湯本 貴和

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/06 16:53
 
アバター
研究者氏名
湯本 貴和
 
ユモト タカカズ
URL
http://www.chikyu.ac.jp/rihn/staff/yumoto.html
所属
京都大学
学位
理学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
総合地球環境学研究所 研究部 教授
 
1989年
 - 
1992年
 神戸大学教養部助手
 
1992年
 - 
1994年
 神戸大学理学部講師
 
1994年
 - 
2003年
 京都大学生態学研究センター助教授
 

学歴

 
 
 - 
1987年
京都大学 理学研究科 植物学
 
 
 - 
1982年
京都大学 理学部 
 

委員歴

 
2000年
   
 
種生物学会  幹事
 
2000年
   
 
日本熱帯生物学会  評議員
 

論文

 
Factors affecting forest area change in Southeast Asia during 1980-2010
Imai N, Furukawa T, Tsujino R, Kitamura S, Yumoto T
PLoS ONE   13(3) e0197391   2018年5月   [査読有り]
Factors affecting leaf selection by foregut-fermenting proboscis monkeys: New insight from in vitro digestibility and toughness of leaves
Scientific Reports   7 42774   2017年2月   [査読有り]
Kusaka S, Ishimaru E, Hyodo F, Gakuhari T, Yoneda M, Yumoto T, Tayasu I
Scientific Reports   6 33122-33122   2016年9月   [査読有り]
Tsujino R, Yumoto T, Kitamura S, Djamaluddin I, Darnaedi D.
Land Use Policy   57 335-347   2016年6月   [査読有り]
Estimating diurnal primate densities using distance sampling in Moukalaba-Doudou National Park, Gabon
Mangama-Kouba LB, Nakashima Y, Mavoungou JF, Akomo-Okoue EF, Yumoto T, Yamagiwa J. M’batchi B
Journal of Applied Biosciences   99 9395-9404   2016年4月   [査読有り]
Terada S., Nackoney J., Sakamaki T., Mulavwa, M.N., Yumoto T., Furuichi, T.
American Journal of Primatology   77(6) 701-713   2015年6月   [査読有り]
T. Yumoto, M. Terakawa, S. Terada, A. Boupoya, T. Nzabi
Tropics   23(4) 205-213   2015年3月   [査読有り]
昆虫食はなぜゲテモノ扱いされるのか昆虫食はなぜゲテモノ扱いされるのか
湯本 貴和
生物科学   66(3) 130-132   2015年3月   [査読有り]
辻野亮・湯本貴和
霊長類研究   30(1) 79-92   2014年6月   [査読有り]
Tsujino, R., Yumoto, T.
Primates   55(2) 161-165   2014年4月   [査読有り]

Misc

 
ザイール国キブ州に生息する霊長類の現状と保護の必要性
霊長類研究   4(1) 66-82   1988年
動物たちの地球 110号熱帯雨林
朝日新聞社   
暗い森の華やかな交歓
植物の世界   59 146-148   1995年
インターネットをつかった「屋久島オープン・フィールド博物館」構想
モンキー   42 18   1998年

書籍等出版物

 
里山の環境人文学
湯本 貴和 (担当:分担執筆, 範囲:里山:その実態の歴史的変遷と現代的表象 pp.171-194)
2017年6月   
森林文化2017 特集 森のめぐみと生物文化多様性
湯本 貴和 (担当:分担執筆, 範囲:照葉樹林の生物文化多様性とその活用 pp. 124-133)
森林文化協会   2017年3月   
フィールドから考える地球の未来
関野樹 (担当:共著, 範囲:島が生んだ自然と文化を守れるのか pp.126-143)
昭和堂   2016年4月   
スピリチュアリティと環境
鎌田東二 (担当:共著, 範囲:日本列島と環境思想 pp. 72-95)
ビイング・ネット・プレス   2015年9月   
島嶼地域の新たな展望
藤田陽子・渡久口健・かりまたしげひさ編 (担当:分担執筆, 範囲:島嶼社会の可能性と生物・文化多様性. pp. 25-37)
九州大学出版会   2014年4月   

講演・口頭発表等

 
生物文化多様性と地域の福祉のこれから [招待有り]
湯本 貴和
第21回「野生生物と社会」学会沖縄大会・公開シンポジウム   2016年11月22日   
九州・沖縄の生物と文化の多様性から学ぶこと
湯本 貴和
国際生物多様性の日・記念シンポジウム   2015年6月14日   
アフリカの森と人々:非木材資源の可能性をさぐる [招待有り]
湯本 貴和
日本アフリカ学会第52回学術大会・公開講演会   2015年5月24日   
京都から発信する生物文化多様性
湯本 貴和
京都市生物多様性セミナー   2015年1月30日   
島嶼の生物多様性と文化多様性
琉球大学国際沖縄研究所シンポジウム「多様性が開く“島”の可能性—琉球の生物・言語・文化から」   2012年12月22日   琉球大学国際沖縄研究所

競争的資金等の研究課題

 
動物と植物の相互作用
共生概念の再検討
研究期間: 1985年   
日本列島における人間ー自然相互関係の歴史的・文化的検討
研究期間: 2006年 - 2010年
動物と植物の相互作用の概念的検討をベースにして、人間活動影響下の日本列島の植生変遷から人間と自然との関係をとらえ直す