尾坂 明義

J-GLOBALへ         更新日: 12/12/18 02:44
 
アバター
研究者氏名
尾坂 明義
 
オサカ アキヨシ
URL
http://apatite.biotech.okayama-u.ac.jp/
所属
岡山大学
部署
大学院自然科学研究科 岡山大学自然科学研究科
職名
教授
学位
工学博士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 岡山大学自然科学研究科 教授
 
1984年
 - 
1985年
 University of California, Los Angeles ポスドク
 

学歴

 
 
 - 
1972年
京都大学 工学研究科 工業化学
 
 
 - 
1970年
岡山大学 工学部 工業化学
 

委員歴

 
 
   
 
日本セラミックス協会  行事企画委員,論文誌編集委員
 
2009年
   
 
日本セラミックス協会  第48回セラミックス基礎討論会・座長
 
2009年
   
 
日本セラミックス協会  ABC国際会議
 
2008年
   
 
33th International Conference on Advanced Ceramics & Composites in Daytona Beach  座長
 
2009年
   
 
9th Asian Bioceramics Symposium  座長
 

受賞

 
1994年
第48回日本セラミック協会学術賞
 
2007年
ヤングセラミスト大賞 研究部門
 
2009年
おかやま産学官連携大賞
 
2010年
2nd Place ‐ Best Paper Award
 

Misc

 
Mechanism of Apatite Formation on a Sodium Silicate Glass in a Simulated Body Fluid
Satoshi Hayakawa, Kanji Tsuru, Chikara Ohtsuki and *Akiyoshi Osaka
J. American Ceramic Society      1999年
Surface Modification of Polymer with Graftinig and Coating of Silane Hybrids and Their Bioactivity
Masaaki Kubo, Seisuke Takashima, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Chikara Ohtsuki and *Akiyoshi Osaka
Mat. Res. Soc. Symp. Proc., Vol.576, pp.377-382, 1999.      1999年
Synthesis of Blood Compatible Ceramic Powders and New Methods of Examining Anti-clotting Properties
Seisuke Takashima, Shinji Takemoto, Satoshi Hayakawa and *Akiyoshi Osaka
Bioceramics      1999年
In Vitro Bioactivity of Titania Gel Layers Formed by Reaction Between Titanium Substrates and an H2O2/TaCl5 Solution
Xiao-Xiang Wang, Satoshi Hayakawa and *Akiyoshi Osaka
Bioceramics      1999年
Synthesis of Bioactive Organic-Inorganic Hybrids Reinforced with Aerosil
Yasushi Aburatani, Satoshi Hayakawa Chikara Ohtsuki and *Akiyoshi Osaka
Bioceramics      1999年

書籍等出版物

 
化学工業
化学工業社   2001年   
化学工業
化学工業社   2001年   
バイオマテリリアル,
日本医学館   2003年   
有機・無機ナノ複合材料の新局面
株式会社エヌ・ティー・エス   2004年   
機能性ガラス・ナノガラスの最新技術
株式会社 エヌ・ティー・エス   2006年   

講演・口頭発表等

 
擬似体液中の遷移金属イオンがアパタイト形成に及ぼす影響
日本セラミックス協会1999年年会   1999年   
ゼラチン-シリケートコンポジットの合成とアパタイト形成能
日本セラミックス協会1999年年会   1999年   
重金属イオンを含む過酸化水素水溶液で処理したTi金属表面のアパタイト形成能
日本セラミックス協会1999年年会   1999年   
Surface Modification of Polymer with Graftinig and Coating of Silane Hybrids and Their Bioactivity
Materials Research Society 1999 Spring Meeting, Symposium DD:Organic-Inorgainic Hybrid Material   1999年   
Biomimetic response of Titania Gel Formed through Reaction between Ti and H2O2
関西・中国四国支部連合学術講演会   1999年   

Works

 
知恵の見本市2006
2006年
知恵の見本市2010
2010年
知恵の見本市2011
2011年
自己組織化型アパタイト人工格子の創製と生体分子吸着特性制御
2007年 - 2008年
医用材料―細胞界面のナノバイオインターフェイス制御
2007年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
生体活性材料の設計と活性発現機構の解明
研究期間: 1972年   
高機能生体活性分子吸着分離材の開発
研究期間: 1972年   
バイオミネラリゼーションの分子動力学シミュレーション
研究期間: 1972年   
高度生体適合-血液適合性金属またはセラミックス
研究期間: 1972年   
有機-無機ハイブリッド材料の開発と医療への応用
研究期間: 1972年   

特許

 
金属チタン系基材の表面処理方法及び金属チタン系医用材料
特開2004-183017 平成16年7月2日公開
生体物質吸着剤及びその製造方法
骨親和性インプラント及びその製造方法
血液浄化あるいは血漿浄化用吸着剤およびその吸着剤を充填したモジュール並びにそのモジュールを用いた血液あるいは血漿の浄化方法
アパタイト複合体及びその製造方法