赤松 純子

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/28 16:55
 
アバター
研究者氏名
赤松 純子
 
アカマツ ジュンコ
所属
和歌山大学
部署
教育学部
職名
教授,教授
学位
教育学修士(広島大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1976年
広島大学 教育学研究科 教科教育学家政教育
 

委員歴

 
2007年
   
 
日本家庭科教育学会  近畿地区会 副会長
 
2002年
 - 
2004年
日本家政学会  関西地区会役員
 
2004年
 - 
2005年
日本消費者教育学会  評議員 (理事)、関西支部副支部長
 

受賞

 
1999年
日本消費者教育学会 研究奨励賞
 

論文

 
空気に着目した理科からつなぐ家庭科衣生活学習
今村律子、中西大、赤松純子
和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要   11 97-105   2011年10月
企業と連携した食育プログラムの開発と実践-地産地消をめざして-
赤松 純子 ,大森 節子 ,小川 桂子 ,小山手 のり子
消費者教育   31 179-188   2011年9月   [査読有り]
着衣着火から住まいの環境へ発展させる「安全・安心」の授業 : 高齢者を中心に,
北又 寿美 , 今村 律子 , 赤松 純子
和歌山大学教育学部紀要. 教育科学   61 11-17   2011年2月

Misc

 
皮 文昊, 赤松 純子
和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要   24 85-93   2014年9月
赤松 純子, 今村 律子
日本衣服学会誌 = Japanese journal of clothing research   57(1) 19-22   2013年10月
赤松 純子
消費者法ニュース   (86) 261-263   2011年1月
今村律子、北又寿美、赤松純子
和歌山大学教育学部紀要 (教育科学) 第60集   60 73-80   2010年2月
山本 奈美, 赤松 純子, 今村 律子, 村田 純子, 本村 めぐみ
和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要   24 95-103   2014年9月

書籍等出版物

 
初等家庭科教育法-新しい家庭科の授業をつくる-
加地 芳子・大塚眞理子編著 赤松純子他8名 (担当:分担執筆, 範囲:第3章小学校家庭科の授業づくり第7節「身近な消費生活と環境」の学習)
ミネルヴァ書房   2011年4月   
担当:177-193頁
『家庭科教育実践講座』 DVD 第 巻 「“MOTTAINAI(もったいない)”を家庭科に生かす」
ニチブン   2007年   
『家庭科教育実践講座』 DVD 第 巻 国際理解を視野に入れたファシリテーター(促進者)としての家庭科 
ニチブン   2007年   
『消費生活思想の展開』 第Ⅲ部消費者教育の展望 第5章環境教育と消費者教育 3 環境問題と消費者の意思決定
税務経理協会   2005年   
『消費者教育論考』 第27章
税務経理協会   2005年   

Works

 
欧米諸国の消費者問題
1989年
オーストラリア・東南アジアの消費者保護
1991年
仮想コンビニを使った食育
2003年

競争的資金等の研究課題

 
循環型社会における人間生活のしくみの把握と教材化
共同研究
研究期間: 1994年   
消費者問題と食育
研究期間: 2001年   
循環型社会における食育