荒瀬 榮

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/01 03:12
 
アバター
研究者氏名
荒瀬 榮
 
アラセ サカエ
URL
http://www.kankyou.shimane-u.ac.jp/oryzae/index.html
所属
島根大学
部署
理事(教育・学生支援担当) 
職名
理事
学位
農学博士 (名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

Misc

 
Role of tryptamine accumulation and DNA fragmentation in induced resistance of Sekiguchi lesion mutant of rice infected with Bipolaris oryzae.
Ueno, M., Kumura, Y., Kihara, J. and Arase, S.
Bulletin of the Faculty of Life and Environmental Science, Shimane University   14 3-8   2009年
Khanam, N.N., Ueno, M., Kihara, J., Honda, Y., and・Arase, S.
Physiological and Molecular Plant Pathology   66 20-29   2005年
Ueno, M., Kihara, J., Honda, Y. and Arase, S.
Journal of General Plant Pathology   71(3) 196-199   2005年
Khanam, N.N., Kihara, J., Honda, Y., Tsukamoto, T. and Arase, S
Journal of General Plant Pathology   71(4) 285-288   2005年
Effect of far-red light on red light-induced resistance of broad bean infected by Alternaria tenuissima.
Rahman, M.Z., Ueno, M., Kihara, J., Honda, Y. and Arase, S.
Bull. Fac. Life Env. Sci. Shimane Univ.   10 3-7   2005年

書籍等出版物

 
Disease suppression by light-enhanced antioxidant system in broad bean
Research Trends   2011年   
Current Topics in Plant Biology
Research Trends   2008年   
Recent Research Development in Agronomy and Horticulture
Research Signpost   2004年   ISBN:8177362224
植物病の探究
「植物病の探究」出版会   2004年   

講演・口頭発表等

 
光依存的関口病斑形成での葉緑体の役割(3)
平成17年度日本植物病理学会関西部会   2005年   
イネいもち病菌の胞子発芽液中に生産される高分子毒性物質について(2)
平成17年度日本植物病理学会関西部会   2005年   
イネ品種関口朝日でのレース特異的な関口病斑形成
平成17年度日本植物病理学会関西部会   2005年   
変異イネを利用したいもち病菌の病原性及びイネの病害抵抗性に関する研究
島根病害虫研究会総会   2005年   
変異イネを利用したいもち病菌の病原性及びイネの病害抵抗性に関する研究
学会賞受賞者講演   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
菌類・きのこを利用した病害防除
研究期間: 2008年   
菌類・きのこを利用した病害防除技術の開発を目指している。
光を利用した病害防除技術の開発
研究期間: 2005年   
光誘導抵抗性を利用した病害防除技術の開発を目指している。
植物の光誘導抵抗性の解析
研究期間: 1999年   
いもち病菌の病原性に関する研究
研究期間: 1979年   
イネいもち病菌の基本的親和性を決定する毒素の作用機構の解明を目指している。