小葉田 亨

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 14:26
 
アバター
研究者氏名
小葉田 亨
 
コバタ トオル
URL
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/profile/kouza/areas11_plant.html
所属
岡山大学
部署
大学院環境生命科学研究科
職名
特任教授
学位
農学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
   
 
岡山大学大学院環境生命科学研究科 特任教授
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
日本作物学会中国支部会  幹事
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本作物学会  編集委員
 
2014年
 - 
2016年
日本作物学会  評議員
 
2014年
 - 
2016年
日本作物学会中国支部会  評議員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本作物学会  学会賞選考委員長
 

受賞

 
2005年12月
日本作物学会 日本作物学会賞 登熟期環境ストレス下におけるイネを中心とした作物登熟過の定量的解析
 

論文

 
An experimental irrigation tool for creating a water gradient across soil depths under terminated rainfall conditions
Kobata, T. and Palta, J. A.
Irrigation Science, Springer   36(1) 1-8   2018年7月   [査読有り]
Harvest index is a critical factor influencing the grain yield of diverse wheat species under rain-fed conditions in the Mediterranean zone of southeastern Turkey and northern Syria
Kobata, T., Koç, M., Barutçularb, C., Tanno, K., and Inagaki, M.
Plant Production Science, Taylor & Francis   21(2) 71-82   2018年4月   [査読有り]
Kobata, T., J. A. Palta, T. Tanaka, M. Ohnishi, M. Maeda, M. Koc and C. Barutçulare
Field Crops Research, Elsevier   215(1) 187-199   2018年1月   [査読有り]
Kakiuchi, J. and Kobata, T.
Crop Scinence   57(2) 903-913   2017年1月   [査読有り]
Kobata, T., Ishi, H., and Iwasaki, H.
Agronomy Journal   109(1) 175-184   2017年   [査読有り]
Mitsui, T., Yamakawa, H. and Kobata T
Plant Production Science, Taylor & Francis   19(1) 22-29   2016年   [査読有り][招待有り]
Kobata, T. , Shinonaga,M, Yoshida, H., Tomisaka, K. and Akai, K.
Plant Production Science, Taylor & Francis   18(3) 254-266   2015年   [査読有り]
Tohru Kobata, Haruko Yoshida, Uukina Masiko, and Tohru Honda
Agronomy Journal   105(6) 1821-1831   2013年11月   [査読有り]
Kobata,T., Koç, M, Barutçular, C. Matsumoto, T., Nakagawa, H., Adachi, F. and Mustafa Ü.
Plant Production Science, Taylor & Francis   15(3) 216-226   2012年7月   [査読有り]
Hafez, E. D. and Kobata, T.
Plant Production Science, Taylor & Francis   15 332-338   2012年   [査読有り]
Tohru Kobata, Norihiko Miya and Nguyen Thi Anh
Plant Production Scinence, Taylor & Francis   12(3) 359   2011年12月   [査読有り]
Tohru Kobata, Yoshio Akiyama and Takuya Kawaoka
Plant Production Scinece, Taylor & Francis   13(3) 289-296   2010年7月   [査読有り]
Hoang, TB. and Kobata, T.
Plant Production Science, Taylor & Francis   12(3) 397-408   2009年10月   [査読有り]
Hang Ba Tien and Tohru Kobata
Root Research   5(1) 5-13   2009年   [査読有り]
Kakiuchi J. and Kobata T.
Plant Production Scinece, Taylor & Francis   11(2) 198-202   2008年   [査読有り]
Kobata Tohru, Kitano Mishako and Yoshida Ryuji
Plant Production Scinece, Taylor & Francis   10(2) 207-210   2007年   [査読有り]
Kakiuchi J. and Kobata T.
Plant Production Science, Taylor & Francis   9(1) 20-26   2006年1月   [査読有り]
Kobata, T., Nagano, T. and Ida, K.
Agronomy Journal   98(3) 536-544   2006年   [査読有り]
Shading and thinning effects on seed and shoot dry matter increase in determinate soybean during the seed-filling period.
Kakiuchi, J. and Kobata, T.
Agronomy Journal   96(2) 398-405   2004年3月   [査読有り]
小葉田 亨・植向直哉・稲村達也・加賀田 恒
日本作物学会紀事   73(3) 315-322   2004年   [査読有り]
Kobata, T., Hamahara, Y., and Matsuyama, S.
Plant Production Science, Taylor & Francis   4(3) 280-282   2001年10月   [査読有り]
Andoh, H. and Kobata, T.
Plant Production Science, Taylor & Francis   4(1) 50-55   2001年1月   [査読有り]
Kobata, T., Hoque, M. M., and Adachi F.
Plant Production Science, Taylor & Francis   3 305-315   2000年10月   [査読有り]
安藤秀俊・小葉田 亨
日本作物学会紀事   71 220-225   2000年6月   [査読有り]
小葉田亨・菅原誠
日本作物学会紀事   69(3) 413-418   2000年   [査読有り]
Shading during the early grain filling period does not affect potential grain dry matter increase in rice.
Kobata, T., Sugawara, M., and Takatu, S.
Agronomy Journal   92(3) 411-417   2000年   [査読有り]
Kobata, T. and HOQUE, M. M.
Japan Journal of Crop Science   66(3) 505-506   1997年9月   [査読有り]
Kobata T., Okuno T. and Yamamoto T.
Japanese Jourenal of Crop Science   65(4) 652-662   1996年12月   [査読有り]
足立文彦・小葉田亨・有本雅幸・今木正
日本作物学会紀事   64(3) 509-515   1995年12月   [査読有り]
足立文彦・小葉田亨・有本雅幸・今木正
日本作物学会   65(2) 173-180   1995年6月   [査読有り]
小葉田亨・小林経浩
日本作物学会   63(4) 731-733   1994年12月   [査読有り]
Kobata, T. and Hara, S.
Japan Journal of Crop Science   63(4) 638-642   1994年12月   [査読有り]
Remobilization of carbon and nitrogen in wheat as influenced by postanthesis water deficits.
Palta, J. A., Kobata, T., Turner, N. C., and Fillery, I. R.
Crop Science   34(1) 118-124   1994年9月   [査読有り]
福田 晟・山谷聡・小葉田亨・今木正
日本作物学会紀事   62(1) 17-26   1994年1月   [査読有り]
福田 晟・山谷聡・小葉田亨・今木正
日本作物学会   62(2) 193-198   1993年6月   [査読有り]
小葉田亨・塩野健児・武井利彰・勝部淳史・今木正
日本作物学会   62(1) 9-16   1993年3月   [査読有り]
日本の陸稲
小葉田 亨
農耕の技術   15 63-90   1992年9月   [査読有り]
Rate of development of postanthesis water deficits and grain filling of spring wheat
Kobata, T., Palta, J.A., and Turner, N. C.
Crop Science   32(6) 1238-1242   1992年9月
Takami, S., Kobata, T. and Van-Bavel, C.H.M.
Agronomy Journal   82 1149-1153   1990年11月   [査読有り]
Kobata, T and Takami, S.
Japanese Jourenal of Crop Science   58 212-216   1989年5月   [査読有り]
Ahmad, S., Kobata, T. and Takami, S.
Japanese Journal of Crop Science.   56 582-588   1987年12月   [査読有り]
Changes at panicle emergence in the water relations of a wetland and a dryland japonica rice cultivar under wetland conditions.
Takami, S., Ahmad, S, Turner, N. C., Kobata, T., and O’Toole, J. C.
Physiological Plantarum, Wiley   69 586-590   1987年7月   [査読有り]
日本おかぼの旱魃抵抗性資質
小葉田 亨
生物科学   39 28-32   1987年5月   [査読有り]
Ahmad, S., Kobata, T. and Takami, S
Japanese Journal of Crop   55 327-332   1986年9月   [査読有り]
Changes in respiration, dry matter prosecution and its partition in rice (Oryza sativa L.) in response to water deficits during the grain-filling period.
Kobata, T. and Takami, S.
Botanical Magazine Tokyo   99 379-393   1986年6月   [査読有り]
小葉田 亨・高見晋一
日本作物学会紀事   53 526-527   1984年12月   [査読有り]
小葉田 亨・高見晋一
日本作物学会紀事   53 290-298   1984年6月   [査読有り]
小葉田 亨・高見晋一
日本作物学会紀事   52 283-290   1983年9月   [査読有り]
小葉田 亨・高見晋一
日本作物学会紀事   50 536-545   1981年12月   [査読有り]
小葉田 亨・高見晋一
日本作物学会紀事   48 75-81   1979年6月   [査読有り]

Misc

 
水とコムギ.水と植物.7:6-10 (10月,2009)
小葉田 亨
人と水   7 6-10   2009年
The effect of desiccated soils on transpiration in spring wheat subject to elevated temperature and CO2 concentration.
Tohru Kobata
The Final Report of ICCAP   1(1) 161-162   2006年
Estimation of crop production by the future climate changes in surrounding areas of the Seyhan river in Turkey
Tohru Kobata
The Final Report of ICCAP   1(1) 157-160   2006年

書籍等出版物

 
作物学用語辞典
農文協   2010年   ISBN:9784540071362
地球環境と作物
博友社   2007年   ISBN:9784826802079

講演・口頭発表等

 
籾数と受精率の変動が多収穫イネの収量不安定性をもたらす
日本作物学会第243回講演会   2017年   
高温登熟抵抗性としての低い子実乾物増加速度をもつイネ品種の検索
日本作物学会第242回講演会   2016年   
Low grain growth rate can be an effective strategy for relief from the impact of high temperatures on the grain-filling in rice (Oryza sativa L)?
7th International Crop Science Congress   2016年   
作物の干ばつ回避性評価のためのプロファイル灌漑システム
日本作物学会第241回講演会   2016年   
Differences of maintenance in green color of leaf segments in hybrid and inbred high yielding Chinese rice under incubated conditions
日本作物学会第239回講演会   2015年   

競争的資金等の研究課題

 
高温に対する子実成長の低反応性と高炭酸同化機能に着目したイネの高温登熟耐性
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 小葉田 亨
プロフィ-ル灌漑システムによる作物の水分吸収機能評価
日本学術振興会: 科学研究費挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 小葉田 亨
イネ穂培養限界のブレ-クスル-
日本学術振興会: 科学研究費挑戦的萌芽研究
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 小葉田 亨
干ばつ抵抗性選抜のための簡易灌漑装置を開発する。
緑葉維持能力(stay-green)は旱魃下のイネ生産能力と関係するのか?
日本学術振興会: 科学研究費萌芽研究
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 小葉田 亨
温暖化の進行とともに、高温は特に子実成長期では収量に大きな影響を与える。またコムギでは土壌乾燥が伴う。そこで、高温によってなぜ収量が低下するのか、また品種間差はあるのか、それらをうまく評価できるモデルがあるのか。
多収穫米を使った米粉加工品の開発
JST地域イノベーション創出総合支援事業
研究期間: 2007年 - 2011年
飯米用の過剰により増加している休耕田を利用して低投入、低コストの多収穫米を栽培し、米粉を使ったノングルテン米粉パンの製造方法の開発を行った。

特許

 
特願2011-060274 : 電気炊飯器による米粉パンケーキの製造方法及び電気炊飯器による米粉パンケーキの製造方法に用いる器具
小葉田 亨・福井 卓