常盤 欣一朗

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/16 03:20
 
アバター
研究者氏名
常盤 欣一朗
 
トキワ キンイチロウ
所属
大阪産業大学
部署
工学部電子情報通信工学科
職名
教授
学位
工学博士(大阪大学)
その他の所属
大阪産業大学大阪産業大学大阪産業大学
科研費研究者番号
70172145

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1979年
大阪大学 工学部 通信工学
 
 
 - 
1984年
大阪大学 工学研究科 通信工学
 

論文

 
テキストの特徴とHTML構造を利用したWeb文書の読みやすさ評価方法
山崎高弘 常盤欣一朗
電気学会論文誌C   132(9) 1524-1532   2012年9月   [査読有り]
Wozencraftのランダムシフト符号とその集合族が有する二元重み分布多項式に関するいくつかの性質
西島利尚 常盤欣一朗 鴻巣敏之
電子情報通信学会論文誌   J92-A(4) 243-245   2009年4月   [査読有り]
A Class of Two-Dimensional Cluster-Correcting Codes Based on Schwartz-Etzion's Construction Methods
K.Tokiwa Y.Orii T.Yamasaki
IEEE Transactions on Information Theory   54(5) 2383-2387   2008年5月   [査読有り]
低符号化比率のJustesen符号に対する漸近的距離比の収束点
鴻巣敏之 常盤欣一朗 西島利尚
電子情報通信学会論文誌   J91-A(5) 587-590   2008年5月   [査読有り]
リードソロモン符号の部分符号を構成する効率的アルゴリズム
占部典宏 常盤欣一朗 田中初一
電子情報通信学会論文誌   J87-A(2) 234-241   2004年2月   [査読有り]

Misc

 
Upper bounds on the average probability of undetected error for the ensembles of both product and concatenated codes
T.Nishijima K.Tokiwa
Proceedings of International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2010)   135-138   2010年10月   [査読有り]
多重クラスタ誤り訂正2次元線形符号が有する検査点数の下界
常盤欣一朗 水上賢一
大阪産業大学論集(自然科学編)   120 33-49   2008年2月   [査読有り]
Some Binary Quantum Codes with Good Burst-Error-Correcting Capabilities
K.Tokiwa K.Kiyama T.Yamasaki
Journal of Osaka Sangyo University, Natural Sciences   116 11-17   2005年2月   [査読有り]
Performance Enhancement of EDCF Access Mechanism of IEEE 802.11e Wireless LAN using Distributed Delay Control with Slow CW Decrease
O.B.Thapa K.Tokiwa A.Timalsina
Proceedings of International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2004)   1556-1561   2004年10月   [査読有り]
On the weight distribution of Justesen Codes
T.Kohnosu K.Tokiwa
Proceedings of 2003 IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2003)   69   2003年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
電子情報通信用語辞典
コロナ社   1999年   
電子情報通信ハンドブック
オーム社   1998年   
数理情報科学事典
朝倉書店   1995年   
パケット無線ネットワーク
CQ出版社   1990年   

競争的資金等の研究課題

 
高信頼な量子情報通信システムの構築に関する基礎的研究
研究期間: 2002年 - 2004年
量子誤り訂正符号の構成に関する理論的研究
研究期間: 1998年 - 2000年