ALEXANDER Ronni

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 03:11
 
アバター
研究者氏名
ALEXANDER Ronni
 
アレキサンダー ロニー
URL
http://www2.kobe-u.ac.jp/~alexroni/index.html
所属
神戸大学
部署
大学院国際協力研究科 国際協力政策専攻
職名
教授
学位
行政学修士(国際基督教大学), 文学博士(上智大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年4月
上智大学 大学院外国語学研究科博士後期課程退学  
 

委員歴

 
 
   
 
日本平和学会  監事
 

受賞

 
2012年11月
神戸大学 男女共同参画貢献賞 男女共同参画貢献
受賞者: Ronni Alexander
 
2007年5月
神戸YMCA ボランティア奨励賞 ポーポキ・ピースの活動
受賞者: ロニー アレキサンダー
 
2007年5月
NPO法人Knots (ノッツ) 「りぶ・らぶ・あにまるず賞」企業商品部 岩波DVDブック ポーポキのピース・メッセージ
受賞者: ロニー アレキサンダー
 

論文

 
Thinking about human rights with the Popoki Peace Project
ALEXANDER Ronni
Human Rights Education in Asia-Pacific   8 83-106   2018年7月   [招待有り]
ALEXANDER Ronni
Journal of Narrative Politics   4(2) 65-87   2018年5月   [査読有り]
This essay draws on Petryna’s use of bio-citizenship in post-Soviet Ukraine (2002) to think about
bio-citizenship in post-Fukushima Japan, particularly with regard to expertise and ideas of what is,
and is not safe. Taking a narrative approach, it...
Living with Disaster Capitalism in Fukushima
ALEXANDER Ronni
Peace Review   30(2) 152-159   2018年4月   [査読有り]
This short essay does not address the question of where the billions of yen earmarked for ‘recovery’ is actually going or discuss who is profiting most from the 2011 disaster. Instead, I will use two short stories to illustrate what I see as the m...
Drawing Disaster: Reflecting on Six Years of the Popoki Friendship Story Project
ALEXANDER Ronni
国際協力論集   25(2) 59-96   2018年1月
This article reflects on six years of the Popoki Friendship Story project, a drawing project begun soon after the 2011 triple disasters in northeastern Japan. Unlike narratives of disaster focusing on the spectacular and research using positivist ...
ALEXANDER Ronni
Peace Review   30(1) 9-16   2018年1月   [査読有り]
The purpose of this essay is to introduce some of the peace education praxis of the
Popoki Peace Project, a grassroots initiative that I began in 2006 in Japan
focusing on peace learning, teaching, and activism. Most of the work of the
Project tak...

Misc

 
性的被害に向き合うために
ALEXANDER Ronni
教育   11(874) 77-82   2018年11月   [依頼有り]
日本で性的被害に向かうことを、アレキサンダーvsエール大学の経験を通して考える
Book Review: Chung, Erin Aeran. Immigration and Citizenship in Japan
ALEXANDER Ronni
Japan Journal of Political Science   Vol. 13 Part 4    2012年12月
東日本大震災~私たちに何ができるのか~
ALEXANDER Ronni
ひょうご部落解放   Vol.143    2011年12月
Book Review: From Election to Coup in Fiji: The 2006 Campaign and its Aftermath
ALEXANDER RONNI BARRETT
Commonwealth and Comparative Politics   Vol. 46, No.1, 152-152    2008年2月
多様な性
ロニー アレキサンダー
Medical On-Line Magazine Sexual Science   2005.9    2005年9月

書籍等出版物

 
"Seeking human security in a militarized Pacific: Struggles for peace and security by Pacific Island women," pp.191-221 in The Gender Imperative~Human Security vs State Security, 2nd edition
ALEXANDER Ronni, REARDON, Betty A., Hans, Asha (担当:共著)
Routledge   2019年1月   
This article will explore how current cultural governance which
emphasizes gender (in this case generally meaning women) both creates
spaces for resistance to violence and recreates the patriarchal militarism and the culture of violence in the Pac...
“Gender, Structural Violence and Peace," in "Routledge Handbook on Gender and Security
ALEXANDER Ronni, Caron E Gentry, Laura J. Shepherd, Laura Sjoberg (担当:共著)
Routledge   2018年9月   
Taking a feminist approach, this chapter analyzes the concept of structural violence and suggests that it can be useful only if it incorporates an understanding of how social relations are gendered.
「平和構築」 (田代順子監修, 堀内美由紀・岩佐信也編集者 『ワークブック国際保健・看護基礎論』)
ALEXANDER Ronni (担当:共著)
ピラールプレス   2016年3月   
平和学の紹介や、平和と健康の関係について、実践例を含めて紹介。
A journey into Women's Studies: Crossing Interdisciplinary Boundaries
ALEXANDER Ronni, Pande, Rekha (担当:共著)
Palgrave   2014年8月   
ポーポキ、元気って、なに色?ポーポキのピース・ブック3
ALEXANDER Ronni
エピック   2014年3月   
ポーポキと一緒に、健康と平和の問題を考えるバイリンガル営本

講演・口頭発表等

 
ジェンダー化される安全保障~グアム島の「安全安心」から学ぶ
ALEXANDER Ronni
2018年度 日本政治学会研究大会   2018年10月   日本政治学会
そこで本稿は、グアムで行ったインタビューを中心に、「安全保障」を「安全」だけではなく、「安心」からも考え、「安全保障」の複雑さを描く。植民地化や軍事化は、物理的な環境や関係性だけではなく、心の中の在り様や考え方にも影響を及ぼし、ジェンダー化されたものでもある。多くのチャモロ人はアメリカ人として、「世界を守り、世界一の軍事力を持つアメリカ」を中心に「安全」を語りながら、同時に、自らの「安全」を人や自然を尊重し、自然環境を大切にするといったチャモロの価値観にもとめ、そこで「安心」する。本稿では...
ワークショップ 「公」を考える
ALEXANDER Ronni
日本平和学会 2018年秋季研究集会   2018年10月   
トレーナーズトレーニング やり⇔取り力を育てる:高校の新設必須科目「公共」に向けて
「日本平和学会が果たすべき役割を考える」
ALEXANDER Ronni
日本平和学会 2018年秋季研究集会   2018年10月   
『平和をめぐる14の論点』(法律文化社)をジェンダーや方法論の視点から考える
多様性とは(多様性を受け入れるということ)―セクシュアル・マイノリティの視点からー [招待有り]
ALEXANDER Ronni
第22回日本看護管理学会学術集会   2018年8月   
みんなと同じ制服を着ているときと、みんなが違う私服を来ているとき、あなたの気持ちは変わりますか?性別がわからない相手と一緒にいると不安になりますか?二人の男性が手をつないで歩いているのと、二人の女性が手をつないで歩くのと印象は違いますか。食事の前に「いただきます」ではなく、「お祈り」をする人と一緒にいたら戸惑うことはありますか。人は、みんな違う。でも、その「ちがい」はいつも見えるとは限らないし、見えても、受け入れることが難しい場合もある。私は多様性が自分の人生を豊かにしてくれるものだと思っ...
Gender and Disaster? Reflecting on Theory and Practice
ALEXANDER Ronni
The 13th International Seminar on Disaster “Gender-Inclusive Disaster Risk Management”   2017年12月   School of Nursing, Faculty of Medicine, Universitas Gadjah Mada
Discusses what we know about risks for women in disaster, approaches to gender and disaster, observations from the field and the need for a transformative approach

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 朴木 佳緒留
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2009年       代表者: 土佐 弘之
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2005年       代表者: 高橋 基樹