加護野 忠男

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/09 10:00
 
アバター
研究者氏名
加護野 忠男
 
カゴノ タダオ
所属
神戸大学
部署
社会システムイノベーションセンター
職名
教授
学位
経営学修士(神戸大学), 経営学博士(神戸大学)(神戸大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1973年3月
神戸大学 大学院経営学研究科博士課程退学  
 

委員歴

 
 
   
 
組織学会  会長
 
 
   
 
日本経営学会  理事
 

論文

 
Exploring the Role of Trust in BtB Partnerships : A Case-based Study of the Relationship between Indian Information Technology Vendors and Japanese Customers
Bhargava Suhas, 加護野 忠男
Kindai management review   4 57-72   2016年   [査読有り]
ブラジルにおける日本人移住者の組織形成・維持能力に関する研究―コチア産業組合の事例を通じた運動論的解釈―
浅野 茂, 加護野 忠男
国民経済雑誌   第201巻第5号    2010年5月
取引の文化:地域産業の制度的叡智
加護野 忠男
国民経済雑誌   Vol.196, No.1, pp.109-118    2007年7月
細部へのこだわりと人材育成 : 中国へのアメーバ経営導入プロセスのアクションリサーチから
劉 建英, 三矢 裕, 加護野 忠男
国民経済雑誌   Vol.194, No.1, pp.81-94    2006年7月
本社の付加価値 (特集 事業評価と事業統治)
加護野 忠男, 上野 恭裕, 吉村 典久
組織科学   Vol.40,No.2,4-14    2006年   [査読有り]

Misc

 
コーポレートガバナンス・コードをもとに企業統治を考える
加護野 忠男
企業会計   69(9) 1168-1172   2017年9月
企業統治3・0
加護野 忠男
經營學論集   87 26-31   2017年4月
監査役制度をなくしてしまってよいのか : 東芝の失敗から何を学ぶか
加護野 忠男
月刊監査役   (656) 36-40   2016年7月
終身雇用 終身雇用とは「組織との一体化」である (特集 三種の神器とは何だったのか) -- (鏡・曲玉・剣の本質と生成過程)
加護野 忠男, 荻野 進介
Works   14巻 1号 pp.10-12    2008年4月
学術からの発信 経営学とファミリービジネス研究
加護野 忠男
学術の動向   Vol.13, No.1, pp.68~70    2008年1月

書籍等出版物

 
日本のビジネスシステム : その原理と革新
加護野 忠男, 山田 幸三 (担当:共編者)
有斐閣   2016年11月   
松下幸之助 : 理念を語り続けた戦略的経営者
加護野 忠男 (担当:編者)
PHP研究所   2016年11月   
日本のファミリービジネス : その永続性を探る
ファミリービジネス学会, 奥村 昭博, 加護野 忠男, 階戸 照雄他 (担当:共著)
中央経済社   2016年8月   
エフェクチュエーション:市場創造の実効理論
サラス・サラスバシー (著), 加護野 忠男 (翻訳), 高瀬 進 (翻訳), 吉田 満梨 (翻訳) (担当:共訳)
碩学舎   2015年9月   ISBN:978-4-502-15191-0
スウェーデン流グローバル成長戦略 : 「分かち合い」の精神に学ぶ
加護野 忠男, 山田 幸三, 長本 英杜 (担当:編者)
中央経済社   2014年12月   
組織認識論:企業における創造と革新の研究(新装版)
加護野 忠男
千倉書房   2011年4月   
企業家学のすすめ
宮本 又郎, 加護野 忠男, 企業家研究フォーラム (担当:共編者)
有斐閣   2014年7月   
経営はだれのものか : 協働する株主による企業統治再生
加護野 忠男
日本経済新聞出版社   2014年1月   
組織現象の理論と測定(新装版)
野中 郁次郎, 加護野 忠雄, 小松 陽一, 奥村 昭博, 坂下 昭宣 (担当:共著)
千倉書房   2013年6月   
1からの経営学(第2版)
加護野 忠男, 吉村 典久 (担当:編者)
碩学舎   2012年4月   
松下幸之助に学ぶ経営学
加護野 忠男
日本経済新聞出版社   2011年2月   
コーポレート・ガバナンスの経営学
砂川 伸幸, 加護野忠男, 吉村典久 (担当:共著)
有斐閣   2010年3月   
J.P. コッター ビジネス・リーダー論
金井 壽宏, J.P.コッター, 加護野 忠男, 谷 光太郎, 宇田川 富秋 (担当:共訳)
ダイヤモンド社   2009年3月   
『イヤならやめろ』新入社員に贈る一冊(第6版)
日経連出版部, 加護野 忠男
日本経団連出版   2007年11月   
1からの経営学
加護野 忠男, 吉村 典久 (担当:共著)
碩学舎   2006年12月   
なぜあの人は「イキイキ」としているのか : 働く仲間と考えた「モチベーション」「ストレス」の正体
人と組織の活性化研究会, 加護野 忠男, 金井 壽宏
プレジデント社   2006年12月   
経営に大義あり:日本を創った企業家たち
加護野 忠男
日本経済新聞社   2006年5月   
組織とコーディネーション リーディングス日本の企業システム(第2期 第1巻)
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 伊藤 元重 (担当:共著)
有斐閣   2006年5月   
組織能力・知識・人材 リーディングス日本の企業システム(第2期 第4巻)
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 伊藤 元重 (担当:共著)
有斐閣   2006年5月   
ニーズという原点に立ち返る お客様の心理に「価値」の源がある
加護野 忠男
講談社   2006年3月   
企業と環境 リーディングス日本の企業システム(第2期 第5巻)
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 伊藤 元重 (担当:共著)
有斐閣   2006年1月   
戦略とイノベーション リーディングス日本の企業システム(第2期 第3巻)
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 伊藤 元重 (担当:共著)
有斐閣   2006年1月   
戦略の思考法 新しい事業システムの設計思想と情報資源
加護野 忠男
有斐閣   2006年1月   
企業とガバナンス リーディングス日本の企業システム(第2期 第2巻)
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 伊藤 元重 (担当:共著)
有斐閣   2005年12月   
カリスマ幻想:アメリカ型コーポレートガバナンスの限界
橋本 碩也, 加護野 忠男 (担当:共訳)
税務経理協会   2005年11月   
最強のスモールビジネス経営:もうけ続ける会社の経営品質はどこが違うか
関西生産性本部, 加護野 忠男 (担当:共著)
ダイヤモンド社   2005年7月   
『日本型経営の復権:「ものづくり」の精神がアジアを変える』
加護野 忠男
PHP研究所   2005年4月   
ビジネススクール流「知的武装講座」
伊丹 敬之, 沼上 幹, 関 満博, 加護野 忠男 (担当:共著)
プレジデント社   2004年7月   
『日本企業の戦略インフラの変貌』
加護野 忠男, 坂下 昭宣, 井上 達彦 (担当:共著)
白桃書房   2004年5月   
事業性ステムの戦略:事業の仕組みと競争優位
加護野 忠男, 井上 達彦 (担当:共著)
有斐閣   2004年4月   
日本型資本主義:どうなるどうする戦略と組織と人材
宮本 又郎, 加護野 忠男, その他共著者 有り (担当:共著)
有斐閣   2003年12月   
経営品質向上プログラム : いかにして勝てる組織をつくるか
関西生産性 本部, 加護野 忠男 (担当:共著)
ダイヤモンド社   2003年3月   
日本企業の株式所有構造と経営者の属性:主要証券取引所に上場する全「製造」企業及び「商業」に分類される企業に関する実証分析
加護野 忠男, 吉村 典久, 上野 恭裕 (担当:共著)
大阪府立大学   2003年3月   
ゼミナール経営学入門(第3版)
加護野 忠男, 伊丹 敬之 (担当:共著)
2003年   
企業の戦略(現代経営学講座6)
加護野 忠男, 山田 幸三, その他共著者 有り (担当:共著)
八千代出版   2003年   
日本の製造業の将来と人材育成 (クオリティのひろば ; no.3)
加護野 忠男, 山本 哲也 (担当:共著)
日本科学技術連盟   2002年4月   
経営システム. 1 (放送大学大学院教材 ; 2002)
佐々木 弘, 加護野 忠男, 山田 幸三 (担当:共著)
放送大学教育振興会   2002年3月   
<競争優位>のシステム : 事業戦略の静かな革命
加護野 忠男
関西経済研究センター   2000年7月   
兵庫の新産業形成 : 新世紀・兵庫経済新生への挑戦
加護野 忠男
兵庫ジャーナル社   2000年5月   
<競争優位>のシステム : 事業戦略の静かな革命
加護野 忠男
PHP研究所   1999年11月   
『イヤならやめろ』新入社員に贈る一冊(第4版)
日経連出版部, 加護野 忠男
日本経団連出版   1999年11月   
アメーバ経営が会社を変える : やる気を引き出す小集団部門別採算制度
三矢 裕, 谷 武幸, 加護野 忠男 (担当:共著)
ダイヤモンド社   1999年5月   
日本企業の再生とコーポレート・ガバナンス
加護野 忠男
関西経済研究センター   1999年4月   
日本企業の新事業開発体制
加護野 忠男, 山田 幸三, 関西生産性 本部 (担当:共著)
有斐閣   1999年4月   
日本企業の経営革新
加護野 忠男, 角田 隆太郎, 山田 幸三 (担当:共著)
白桃書房   1998年12月   
「ものづくり」を忘れた国は滅ぶ
唐津 一, 加護野 忠男 (担当:共著)
PHP研究所   1998年8月   
企業家の群像と時代の息吹き ケースブック日本企業の経営行動4
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 宮本 又郎, 米倉 誠一郎 (担当:共著)
有斐閣   1998年7月   
イノベーションと技術蓄積 ケースブック日本企業の経営行動3
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 宮本 又郎, 米倉 誠一郎 (担当:共著)
有斐閣   1998年5月   
イノベーションと企業成長に関する研究
今井 賢一, 野中 郁次郎, 伊丹 敬之, 加護野 忠男, その他共著者 有り (担当:共著)
一橋大学商学部附属産業経営研究施設   1998年3月   
「ものづくり」を忘れた国は滅ぶ
唐津 一, 加護野 忠男 (担当:共著)
PHP研究所   1998年3月   
製薬産業における知的生産力向上についての研究 : 創薬プロセスの現状と課題
日本製薬工業協会長期ビジョン研究会, 加護野 忠男 (担当:共著)
日本製薬工業協会   1998年3月   
日本的経営の生成と発展 ケースブック日本企業の経営行動1
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 宮本 又郎, 米倉 誠一郎 (担当:共著)
有斐閣   1998年3月   
企業家精神と戦略 ケースブック日本企業の経営行動2
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 宮本 又郎, 米倉 誠一郎 (担当:共著)
有斐閣   1998年1月   
『イヤならやめろ』新入社員に贈る一冊(第3版)
日経連出版部, 加護野 忠男
日本経団連出版   1997年11月   
アジアから見た日本の経営
加護野 忠男
関西経済研究センター   1997年9月   
日本型経営の復権 : 「ものづくり」の精神がアジアを変える
加護野 忠男
PHP研究所   1997年9月   
経営学入門 改訂増補版
占部 都美, 加護野 忠男 (担当:共著)
中央経済社   1997年3月   
人事制度と経営戦略
加護野 忠男
関西経済研究センター   1996年8月   
経営戦略論-新版
石井 淳蔵, 奥村 昭博, 加護野 忠男, 野中 郁次郎 (担当:共著)
有斐閣   1996年4月   
変貌するビジネスシステム
加護野 忠男
関西経済研究センター   1995年8月   
日本企業の適応力
企業行動研究グループ, 石井 淳蔵, 伊丹 敬之, 伊藤 秀史, 猪木 武徳, 岡崎 哲ニ, 加護野 忠男, 金井 壽宏, 新宅 純二郎, 沼上 幹, 藤本 隆宏 (担当:共著)
日本経済新聞出版社   1995年2月   
日本型経営の叡知
川上 哲郎, 長尾 龍一, 伊丹 敬之, 加護野 忠男, 岡崎 哲二 (担当:共著)
PHP研究所   1994年8月   
まかせて伸ばす : サントリーの「連星」経営
鳥井 信一郎, 加護野 忠男 (担当:共著)
ティビーエス・ブリタニカ   1994年4月   
Tajna uspeha japanskih kompanija
Tadao Kagono, Kansai Productivity (担当:共著)
IQ media & HAT / Beograd   1994年   
ゼミナール経営学入門 第2版
伊丹 敬之, 加護野 忠男 (担当:共著)
日本経済新聞社   1993年9月   
企業と市場 リーディングス日本の企業システム(第1期 第4巻)
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 伊藤 元重 (担当:共著)
有斐閣   1993年8月   
人的資源 リーディングス日本の企業システム(第1期 第3巻)
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 伊藤 元重 (担当:共著)
有斐閣   1993年5月   
リストラクチャリングと組織文化
加護野 忠男 (担当:共著)
白桃書房   1993年4月   
組織と戦略 リーディングス日本の企業システム(第1期 第2巻)
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 伊藤 元重 (担当:共著)
有斐閣   1993年4月   
リーディングス日本の企業システム
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 伊藤 元重 (担当:共著)
有斐閣   1993年1月   
企業とは何か リーディングス日本の企業システム(第1期 第1巻)
伊丹 敬之, 加護野 忠男, 伊藤 元重 (担当:共著)
有斐閣   1993年1月   
伝統と革新 : 酒類産業におけるビジネスシステムの変貌
加護野 忠男, 石井 淳蔵 (担当:共著)
千倉書房   1991年12月   
パワーと影響力 : 人的ネットワークとリーダーシップの研究
KOTTER John P, 加護野 忠男, 谷 光太郎 (担当:共訳)
ダイヤモンド社   1990年12月   
21世紀の企業パラダイムを求めて 現代経営学ガイド
日本経済新聞社, 加護野 忠男, その他共著者 有り (担当:共著)
日本経済新聞社   1989年9月   
プロセスとアセンブリーの組織:ニューマテリアル時代をひらく
下川 浩一, 加護野 忠男, その他共著者 有り (担当:共著)
第一法規出版   1989年9月   
成熟企業のパラダイム変革 現代経営学ガイド
加護野 忠男
日本経済新聞社   1989年9月   
戦略づくりの組織論 現代経営学ガイド
加護野 忠男
日本経済新聞社   1989年9月   
ゼミナール経営学入門
伊丹 敬之, 加護野 忠男 (担当:共著)
日本経済新聞社   1989年3月   
シンポジウム リストラクチャリング戦略の成功例・失敗例
吉原 英樹, 安室 憲一, 加護野 忠男, 関西経済研究センター
関西経済研究センター   1988年7月   
組織認識論 : 企業における創造と革新の研究
加護野 忠男
千倉書房   1988年6月   
企業のパラダイム変革
加護野 忠男
講談社   1988年3月   
Innovation and management : international comparisons
Tadao Kagono, URABE Kuniyoshi, John Child (担当:共著)
W. de Gruyter / New York   1988年   
企業家的活動とパラダイム創造
加護野 忠男
森山書店   1987年12月   
企業革新のモデル : 企業パラダイムの創造と変革
加護野 忠男
関西経済研究センター   1987年12月   
経営組織論:成果と課題 現代経営学ガイド
加護野 忠男
日本経済新聞社   1987年2月   
組織革新の理論
KOTTER John P, 加護野 忠男, 谷 光太郎 (担当:共訳)
白桃書房   1987年2月   
変貌せまられる日本的経営
加護野 忠男
関西経済研究センター   1985年10月   
経営戦略論
石井 淳蔵, 奥村 昭博, 加護野 忠男, 野中 郁次郎 (担当:共著)
有斐閣   1985年9月   
Strategic vs. evolutionary management : a U.S.-Japan comparison of strategy and organization
Tadao Kagono, Shiori Sakamoto, Johny K Johansson (担当:共著)
North-Holland / Amsterdam , New York   1985年   
ミドルが書いた日本の経営 : 和英対訳
加護野 忠男, 関西生産性 本部 (担当:共訳)
日本経済新聞社   1984年7月   
環境適応の類型
加護野 忠男
千倉書房   1984年7月   
日米企業の経営比較 : 戦略的環境適応の理論
加護野 忠男
日本経済新聞社   1983年4月   
企業経営の日米比較 : 代表的企業の戦略と組織
加護野 忠男
日本経済研究センター   1982年3月   
パワー・イン・マネジメント
KOTTER John, 谷 光太郎, 加護野 忠男 (担当:共著)
白桃書房   1981年12月   
経営組織の環境適応
加護野 忠男
白桃書房   1980年2月   

講演・口頭発表等

 
日本型資本主義
加護野 忠男
神鋼ヒューマンクリエイト経営セミナー   2005年12月   神鋼ヒューマンクリエイト
日本企業の競争力と文化
加護野 忠男
AIESEC神戸大学委員会40周年記念式典   2005年11月   未記入
日本企業の競争力と文化
加護野 忠男
アイセック神戸大学委員会40周年記念式典   2005年11月   未記入
日本的経営の過去と現在
加護野 忠男
経営史学会第41回全国大会   2005年11月   神戸大学経済経営学会
国際M&A時代のコーポレート・ガバナンス
加護野 忠男
中国コラボレーションセンターシンポジウム   2005年10月   国際経営教育研究センター

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金/基盤研究(A)
研究期間: 2008年       代表者: 加護野 忠男
21COE「先端ビジネスシステムの研究開発拠点」
研究期間: 2007年       代表者: 加護野 忠男
先端ビジネスシステムの研究開発教育拠点
研究期間: 2006年       代表者: 加護野 忠男
先端ビジネスシステムの研究開発教育拠点
研究期間: 2005年       代表者: 加護野 忠男