基本情報

所属
奈良教育大学 教育学部英語教育講座 教授
学位
教育学士(1984年3月 高知大学)
文学修士(1986年3月 名古屋大学)

研究者番号
50204516
J-GLOBAL ID
200901046032959316
researchmap会員ID
1000034241

外部リンク

 授業面としては、主に英米文化および文学の授業を担当しています。学生の実践的な英語コミュニケーション能力を高めるために、同時通訳の手法を用いて英語Ⅰや外国語コミュニケーションを展開しています。また、そうした能力を中高生に指導する手法を中等教科教育法で教えています。研究面としては、現状は詩人バイロンの政治性を探求しています。 教育現場への協力としては、帝塚山高校生に英語圏からの観光客に東大寺を英語でガイドする手法を教えています。典型的には、4回の教室での授業、1回の東大寺での午後のガイド活動を行っています。興味のある学生の皆さんには是非協力をお願いします。

 I am teaching mainly cultural and literary courses of Britain and America. My English I and English Communication courses are designed to enhance students' practical communicative ability in English. The courses are based on the methods of simultaneous interpretation. My English Teaching Methodology Course is offered to students who wish to learn how to teach such communicative ability to junior high or high school pupils. As for my research interest, I am now strongly attracted to the political activities of the poet Byron. As one of my school support programmes, I am teaching Tezukayama High School girls how to conduct Todaiji guide activities in English for tourists from the countries where the language is spoken. A typical case of the programme is composed of four classes at Tezukayama and one afternoon guide activity at Todaiji. Students who have an interest in this programme are recommended to join one of the activities.


【研究テーマ】

  • イギリス・ロマン派文学における崇高の研究(個人研究)(Study on the Sublime of English Romantic Literature)
  • 19-20世紀イギリス小説に見られる女子教育に関わる諸側面の研究(個人研究)(Study on the Aspects of Female Education in Nineteenth and Twentieth Century English Novels)
  • バイロンとオリエンタリズムの研究(個人研究)(Study on Byron and Orientalism)
  • バイロンとホイッグ・リベラリズムの研究(個人研究)(Study on Byron and Whig Liberalism)

 


経歴

  6

論文

  53

MISC

  2

講演・口頭発表等

  27

担当経験のある科目(授業)

  16

所属学協会

  6

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

学術貢献活動

  2

社会貢献活動

  1