筒井 研

J-GLOBALへ         更新日: 12/12/18 02:42
 
アバター
研究者氏名
筒井 研
 
ツツイ ケン
URL
http://nbgp.med.okayama-u.ac.jp/
所属
岡山大学
部署
自然生命科学研究支援センター 岡山大学自然生命科学研究支援センター
職名
教授
学位
M.D.(岡山大学), 医学博士

研究分野

 

学歴

 
 
 - 
1976年
岡山大学 医学研究科 生化学
 
 
 - 
1972年
岡山大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2003年
   
 
日本生化学会  評議員
 

Misc

 
Tsutsui K, *Tsutsui K, Hosoya O, Sano K and Tokunaga A
J Comp Neurol      2001年
Involvement of DNA topoisomeraseIIβ in neuronal differentiation.
*Tsutsui K, Tsutsui K, Sano K, Kikuchi A and Tokunaga A
J Biol Chem      2001年
Lobov IB, *Tsutsui K, Mitchell AR and Podgornaya OI
J Cell Biochem   83(2) 218-229   2001年
Tohge H, Tsutsui K, Sano K, Isik S and *Tsutsui K
Biochem Biophys Res Commun   285(1) 64-69   2001年
Wang DH, *Tsutsui K and Kira S
Anal Biochem   299(1) 116-117   2001年

書籍等出版物

 
細胞核のダイナミクス
シュプリンガー・フェアラーク東京,東京   2004年   
分子細胞生物学辞典
東京化学同人   2007年   
(Differential expression of DNA topoisomerase II isozymes in developing rat brain)(jointly worked)
(Molecular Biology of DNA Topoisomerases and Its Application to Chemotherapy)   
Differential expression of DNA topoisomerase II isozymes in developing rat brain(共著)
Molecular Biology of DNA Topoisomerases and Its Application to Chemotherapy   

講演・口頭発表等

 
分化形質の発現誘導におけるDNAトポイソメラーゼIIβの役割
第18回染色体ワークショップ   2001年   
DNAトポイソメラーゼIIβと神経細胞分化
第1回 細胞核ダイナミックス研究会   2001年   
Roles of DNA topoisomerase IIb in gene potentiation
The 6-th International Symposium. Genome Science in the 21st Century: Information of the Higher-Order Structure beyond the Primary Sequence   2001年   
DNA高次構造とニューロンの分化
第28回 岡山脳研究セミナー   2001年   
小脳顆粒細胞の分化過程における新たな遺伝子発現制御機構
第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会   2001年   

Works

 
細胞核内部アーキテクチャーの分子構築とクロマチン機能制御メカニズム
2007年 - 2008年
カタラーゼ遺伝子の変異を指標とした有害物質のスクリーニング法の開発とその実用化
2007年 - 2008年
細胞核内部アーキテクチャーの分子構築とクロマチン機能制御メカニズム
2008年 - 2009年
不死化関連遺伝子群によるOncogenic Ras制御と前立腺癌化抑制機構の解明
2008年 - 2011年
不死化関連遺伝子群によるOncogenic Ras制御と前立腺癌化抑制機構の解明
2008年 - 2011年

競争的資金等の研究課題

 
核マトリックスとDNAの相互作用についての解析
核機能におけるDNAトポイソメラーゼIIアイソザイムの役割
エンドサイトーシス関連タンパク質アンフィフィジン I/II の発現調節