内藤 文雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 08:58
 
アバター
研究者氏名
内藤 文雄
 
ナイトウ フミオ
ハンドル
マルク
eメール
naitokonan-u.ac.jp
所属
甲南大学
部署
経営学部 経営学科
職名
教授
学位
博士(経営学)(神戸大学)
その他の所属
神戸大学

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
甲南大学 経営学部 教授
 
2006年4月
 - 
現在
神戸大学 名誉教授
 
1999年4月
 - 
2006年3月
神戸大学大学院経営学研究科 教授
 
1997年4月
 - 
1999年3月
神戸大学経営学部 教授
 
1996年9月
 - 
1997年8月
ドイツ連邦共和国マールブルク大学 客員教授(専任)
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1986年3月
神戸大学 大学院経営学研究科 博士課程後期課程会計学専攻
 
1981年4月
 - 
1983年3月
神戸大学 大学院経営学研究科 博士課程前期課程会計学専攻
 
1977年4月
 - 
1981年3月
神戸大学 経営学部 会計学科
 

委員歴

 
2015年3月
 - 
現在
アシックス商事株式会社  社外監査役(非常勤)
 
2013年8月
 - 
現在
日本公認会計士協会監査業務モニター会議  委員
 
2012年9月
 - 
現在
日本会計研究学会  理事・評議員
 
2012年9月
 - 
現在
日本会計研究学会  太田・黒沢賞および学会賞審査委員
 
2004年10月
 - 
2013年7月
日本公認会計士協会  品質管理審議会委員(会長代理)
 

受賞

 
2004年7月
日本公認会計士協会 第32回学術賞
 
2000年11月
日本監査研究学会 監査研究奨励賞
 
1996年9月
日本会計研究学会太田・黒澤賞
 
1996年9月
日本内部監査協会青木賞
 

論文

 
監査・保証業務の研究課題と概念モデル
内藤文雄
甲南経営研究   54(2) 41-83   2013年   [査読有り]
監査やレビューによって保証される財務諸表の信頼性の水準
日本監査研究学会「監査・保証業務研究」課題別研究部会(共著)
週刊経営財務   (3128) 25-29   2013年   [査読有り]
内藤文雄
甲南経営研究   53(4) 1-21   2013年   [査読有り]
会計監査研究の貢献・限界と監査・保証業務への展望
内藤文雄
會計   183(1) 23-37   2013年   [査読有り]

Misc

 
内藤 文雄
甲南経営研究   54(2) 41-83   2013年9月
内藤 文雄, 伊藤 龍峰, 児嶋 ?
會計   181(3) 411-441   2012年3月
内藤 文雄, 百合野 正博, 柴 健次
會計   173(3) 441-475   2008年3月

書籍等出版物

 
監査・保証業務の総合研究
内藤文雄
中央経済社   2014年   
会計学エッセンス
内藤文雄
中央経済社   2013年   
財務情報等の監査・保証業務
内藤文雄
中央経済社   2012年   ISBN:ISBN-10:4502458708
広瀬 義州, 藤井 秀樹, 浦崎 直浩, 円谷 昭一, 藤田 晶子, 中條 祐介, 上妻 義直, 國部 克彦, 篠田 朝也, 内藤 文雄, 坂上 学, 長束 航
中央経済社   2012年   ISBN:9784502452604
千代田 邦夫, 鳥羽 至英, 松本 祥尚, 内藤 文雄, 福川 裕徳, 前山 政之, 永見 尊, 林 隆敏, 秋月 信二, 町田 祥弘
中央経済社   2011年   ISBN:9784502445309

講演・口頭発表等

 
日本監査研究学会第36回全国大会(東北大学)課題別研究部会(部会長)最終報告「監査・保証業務研究」
内藤文雄
2013年   
日本公認会計士協会ラウンド・テーブル討議「公認会計士の資格と公認会計士試験制度の見直し」
内藤文雄
2013年   
アカウンティング・ワークショップ21第35回大会報告「財務諸表監査をめぐる諸問題 −オリンパス粉飾決算事件・シャープGC注記問題を中心に−」
内藤文雄
2013年   
日本監査研究学会第35回全国大会(関西大学)課題別研究部会(部会長)中間報告「監査・保証業務研究」
内藤文雄
2012年   
日本監査研究学会第35回全国大会(関西大学)統一論題「わが国における制度としての監査の有効性−外部監査を中心に―」報告「財務諸表監査における アクティブ・セーフティと パッシブ・セーフティの確保」
内藤文雄
2012年   

担当経験のある科目

 

Works

 
アメリカおよびドイツの上場企業の年次報告書・監査報告書に関する実態調査
非財務情報に対する保証業務に関する研究調査

競争的資金等の研究課題

 
利益情報の変容と監査・保証業務のあり方に関する実証的要因分析(課題番号20330098)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 内藤文雄
本研究では、より有用かつ有効な企業内容開示制度における利益情報の開示および監査・保証業務のあり方について、主要な利害関係者への5回の質問票による意識調査および面談調査にもとづき、利益情報の変容の事実を実証し、その要因を分析した。また、かかる事実ないし要因に対応した、ディスクロージャー制度の改革ならびに財務諸表監査における情報の信頼性の保証方法および保証結果の伝達のあり方を明らかにした。
積極的利益調整と財務諸表の重要な虚偽表示との区画原理及び判断規準に関する研究(課題番号19653040)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 萌芽研究
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 内藤文雄
本研究は、会計上の見積りに代表される経営者の会計判断の主観性の程度が大きいためにもたらされる利益調整(アーニングス・マネジメント)が、どの程度になれば財務諸表の重要な虚偽表示(利益操作・粉飾決算)と判断されるべきか、その区画原理および判断基準を明らかにする目的をもった研究である。
 本研究の基礎として財務諸表等会計情報の質的特性の分析が必要であり、それにもとづき一般に公正妥当と認められた会計基準の枠内での経営者の会計判断のフレキシビリティを利用した積極的な利益計算の調整が、財務諸表の虚偽表...
不確実性下における企業リスク情報の開示と保証に関する実証的国際比較研究(課題番号16330086)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 内藤文雄
本研究では、わが国の金融制度のインフラストラクチャーを構成する、証券市場の透明性を担保するための証券取引法にもとづく企業内容開示制度において、企業活動を取り巻く経済環境が不確実性を増す中、企業リスク情報の開示のあり方ならびに当該情報の信頼性の確保のための保証の仕組みを明らかにすることを目的とする。
共同研究者: 伊豫田隆俊(甲南大学経営学部教授)、山崎秀彦(専修大学経営学部教授)、永見尊(慶應義塾大学商学部助教授)、林隆敏(関西学院大学商学部教授)、松本祥尚(関西大学商学部教授)
会計情報の質的特性としての真実性に関する相対性の計測(課題番号 16653034)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 萌芽研究
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 内藤文雄
本研究は、金融ビッグバンによる会計基準のグローバル化により、企業の公開する会計情報が、従来の過去指向的な客観性を重視した情報(取得原価に基づく測定・評価)から、将来指向的な有用性を重視する情報(将来キャシュ・フローの割引現在価値に基づく測定・評価)へとその性格を大きく変化させていることに着目し、このような会計情報の性格の変化によって、会計情報に求められる真実性の意味内容がどのように変化しているかを科学的に計測することを研究目的としている。
企業のリスク・不確実性に関する情報の開示と監査に関する理論的・実証的研究(課題番号 145301680)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 内藤文雄
本研究では、次の4つの研究目的を設定している。
(1) 企業の事業活動のリスクおよび不確実性に関する情報(以下、リスク等情報という。)開示の実態をわが国のみならず国際比較を通じてサーベイし、グローバルな観点から、開示すべきリスク情報および不確実性情報の内容を帰納的に抽出し類型化すること
(2) リスク等情報の開示の判断指標および判断規準を会計理論および監査理論の観点から解明するとともに、それに加えて当該判断指標・規準の開示実務への適用可能性を検討すること
(3) リスク等情報の開示に積極的...