北原 淳

J-GLOBALへ         更新日: 12/05/30 12:00
 
アバター
研究者氏名
北原 淳
 
キタハラ アツシ
学位
経済学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
龍谷大学 経済学部 国際経済学科 教授
 

委員歴

 
1990年
   
 
アジア政経学会  常任理事
 
1995年
 - 
1997年
日本社会学会  理事
 

Misc

 
◆論文
タイ中部米作農村・バンチャン村の社会経済構造―カモン・チャンレーカの報告を中心として
アジアの土地制度と農村社会構造(滝川勉・斎藤仁(編))(アジア経済研究所)      1968年
タイ農村の変容過程
タイ経済発展の諸条件(宍戸寿雄(編)(アジア経済研究所)      1973年
地方自治の未成熟
タイの投資環境(吉岡雄一(編))(アジア経済研究所)      1976年
過剰労働力の中の労働不足
同書   301-344

書籍等出版物

 
◆著書(著作権者)
タイ: その国土と市場(北原淳・谷口興二・吉田幹正共著)
科学新聞社   1977年   
東南アジア現代史 (北原淳・滝川勉、他共著)
有斐閣   1982年   
開発と農業:東南アジアの資本主義化
世界思想社   1985年   
タイ農村の構造の変動
勁草書房   1987年   

講演・口頭発表等

 
◆学会・シンポジウム報告(未印刷論文)
Ethics of Community and Its Implication to Development
The 3rd Thai-Japanese Seminar, Tono, Iwate   1994年   
Crisis of Asian Peasant Farming under the Liberalization
The Seikei University International Symposium, Seikei University, Tokyo   1996年   
Prospect for Civil Society in Asia
The Shanghai University International Symposium on Social Change and Modernization 上海大学国際学術討論会(社会変遷与現代化)   2000年   
The Critical Stages of Land Policy in Modern Thailand
The Chaophraya Delta Symposium, Kasetsat University   2000年   

Works

 
タイ農村における村落社会の構造と変動に関する調査
1979年 - 1980年
タイ東部における都市=農村関係の新展開に関する調査(I),(II)
1986年 - 1987年
共訳(韓国語・タイ語雑誌論文翻訳集)『アジアにおける資本主義論争』(北原淳・滝沢秀樹・赤木攻共訳、科研報告書
1990年
沖縄本島国頭郡における家,門中,村の調査
1993年
タイ農村における村落社会の構造と変動に関する調査の追跡調査
1996年 - 1997年

競争的資金等の研究課題

 
比較共同体論
地域性の形成論理
沖縄における家と村の研究