野中 陽一

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/08 06:22
 
アバター
研究者氏名
野中 陽一
 
ノナカ ヨウイチ
eメール
nonakaynu.ac.jp
所属
横浜国立大学
部署
大学院教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院)
学位
教育学修士(横浜国立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
横浜国立大学大学院教育学研究科・教授 高度教職実践専攻 教授・専攻長
 
2012年4月
 - 
2017年3月
横浜国立大学教育人間科学部附属教育実践総合センター・教授
 
2008年4月
 - 
2012年3月
横浜国立大学教育人間科学部附属教育実践総合センター・准教授
 
2001年4月
 - 
2008年3月
和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター・助教授
 
1995年4月
 - 
2001年3月
和歌山大学教育学部附属教育実践研究指導センター・助教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
横浜国立大学 教育学研究科 学校教育
 
 
 - 
1983年
横浜国立大学 教育学部 心理学
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
神奈川の教員の働き方改革検討協議会  座長
 
2017年2月
 - 
現在
学校施設の在り方に関する調査研究協力者会議  委員
 
2016年7月
 - 
現在
佐賀県「ICT利活用教育の推進に関する事業改善検討委員会」  委員
 
2012年4月
 - 
現在
全日本教育工学研究協議会  会長
 
2008年10月
 - 
2009年3月
「教育の情報化に関する手引」作成検討会  委員
 

論文

 
胡 啓慧, 野中 陽一
日本教育工学会論文誌   41(2) 137-147   2017年9月   [査読有り]
野中陽一、堀田龍也,アブリルラブレス
日本教育工学会論文誌   32(3) 315-322   2008年12月   [査読有り]
木原 俊行, 野中 陽一, 堀田 龍也, 高橋 純, 豊田 充崇, 岸 磨貴子
日本教育工学会論文誌   38(2) 157-165   2016年8月   [査読有り]

Misc

 
新学習指導要領で求められる学校の情報化と授業改善
野中陽一
学校運営研究会・学校運営   59(10) 18-21   2018年1月   [依頼有り]
「スマホ・ネット」をより良く活用する ①教育活動での活用
教育開発研究所・月刊教職研修   (551) 30-33   2018年7月   [依頼有り]
和歌山の初等中等教育における情報教育の現状と課題
和歌山大学システム情報学センター広報   (4) 17-24   2000年10月
環境設定と子どもの学び
教育メディア研究、「子ども主体の学び」と教育の存在、藤沢市教育文化センター   91~100   1996年3月
学校の情報化が子どもたちの情報活用能力を育成する
授業研究21 ’94・11月号臨刊、明治図書(東京)   (421) 237-240   1994年1月

書籍等出版物

 
近藤 勲, 堀田 龍也, 野中 陽一, 黒上 晴夫 (担当:共著, 範囲:第4章 教育メディア活用の課題と展望)
ミネルヴァ書房   2015年3月   ISBN:978462306367
近藤 勲, 堀田 龍也, 野中 陽一, 黒上 晴夫 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 英国におけるLesson Study)
ミネルヴァ書房   2017年1月   ISBN:9784623076963
堀田龍也、野中陽一 他50名 (担当:共編者, 範囲:第1章1 教室のICT環境とは、第7章イギリスの教室のICT環境に学ぶ、4-7,126-129頁)
三省堂   2008年4月   ISBN:9784385363617
わかる・できる授業のための教室のICT環境をどのように構成すべきか、様々な視点から解説した。まず、いくつかの調査結果から、日本の教室のICT環境整備の状況と課題を把握した。各教科でのICT環境の活用事例、機器の特性を活かした活用方法、ICT環境を活かす学校の工夫、教育委員会による効果的なICT環境整備と普及のためのサポートの在り方などについて、先進的な取り組みや工夫を凝らした事例を解説した。最後に、たった数年で全校の教室のICT環境を整備し、ICT活用の日常化を実現した英国の状況を分析し、...
髙木展郎、野中陽一他 (担当:共著, 範囲:教育におけるICTの可能性)
東洋館出版社   2016年2月   ISBN:9784491031866
国語教育研究手法の開発
内田伸子、無藤隆、野中陽一、他12名 (担当:共著, 範囲:第3章第3節「デジタル教科書・教材の活用に関する教育工学からのアプローチ」pp.53-57)
学芸図書   2015年2月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
日英比較研究に基づくICTによる学校イノベーションモデルの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 野中陽一

その他

 
<文部科学省デジタルコンテンツの活用高度化事業> 主体的に情報を活用する子どもの育成を目指した各教科でのデジタルコンテンツ活用の実践研究(きのくにデジタルコンテンツ活用コンソーシアム)