渡邊 邦秋

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/25 16:34
 
アバター
研究者氏名
渡邊 邦秋
 
ワタナベ クニアキ
所属
神戸大学
部署
大学院理学研究科 生物学専攻
職名
本務/教授、名誉教授
その他の所属
旧所属Univ. Zurich (Switzerland)

研究分野

 
 

論文

 
副島 顕子、田辺、高山、河原孝行、渡邊 邦秋、中澤、三島、矢原 徹一
J. Plant Res.   130(6) 953-972   2017年10月   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大院理)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000003asteraceaessearch-en      2013年
マルホールド カロル. (スロバキア科学アカデミー, スロバキア), 工藤洋(京都大生態研)・朴, J.-H. (慶北国立大学 韓国)・ 渡邊邦秋(神戸大院理,チュリッヒ大植物)・スパニエル S. (スロバキア科学アカデミー, スロバキア)・リホーバ, J. (スロバキア科学アカデミー, スロバキア)
Ann. Bot.   105(2) 249-264   2010年   [査読有り]
清水ー稲次 理恵(チューリッヒ大, スイス)・リホーバ D. (スロバキア科学アカデミー), 岩永ひろこ (チューリッヒ大, スイス)・工藤洋(京都大生態研)・マルホールド, カロル (スロバキア科学アカデミー)・渡邊邦秋(神戸大院理, チューリッヒ大, スイス)・清水健太郎(チューリッヒ大, スイス)
Mol. Ecol.   18(19) 4024-4048   2009年   [査読有り]
センプル, ジョン, C. (ワーテルロー大・カナダ)・渡邊邦秋(神戸大院理)
In V. A. Funk, A. Susanna, T. F. Stuessy and R. J. Bayar (Eds.) Systematics, Evolution, and Biogeography of Compositae, IAPT, Vienna, Austria   61-72   2009年   [査読有り][招待有り]
渡邊邦秋(神戸大院理)・小林禧樹(兵庫植物誌研究会)・邑田仁(東京大院理植物園)
Acta Phytotax. Geobot.   59(2) 175-178   2008年7月   [査読有り]
小林禧樹(兵庫植物誌研究会)・SASAMURA KAZUYUKI・邑田仁(東大院理植物園)・渡邊邦秋(神戸大院理)
Acta Phytotax. Geobot.   59(1) 37-43   2008年3月   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大院理)・矢原徹一・中沢幸(九大院理)・橋本五郎・永谷好美 (橋本五郎標本館ブラジル)・副島顕子(大阪府立大 総合科学)・河原孝行(森林総研札幌)
Ann. Missouri Bot. Gard.   94(3) 643-654   2007年10月   [査読有り]
渡邊邦秋・小菅桂子・嶋村良治・小西希(神戸大院理)・谷口研至(広島大)
Aust. Syst. Bot.   19(2) 155-168   2006年   [査読有り]
清水健太郎(ノースカロライナ州立大 アメリカ& 京都大)・藤井伸二(人間環境大)・マルホールド, カロル (スロバキア科学アカデミー)・渡邊邦秋(神戸大院理)・工藤洋(京都大生態研)
Acta Phytotax. Geobot.   56(2) 163-172   2005年8月   [査読有り]
邑田仁(東大院理植物園)・渡邊邦秋(神戸大院理)・小林禧樹(兵庫県立環境科学研)
Acta Phytotax. Geobot.   56(1) 105-110   2005年4月   [査読有り]
小林禧樹(兵庫県立環境科学研)・邑田仁(東大院理植物園)・渡邊邦秋(神戸大院理)
Acta Phytotax. Geobot.   54(1) 1-17   2003年6月   [査読有り]
副島顕子(大阪府立大総合科学)・矢原徹一(九大院理)・渡邊邦秋(神戸大院理)
Plant Species Biol.   16(2) 91-105   2001年8月   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大院理)・矢原徹一(九大院理)・副島顕子(大阪府立大総合科学))
Plant Species Biol.   16(1) 49-68   2001年4月   [査読有り]
副島顕子(大阪府立大総合科学)・矢原徹一(九大院理)・渡邊邦秋(神戸大院理)
Brittonia   53(3) 377-395   2001年   [査読有り]
小林禧樹(兵庫県立環境科学研)・邑田仁(東大院理植物園)・渡邊邦秋(神戸大院理)
Acta Phytotax. Geobot.   51(1) 57-66   2000年9月   [査読有り]
伊藤元巳(東京大教養)・渡邊邦秋(神戸大院理)・クローホード ダニエル J.(オハイオ州立大アメリカ)・矢原徹一(九大院理)
J. Plant Res.   113(1109) 79-89   2000年3月   [査読有り]
伊藤元巳(東京大教養)・矢原徹一・大下さなえ(九大院理)・キング ロバート M.(スミソニアン博物館アメリカ)・渡邊邦秋(神戸大院理)・横山潤(東北大院理)・クローホード ダニエルJ.(オハイオ州立大アメリカ)
J. Plant Res.   113(1109) 91-96   2000年3月   [査読有り]
小西希・渡邊邦秋・小菅桂子(神戸大院理)
Aust. Syst. Bot.   13(5) 703-727   2000年   [査読有り]
小林禧樹(兵庫県立環境科学研)・邑田仁(東大院理植物園)・渡邊邦秋(神戸大院理)
Acta Phytotax. Geobot.   50(2) 221-224   1999年12月   [査読有り]
渡邊邦秋・小菅桂子(神戸大院理)・矢原徹一(九州大院理)・伝田哲朗(琉球大海洋科学)
J. Plant Res.   112(1106) 145-161   1999年6月   [査読有り]
伝田哲朗(琉球大海洋科学)・渡邊邦秋・小菅桂子(神戸大院理)・矢原徹一(九州大院理)・伊藤元巳(千葉大院理)
Plant Syst. Evol.   217(3/4) 299-311   1999年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大院理)・ショート フィリップ S.(国立標本館オーストラリア)・伝田哲朗(琉球大海洋科学)・小西希(神戸大院理)・伊藤元巳(千葉大院理)・小菅桂子(神戸大院理)
Aust. Syst. Bot.   12(6) 781-802   1999年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大理)・小林禧樹(兵庫県立環境科学研)・邑田仁(東京大理植物園)
J. Plant Res.   111(1104) 509-521   1998年12月   [査読有り]
伊藤元巳(千葉大理)・副島顕子(大阪府立大総合科学)・渡邊邦秋(神戸大理)
J. Plant Res.   111(1102) 217-223   1998年6月   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大理)・矢原徹一(東京大教養)・伊藤元巳(千葉大理)・河原孝行(東京大理植物園)
Korean J. Plant Taxon.   28 83-98   1998年   [査読有り][招待有り]
足立淳子・渡邊邦秋・小菅桂子(神戸理)・福井希一・大近戸信子(北陸農試)・
J. Plant Res.   110(1099) 371-377   1997年9月   [査読有り]
渡邊 邦秋(神戸大理)
Proc. Japan. Soc. Plant Taxon.   13 1-67   1997年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大理)・ショート フィリップ S. (国立標本館オーストラリア)
Muelleria   9 197-228   1996年   [査読有り]
渡邊邦秋・伝田哲朗(神戸大理)・鈴木洋平(千葉大理)・小菅桂子(神戸大理)・伊藤元巳(千葉大理)・ショート フィリップ S. (国立標本館オーストラリア)・矢原徹一(東京大教養)
In D. J. N. Hind and H. Beentje (eds.) Compositae: Systematics., Royal Bot. Gard. Kew   1 705-722   1996年   [査読有り]
伊藤元巳(千葉大理)・副島顕子(大阪府立大総合科学)・長谷部光泰(東京大理植物園)・渡邊邦秋(神戸大学理)
J. Plant Res.   108(1089) 93-96   1995年3月   [査読有り]
益森静男・国広洋子・中村・原・中本・仲間・神田・松江・和泉(山口大教育)・渡邊邦秋(神戸大理)
Cytologia   60(1) 53-61   1995年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大学)・キング ロバート M.(スミソニアン博物館アメリカ)・矢原徹一(東京大理植物園)・伊藤元巳(千葉大理)・横山潤(東北大院理)・鈴木武(東京大理植物園)・クローホード ダニエルJ.(オハイオ州立大アメリカ)
Ann. Missouri Bot. Gard.   82(4) 581-592   1995年   [査読有り]
伝田哲朗・小菅桂子・渡邊邦秋(神戸大学理)・伊藤元巳・鈴木洋平(千葉大理)・ショート フィリップ S.(国立標本館オーストラリア)・矢原徹一(東京大理植物園)
Plant Mol. Biol.   28(6) 1067-1073   1995年   [査読有り]
小菅桂子・澤田・伝田哲朗・足立淳子・渡邊邦秋(神戸大理)
Plant Syst. Evol.   Suppl. 9 263-271   1995年   [査読有り]
足立淳子・小菅桂子・伝田哲朗・渡邊邦秋(神戸大学理)
Plant Syst. Evol.   Suppl. 9 351-353   1995年   [査読有り]
矢原徹一(東京大理植物園)・河原孝行(東京大理植物園)・渡邊邦秋(神戸大理)
In Iwatsuki, K. et al. (eds.): Flora of Japan, Kodansha Ltd.,Tokyo, Japan   IIIb 110-114   1995年   [査読有り][招待有り]
ショート フィリップ S. (国立標本館オーストラリア)・渡邊邦秋(神戸大学理)
Aust. Syst. Bot.   6(4) 335-342   1993年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大理)・ショート フィリップ S. (国立標本館オーストラリア)
Muelleria   7 457-471   1992年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大理)・矢原徹一(東京大理植物園)・門田裕一(東京大理植物園)
Plant Species Biol.   7(1) 49-59   1992年   [査読有り]
矢原徹一(東京大理植物園)・伊藤元巳(都立大理)・渡邊邦秋(神戸大理)・クローホード ダニエル J. (オハイオ州立大アメリカ)
Amer. J. Bot.   78(5) 706-710   1991年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大理)・ショート フィリップ S. (国立標本館オーストラリア)・小菅桂子(神戸大理)・スミス-ホワイト スペンサー(シドニー大オーストラリア)
Aust. J. Bot.   39(5) 475-485   1991年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大理)・伊藤元巳(都立大理)・矢原徹一(東京大理植物園)・サリバン ビクトリア I (フロリダ州立大アメリカ)・河原孝行(東京大理植物園)・クローホード ダニエル J.(オハイオ州立大アメリカ)
Plant Syst. Evol.   170(3/4) 215-228   1990年   [査読有り]
河原孝行(東京大理植物園)・矢原徹一(東京大理植物園)・渡邊邦秋(神戸大教養)
Bot. Mag. Tokyo (= J. Plant Res.)   102(1066) 165-179   1989年6月   [査読有り]
矢原徹一・河原孝行・(東京大理植物園)・クローホード ダニエル J. (オハイオ州立大アメリカ)・伊藤元巳(都立大理)・渡邊邦秋(神戸大教養)
Amer. J. Bot.   76(8) 1247-1253   1989年   [査読有り]
河原孝行(東京大理植物園)・矢原徹一(東京大理植物園)・渡邊邦秋(神戸大教養)
Plant Species Biol.   4(1) 37-46   1989年   [査読有り]
渡邊邦秋 (神戸大教養)
In Hong Deyuan (ed.): Plant Chromosome Research 1987, The Organizing Committee of Sino-Japanese Symposium on Plant Chromosomes   25-34   1989年   [査読有り]
渡邊邦秋 (神戸大教養)
Acta Phytotax. Geobot.   38 224-240   1987年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大教養)・スミス-ホワイト スペンサー(シドニー大オーストラリア)
Plant Syst. Evol.   157(3/4) 121-141   1987年   [査読有り]
渡邊邦秋 (神戸大教養)
染色体. II : 基礎細胞学雑誌   2(42) 1341-1359   1986年8月   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大教養)
Plant Species Biol.   1(1) 99-116   1986年   [査読有り]
渡邊邦秋 (神戸大教養)
染色体. II : 基礎細胞学雑誌   2(39/40) 1233-1248   1985年12月   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大教養)・カーター チャ‐ルス R.・スミス-ホワイト スペンサー(シドニー大オーストラリア)
Canad. J. Genet. Cytol. (= Genome)   27(4) 410-420   1985年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大教養)・矢原徹一(東京大理植物園)
Bot. Mag. Tokyo (= J. Plant Res.)   97(1) 87-105   1984年   [査読有り]
渡邊邦秋・福原嗣男・藤原悠紀夫(神戸大教養)
Bot. Mag. Tokyo (= J. Plant Res.)   95(1039) 261-280   1982年9月   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大教養)
Cytologia   46(3) 459-498   1981年9月   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大教養)
Cytologia   46(3) 499-513   1981年9月   [査読有り]
渡邊邦秋 (神戸大教養)
Cytologia   46(3) 515-530   1981年9月   [査読有り]
キク属および近縁属倍数体種からの半数体作出
渡邊邦秋・田中隆荘・西井良明(広島大院理)
Haploid Inform Ser.   3 7-8   1978年   [査読有り]
キク属倍数体における二倍体様減数分裂の制御
渡邊邦秋
博士論文(広島大学)   1-157   1978年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大教養)
Jpn. J. Genet. (= Genes & Genetic systems)   52(2) 125-131   1977年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大教養)
J. Heredity   68(5) 317-320   1977年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大教養)・カーター チャ‐ルス R.・スミス-ホワイト スペンサー(シドニー大オーストラリア)
Chromosoma (Berl.)   57(4) 319-331   1976年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大教養)・カーター チャ‐ルス R.・スミス-ホワイト スペンサー (シドニー大オーストラリア)
Chromosoma (Berl.)   52(4) 383-397   1975年   [査読有り]
渡邊邦秋・西井良明・田中隆荘(広島大院理)
Jpn. J. Genet. (= Genes & Genetic systems)   47(4) 249-255   1972年   [査読有り]
田中隆荘・渡邊邦秋(広島大院理)
J. Sci. Hiroshima Univ. Ser. B. Div. 2.   14 75-84   1972年   [査読有り]

Misc

 
小林禧樹 (兵庫県植物誌研究会), 渡邊邦秋 (神戸大 院理), 邑田仁 (東大 院理植物園), 荒金正憲, 平野修生
分類   10(1) 49-55   2010年2月   [査読有り]
小林禧樹 (兵庫県植物誌研究会), 池田博 (東大 総合研究博物館), 渡邊邦秋 (神戸大院理), 山本伸子 (岡山理大院総), 邑田仁 (東大 大院理植物園)
分類   8(2) 149-156   2008年8月   [査読有り]
渡邊邦秋 (神戸大理)
種生物学研究   20 11-25   1996年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大理)
プランタ   13 18-30   1991年   [査読有り]
渡邊邦秋(神戸大理)
種生物学研究   10 65-81   1986年   [査読有り]
日本‐米合衆国東部産ヒヨドリバナ属の細胞地理
渡邊邦秋(神戸大教養)
日米科学セミナー   111-124   1984年   [査読有り][依頼有り]
渡辺邦秋 (神戸大 教養)
種生物学研究   2 83-94   1978年   [査読有り]
渡邊邦秋 (神戸大教養)
遺伝   29(10) 88-95   1975年   [査読有り]
渡邊邦秋 (神戸大教養)
遺伝   29(11) 51-57   1975年   [査読有り]
植物シルエットの簡単な作成法
渡邊邦秋 (広島大学院理) 
植物研究雑誌   46(1) 14-16   1971年   [査読有り]

書籍等出版物

 
クロモソーム 植物染色体研究の方法 (福井 希一他編著)
渡邊邦秋 (神戸大 理) (担当:分担執筆, 範囲:酢酸オルセイン染色法I他)
養賢堂   2006年   
ひょうごの野生植物。絶滅が心配されている植物たち (福岡誠行編)
渡邊邦秋 (神戸大 理) (担当:分担執筆, 範囲:ノジギク・フジバカマ)
神戸新聞総合出版センター   1996年7月   
植物の世界(岩槻他監修)
渡邊邦秋 (神戸大 理) (担当:分担執筆, 範囲:ヒメコスモス、カッコウアザミ、アマハステビア、ネオミランデア)
朝日新聞社   1994年   
植物の自然誌(多様性の進化学)(岡田博他編)
渡邊邦秋 (神戸大 理)・常見直史(東京大理) (担当:分担執筆, 範囲:植物進化における性の役割)
北海道大学図書刊行会   1994年   
フィールドウオッチング第2巻 秋の野山を歩く (河野昭一監修・田中肇編集)
渡邊邦秋 (神戸大 理) (担当:分担執筆, 範囲:ヒヨドリバナ)
北隆館   1990年   
日本の植物.(田村道夫編)
渡邊邦秋 (神戸大 教養) (担当:分担執筆, 範囲:ヒヨドリバナ-倍数性と地理分布-.)
培風館,東京   1981年   

講演・口頭発表等

 
キク科の染色体数の総説 [招待有り]
センプル、ジョン C. (ワーテルロー大・カナダ) 渡邊邦秋(神戸大院理、日本)
Abstracts of Int. Meeting of the Allaience of Compositae, Barcelona, Spain   2006年   
AFLPに基づくステビア・オリガノイデス (キク科ヒヨドリバナ連)の種内系統関係
中沢幸 (九州大院理日本)・河原孝行(森林総研札幌)・副島顕子(大阪府立大総合科学)・渡邊 邦秋(神戸大院理)・矢原徹一(九州大院理)
Abstracts of the 17th Int. Bot. Congr. Vienna, (Austria)   2005年   
メキシコ産ステビア属Stevia orignoidesの種内DNA多型と系統
河原孝行、副島顕子、矢原徹一、渡邊邦秋、中澤幸、三島美佐子
日本植物学会大会研究発表記録 68th   2004年9月9日   
一年草、多年草、灌木に分化したメキシコ産ステビア属の有性型と無性型の分子系統学的研究
矢原徹一・石井いずみ・中沢幸(九州大院理日本)・河原孝行(森林総研札幌)・渡邊邦秋(神戸大院理)
Abstracts of the 11th New Phytologist Symposium "Plant Speciation", Antagonish, Canada   2003年   
ナガバマムシグサ群 (サトイモ科)の分類学的再検討
小林禧樹 (兵庫県植物誌研究会), 邑田仁 (東大 院理植物園), 鈴木武 (兵庫県立博物館), 渡邊邦秋 (神戸大院理)
日本植物分類学会研究発表記録 2nd   2003年   
メキシコ産ステビア属のITS: 有性型・無性型・1年草・多年草・低木間の比較
矢原徹一, 石井いずみ (九大 理), 副島顕子 (大阪府大 総合科学), 渡邊邦秋 (神戸大 理)
日本植物学会大会研究発表記録 64th   2000年9月27日   
メキシコ産ステビア属の細胞地理・有性型と無性型
渡邊邦秋 (神戸大 理), 矢原徹一 (九大 理), 副島顕子 (大阪府大 総合科学)
日本植物学会大会研究発表記録 64th   2000年9月27日   
メキシコ産ステビア属の多様性と分布
副島顕子 (大阪府大総合科学), 渡邊邦秋 (神戸大 理), 矢原徹一 (九大 理)
日本植物学会大会研究発表記録 64th   2000年9月27日   
屋久島におけるヤマモモの花粉と種子分散の動態
寺村 ・小菅桂子 (神戸大院理)・湯本貴和 (京都大生態研)・渡邊邦秋 (神戸大院理)
Abstracts of Int. Symposium on plant population biology and evolution. New perspective toward a new century. Kyoto (Japan)   1999年   
オーストラリア産ポドリーペス属 (キク科ハハコグサ連)の分子系統. 核ITS領域および葉緑体matK遺伝子の塩基配列に基づく証拠
小西希・小菅桂子・渡邊邦秋(神戸大院理)
Abstracts of Int. Symposium on plant population biology and evolution. New perspective toward a new century. Kyoto (Japan)   1999年   
北米・アジア・ヨーロッパ産ヒヨドリバナ属の分子系統学
伊藤元巳(東大)・渡邊邦秋(神戸大院理)・河原・クローフォード ダニエル J. (オハイオ州立大アメリカ)・矢原徹一(九州大院理)
Abstracts of Int. Symposium on plant population biology and evolution. New perspective toward a new century. Kyoto (Japan)   1999年   
キンポウゲ科の系統解析におけるAdh遺伝子の有効利用
小菅桂子・大村恵那・諸岡倫子・渡邊邦秋(神戸大院理)
Abstracts of Int. Symposium on plant population biology and evolution. New perspective toward a new century. Kyoto (Japan)   1999年   
様々な染色体数を持つポドレピス属内の系統関係
小西希・小菅桂子・渡邊邦秋(神戸大院理)
Abstracts of the 16th Int. Bot. Congr. St. Louis (U. S. A.)   1999年   
コケタンポポ属 (キク科) の分子系統学的研究
高宗香緒利, 伝田哲郎, 横田昌嗣 (琉球大理), 渡邊邦秋 (神戸大 理)
日本植物学会大会研究発表記録 63rd   1999年   
キク科植物における染色体進化 [招待有り]
渡邊邦秋 (神戸大理)
日本進化学会設立記念大会、生物多様性シンポジウム   1999年   
アルコール脱水素酵素遺伝子に基づくキンポウゲ科の系統解析
小菅桂子, 大村恵那, 諸岡倫子、渡邊邦秋 (神戸大理)
日本植物分類学会研究発表記録 29th   1999年   
キク科ブラキコーム属 における染色体進化
渡邊邦秋, 小菅桂子 (神戸大理), 矢原徹一 (九州大理), 伝田哲郎 (琉球大 理)
日本植物学会大会研究発表記録 62nd   1998年   
ブラキコーム・リニアリローバ複合体における品種間関係とゲノムの再構成
渡邊邦秋・足立淳子(神戸大理)・福井希一・大近戸伸子(北陸農試)・小菅桂子
Abstracts of Int. Workshop on analysis and utility of plant chromosome information. Johetsu. (Japan)   1997年   
ヒヨドリバナ属植物 (キク科) の系統と植物地理 [招待有り]
渡邊邦秋(神戸大理)・矢原徹一(九大理)・伊藤元巳(東大教養)・河原孝行(森林総研札幌)
Abstracts of Int. Symposium on Systematics and Biogeography of eastern Asian plants. Souel (South Korea).   1997年   
ブラキコーム・リニアリローバ複合体 (2n=4,8,10,12,16)におけるr‐DNAの染色体上の分布
足立淳子, 渡邊邦秋, 小菅桂子 (神戸大理), 福井希一, 近江戸伸子 (北陸農試)
日本植物学会大会研究発表記録 61st   1997年   
キク科ハハコグサ連Podolepis属の分子系統学的研究 1
小西希, 小菅桂子, 渡邊邦秋 (神戸大 理)
日本植物学会大会研究発表記録 61st   1997年   
ブラキコーム属 植物 (キク科) におけるAdh遺伝子のイントロンの長さの変異
伝田哲郎・小菅桂子・渡邊邦秋・足立淳子(神戸大理)
Abstracts of Int. Symposium on Differentiation patterns of plant population and adaptive mechanisms. Kyoto (Japan)   1996年   
ブラキコーム属 (キク科, シオン連) におけるmat-K遺伝子塩基配列に基づく分子系統
伝田哲郎・渡邊邦秋・小菅桂子・足立淳子(神戸大理)
Abstracts of Int. Symposium on Differentiation patterns of plant population and adaptive mechanisms. Kyoto (Japan)   1996年   
mat-K遺伝子塩基配列に基づくメギ科の分子系統
足立淳子・小菅桂子・伝田哲郎・渡邊邦秋(神戸大理)
Abstracts of Int. Symposium on Differentiation patterns of plant population and adaptive mechanisms. Kyoto (Japan)   1996年   
葉緑体遺伝子matKによるキク科プラキスコーム属の系統解析
伝田哲郎, 小菅桂子, 渡邊邦秋 (神戸大理)
日本植物学会大会研究発表記録 59th   1995年   
葉緑体遺伝子matKによるメギ科の系統解析
足立淳子, 小菅桂子, 渡邊邦秋 (神戸大理)
日本植物学会大会研究発表記録 59th   1995年   
ブラキスコーム属 (キク科) における染色体および分子進化
渡邊邦秋(神戸大理、日本), ショート フィリップ S.(国立標本館,オーストラリア)・伝田哲郎(神戸大理)・鈴木洋平(千葉大理)・小菅桂子(神戸大理)・伊藤元巳(千葉大理)・矢原徹一(東京大教養)
Abstracts of Int. Compositae Confer. Kew (England). Systematics, Biology & Utilization.   1994年   
ahd遺伝子によるキンポウゲ科数属の分子系統
小菅桂子・澤田・伝田哲郎・渡邊邦秋 (神戸大理)
Abstracts of Int. Confer. on Systematics and evolution of the Ranunculiflorae, Bayrewth (Germany)   1994年   
gapA 遺伝子によるメギ科の分子系統
足立淳子・小菅桂子・伝田哲郎・渡邊邦秋(神戸大理)
Abstracts of Int. Confer. on Systematics and evolution of the Ranunculiflorae, Bayrewth (Germany)   1994年   
キク科ヒヨドリバナ連の系統と染色体進化
渡邊邦秋 (神戸大理), 伊藤元巳 (千葉大理), 矢原徹一 (東大教養), 鈴木武 (兵庫県博), 横山潤 (東大理)、キング ロバート M. (スミソニアン自然史博), クローフォード ダニエル J. (オハイオ州立大)
日本植物分類学会研究発表記録 24th   1994年   
Adh遺伝子を用いたBrachyscome dentata complexの系統解析
伝田哲郎, 小菅桂子, 渡邊邦秋 (神戸大理)
日本植物学会大会研究発表記録 58th   1994年   
ahd遺伝子によるキンポウゲ目の分子系統
小菅桂子, 前田さち子, 仁藤隆久, 大井雅也, 渡辺邦秋 (神戸大院理)
日本植物学会大会研究発表記録 64th   2000年9月27日   
メキシコ産ステビア属の細胞地理と系統進化
矢原徹一 (九州大院理), 渡邊邦秋 (神戸大院理)、副島顕子 (大阪府大 総合科学), 河原孝行 (森林総研札幌)
日本植物学会大会研究発表記録 65th   2001年   
キク科シオン連カローテス属の分子系統学的研究.
小西希, 小菅桂子, 渡邊邦秋 (神戸大院理)
日本植物分類学会研究発表記録 2nd   2003年   
メキシコにおけるStevia origanoides HBK.(キク科)の種内DNA多形と系統発生
河原孝行 (森林総研札幌)、副島顕子 (大阪府大総合科学), 矢原徹一 、中沢幸、三島美佐子 (九州大院理)、渡邊邦秋 (神戸大院理)
日本植物学会大会研究発表記録 68th   2004年   
ヒヨドリバナ連 植物 (キク科) の染色体進化 [招待有り]
渡邊邦秋(神戸大理)・伊藤元巳(千葉大理)・矢原徹一(東京大教養)・鈴木武(東京大理植物園)・横山潤(東京大理植物園)・キング ロバート M.(スミソニアン博物館アメリカ)・クローフォード ダニエル J. (オハイオ州立大アメリカ)
Abstracts of 15th Int. Bot. Congress, Yokohama, (Japan)   1993年   
葉緑体‐DNA制限部位の変異に基づくヒヨドリバナ属植物の進化と植物地理
伊藤元巳(千葉大理)・河原孝行・矢原徹一(東京大理植物園)・渡邊邦秋(神戸大理)
Amer. J. Bot. (Abstracts of Ann. Meeting of Botanical Society of America, Hawaii, (U. S. A.)   1992年   
ヒヨドリバナ属 植物 (キク科、ヒヨドリバナ連)における核学的多様性の数量的解析
渡邊邦秋(神戸大教養)・伊藤元巳(千葉大理)・矢原徹一(東京大理植物園)・サリバン ビクトリア I. (フロリダ州立大アメリカ)・河原孝行・クローフォード ダニエル J. (オハイオ州立大アメリカ)
Abstracts of 4th IOPB Congr. Kyoto (Japan). Biological Approaches and Evolutionary Trends in Plants.   1989年   
アメリカ産ヒヨドリバナ (キク科)の有性型・無性型集団における酵素多型
矢原徹一・伊藤元巳・渡邊邦秋・クローフォード ダニエル J. (オハイオ州立大アメリカ)
Abstracts of 4th IOPB Congr.Kyoto (Japan). Biological Approaches and Evolutionary Trends in Plants.   1989年   
ヒヨドリバナ属植物 (キク科) の細胞地理.
渡邊邦秋 (神戸大教養)
Abstracts of 14th Int. Bot. Congress, Berlin (Germany)   1987年   
ブラキコーム属 (キク科, シオン連) における進化
渡邊邦秋(神戸大教養、日本)・スミス-ホワイト スペンサー(シドニー大、オーストラリア)
Abstracts of 3rd Kew Chromosome Confer. Kew (England)   1987年   
日本産テンナンショウ属 (サトイモ科)の細胞学的および系統学的研究
渡邊邦秋 (神戸大院理), 小林禧樹 (兵庫県植物誌研究会), 邑田仁 (東大 院理 植物園)
タネツケバナ属Cardamine ( アブラナ科)オクヤマガラシ‐エゾワサビ群の分類学的検討と細胞地理
工藤洋 (京都大生態センター)、渡邊邦秋 (神戸大院理), 朴 J. H. (慶北国立大学韓国)、LIHOVA, J. & MARHOLD, K. (スロバキア科学アカデミー, スロバキア)
日本植物分類学会研究発表記録 8th   2009年   
植物進化における倍数体化とゲノムサイズ縮小化の役割 [招待有り]
渡邊邦秋 (神戸大院理)
染色体学会第64回年会シンポヂウム生物多様性の保全と染色体研究II. 植物における倍数性進化   2013年11月10日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 伊藤 元己
適応放散的種分化とは、単一祖先から、周辺のさまざまな環境に適応し、形態や生態学的特徴が分化した種が進化していく現象を指す。この現象は通常、比較的短時間で起こり、少数の突然変異による遺伝的変化によって、大きな形態、生態、生理形質の分化が生じたと推定されるため、種分化のモデル系として注目されている。適応放散的種分化は通常、大洋島など、新たな生育地が形成された場合に起こる。本研究の対象地域に選んだニュージーランドは大陸から離れた太平洋上に位置する。また、高緯度に位置するため、特に南島は氷河期には...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 工藤 洋
・タチスズシロソウ(西日本の砂浜に分布し,各地で絶滅危惧となっている)の分布調査は、各地での絶滅により困難であったが,記録のある地域の調査をほぼ終了した。滋賀県3集団,三重県1集団,富山県1集団,高知県1集団を確認した。愛知県,愛媛県では絶滅した可能性が高い。・タチスズシロソウの最大集団である琵琶湖集団において、個体の空間分布パターンを明らかにした。複数の調査区を設け,季節消長を明らかにし,発芽時期と開花時期を特定した。・袋掛け・除雄実験を継続し、同種が自家和合で自動自家受粉が可能であり,...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 矢原 徹一
今日の分類学者に課せられた1つの課題は、顕著に適応放散を遂げたグループの系統関係をグループ全体にわたって徹底して解析し、形態的・生態的多様化に関するすぐれたケーススタディを提示することである。ステビア属(キク科ヒヨドリバナ連)は、メキシコを中心に、1年草・多年草・低木が分化しており、このようなケーススタディの格好の材料である。研究代表者らはこれまで、主としてメキシコにおいて、ステビア属の研究材料を収集し、種間の系統関係などについて成果をあげてきた。しかし、以下の問題が未解決である。これらを...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 矢原 徹一
メキシコ産ステビア属では、99種のうち42種に無性生殖が見られる。これらのうち、無性型と有性型がともにふつうに見られるStevia origanoidesとその近縁種をメキシコ各地で採集し、その形態・染色体・分子系統を調査し、これらの比較研究から、無性生殖型が各地で繰り返し起源し、その結果有性型がそれぞれの場所で特殊化を遂げたという仮説を検証することを目的として、本研究を実施した。研究飼料を収集するために、平成12年10月15日から11月16日までの1ケ月間、および平成13年11月15日か...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究, 基盤研究(B))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 矢原 徹一
キク科ヒマワリ連・フジバカマ連は、キク科の総種数の約4分の1、総属数の約3分の1を含む大きな群である。申請者らのこれまでの研究により、フジバカマ連はヒマワリ連から派生したこと、ヒマワリ連とフジバカマ連を含む単系統群は、キク科マリーゴールド連から派生したことが推定されている。本研究は、キク科の総種数の約4分の1を含むこの群が、単一回の倍数化以後に爆発的に適応放散を遂げたという仮説を検証するための、研究資料の収集を目的として実施された。平成10年度の調査では、マリーゴールド連の属数が多いNeu...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 渡辺 邦秋
オーストラリア産キク科シオン連のCalotis属、ハハコグサ連の広義Gnephosis属に、近縁属を加えて、核DNAのITS領域と葉緑体遺伝子matKの塩基配列を決定し、分子系統樹を作成した。Calotis属16種のITS1領域は251塩基からなり、75サイトで塩基置換がみられた。そのうち、39サイトで共有派生的な塩基置換が起きていた。また、解析を行ったすべての種で葉緑体遺伝子matKは1206塩基からなり、22サイトで塩基置換がみられた。そのうち、5サイトで共有派生的な塩基置換が起きてい...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 矢原 徹一
ステビア属はヒヨドリバナ属に近縁なキク科植物である。その分化の中心地メキシコでは88種が報告されている。これらは、木本、多年草、1年草を含み、また他家受粉、自家受粉、無性生殖を含む。本研究のゴールはこれらの種の系統関係をDNA情報を用いて推定し、生活形と交配システムの進化にどのような相関関係があるかを解明することである。そのための資料収集を行うことが、本研究課題の目標である。本研究課題については、当初3年間の研究計画を申請したところ、そのうち2年間の実施が認められ、平成7、8年度の2年間科...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 渡邊 邦秋
オーストラリア産キク科ハハコグサ連植物30属75種112集団とプルケア連植物3属6種8集団で染色体数を算定した。プルケア連植物が、全てx=10の基本染色体数をもつのに対し、ハハコグサ連植物では、基本染色体数がAngianthus属でn=13、12、6、Asteredia属でn=9、7、Erymophyllum属でn=14、11、Gnephosis属でn=11、8、Hyaloserma属でn=12、11、8、Lawrencella属でn=11、8、Millotia属でn=13、11、8、My...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 渡辺 邦秋
オーストラリア東部と中南部でキク科シオン連およびハハコグサ連植物120集団のサンプルを採集し、現地を調査した。各集団で3部の標本を作成し、若いつぼみを固定し、DNA採集用葉と成熟種子を収集した。ハハコグサ連植物23属68種103集団とプルケア連植物3属6種8集団で染色体数を算定した。プルケア連植物が、全てx=10の基本染色体数をもつのに対し、ハハコグサ連植物では、基本染色体数がAngianthus属でn=13,12,6、Asteredia属でn=9,7、Erymophyllum属でn=13...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 矢原 徹一
本研究の目的は、ヒヨドリバナ連に属するメキシコ産ステビア属、およびその近縁属の系統関係を分子系統学的アプローチによって推定し、ステビア属において世代時間、生殖システム、花の形態、染色体数がどのような関連をもって進化したかを明らかにすることである。メキシコ産ステビア属、およびその近縁属の種には、大木、多年層、1年草があり、木本性が祖先的であると考えられる。また、自家受粉や無性生殖が多くの種でみられる、花の形態が多様である。染色体基本数にn=11、12、13という多型がある、などの点で多様性に...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 渡辺 邦秋
1995年10月8日から11月12日まで35日間、南オーストラリア州と西オーストラリア州の乾燥地域で、また、1996年1月29日から2月18日までの20日間、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州の高山地帯で、キク科のハハコグサ連およびシオン連植物550集団のサンプルを採集し、現地を調査した。乾燥標本は、National Herbarium of Victoria,採集した各州の標本館および東大の標本庫(研究が終わるまで神戸大の標本庫に保管)に各一部ずつ収めるため、全て3部を作成した。若い...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 小菅 桂子
植物の進化において重要な役割を果たす倍数化や異数化により、DNA分子種や染色体構造にどのような変化が生じているかを明らかにするため、半数染色体数がn=2からn=15と変異に富む、キク科ブラキスコ-ム属の植物で解析を試みた。形態、染色体、及び葉緑体遺伝子解析より、近縁と見なされる群のn=9、4、3の種について、植物体より抽出したDNAを鋳型として、PCR法による遺伝的変異解析を行い、以下の結果が得られた。1.任意配列プライマーを用いたRAPDマーカー法解析では、種間に共通して出現するバンドと...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1993年 - 1994年    代表者: 矢原 徹一
有性生殖は病原体の進化に対抗する上で有利であるという、いわゆる「赤の女王仮説」によれば、無性生殖生物は種多様性が高く、生物間相互作用が複雑な熱帯地域では少ないと予測される。一方、Yahara(1990)は無性生殖型は倍数体であることから競争的な環境で有利であり、有性生殖型は競争者が進入しにくいストレス環境で残存するという考えを提唱した。この考えによれば、熱帯であっても競争的な環境では無性生殖型が高頻度で出現するはずである。いずれの仮説が妥当かを検討する上では、熱帯地域における生殖システムの...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1992年 - 1993年    代表者: 渡辺 邦秋
平成4年9月19日から10月11日にかけて、オーストラリア東部テーブルランドからの内陸半砂漠地帯で、Brachyscome属20種(33集団)、近緑属のCalotls属15種、Vittadinia属6種、Minulia属5種、Cotula属1種の種子、若いつぼみ、若葉、証拠標本を採集し、生育地の環境条件を調査した。また、平成5年1月23日から2月14日にかけて、オーストラリア東部山岳地帯で、Brachyscome属22種(39集団)、Calotis属3種、Vittadinia属1種、Sol...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1991年 - 1992年    代表者: 矢原 徹一
本研究は新大陸で分化しているヒヨドリバナ属近縁植物の系統関係の解明によって,(1)ヒヨドリバナ属近縁植物は倍数体起源であり,系統分化の過程で染色体数が減少した,(2)ヒヨドリバナ属は北アメリカで起源し,その後東アジアに移住した,という仮説を検証することを目的としている。系統解析に必要な資料を収集するために,合衆国テキサス州,ハワイ州およびコスタリカにおいて野外調査を行った。その結果さまざまな染色体基本数を持つ15属の植物資料が得られた。得られた資料からCTAB法によって全DNAを抽出し,各...
文部科学省: 科学研究費補助金(総合研究(A))
研究期間: 1990年 - 1991年    代表者: 河野 昭一
被子植物の交配システムには眞性他殖、部分的他殖性(または自殖性)、眞性自殖性の3タイプが知られているが、その進化機構を解明するための理論的並びに野外研究、実験的研究を行った。1.植物の自殖率の進化に影響する要因については、すでにさまざまな集団遺伝理論モデル、LandeーSchemーskeモデルなどが提出されている。それらの検証するための理論的、実験的研究の結果、中間的繁殖戦略は必ずしも進化的に安定ではないことが指摘されていたが、中間的自殖率が進化的に安定な領域の存在についても、再検討された...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1990年 - 1991年    代表者: 渡辺 邦秋
ブラキスコ-ム属29種および種複合体145集団の染色体数を算定した。6種で初めての染色体数を、2種で新しい細胞型を、2種で新たにB染色体を報告した。体細胞分裂中期の核型を30分類群で、前中期の核型を25分類群で分析した。半数染色体全長で、2倍の違いがある2群を識別できる。それぞれが単系統であるか否かは、今後の検討課題である。この2群間では、染色体サイズが2倍も異なるにもかかわらず、容易にF_1の雑種が得られる。この雑種では染色体凝縮が非同調的で、一方の親から由来した大型染色体は、全長に渡っ...
文部科学省: 科学研究費補助金(海外学術研究, 国際学術研究)
研究期間: 1988年 - 1989年    代表者: 矢原 徹一
北米東南部には23種のヒヨドリバナ属植物が知られている。これらのうち9種には有性生殖を行う2倍体と無融合生殖を行う倍数体が知られている。このため有性生殖と無融合生殖の進化条件を検討するうえで興味深い材料である。古典的な考え方によれば、有性生殖型は遺伝的に異なる子孫を残すので無融合生殖型よりも一般に有利であると説明されている。この立場では無融合生殖型は雑種起源であり、雑種性(高いヘテロ接合性)に由来する有利さ(雑種強勢)を維持するために進化したと考えられている。しかしこの考え方を支持する証拠...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1985年 - 1986年    代表者: 岩槻 邦男
シダ植物のオシダ属・チャセンシダ属・被子植物のヒヨドリバナ属・ヤブマオ属を材料として、無配生殖を行なう系統にみられる遺伝的変異の起原に関する比較研究を行なった。ヒヨドリバナ属についての細胞学・生化学および統計学的手法による研究から、異なる種の有性生殖型と無配生殖型の間の交雑が無配生殖型の遺伝的変異の主な供給源であることが示された。チャセンシダ属においては、有性生殖型と無配生殖型の種間交雑が新しい無配生殖型を生じる過程が、酵素多型を遺伝的マーカーとして詳しく調査された。オシダ属・ヤブマオ属に...
ヒヨドリバナに関する植物地理学的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1980年 - 1980年    代表者: 渡辺 邦秋
ヒヨドリバナ属植物における自然集団の細胞学的構造と動態の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1979年 - 1979年    代表者: 渡辺 邦秋
キク育種に関する細胞学的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1976年 - 1976年    代表者: 渡辺 邦秋
(Cell Cycle M期における)染色体の凝縮および弛緩を支配するメカニズムの解析
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研空(A))
研究期間: 1975年 - 1975年    代表者: 渡辺 邦秋