SAKANO Tomokazu

J-GLOBAL         Last updated: Oct 29, 2019 at 22:08
 
Avatar
Name
SAKANO Tomokazu
Affiliation
Kobe University
Section
Graduate School of Intercultural Studies Department of Cultural-Interaction
Job title
Professor

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
The UK General Election of 2017: Brexit and the Return to Two-Party Politics
SAKANO TOMOKAZU
Japanese Journal of Election Studies   34(1) 22-39   Jun 2018   [Refereed][Invited]
While the UK general election of 2017 resulted in a hung parliament, the most notable feature of the election was the return to two-party politics. It means the transformation of British politics towards a new two-party politics based on age and t...
書評 水島治郎編『保守の比較政治学 欧州・日本の保守政党とポピュリズム』(岩波書店、2016年)
SAKANO TOMOKAZU
Japanese Journal of Electoral Studies   33(1) 75-77   Jun 2017   [Refereed]
SAKANO TOMOKAZU
Journal of Intercultural Studies   (47) 31-79   Dec 2016
The Politics of Electoral Reform in the UK
SAKANO TOMOKAZU
Japanese Journal of Electoral Studies   31(1) 5-18   Jun 2015   [Refereed]
There are increasing studies on electoral reform which view electoral systems as dependent variable. These studies shift attention from the political consequences of electoral change toward the determinants of electoral reform. The paper analyses ...
ニュー・レイバーとイギリス自由主義レジームの再編
Sakano Tomokazu
新川敏光編『福祉レジームの収斂と分岐-脱商品化と脱家族化の多様性』(ミネルヴァ書房)   166-198頁    Jul 2011

Misc

 
比較政治・政治史(欧州・北米ほか)対象 宮本太郎『社会的包摂の政治学-自立と承認をめぐる政治対抗-』(ミネルヴァ書房、2013年)、遠藤乾『統合の終焉:EUの実像と論理』(岩波書店、2013年)
SAKANO TOMOKAZU
The Annuals of Japanese Political Science Association 2014-Ⅰ   365-368   Jun 2014   [Invited]
上記の2冊の本について、比較政治論、EU研究の最近の理論動向を踏まえて、書評を行った。
ニュー・レイバーの「新しさ」とイギリス左派理論
SAKANO, Tomokazu
レヴァイアサン   31, 195-198    Oct 2002
書評:杉本稔『イギリス労働党史研究』(北樹出版)
SAKANO, Tomokazu
選挙研究   16, 166    Feb 2001

Books etc

 
民主政とポピュリズム
SAKANO TOMOKAZU
筑摩書房   Jun 2018   
2017年イギリス総選挙の分析から、階級に基づく二大政党政治から、年齢に基づく二大政党政治への変容を明らかにした。1979年以降のイギリスの政党システムを「政権交代のある優位政党制」(Alternating Predominance)と捉えるクィンによると、小選挙区制のもとで多党化すると、第三政党の台頭は、第一政党には有利に、逆に第二党には不利に作用する。その結果、第一政党と第二政党との議席差が開き、しばらくは優位政党制がもたらされるという。2017年総選挙では、ブレグジットによってUKI...
Innovating Conservatives
SAKANO TOMOKAZU (Part:Joint Editor)
弘文堂   Dec 2017   
Contemporary British Political History 2nd
SAKANO TOMOKAZU (Part:Joint Work)
ミネルヴァ書房   Apr 2016   
かつて世界大国であったイギリスは、戦後に中規模国家に落ち着く中で、いかなる課題に直面したか。経済危機、労使紛争、欧州統合、対外戦争など、山積する国内外の諸問題に対して、歴代政権はどのように対処したのか。とりわけ首相のリーダーシップに焦点を当てて、模索と再編の過程を考察している。2010年に成立したキャメロン政権以降の展開を新に加筆し、2大政党制の本格的な揺らぎ、スコットランド分離独立、EU国民投票といった、執政府-政党次元と中央-地方関係次元という2つの軸において、「ウェストミンスター・モ...
現代イギリス政治 第2版
SAKANO TOMOKAZU (Part:Joint Work)
成文堂   Mar 2014   
2010年総選挙で戦後初の連立政権が形成生されたことを踏まえ、1997年以降のブレア政権、ブラウン政権、そしてキャメロン政権下のイギリス政治の変容、特に中核的執政の変容について、「大統領制化」という分析枠組みから考察した。
イギリス現代政治史
Sakano Tomokazu (Part:Joint Work)
ミネルヴァ書房   Apr 2010   

Conference Activities & Talks

 
ブレグジットの行方 [Invited]
SAKANO TOMOKAZU
Japan Academeia   Dec 2017   
総選挙後の英国情勢
SAKANO TOMOKAZU
国際情勢研究所   Jun 2017   国際情勢研究所研究会
2015年イギリス総選挙と今後について [Invited]
SAKANO TOMOKAZU
日本アカデメイア勉強会   Jul 2015   日本アカデメイア勉強会
2015年イギリス総選挙における保守党の勝因を①保守党の経済運営能力に対する評価、②党首評価、③マス・メディアの支持といった観点から分析した。スコットランド国民党の躍進についても、民族的アイデンティティ政治の活性化と捉えることは適切ではなく、より公平な社会の確立を求める中道左派進歩主義の現れと見るべきことを指摘した。また、イギリス独立党は、反EU単一争点政党から急進的右翼・反エリート政党へと変容していることを明らかにした。キャメロン政権の対EU政策が、政党内政治と政党間政治の産物であること...
The Presidentialization of POlitics in Britain and Japan: Comparing Party Responses to Electoral Dealighnment
SAKANO, Tomoichi
International Political Science Association (IPSA) World Congress   Jul 2006   International Political Science Association
ブレア政権のメディア政治
SAKANO, Tomokazu
2005年度日本選挙学会研究会   May 2005   日本選挙学会

Teaching Experience