喜多村 正

J-GLOBALへ         更新日: 07/09/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
喜多村 正
 
キタムラ タダシ
所属
旧所属 島根大学 法文学部 社会文化学科
職名
教授
学位
社会学修士(東京都立大学), 文学修士(東北大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1975年
 - 
1978年
琉球大学 講師
 
1978年
 - 
1988年
島根大学 助教授
 
1988年
 - 
2004年
島根大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
東京都立大学 社会科学研究科 社会人類学
 
 
 - 
1966年
東北大学 文学部 文学科
 

委員歴

 
1994年
 - 
1996年
日本民族学会  評議員
 
2002年
 - 
2004年
山陰民俗学会  理事
 

Misc

 
中国山地における牛馬守護神の信仰
社会システム論集   6 1-16   2001年
奥備後地方のムラと共有林慣行
社会システム論集   1 95-113   1996年
ロンボク島南部村落における位階制と父系出自集団
島根大学法文学部紀要   11(1)    1988年
東ロンボクの村落組織と父系親族集団
民族学研究   48(2)    1983年
ササック族の政治リーダーと階層社会
社会システム論集   (3) 53-69   1998年

書籍等出版物

 
第1章 社会の仕組みと人のつながり
新修米子市史 第5巻民俗編   2000年   
ムラの結合
尾原の民俗   1996年   
ササック族における位階社会の形成
歴史のなかの社会(弘文堂)   1988年   

Works

 
石見地方の地域特性の調査
芸術活動   2002年
インドネシア東カリマンタン地方における人類学調査
1975年
インドネシアロンボク島における人類学調査
1984年
中国山地における民俗分布の調査
1993年
木次町の村落組織
1993年

競争的資金等の研究課題

 
中国山地における民俗の比較研究
日本農村の伝統的社会構造
インドネシアロンボク島の文化と社会構造