NEDA Katsuhiko

J-GLOBAL         Last updated: Dec 15, 2018 at 03:23
 
Avatar
Name
NEDA Katsuhiko
E-mail
nedanara-edu.ac.jp
Affiliation
Nara University of Education
Section
Faculty of Education, Social Studies Education
Job title
Professor
Degree
Doctor of Philosohy (Science)(The University of Tsukuba)
Research funding number
50192258

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 1981
 - 
Sep 1986
地理学・水文学, Graduate School, Division of Earth Science, University of Tsukuba
 
 
 - 
1981
小学校教員 養成課程, Faculty of Education, Hirosaki University
 

Published Papers

 
The urban regeneration in East London and the planning for Olympic Legacy in the Candidate Files
Katsuhiko Neda
日本都市計画学会都市計画報告集   16 158-165   Aug 2017
This paper aimed to examine planning policies of urban regeneration in East London before Olympic project was conceived, and to compare these planning policies and the legacy planning in London's Candidate Files. In the 1990s, UK Government conti...
イーストロンドンにおける都市再生手段としてのオリンピック
根田克彦
歴史と地理(地理の研究)   (682) 54-60   Oct 2015   [Invited]
ボストン市におけるインナーシティの活性化戦略―ロックスベリー地区の事例―
根田克彦
奈良教育大学紀要(人文・社会科学)   63(1) 87-97   Nov 2014
小学校社会科教科書における農業の記述と農業に対する大学生の認識
根田克彦・米谷葵
奈良教育大学教育実践開発研究センター研究紀要   23 227-231   Mar 2014   [Refereed]
The need and impact assessments supporting the town centre first policy in UK
NEDA Katsuhiko
Reportsof the City Planning Institute of Japan   (12) 108-113   Nov 2013

Misc

 
日本の地方都市の中心市街地の再生に関する問題点―米英との比較による―
NEDA, Katsuhiko
藤井正編(2007):『社会経済構造の転換と21世紀の都市圏ビジョン―欧米のコンパクト・シティ製作と日本の都市圏構造―』平成16~18年度科学研究費補助金基盤研究(A)(1)   175-186   Mar 2007
都市内小売業の空間構造と商業活性化事業の評価に関する日英比較研究
根田克彦
都市内小売業の空間構造と商業活性化事業の評価に関する日英比較研究      Mar 2005
ボストン市における近隣型商業地の活性化
根田克彦
平成14年・15年度基盤研究(B)(1)「アメリカ大都市圏の多核化とリージョナル・シティの空間構造に関する地理学的研究」(代表者:藤井正(大阪府立大学))   111-116   Mar 2004
奈良教育大学担当事業
根田克彦
平成15年度 商店街活性化事業報告書   63-76   Mar 2004
マサチューセッツ州レキシントンの土地利用―ボストン大都市圏における小中心地の実態―
根田克彦・2
アメリカ大都市圏の多核化とリージョナル・シティの空間構造に関する地理学的研究   117-130   Mar 2004

Books etc

 
移民社会アメリカの記憶と継承―移民博物館で読み解く世界の博物館アメリカ―
矢ケ崎典隆編
学文社   Mar 2018   
アイルランド系アメリカ人によりはじめられたセントパトリックディパレードの変化と,現在における飲酒とゲイ団体の参加問題と,セントパトリックディパレード主催者との意識のずれを明らかにした。
シリーズ地誌トピックス2 ローカリゼーション―地誌へのこだわり―
矢ケ崎典隆・菊地俊夫・丸山浩明編
朝倉書店   Mar 2018   
イギリスのノッティンガム市におけるインナーシティの商店街が大型スーパー立地後一時期衰退したが,その後,近隣の海外からの移民を相手にする商売により復活した過程を示した。
まちづくりのための中心市街地活性化―イギリスと日本の実証研究―
根田克彦 (Part:Editor, 編集,イギリスにおける大型店の立地規制)
古今書院   Apr 2016   
日本とイギリスのまちづくりと中心市街地活性化を比較
世界と日本の移民エスニック集団とホスト社会―日本社会の多文化化に向けたエスニック・コンフリクト研究―
山下清海
明石書店   Mar 2016   
2011年イングランド暴動の発生要因を所得格差と民族から分析
Geographical Perspectives on Urban Spaces
NEDA, Katsuhiko (Part:Joint Editor)
古今書院   Jun 2013   ISBN:ISBN978-4-7722-5269-

Conference Activities & Talks

 
奈良市における用途地域別小売店立地変化
根田克彦
日本都市学会第64回大会   29 Oct 2017   日本都市学会
根田克彦
2017年日本地理学会春季学術大会,流通・消費の地理学研究グループ   29 Mar 2017   日本地理学会(流通・消費の地理学研究グループ)
根田克彦
2016年人文地理学会大会   13 Nov 2016   人文地理学会
根田克彦
2016年日本地理学会・東北地理学会秋季学術大会   30 Sep 2016   日本地理学会・東北地理学会
イーストロンドンにおけるオリンピックと都市再生
根田克彦
日本地理学会2015年秋季学術大会   18 Sep 2015   日本地理学会

Research Grants & Projects

 
日本の立地適正化計画とイギリスのタウンセンターファースト政策との比較研究
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): 根田克彦
地域活性化におけるエスニック資源の活用の可能性に関する応用地理学的研究
Project Year: Apr 2017 - Mar 2022    Investigator(s): 山下清海
平成22年度住まいまちづくり担い手事業 『江戸時代の「請人」制度の再評価と新「請人」制度による町家流通の促進事業』
Project Year: Jul 2010 - Mar 2011    Investigator(s): 今井まちなみ再生ネットワーク
橿原市の伝統的建造物群保存地区である今井町において,歴史的建造物の居住意思に関する調査を行った.
平成21年度内閣府地域活性化推進室の地方の元気再生事業 プロジェクト名 「観光振興」による伝建地区今井町の持続的再生プロジェクト 観光振興部会の部会顧問
Project Year: Apr 2009 - Mar 2010    Investigator(s): 橿原市
橿原市の伝統的建築物群保存地区である今井町において,新しい形式であるイベント型観光地を形成する社会実験を行った。

Others

 
Dec 2016
書評in 経済地理学年報,62(4),405-408