YAMAGATA HIROSHI

J-GLOBAL         Last updated: Jul 22, 2019 at 16:16
 
Avatar
Name
YAMAGATA HIROSHI
Affiliation
Ryukoku University
Section
Faculty of Agriculture,Department of Plant Life Sciences
Job title
Professor
Degree
Doctor of Agriculture(Kyoto Univ.)
Research funding number
00159203

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Ryukoku University Faculty of AgricultureDepartment of Plant Life Sciences
 
 
   
 
Professor, Kobe University Graduate School of Agricultural Science Department of Agrobioscience
 

Published Papers

 
Cyclic GMP Signal Transduction in Plants: Metabolisms, functions, control of gene expression by cGMP and relationships with NO.
Hiroshi Yamagata
56(2) 104-110   Feb 2018   [Refereed][Invited]
Uno T, Furutani M, Watanabe C, Sakamoto K, Uno Y, Kanamaru K, Yamagata H, Mizoguchi A, Takeda M
Histochem. Cell Biol.   Epub ahead of print    Mar 2016   [Refereed]
Uno,T., Izumi,C., Takenaka,S., Yanase,T., Imaishi,H., Kanamaru,K., Yamagata,H., Kaminishi,Y., Itakura,T.
Environ. Toxicol. and Pharmacol.   40 360-368   2015   [Refereed]
Uno,T., Ogura,C., Izumi,C., Nakamura,M., Yanase,T., Yamazaki,H., Ashida,H., Kanamaru,K., Yamagata,H., Imaishi H.
Biopharm. Drug Dispos.   36 552-563   2015   [Refereed]
Uno, T., Isoyama, Y., Sakamoto, K., Uno, Y., Sakamoto, K., Kanamaru, K., Yamagata, H., Takagi, M., Mizoguchi, A., Takeda, M.
Histochem. Cell Biol.   141(3) 311-320   Mar 2014   [Refereed]
Abu Zahra Hamad, Kuwamoto Satoru, Uno Tomohide, Kanamaru Kengo, YAMAGATA HIROSHI
Plant Physiol. Biochem.   74(1) 92-98   Jan 2014   [Refereed]
ダイズCHS遺伝子群のcGMP応答を調べた。GmCHS7/8はcGMPにより発現誘導されたがこの誘導に新たな蛋白質合成は不要であった。GmCHS2発現はcGMPにより影響されなかった。大豆SB-P細胞のプロトプラストを用いる一過的遺伝子発現解析系でGmCHS8プロモーター中のUnit-I配列がcGMP応答性シスエレメントであることを示した。
貯穀害虫コクヌストモドキ成長阻害物質の探索と特性解析および改良穀粉貯蔵法の開発
YAMAGATA HIROSHI
飯島藤十郎記念食品科学振興財団 平成25年度年報   29 189-195   2014
貯穀害虫コクヌストモドキに対する殺虫活性、生育阻害活性をもつタンパク質を各種種子中に探索した。イネ科種子の粉末には生育阻害活性が認められなかった。一方、多くのマメ科種子はコクヌストモドキに対する強い生育阻害活性を有していた。特に、ナタマメ(Canavalia gladiata) のグロブリン画分には,コクヌストモドキ幼虫および成虫の生育を強く阻害するタンパク質が含まれていた。各種マメ類抽出液のコクヌストモドキに対する生育阻害活性とレクチン活性には高い相関が認められたことから、主要な生育阻害...
UNO TOMOHIDE, Ogura Chika, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI, IMAISHI HIROMASA
Biopharm Drug Dispos.   34(2) 87-97   Nov 2013   [Refereed]
多種の生体異物を代謝するヒトシトクロームP450 2A6の野生型および13種の変異型酵素をNADPH-シトクロームP450還元酵素とともに大腸菌で発現し、組換え酵素の7-エトキシクマリン、サロール、フラバノン、水酸化フラバノンの代謝を解析し、2A6ファミリーがフラボノイドを代謝することを明らかにした。
UNO TOMOHIDE, UNO YUICHI, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI, TAKEDA MAKIO
Histochem. Cell Biol.   139(2) 299-308   2013   [Refereed]
カイコのRab GTPaseの数種を大腸菌で発現・精製し、Rab1、Rab7、Rab14に対する抗体を作成した。これらの抗体を用いて、各Rabのカイコ脳内局在部位を調べ、これらのRabがポンビキシンと今日局在することを明らかにした。また、Rab1とRab7は羽化ホルモンと、Rab1は前胸腺刺激ホルモンと共局在した。
Uno T, Kajia S, Imaishi H, Nakamura M, Kanamaru K, Yamagata H, Kaminishi Y, Itakura T
Pesticide Biochemistry and Physiology   in press    2011   [Refereed]
中川 真隆, 上山 恵, 鶴田 宏樹, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 三上 文三, 山形 裕士
J. Biol. Chem.   285, 29797-29807    2010   [Refereed]
FUJIWARA MAKOTO, LI DINGLIANG, KAZAMA YUSUKE, ABE TOMOKO, UNO TOMOHIDE, YAMAGATA HIROSHI, KANAMARU KENGO, ITOH RYUICHI D
Biosci Biotechnol Biochem.   73(7) 1693-1697   Jul 2009   [Refereed]
Symmetric chloroplast division requires a prokaryote-derived division regulator protein MinD, whose subchloroplastic localization remains to be completely established. We investigated the localization and functionality of AtMinD1 (Arabidopsis thal...
Phosphorylation of small GTPase Rab proteins from Bombyx mori(Lepidoptera: Bombycidae)
Tomohide Uno, Hata, K., Trang, L.T.D., Susumu Hiragaki, Nakada, T., Nakamura, M., Yuichi Uno, Hiroshi Yamagata, Kanmaru, K., Makio Takeda, Matsubara M.
Eur. J. Entomol.   106 499-506   2009   [Refereed]
Suita, K., Kiryu, T., Sawada, M., Mitsui, M., Nakagawa, M., Kanamaru, K., and Yamagata, H.
Planta   229, 403-413    2009   [Refereed]
Ferulic acid production in the brewing of rice wine (sake)
Uno T, Itoh O, Miyamoto T, Kubo M, Kanamaru K, Yamagata H, Yasufuku Y, Imaishi H
Journal of the Institute of Brewing   115(2), 116-121    2009   [Refereed]
Uno,T.,  Hata, K., Hiragaki, S., Isoyama, Y., Trang, L. T. D., Uno, Y., Kanamaru, K., Yamagata, H., Nakamura, M., Takagi, M., Takeda, M.
Histochem. Cell Biol.,   134 615-622   2009   [Refereed]
Uno, T., Moriwaki, T., Isoyama, Y., Uno, Y., Kanamaru K., Yamagata H., Nakamura M., and Takagi, M.
Biol. Lett.   6 379-381   2009   [Refereed]
Uno T, Moriwaki T, Nakamura M, Matsubara M, Yamagata H, Kanamaru K, Takagi M.
Arch. Insect Biochem. Physiol.   70(2) 77-89   2009   [Refereed]
宇野 知秀, 岡本 聡太, 増田 智子, 今石 浩正, 中村 正彦, 金丸 研吾, 山形 裕士, El-Kady M.A., 上西 由翁, 板倉 隆夫
Comp Biochem Physiol C Toxicol Pharmacol.   147, 278-285    2008   [Refereed]
Hiroki Tsuruta,
FEBS Journal   275, 4317-4328    2008   [Refereed]
Masahiko Nakamura, Imaishi Hiromasa
Biotechnology and Applied Biochemistry   66, 89-97    2008   [Refereed]
Small GTP binding proteins; Rab GTPases from Bombyx mori.
Moriwaki, T., Nakada, T., Uno, T., Kanamaru, K., and Yamagata, H.
19   2007   [Refereed]
Development and characterization of photo-autophilic Arabidopsis cultured cells
Li, T., Uno, T., Yamagata, H., and Kanamaru, K.
18   2007   [Refereed]
Regulation of gene expression of soybean flavonoid-biosynthetic enzymes by NO, cGMP and light.
Kenji Suita, Maki Sawada, Hiroshi Yamagata
Soy Protein Research   10巻 24-29   2007   [Refereed]
Tomohide Uno, Okamoto, A, Masahiko Nakamura, Hiromasa Imaishi,
Arch. Insect Biochem. Physiol.   66, 89-97    2007   [Refereed]
Monoclonal antibody against Rab8 from Bombyx mori.
Uno, T., Nakada, T., Uno, Y., Kanamaru, K., Yamagata, H., Nakamura, M., and Takagi, M.
Eur. J. Entomol.   104(4) 641-645   2007   [Refereed]
Cloning and characterization of soybean GmGT-1 that binds to a light-responsive cis-element in ELIP promoter.
Aoki, M., Uno, T., Kanamaru, K., and Yamagata, H.
17   2007   [Refereed]
Tomohide Uno, Nakao A, Masuda S, Taniguchi Y, Kanamaru K, Yamagata H, Nakamura M, Imaishi H, Oono K
Modification of small molecules by using cytochrome P450 expressed in Escherichia coli.   33(12):1043-50    2006   [Refereed]
Enzymatic characteristics of cold-active alkaline phosphatase.
Yamaguchi Haruko, Hiroki Tsuruta, Hiroshi Yamagata, Yasuo Aizono
Mem. Grad. School Sci. & Technol., Kobe Univ   24-A, 23-31    2006   [Refereed]
YAMASAKI T, DEGUCHI M, FUJIMOTO T, MASUMURA T, UNO Tomohide, KANAMARU Kengo, YAMAGATA Hiroshi
Biosci. Biotech. Biochem.   70 (5), 1200-1209    2006   [Refereed]
Tomohide Uno, Kiyoharu Oono, Atsushi Nakao, Satoko Masuda, Yuuki Taniguchi, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata
J Ind Microbiol Biotechnol   in press    2006   [Refereed]
Expression, purification and characterization of methyl DNA binding protein from Bombyx mori.
Uno T, Nomura Y, Nakamura M., Nakao A, Tajima S, Kanamaru K, Yamagata H., Iwanaga Y
J Insect Sci   5:8, 1-8    Aug 2005   [Refereed]
大豆フラボノイド合成系酵素遺伝子のcGMPによる発現調節機構の解析
吹田 憲治, 山形 裕士
大豆たん白質研究   8 30-34    2005
TSURUTA Hiroki, TAMURA J, YAMAGATA Hiroshi, AIZONO Yasuo
Biosci. Biotech. Biochem.   68(2), 440-443    2004
Yamagata, H., Yonesu, K., Hirata, A., and Aizono, Y.
J. Biol. Chem.   277(13) 11582-11590   Mar 2002   [Refereed]
Takeshi Murakawa, Hiroshi Yamagata, Hiroki Tsuruta, Yasuo Aizono
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   66・4・754-761    2002   [Refereed]
Yoshida I, Yamagata, H., and Hirasawa, E.
J. Exp. Bot.   53 1525-1529   2002   [Refereed]
Kawachi, T., Sueyoshi, K., Nakajima, A., Yamagata, H., Sugimoto, T., Oji, Y.
Physiol. Plant.   114(1) 41-46   2002   [Refereed]
Yamagata, H., Saka, K., Tanaka, T., and Aizono, Y
FEBS Lett.   494 24-29   Apr 2001   [Refereed]
Yamagata, H., Uesugi, M., Saka, K., Iwasaki, T., and Aizono, Y.
Biosci. Biotech. Biochem.   64(9) 1947-1957   2000   [Refereed]
Yoshida I, Yamagata, H., and Hirasawa, E.
J. Exp. Bot., 50 (332), 319-326. 被引用回数   50 319-326   1999   [Refereed]
Frohnmeyer, H., Bowler, C., Xhu, G., Yamagata, H., Schafer, E., and Chua N.-H.
Plant J.   13(6) 763-772   1999   [Refereed]
Yamagata, H., Kunimatsu, K., Kamasaka, H., Kuramoto, T., and Iwasaki, T.
Biosci. Biotech. Biochem.   62(5) 978-985   1998   [Refereed]
Cloning and expression of the soybean chlH Gene Encoding a subunit of Mg-chelatase and Localization of theMg2+ concentration-dependent chlH protein within the chloroplast.
Nakayama, M., Masuda, T., Bando, T., Yamagata, H., Ohta, H., and Takamiya, K.
Plant Cell Physiol.   39(3) 275-284   1998   [Refereed]
Yoshida, I., Yamagata, H., and Hirasawa, E.
J. Exp. Bot.   49(320) 617-620   1998   [Refereed]
Yamagata, H., Nakajima, A., Bowler, C., and Iwasaki, T.
Biosci. Biotech. Biochem.   62(1) 148-150   1998   [Refereed]
Molecular cloning of two cDNAs encoding small GTP-binding proteins from dark-adapted soybean suspension-cultured cells
Yamagata, H., Harada, F., Bowler, C., Iwasaki, T., and Aizono Y.
Plant Physiol.   115(4) 1730   1997   [Refereed]
Yamagata, H., and Bowler, C.
Biosci. Biotech. Biochem.   61(12) 2143-2144   1997   [Refereed]
Neuhaus, G., Bowler, C., Hiratsuka, K., Yamagata, H., and Chua, N.-H.
EMBO J.   16(10) 2554-2564   1997   [Refereed]
Nakayama, M., Masuda, T., Sato, N., Yamagata, H., Bowler, C., Ohta, H., Shioi, Y. and Takamiya, K.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   215(1) 422-428   1995   [Refereed]
Bowler, C., Yamagata, H., Neuhaus, G., and Chua, N.-H.
Genes Dev.   8 2188-2202   Dec 1994   [Refereed]
Changes in protease activity and protein level in several tissues of developing wheat grains.
Shima, H., Yamagata, H., Nakamura, C., Ono, H. & Iwasaki, T.
Mem. Grad. School Sci. & Technol., Kobe Univ.   12A 103-112   1994   [Refereed]
Cucumisin, a serine protease from melon fruits, shares structural homology with subtilisin and is generated from a large precursor.
Yamagata, H., Masuzawa, T., Nagaoka, Y., Ohnishi, T., and Iwasaki, T.
J. Biol. Chem.   269 32725-32731   1994   [Refereed]
Bowler, C., Neuhaus, G., Yamagata, H., and Chua, N.-H
Cell   77 73-81   1994   [Refereed]
Nozawa, H., Yamagata, H., Aizono, Y., and Iwasaki, T.
Biosci. Biotech. Biochem.   57(1) 154-155   1993   [Refereed]
Reconstitution of the active form from the amino- and carboxyl-terminal fragments of a reactive site-modified subtilisin inhibitor of Adzuki beans (Vigna angularis)
Nozawa, H., Yamagata, H., Aizono, Y., and Iwasaki, T.
J. Biochem.   111 456-459   1992   [Refereed]
Yamagata, H., Nomura, T., Arai, S., Tanaka, K., and Iwasaki, T.
Biosci. Biotech. Biochem.   56(3) 537   1992   [Refereed]
Shinzaki, A., Aizono, Y., Yamagata, H., Sawano, M., and Iwasaki, T.
Agric. Biol. Chem.   55(6) 1521-1530   1992   [Refereed]
The complete amino acid sequence of a subtilisin inhibitor from adzuki beans (Vigna angularis)
Nozawa, H., Yamagata, H., Aizono, Y., Yoshikawa, M., and Iwasaki, T.
J. Biochem.   106(12) 1003-1008   1989   [Refereed]
Yamagata, H., Ueno, S., and Iwasaki, T.
Agric. Biol. Chem.   53(4) 1009-1017   1989   [Refereed]
Urinary fluoride monitoring of industrial hydrofluoric acid exposure
Kono, K., Yoshida, Y., Yamagata, H., Watanabe, M., Shibuya, Y., and Doi, K.
Environ. Res.   42 415-420   1987   [Refereed]
Determination of fluoride and trace elements in human hair by X-ray fluorescence analysis
Yamagata, H., Yoshida, Y., Kono, K., Watanabe, M., and Tamura, T.
Fluoride   20(3) 169-176   1987   [Refereed]
Cell-free synthesis of the rice prolamin
Yamagata, H., Tamura, K., Tanaka, K., and Kasai, Z.
Plant Cell Physiol.   27(7) 1419-1422   1986   [Refereed]
Cell-free synthesis of the rice glutelin precursor
Furuta, M., Yamagata, H., Tanaka, K., Kasai, Z., and Fujii, S.
Plant Cell Physiol.   27(6) 1201-1204   1986   [Refereed]
The site of synthesis and accumulation of rice storage proteins
Yamagata, H. and Tanaka, K.
Plant Cell Physiol.   27(1) 135-145   1986   [Refereed]
The accumulation sites and mechanisms of rice storage proteins
Tanaka, K., Ogawa, M., and Yamagata, H.
J. Am. Oil Chem. Soc.   63 458   1986   [Refereed]
Kono, K., Yoshida, Y., Yamagata, H., Watanabe, M., Takada, Y., Murao, M., Doi, K., and Takatsu, M.
Industrial Health   23(1) 37-45   1985   [Refereed]
Biosynthesis of storage proteins in developing rice seed
Yamagata, H., Sugimoto, T., Tanaka, K., and Kasai, Z.
Plant Physiol.   70 1094-1100   1982   [Refereed]
Yamagata, H., Tanaka, K., and Kasai, Z.
Agric. Biol. Chem.   46(1) 321-322   1982   [Refereed]
Purification and characterization of acid phosphatase in aleurone particles of rice grains
Yamagata, H., Tanaka, K., and Kasai, Z.
Plant Cell Physiol.   21(8) 1449-1460   1980   [Refereed]
Yamagata, H., Tanaka, K., and Kasai, Z.
Agric. Biol. Chem.   43(10) 2059-2066   1979   [Refereed]

Misc

 
植物の光シグナル伝達ネットワークの解析
山形 裕士
ひょうご科学技術協会、平成15年度学術研究支援事業研究成果報告書   p.37-44    2004

Books etc

 
Toxicology of Metals: Clinical and Experimental Research
Kono, K., Yoshida, Y., Watanabe, M., Yamagata, H., Tamura, Y., Shimazu, K, and Tamura, T. (Part:Joint Work, X-ray fluorescence analysis of metals in hair of patients with chronic renal failure.)
Ellis horwood Ltd.   1987   
Recent Advances in Researches on the Combined Effects of Environmental Factors.
Kono, K., Yoshida, Y., Watanabe, M., Yamagata, H., Inoue, S., and Iwasaki, K. (Part:Joint Work, Combined toxicity of ethylene -tetrafluoroethylene copolymer pyrolyzate.)
Kyoei Co., Ltd.   1987   
Fluoride Research 1985
Kono, K., Yoshida, Y., Yamagata, H., Tanimura, Y., Takeda, Y., Harada, A., and Doi, K. (Part:Joint Work, Fluoride clearance in the aging kidney.)
Elsevier Science Publishing Co.   1986   

Conference Activities & Talks

 
Transcriptional control of fruit-specific expression of melon cucumisin
Okada, K., Kohno, M., Uno T., Kanamaru, K. and Yamagata, H.
12th Congress of International Plant Molecular Biology   6 Aug 2018   
Regulatory mechanisms of blue/UV-A light-dependent gene expression of GmELIP
Akihiro Hojo, Satoru Kuwamoto, Mitsuna Kishimoto, Tomohide Uno, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata
27th Congress of the Scandinavian Plant Physiology Society (SPPS 2017)   Aug 2017   Scandinavian Plant Physiology Society
Transcriptional Regulation and Improvement of Stress Tolerance Induced by 5-Amino Levulinic Acid
Mar 2016   
Regulation of the activity and stability of ACC oxidase by nucleoside triphosphate.
Hiroki Iio, Takuma Maekawa, Tomohide Uno, Kengo Kanamaru, and Hiroshi Yamagata
27th Congress of the Scandinavian Plant Physiology Society   Aug 2015   
ククミシン遺伝子の果実特異的発現機構 -転写調節と形質転換トマトにおける発現解析-
Okada Kaori, Miki Kohno, ATSUKO FURUKAWA, AIRI IEFUJI, UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
日本農芸化学会2015年度大会   Mar 2015   
青色光/UV-AシグナルによるダイズELIP遺伝子の転写調節機構
Akihiro Hohjo, Satoru Kuwamoto, UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
日本農芸化学会2015年度大会   Mar 2015   
AtNAS1プロモーター中のNO応答性シスエレメントの解析
Takuya Uchida, Tatsuya Ohara, Shunsuke Yano, Moeko Doi, UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
日本農芸化学会2015年度大会   Mar 2015   
ヌクレオシド三リン酸によるACC酸化酵素の活性化機構の解析
Hiroki Iio, Takuma Maekawa, UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
日本農芸化学会2015年度大会   Mar 2015   
AtNAS1プロモーター中のNO応答性シスエレメントの解析
TAKUYA UCHIDA, TATSUYA OHARA, SHUNSUKE YANO, MOEKO DOI, UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2014   
一酸化窒素(NO)は植物において根の伸長や鉄の取り込み、気孔の閉鎖、植物ホルモンのシグナル伝達、病原菌感染や非生物的ストレスに対する適応応答等の様々な生理的過程に関与する重要なシグナル伝達分子である。動物に比べ、植物におけるNOシグナル伝達や遺伝子発現調節機構には不明な点が多い。本研究では、NOによる植物の遺伝子発現調節機構を転写レベルで明らかにすることを目的とした。シロイヌナズナの光独立栄養培養細胞(T87細胞)を用いたDNAマイクロアレイ解析により、NOによって発現が強く誘導される遺伝...
ヌクレオシド三リン酸によるACC酸化酵素の活性化機構の解析
HIROKI IIO, TAKUMA MAEKAWA, UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2014   
エチレンは、花芽の形成や果実の追熟、器官脱離、老化、感染防御など様々な生理現象を制御している重要な植物ホルモンであり、メチオニンからS-アデノシルメチオニン、1-アミノシクロプロパン-1- カルボン酸(ACC)を経て合成される。ACC酸化酵素(ACO)はACCを酸化しエチレンに変換する最後の反応を触媒するが、その特性には不明な点が多い。本研究では、シロイヌナズナのAtACO2とトマトのLeACO1について新たな酵素学的特性を見出した。まず大腸菌で発現・精製したACOがアルカリ性で可逆的に失...
青色光/UV-AによるダイズELIP遺伝子の転写調節機構
Akihiro Hohjo, Satoru Kuwamoto, UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2014   
ダイズELIP(early light-inducible protein)遺伝子(GmELIP)の発現は青色光/UV-A照射により特異的に誘導される。GmELIPプロモーター中のGT-1-like boxとG boxの2つのシスエレメントが青色光/UV-A応答に必要かつ十分な制御配列である。転写因子GmGT-1がこれら両シスエレメントに結合することを既に報告したがG-box配列はbZIP型転写因子の標的配列でもある。そこで、今回は青色光/UV-AによるGmELIPの発現誘導におけるbZI...
ククミシン遺伝子の果実特異的発現機構
Kaori Okada, Miki Kohno, Atsuko Furukawa, Airi Iefuji, UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2014   
メロン果実のセリンプロテアーゼ、ククミシンは果実の全可溶性タンパク質の10%以上を占める主要タンパク質で、受粉後10日前後の若い果実の果芯部でのみ発現する。ククミシンプロモーターの果実特異的発現能はトマトにおいても機能することを報告した。また、ククミシン遺伝子のプロモーター中に存在する、G-boxを含む20塩基の配列がククミシンの果実特異的な発現を制御するエンハンサーとして機能することが明らかにされ、その配列に結合する転写因子候補として、CmbZIP1とCmbZIP2が単離された。また、C...
Transcriptional control of fruit-secific expression of melon cucumisin [Invited]
Okada Kaori, Miki Kohno, Tomohide Uno, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
Plant Biology 2014   Jul 2014   アメリカ植物生物学会
Cucumisin is a subtilisin-like serine protease found in melon fruits. We reported the primary structure and characterization of cucumisin (1, 2). Cucumisin is synthesized in the central parts of young fruits and secreted into the juice; it compris...
カイコ脳における低分子量GTP結合蛋白質(Rab)の免疫組織学的解析
YAMAGATA HIROSHI, KANAMARU KENGO, TAKEDA MAKIO, UNO TOMOHIDE
平成26年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会   Mar 2014   
シロイヌナズナRPOTmpの葉緑体光防護における役割
KANAMARU KENGO,
第55回日本植物生理学会年会   Mar 2014   
葉緑体・ミトコンドリア両局在性RNAPの光ストレス低減機能
KANAMARU KENGO
2013神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2013   
メロン・ククミシン遺伝子プロモーターのトマトにおける発現解析
YAMAGATA HIROSHI, UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO
神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2013   
A cis-element responsible for cGMP in the promoter of the soybean chalcone synthase gene
UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2013   
メロン・ククミシンの果実特異的発現を調節する転写因子CmbZIP1/2の特性解析
YAMAGATA HIROSHI, UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO
神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2013   
青色光/UV-AによるダイズELIP遺伝子の発現制御機構
UNO TOMOHIDE, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2013   
青色光/UV-AによるダイズELIP遺伝子の発現制御機構 [Invited]
Kuwamoto Satoru, Hamad Abu Zahra, Nogi Takasuke, Uno Tomohide, KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI
第36回日本分子生物学会年会   Dec 2013   
メロン・ククミシン遺伝子プロモーターのトマトにおける発現解析 [Invited]
Okada Kaori, Miki Kohno,, Furukawa Atsuko, Hasegawa Sayako, Uno Tomohide, Kanamaru Kengo, YAMAGATA HIROSHI
第36回日本分子生物学会年会   Dec 2013   
メロン・ククミシンの果実特異的発現を調節する転写因子CmbZIP1/2の特性解析 [Invited]
Miki Kohno,, Okada Kaori, Furukawa Atsuko, Uno Tomohide, Kanamaru Kengo, YAMAGATA HIROSHI
第36回日本分子生物学会年会   Dec 2013   
シロイヌナズナRPOTmpの光ストレス応答における重要性
KANAMARU KENGO
第36回日本分子生物学会年会   Dec 2013   
Analysis of cis-element responsible for cGMP in the promoter of soybean chalcone synthase gene [Invited]
Hamad Abu Zahra, Satoru Kuwamoto, Tomohide Uno, Kengo Kanamaru, YAMAGATA HIROSHI
第36回日本分子生物学会年会   Dec 2013   
大腸菌で発現したウナギシトクロムP450(CYP1A9,CYP1C1)の機能解
KANAMARU KENGO, YAMAGATA HIROSHI, UNO TOMOHIDE
平成25年度日本水産学会秋季大会   Sep 2013   
Transcriptional control of fruit-specific expression of melon cucumisin. [Invited]
YAMAGATA HIROSHI, Miki Kono,, Kaori Okada, Tomohide Uno, Kengo Kanamaru
25th Congress of the Scandinavian Plant Physiology Society   Aug 2013   Scandinavian Plant Physiology Society
Involvement of Arabidopsis RPOTmp in chloroplast photoprotection
KANAMARU KENGO, YAMAGUCHI YASUHIRO, Li D, ICHIBAYASHI HISAO, NOMURA HIRONARI, UNO TOMOHIDE, YAMAGATA HIROSHI
第55回日本植物生理学会年会   Mar 2013   
An Arabidopsis nuclear-encoded T7 phage-type RNA polymerase (NEP) named RPOTmp is a mitochondria/plastid dual targeting protein and fuction for the mitochondrial transcription of some respiratory chain complex genes, plastidic transcription of rrn...
Function of Arabidopsis RPOTmp under light stress condition
KANAMARU KENGO
第54回日本植物生理学会年会   Mar 2013   
免疫組織化学を用いたカイコ低分子量GTP結合タンパク質(Rab)の機能解析
YAMAGATA HIROSHI, KANAMARU KENGO, UNO TOMOHIDE
日本蚕糸学会第83回大会   Mar 2013   
A study of the molecular function of 5-aminolevulinic acid for enhancement of salt-stress tolerance in higher plants
KANAMARU KENGO
第54回日本植物生理学会年会   Mar 2013   
5-アミノレブリン酸による植物塩ストレス耐性向上と遺伝子発現応答
金丸 研吾, 中島 晴香, 山口 泰広, 李 潤, 舩田 茂行, 宇野 知秀, 山形 裕士, 野村 裕也
第85回日本生化学会大会   Dec 2012   
色素体局在性脂肪酸合成律速酵素の発現と機能
KANAMARU KENGO
日本農芸化学会2011年度大会   Mar 2011   
トマトにおける5-アミノレブリン酸の分子・生理機能
KANAMARU KENGO
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会)   Dec 2010   
植物アセチルCoAカルボキシラーゼの発現と機能の解析
KANAMARU KENGO
2010神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2010   
色素体σ因子SIG6と発現相関する新規PPRの機能
KANAMARU KENGO
日本農芸化学会2010年度大会   Mar 2010   
葉緑体発達に必須なシロイヌナズナPPRの分子機能解析.
KANAMARU KENGO
第32回日本分子生物学会年会   Dec 2009   
Molecular and physiological function of PPRTp, a pentatricopeptide repeat protein, in Arabidopsis (2)
KANAMARU KENGO
WINPTech 2009   Dec 2009   
Molecular and physiological function of PPRTp, a pentatricopeptide repeart protein, in Arabidopsis (1)
KANAMARU KENGO
WINPTech2009   Dec 2009   
Molecular and physiological function of PPRS6a and PPRS6b, pentatricopeptide repeat proteins, in Arabidopsis
KANAMARU KENGO
WINPTech 2009   Dec 2009   
シロイヌナズナ色素体accD遺伝子のRNA編集に関与するPPRの多面的効果
KANAMARU KENGO
日本生化学会 2009年度大会   Oct 2009   
シロイヌナズナにおける5-ALAと関連分子の生理・分子作用
KANAMARU KENGO
日本農芸化学会2009年度大会   Mar 2009   
Physiological and molecular functions of RPOTmp (RPOT;2) in Arabidopsis
KANAMARU KENGO
第50回日本植物生理学会年会   Mar 2009   
色素体T7ファージ型RNAポリメラーゼと高い発現相関性をもつPPRTpの機能 [Invited]
KANAMARU KENGO
日本農芸化学会関西支部第457回講演会   Dec 2008   
色素体T7ファージ型RNAポリメラーゼRpoTmpの機能解析
KANAMARU KENGO
第31回日本分子生物学会年会,第81回日本生化学会大会合同大会   Dec 2008   
色素体転写装置RPOTmp欠損変異株の生化学的解析
KANAMARU KENGO
2008神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2008   
色素体転写・翻訳装置と機能相関する因子の探索と解析
KANAMARU KENGO
2008神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2008   
色素体アセチルCoAカルボキシラーゼの発現と機能
KANAMARU KENGO
2008神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2008   
Arabidopsis PPRTp is crucial for post-transcriptional regulation of plastidic accD gene.
KANAMARU KENGO
WINPTech 2008   Nov 2008   
シロイヌナズナ5-ALAデヒドラターゼの生理機能および 酵素学的性質の解析
KANAMARU KENGO
2007神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会   Dec 2007   
果実を用いたタンパク質大量生産
山形 裕士
神戸大学東京フェア   Oct 2007   
カイコGTP結合タンパク質(Rab)の機能解析
森脇 翼, 中田 拓哉, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
平成19年度蚕糸・昆虫利用学術講演会   Apr 2007   
高等生物のP450大腸菌発現系を用いたバイオコンバージョンシステムとその応用
岡本 聡太, 宇野 知秀, 増田 智子, 伊東 鎮, 桝井 孝一, 山本 高明, 佐々木 彩子, 中西 昭二, 小野 雄介, 堀本 智仁, 金丸 研吾, 山形 裕士, 今石 浩正
日本薬学会2007年度会   Mar 2007   
葉緑体tRNAは動的に発現調節されている
北村 元嗣, 柳田 一樹, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾
日本植物生理学会2007年度年会   Mar 2007   
光シグナル、cGMPおよびNOによるダイズフラボノイド合成系酵素遺伝子群の発現調節
吹田 憲治, 三井 麻衣子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
日本植物生理学会2007年度年会   Mar 2007   
シロイヌナズナT7ファージ型RNAポリメラーゼRpoTp(RpoT;3)欠損株の解析
稲垣 良作, 朴 杓允, 金地 通生, 塚谷 裕一, 柳田 一樹, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾
日本植物生理学会2007年度年会   Mar 2007   
シロイヌナズナgatABCホモローグ遺伝子の局在性と機能
伊藤 滋一, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾
2007年度日本農芸化学会   Mar 2007   
ククミシン遺伝子の果実特異的発現機構の解析と果実の形質転換への応用
奥山 慎也, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
2007年度日本農芸化学会   Mar 2007   
ククミシンプロ配列の自己阻害活性に重要な領域
中川 真隆, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
2007年度日本農芸化学会   Mar 2007   
葉緑体tRNAの動的な発現調節とその分子機構
北村 元嗣, 柳田 一樹, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾
神大会館   Dec 2006   
高等植物tRNAトランスアミデーション酵素の機能解析
伊藤 滋一, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾
神戸大学研究基盤センター2006若手フロンティア研究会   Dec 2006   
ククミシンプロ配列の自己阻害に重要な領域
中川 真隆, 上山 恵, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
神戸大学研究基盤センター2006若手フロンティア研究会   Dec 2006   
Regulation of gene expression of soybean flavonoid-biosynthetic enzymes by cGMP
吹田 憲治, 三井 麻衣子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
Kobe University Frontier Technology Forum   Nov 2006   
Molecular function of a T7 phage-type RNA polymerase in chloroplasts
稲垣 良作, 伊藤 滋一, 一林 久雄, 柳田 一樹, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾
Kobe University Frontier Technology Forum   Nov 2006   
Basis and application of expression of two 5-ALA related enzymes in plants
天尾 雅, 岩木 亜樹, 清田 真希, 高原 絵美, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾
Basis and application of expression of two 5’-ALA related enzymes in plants   Nov 2006   
Characterization of plastidic glutamyl-tRNA synthetase and ALA dehydratase in Arabidopsis. [Invited]
岩木 亜樹, 金地 通夫, 岡田 秀樹, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 岩井 一弥, 鈴木 貴也, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾
11th IUPAC   Aug 2006   
Function of T7 Phage-Type RNA Polymerases in Arabidopsis (2) : RpoTmp (RpoT;2)
Hisao Ichibayashi,
The 53rd NIBB Conference "Dynamic Organelles in Plant"   Jun 2006   
Pro-region of cucumisin precursor acts as a potent inhibitor of cucumisin [Invited]
中川 真隆, 上山 恵, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology   Jun 2006   IUBMB
Function of T7 Phage-Type RNA Polymerases in Arabidopsis (1) : RpoTp (RpoT;3)
Inagaki Ryosaku, P. Pak, H. Tsukaya, Michio Kanechi, S. Itoh, Kazuki Ynagida, Nozomu Sakurai, Hideyuki Suzuki, Daisuke Shibata,
The 53rd NIBB Conference "Dynamic Organelles in Plant   Jun 2006   
Correlative and compensatory function of heterologous transcription systems in plastids [Invited]
金丸 研吾, 稲垣 良作, 一林 久雄, 宇野 知秀, 柴田 大輔, 山形 裕士
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology   Jun 2006   
Cloning of cDNAs for Rab proteins from the brain of Bombyx mori and phosphorylation of their proteins expressed in Escherichia coli. [Invited]
中田 拓哉, 中尾 敦史, 山形 裕士, 金丸 研吾, 宇野 知秀
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology   Jun 2006   
ダイズフラボノイド合成系酵素遺伝子の発現調節におけるcGMPとNOの機能相関
Suita Kenji, Mitsui Maiko, Uno Tomohide, Kanamaru Kengo, Yamagata Hiroshi
日本農芸化学会大会2006年度大会   Mar 2006   
ククミシンプロ配列の自己阻害活性
Nakagawa Masataka, Ueyama Megumi, Uno Tomohide, Kanamaru Kengo, Yamagata Hiroshi
日本農芸化学会大会2006年度大会   Mar 2006   
NO及びcGMPによって発現が調節されるシロイヌナズナ遺伝子の網羅的解析
Ohara Tatsuya, Kiyota Maki, Ito Shigekazu, Inagaki Ryosaku, Suita Kenji, Sakurai Nozomu, Suzuki Hideyuki, Shibata Daisuke, Uno Tomohide, Kanamaru Kengo, Yamagata Hiroshi
日本農芸化学会2006年度大会   Mar 2006   
シロイヌナズナT7ファージ型RNAポリメラーゼRpoT;2の機能解析
Kengo Kanamaru, Ichibayashi Hisao, Inagaki Ryosaku, Ito Shigekazu, Kanachi Michio, Sakurai Nozomu, Suzuki Hideyuki, Shibata Daisuke, Uno Tomohide, Yamagata Hiroshi
日本植物生理学会2006年度年会   Mar 2006   
シロイヌナズナT7ファージ型RNAポリメラーゼRpoT;2(RpoTmp)の機能解析
一林 久雄, 稲垣 良作, 伊藤 滋一, 金地 通生, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾
第28回日本分子生物学会 講演要旨集p.449(f)   Dec 2005   日本分子生物学会
葉緑体DNA分析によるケシ科植物の識別
松下 亨, 中川 真隆, 吹田 憲治, 金丸 研吾, 高津 正久, 守安 正恭, 山形 裕士
日本法科学技術学会第11回学術集会   Nov 2005   日本法科学技術学会
シロイヌナズナT87細胞の独立/混合条件における光応答の解析
清田 真希, 関本 佳世子, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾
第78回日本生化学会大会 講演要旨集p.868(f)   Oct 2005   日本生化学会
果実に学ぶタンパク質の大量生産
古市 守, 奥山 慎也, 山形 裕士
自然に学ぶものづくりフォーラム2005   Oct 2005   積水化学
シロイヌナズナT87細胞の混合栄養培養と独立栄養培養における光応答の転写解析
金丸 研吾, 清田 真希, 関本 佳世子, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士
第23回日本植物分子細胞生物学会 p.193(f)   Aug 2005   日本植物分子細胞生物学会
ダイズELIP遺伝子の青色光/UV-A応答性発現を調節するシスエレメント
野木 貴祐, 横山 輝之, 宇野 和秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
第12回日本光生物学協会年会 要旨集p.59(f)   Aug 2005   日本光生物学協会
果物をタンパク質工場に
山形 裕士
はりま産学交流会(第19回一日神戸大学)   Aug 2005   神戸大学
21世紀は農学・生命化学の時代
山形 裕士
河合塾神戸校夏期ガイダンス   Jul 2005   河合塾
ダイズフラボノイド合成系酵素遺伝子のcGMP による発現調節機構の解析
山形 裕士
不二たん白研究財団報告会 要旨集p.26   May 2005   不二たん白研究財団
ダイズフラボノイド合成系遺伝子のcGMP およびNO による発現調節
吹田 憲治, 三井 麻衣子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
第52回日本生化学会近畿支部例会 要旨集p.38(f)   May 2005   日本生化学会近畿支部
カイコのメチル化DNA 結合タンパク質の分子特性
野村 由佳, 岩永 陽介, 中尾 淳史, 中村 正彦, 田嶋 正二, 金丸 研吾, 山形 裕士, 宇野 知秀
第52回日本生化学会近畿支部例会 要旨集p.37(f)   May 2005   日本生化学会近畿支部
昆虫の脳に存在する蛋白質のPKCによるリン酸化およびその機能解析
中田 拓哉, 中尾 淳史, 金丸 研吾, 山形 裕士, 宇野 知秀
第75回蚕糸昆虫機能学術講演会   Apr 2005   日本蚕糸学会
1原子酸素添加酵素チトクロームP450 を用いたバイオコンビケムへの応用
増田 智子, 中尾 淳史, 宇野 知秀, 谷口 雄規, 山形 裕士, 金丸 研吾, 大野 清治, 今石 浩正
第20回Combinatorial Chemistry研究会   Apr 2005   Combinatorial Chemistry研究会
植物Subtilisin 型プロテアーゼの特性と発現調節機構 [Invited]
山形 裕士
日本農芸化学会大会2005年度大会 要旨集p.509(f)   30 Mar 2005   日本農芸化学会
低温活性protein-tyrosine- phosphataseの機能発現機構
鶴田 宏樹, 山本 千晶, 三上 文三, 山形 裕士, 相薗 泰生
日本農芸化学会大会2005年度大会 要旨集p.42   Mar 2005   日本農芸化学会
イネ種子二機能性酵素インヒビター(RASI)の大腸菌における発現およびα� アミラーゼ阻害特性
出口 正揮, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
日本農芸化学会大会2005年度大会 要旨集p.311(f)   Mar 2005   日本農芸化学会
果実特異的遺伝子発現を調節するエンハンサー因子のcDNA クローニングと特性解析
東 礼奈, 柴本 憲幸, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
日本農芸化学会大会2005年度大会 要旨集p.150   Mar 2005   日本農芸化学会
シロイヌナズナ葉緑体tRNA の発現ダイナミクス
柳田 一樹, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
日本農芸化学会大会2005年度大会 要旨集p.150(f)   Mar 2005   日本農芸化学会
ダイズフラボノイド合成系酵素遺伝子のcGMPおよび光による発現調節
吹田 憲治, 三井 麻衣子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士
日本農芸化学会大会2005年度大会 要旨集p.149(f)   Mar 2005   日本農芸化学会
低温活性protein-tyrosine-phosphataseの機能発現機構
Hiroki Tsuruta, Chiaki Yamamoto, Bunzo Mikami, Hiroshi Yamagata, Yasuo Aizono
日本農芸化学会2005年度大会   2005   日本農芸化学会
1原子酸素添加酵素チトクロームP450 を用いたバイオコンビケムへの応用
増田 智子, 中尾 敦史, 宇野 知秀, 谷口 雄規, 山形 裕士, 金丸 研吾, 大野 清春, 今石 浩正
第21回Combinatorial Chemistry 研究会   2005   Combinatorial Chemistry 研究会
低温活性protein-tyrosine phosphatase (PTPase)の触媒部位近傍に位置する疎水性部位の活性発現に対する寄与
Chiaki Yamamoto, Hiroki Tsuruta, Hiroshi Yamagata, Yasuo Aizono
日本農芸化学会2004年度大会   Mar 2004   日本農芸化学会
低温活性Phospholipase Dの大量発現系の確立と機能解析
Hiroyuki Ohkawa, Hiroki Tsuruta, Hiroshi Yamagata, Yasuo Aizono
日本農芸化学会2004年度大会   Mar 2004   日本農芸化学会
高等植物葉緑体におけるtRNA発現の重要性とそのダイナミクス
柳田 一樹, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾
日本農芸化学会関西支部第437回講演会)   2004   日本農芸化学会関西支部
低温活性protein-tyrosine phosphatae (PTPase) の触媒部位近傍に位置する疎水性部位の活性発現に対する寄与
山本 千晶, 鶴田 宏樹, 山形 裕士, 相薗 泰生
日本農芸化学会2004年度大会   2004   日本農芸化学会

Teaching Experience

 
 

Patents

 
特願PCT/JP2009/053020 : METHOD FOR ACCELERATING PLANT LIPID SYNTHESIS USING PPRTP GENE
KANAMARU, Kengo; (JP). YAMAGATA, Hiroshi; (JP). UNO, Tomohide
特願US2004/0055039A1 : DNA sequence regulating plant fruit-specific expression
Hiroshi Yamagta, Yasuo Aizono, Ayako Hirata