぶ術者のための実践手術手技 (腹腔鏡手術スキルアップシリーズ)
藤澤 正人 (担当:監修)
ベクトル・コア   2011年5月   
標準泌尿器科学 第8版 / 内分泌機能検査法
藤澤正人 (担当:共著)
医学書院   2010年3月   
自然排尿型尿路変向術 S状結腸利用新膀胱再建術(Reddy変法) / 新Urologic Surgeryシリーズ 6 尿路変向・再建術
藤澤正人 (担当:共著)
メジカルビュー社   2010年2月   
腎移植のすべて / 合併症・免疫抑制薬の副作用とその対応 感染症:細菌
藤澤正人 (担当:共著)
メジカルビュー社   2009年11月   

講演・口頭発表等

 
Association of Single Nucleotide Polymorphisms in STAT3, ABCB1, and ABCG2 with Stomatitis in Patients with Metastatic Renal Cell Carcinoma Treated with Sunitinib: A Retrospective Analysis in Japanese Patients [招待有り]
Watanabe Aimi, Yamamoto Kazuhiro, Ioroi Takeshi, Hirata Sachi, Harada Kenichi, Miyake Hideaki, Fujisawa Masato, Nakagawa Tsutomu, Yano Ikuko, Hirai Midori
The 5th International Symposium of Training Plan for Oncology Professionals   2017年3月   Training Plan for Oncology Professionals
How to overcome gram-positive bacterial identification in matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry for complicated urinary tract infection-causative bacteria? [招待有り]
Shigemura K., Kitagawa K., Yamamichi F., Nakano Y., Tokimatsu I., Fujisawa M
European Urological Association Annual Meeting   2017年3月   European Urological Association
Leydig細胞過形成を伴ったクラインフェルター症候群の1例 [招待有り]
田中 幹人, 石田 貴樹, 角井 健太, 福田 輝雄, 江夏 徳寿, 千葉 公嗣, 松下 経, 藤澤 正人
第49回 関西アンドロロジーカンファレンス   2017年3月   日本アンドロロジー学会
ヒトiPS細胞由来ホルモン産生Leydig細胞の作製 [招待有り]
石田 貴樹, 田中 幹人, 角井 健太, 福田 輝雄, 江夏 徳寿, 千葉 公嗣, 松下 経, 中野 雄造, 藤澤 正人, 青井 貴之
第12回 日本生殖再生医学会   2017年3月   日本生殖再生医学会
腎細胞癌患者のスニチニブ治療効果に及ぼす組織STAT3発現の影響 [招待有り]
山本 和宏, 劉 兵, 原 琢人, 渡邊 愛未, 西岡 達也, 久米 学, 槇本 博雄, 中川 勉, 矢野 育子, 三宅 秀明, 藤澤 正人, 平井 みどり
日本薬学会第137年会   2017年3月   日本薬学会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 千葉 公嗣
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 藤澤 正人
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 原口 貴裕
科学技術「医師・コメディカル統合的人材育成拠点形成」
地域再生人材創出拠点の形成
研究期間: 2010年       代表者: 藤澤 正人
厚生科研「高悪性度筋層非浸潤癌に対する経尿道的膀胱腫瘍切除後の治療方針の確立に関する研究」
研究期間: 2010年       代表者: 藤澤 正人