伊藤 康宏

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/04 02:41
 
アバター
研究者氏名
伊藤 康宏
 
イトウ ヤスヒロ
URL
http://www.ipc.shimane-u.ac.jp/fishery/itoyasu.htm
所属
島根大学
部署
生物資源科学部 農林生産学科 農林生産学科 
職名
教授
学位
農学博士 (京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

Misc

 
【資料紹介】翻刻『出雲国人参栽培製造法』1
伊藤 康宏
山陰研究(Studies of San'in Region)   11 47-60   2018年
近代島根県の漁業政策と漁業組合
伊藤康宏
歴史評論   (764) 49-65   2013年
島根県漁業の現状・課題と漁業協同組合JFしまね、漁業生産組合
伊藤康宏
NOSEIKEN   349 20-29   2012年
島根県「美保関漁場慣行調査書」
伊藤康宏
神奈川大学国際常民文化研究機構年報   (1) 83-91   2010年
地域漁業振興における漁協・漁業生産組合の役割
福島 充・伊藤康宏
協同組合研究   27(2) 14-24   2008年

書籍等出版物

 
山口県史通史編 近代
山口県   2016年   
帝国日本の漁業と漁業政策
北斗書房   2016年   ISBN:9784892900396
地域資源活用による農村振興
農林統計出版   2014年   ISBN:9784897322988
山口県史史料編 現代4
山口県   2014年   
日本のコモンズ思想
岩波書店   2014年   ISBN:9784000259

講演・口頭発表等

 
捕鯨の社会経済史~比較史的視座から~」へのコメント『山口県史通史編 近代』(水産業)の成果と課題から
2016年度社会経済史学会中国四国部会山口大会シンポジウム   2016年   
近代島根県の漁業政策と漁業組合
第7回水産史研究会   2013年   
地域漁業振興における漁協・漁業生産組合の役割
2007年度日本協同組合学会第27回大会地域シンポジウム   2007年   
佐賀県有明海ノリ養殖業における協業化の実態
地域漁業学会第49回大会   2007年   
近代島根の「中山間地」の実態ー島根県邑智郡「農事調査報告書」を中心にー
鳥取県立文化会館   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
日本列島周辺海域における水産史に関する総合的研究
国立機関以外の国庫補助による研究
研究期間: 2009年 - 2011年
本研究は、水産史研究会の3年間の研究成果を踏まえて、研究の連携・ネットワークの強化を図ると共に、日本列島周辺海域における「魚と人の関わり」に関して歴史的、地域的、民俗的特質を海域の視点から総合的に解明することにある。