MORIMOTO Kouichi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 15, 2019 at 16:07
 
Avatar
Name
MORIMOTO Kouichi
E-mail
morimotonara-edu.ac.jp
URL
http://mailsrv.nara-edu.ac.jp/~morimoto/
Affiliation
Nara University of Education
Section
Faculty of Education, Science Education
Job title
Professor
Degree
Ph.D(Hyogo University of Teacher Education)
Research funding number
70243350

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1980
Agriculture, Laboratory of Sericulture, Faculty of Agriculture, Kyushu University
 
 
 - 
1988
Field of School Subject Education, National Science, Graduate School, Division of Education, Hyogo University of Teacher Education
 

Awards & Honors

 
Aug 2005
日本理科教育学会, 日本理科教育学会賞, 日本理科教育学会
 
Aug 2004
The teachers' forum in the 3rd APEC Youth ScienceFestival, Second prize
 
Sep 2002
カンボジアにおける生物教育に対する貢献, Certification of appreciation
 

Published Papers

 
Life cycle of the Silkworm
Koichi Morimoto, Yukio Sugimura
奈良教育大学紀要   67(2) 1-14   Aug 2018   [Refereed]
生物教育の資料として、カイコの生活環を写真で示した。
物体と平面鏡に映る虚像の位置関係を捉えさせる教具の開発
石井俊行、高井成泰、森本弘一
物理教育   66(2) 87-92   Jan 2018   [Refereed]
The development of teaching material for IR Thermography
Koichi Morimoto
科学教育研究   41(4) 458-463   Dec 2017   [Refereed]
I have developed the teaching materials for Infra-Red (IR) Thermography. The device is “FLIR ONE” and it costs \ 29,880. I took photos for teaching materials, homeotherm animal and poikilo therm animal, electric devices, the experimental tools and...
Innate immune response in the silkworm, Bombyx mori
杉村順夫、森本弘一、尾山廣
生物教育   59(1) 10-18   Dec 2017   [Refereed]
昆虫の免疫系は主として2種類に大別でき,細胞性と液性応答がある.これら応答反応についてカイコ幼虫(Bombyx mori)を低温麻酔した後,種々の接種源を注射して調べた.細胞性防御応答として,墨汁の注射後3時間目には血球の食作用活性が観察され,1日後では血球に墨炭素粒子の蓄積が認められた.また,ポリスチレンビーズを注射したとき,血球にビーズが取り込まれることが明確に観察できた.液性応答である化学的防御についても,煮沸処理した大腸菌または大腸菌由来のリポ多糖(LPS) を注射した幼虫を用いて...
Accidents in elementary school science classes over the last 30 years
Hikari KASUGA, Koichi MORIMOTO
Journal of Research in Science Education   57(1) 11-18   Aug 2016   [Refereed]
(1) Most accidents happen during the 4th grade topic “Metal, water, air and temperature”, and the 6th grade topics “Mechanism of combustion”, “Properties of aqueous solutions”, and “Nutrition of plants and pathway of water”. These accidents includ...

Misc

 
Nara University of Education Curriculum Framework
Koichi Morimoto, Hisako Tanahasi, Takasi Nakai, Maki Shibuya, Hayato Akazawa
Journals of Japan Associations of Universities of Educations   27 207-216   Mar 2009

Books etc

 
中学校教育課程実践講座理科
小林辰至、森本弘一、田代直幸、後藤顕一、益田裕充、松本伸示、山田貴之、柏木純、下平明徳、加瀬健、古川俊輔、倉町宏治、矢奥泰久、後藤剛史、栗原淳一、松本一郎 (Part:Joint Work)
ぎょうせい   Nov 2017   
理科教員の実践的指導のための理科実験集
芝原寛泰、石井俊行、沖花彰、梶原裕二、佐藤美子、田中里志、種村雅子、森本弘一、門正博
電気書院   Jun 2017   
小学校、中学校で実践的で役に立つ実験を詳細に紹介している。
基礎生物学
川村康文、秋吉博之、木谷宝子、武村政春、長島秀行、森本弘一
電気書院   Aug 2015   ISBN:978-4-485-30233-0
理科教育法
山田卓三・秋吉博之・小林辰至・川村康文・藤岡達也・森本弘一・福井広和
大学教育出版   Apr 2015   ISBN:9784864292993
教採問題から読みとく理科
山下芳樹、秋吉博之、森本弘一、萩原彰、池田幸夫 (Part:Contributor)
オーム社   Feb 2014   ISBN:97842784214950

Conference Activities & Talks

 
カイコ幼虫消化液の教材の有効性の検証
森本弘一、杉村順夫、山本浩大
日本生物教育学会全国大会   12 Jan 2019   日本生物教育学会
カイコ幼虫消化液の教材の有効性の検証
カイコ幼虫消化液の教材化
森本弘一、山本浩大
日本理科教育学会近畿支部大会   1 Dec 2018   日本理科教育学会近畿支部
カイコ幼虫消化液の教材開発
カイコに対する水中麻酔法の教材化
森本弘一、杉村順夫
日本生物教育学会第102回全国大会   6 Jan 2018   日本生物教育学会
カイコに対する水中麻酔法の条件を調べ、中学校で実践した。
カイコの生活環に関する教材開発
森本弘一
日本生物教育学会全国大会   7 Jan 2017   日本生物教育学会
カイコの生活環の観察を実体顕微鏡、タイムラプスカメラ、赤外線サーモグラフィ、水麻酔、走査電子顕微鏡を用いて行った。
The development of teaching materials for Infra-Red Thermography
Koichi Morimoto, Hikari Kasuga
EASE2016TOKYO   28 Aug 2016   East- Asian Association for Science Education
The image of Infra-Red Thermography has been shown in the science textbook. The image is effective to understand the conduction of heat etc. However the device of it is very expensive and it was difficult to use it as teaching materials. Recently,...

Research Grants & Projects

 
カンボジア国前期中等理科教育のための教師用指導書開発プロジェクト
JICA: 
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016    Investigator(s): 森本弘一
カンボジア国中等教育の理科教科書の教師用指導書を作成した。
カイコを用いた生命理解の教材化
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016    Investigator(s): 森本弘一
本研究は、生体防御システム教材を含んだ初等・中等教育に有用なカイコ実験教材の体系化を目指した。PartⅠ研究では、カイコを用いて生体防御システムの基礎を体得できる教材を開発した。高校生物では、ヒトでの免疫機能が学習対象となっており、そのバックグランドが理解できる具体的な実験教材を開発した。PartⅡ研究では、カイコを用いた小・中・高校別の実験教材メニューを体系的にまとめ、教育現場への応用を考察した。カイコ幼虫に含まれる消化液アミラーゼの作用の視覚化、手動PCRの応用を行った。
カンボジア国理科教育改善計画プロジェクト
Project Year: Mar 2009 - Mar 2012
カンボジア国高校理数科教科書策定支援プロジェクト
JICA(パデコ): 
Project Year: 2005 - Mar 2007
特記事項(国際協力)