品田 裕

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/13 02:40
 
アバター
研究者氏名
品田 裕
 
シナダ ユタカ
所属
神戸大学
部署
役員会
職名
理事
学位
法学士(京都大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1987年3月
京都大学 法学部卒業  
 

委員歴

 
 
   
 
日本比較政治学会  企画委員長・理事
 

論文

 
1990年以後の総選挙における選挙公約
品田 裕
選挙研究   34(2) 5-17   2018年12月
「第二回全国市町村選挙管理委員会事務局調査」 についての報告(3)
品田 裕, 吐合 大祐
選挙時報   67(11) 28-42   2018年11月
「第二回全国市町村選挙管理委員会事務局調査」 についての報告(2)
品田 裕, 吐合 大祐
選挙時報   67(9) 1-14   2018年9月
地方議会の選挙制度
品田 裕
Voters   (45) 7-9   2018年8月
「第二回全国市町村選挙管理委員会事務局調査」についての報告(1)
品田 裕, 吐合 大祐
選挙時報   67(7) 29-41   2018年7月

Misc

 
「大阪都構想の否決は高齢者のせい? 選挙における世代間対立をどうみるか」
品田 裕
THE PAGE 2015年5月27日(水)Yahoo!ニュース16時31分配信      2015年5月   [依頼有り]
「離党した比例選出議員を辞職させて良いのか?」
品田 裕
THE PAGE 2015年5月9日(土) Yahoo!ニュース12時0分配信      2015年5月   [依頼有り]
「〈上西議員の除名〉離党した比例選出議員は辞職すべき?」
品田 裕
THE PAGE 2015年4月16日(木) Yahoo!ニュース19時10分配信      2015年4月   [依頼有り]
はじめに
品田 裕
選挙研究   28(1) 3-4   2013年
全国都道府県議会議員調査調査結果報告
品田 裕, 曽我 謙悟, 建林 正彦
神戸法学雑誌   62(3・4) 57-98   2013年

書籍等出版物

 
選挙ガバナンスの実態 日本編--「公正・公平」を目指す制度運用とその課題
品田 裕
ミネルヴァ書房   2018年3月   
Reconstruction of the Public Sphere in the Socially Mediated Age(Kaoru Endo, Satoshi Kurihara, Takashi Kamihigashi, and Fujio Toriumi eds.)"Has the 3.11 Disaster Brought about Conservatism in Japan? An Application of a Terror Management Theory."
HATA Masaki, SONG Jaehyun, SHINADA Yutaka (担当:共著)
Springer   2017年11月   
「選挙に関する世論調査報告書」
品田 裕 (担当:監修)
大阪市   2015年9月   
「民主党の失敗」、ブリタニカ国際年鑑(2013年版)
品田 裕
ブリタニカ出版   2013年4月   
『政権交代時代の政府と政党のガバナンス』
品田 裕
21世紀政策研究所   2012年   

講演・口頭発表等

 
選挙制度改革による利益誘導政治の変容と継続
品田 裕, 宋財泫, 重村 壮平
第3回東アジア日本研究者協議会国際学術大会   2018年10月   
1994年以降の総選挙における選挙公約 [招待有り]
品田 裕
日本選挙学会 2018年度研究大会   2018年5月   日本選挙学会
制度変化とその帰結のシミュレーション-異なる投票方法の下での議席配分-
品田 裕, 宋 財泫
日本選挙学会   2017年   
「現在の選挙制度の課題と展望」 -投票環境の向上・若年層-
品田 裕
佐賀県選挙管理委員会連合会   2016年2月   佐賀県選挙管理委員会連合会
「現在の選挙制度の課題と展望」 -投票環境の向上と若年層対応について-
品田 裕
兵庫県都市選挙管理委員会連合会   2016年1月   兵庫県都市選挙管理委員会連合会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 品田 裕
科学研究費補助金/基盤研究(A)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 大西 裕
科学研究費一部基金/基盤研究(B)特設
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 品田 裕
科学研究費補助金/萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 品田 裕
科学研究費補助金/基盤研究(A)
研究期間: 2011年       代表者: 手嶋 豊