土屋 隆生

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/24 11:36
 
アバター
研究者氏名
土屋 隆生
 
ツチヤ タカオ
所属
同志社大学
部署
理工学部情報システムデザイン学科
職名
博士後期課程教授
学位
工学博士(同志社大学), 工学修士(同志社大学)
その他の所属
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

プロフィール

主に航空工学,電気音響,超音波,アコーステイックイメージング分野に関する数値音響工学や音空間レンダリングに関する研究に従事

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1990年
富山大学工学部助手
 
1990年
 - 
1992年
岡山大学工学部助手
 
1992年
 - 
1998年
岡山大学工学部講師
 
1998年
 - 
2000年
岡山大学工学部助教授
 
2000年
 - 
2004年
秋田県立大学システム科学技術学部助教授
 
2004年
 - 
2008年
同志社大学工学部教授
 
2008年
 - 
現在
同志社大学理工学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年
同志社大学 工学研究科 電気工学専攻('博士後期)
 
 
 - 
1986年
同志社大学 工学研究科 電気工学専攻(博士前期)
 
 
 - 
1984年
同志社大学 工学部 電子工学科
 

委員歴

 
2016年9月
 - 
現在
材料科学振興財団  評議員
 
2012年4月
 - 
現在
加藤科学振興会  評議員
 
2013年6月
 - 
2017年5月
日本音響学会  理事
 
2014年10月
 - 
2015年5月
海洋音響学会研究発表会実行委員会  委員長
 
2015年
   
 
日本音響学会関西支部  支部長
 

受賞

 
2012年9月
電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ 貢献賞
 
1989年
電気関係学会関西支部連合大会奨励賞
 
1990年
日本音響学会粟屋潔学術奨励賞
 
1991年
日本シミュレーション学会研究賞
 
2007年
第29回アコースティクイメージングシンポジウムポスター賞
 

論文

 
Numerical analysis of linear wave propagation in the atmosphere with temperature gradient for Mach cutoff reproduction
土屋 隆生
Jpn. J. Appl. Phys.   58 SGGB01   2019年6月   [査読有り]
Sound field renderer with loudspeaker array using real-time convolver
T. Tsuchiya, I. Takenuki and K. Sugiura
AES2018      2018年8月   [査読有り]
T. Yiyu, Y. Inoguchi, M. Otani, Y. Iwaya and T. Tsuchiya
Appl. Sci   35(8)    2018年   [査読有り]
Three-dimensional compact explicit-finite difference time domain scheme with density variation
T. Tsuchiya and N. Maruta
Jpn. J. Appl. Phys.   57 07LC01   2018年   [査読有り]
M. Otani, H. Watabe, T. Tsuchiya and Y. Iwaya
Acoust. Sci. and Tech.   38(3) 147-153   2017年   [査読有り]
Y. Matsumura, K. Okubo, N. Tagawa, T. Tsuchiya and T. Ishizuka
Acoust. Sci. and Tech.   38(1) 31-34   2017年   [査読有り]
Reflective boundary condition with arbitrary boundary shape for compact-explicit finite-difference time-domain method
O. Yamashita, T. Tsuchiya, Y. Iwaya, M. Otani, and Y. Inoguchi
Jpn. J. Appl. Phys.   54 07HC002   2015年   [査読有り]
M. Otani, H. Watabe, T. Tsuchiya, and Y. Iwaya
Acoust. Sci. and Tech.   36(4) 362-365   2015年   [査読有り]
N. Kawada, K. Okubo, T. Tsuchiya , N. Tagawa and T. Ishizuka
Acoust. Sci. and Tech.   36(3) 268-270   2015年   [査読有り]
N. Kawada, K. Okubo, N. Tagawa and T. Tsuchiya
Acoust. Sci. and Tech.   36(3) 265-267   2015年   [査読有り]
T. Yiyu, Y. Inoguchi, Y. Sato, M. Otani, Y. Iwaya, H. Matsuoka, and T. Tsuchiya
Jpn. J. Appl. Phys.   53 07KC14   2014年   [査読有り]
T. Yiyu, Y. Inoguchi, Y. Sato, M. Otani, Yukio Iwaya, Takao Tsuchiya
J. Microprocessors and Microsystems   38 216-225   2014年   [査読有り]
J. Adachi, K. Okubo, N. Tagawa, T. Tsuchiya, and T. Ishizuka
Jpn. J. Appl. Phys.   52 07HG05-1-3   2013年   [査読有り]
T. Ishii, T. Tsuchiya, and K. Okubo
Jpn. J. Appl. Phys.   52 07HC11-1-7   2013年   [査読有り]
K. Kuroda, S. Sakamoto, K. Shibata, Y. Nakano, T. Tsuchiya, and Y. Watanabe
Jpn. J. Appl. Phys.   52 07GE01-1-5   2013年   [査読有り]
CUDAとOpenGLを用いたマルチGPUによる電磁界数値シミュレーションの高速可視化
土屋 隆生
電子情報通信学会誌   J95-B(2) 375-280   2012年   [査読有り]
土屋 隆生
Jpn. J. Appl. Phys.   51 07GG06-1-2   2012年   [査読有り]

Misc

 
音空間レンダリングとその実装
土屋 隆生
日本音響学会誌   75(6) 358-364   2019年6月   [依頼有り]
土屋 隆生
日本超音波医学誌   45(1) 15-23   2018年
土屋 隆生
IEICE, Fundamentals Review   10(3) 206-218   2017年
FDTD法による大規模音場解析と音空間レンダリング
土屋 隆生
日本海洋音響学会誌   41(4) 191-199   2014年
土屋 隆生
音響学会誌   69(2) 75-80   2013年
WE‐FDTD法におけるPML境界
土屋 隆生
超音波TECHNO   2012(11,12) 71-75   2012年
音場の数値計算における新しい展開:(4) GPUによる音場シミュレーションの高速化
土屋 隆生
海洋音響学会誌   38(2) 72-78   2011年
同志社大学応用メディア情報研究室 =音響グループ(土屋研究室)=
土屋 隆生
超音波TECHNO   2011(9,10) 108-110   2011年
音場の数値計算における新しい展開:(1) 音場の数値計算手法の概論
土屋 隆生
海洋音響学会誌   37(3) 169-175   2010年
超音波音場の時間領域数値シミュレーション
土屋 隆生
超音波TECHNO   2010(1,2) 1-5   2010年
CIP法を用いた非線形音波伝搬の二次元数値解析
紺野正仁,大久保寛,田川憲男,土屋隆生
超音波TECHNO   2010(1,2) 27-31   2010年
FDTD法と境界積分方程式の結合解法による音場シミュレーション=アコースティックイメージングへの応用=
土屋 隆生
超音波TECHNO   2010(1,2) 32-36   2010年
土屋 隆生
同志社大学理工学研究報告   50(1) 59-64   2009年
土屋 隆生
同志社大学理工学研究報告   49(1) 45-52   2008年
ディジタルホイヘンスモデル(DHM)法による時間領域音場シミュレーション
土屋 隆生
日本海洋音響学会誌   35(4) 268-276   2008年
音場の数値シミュレーションと離散ホイヘンスモデル
土屋 隆生
同志社工学会報   47 2-7   2006年
FPGAによる音場シミュレーションとその計算精度に関する検討
土屋 隆生
同志社大学理工学研究報告   47(2) 118-124   2006年
土屋 隆生
音響学会誌   51(5) 400-406   1995年
有限要素シミュレーションによる振動ジャイロの数値設計
土屋 隆生
超音波TECHNO   6(12) 47-53   1994年
超音波アクチュエータの応答シミュレーション -圧電/磁歪の非定常有限要素解析-
土屋 隆生
超音波TECHNO   5(12) 35-40   1993年
土屋 隆生
音響学会誌   44(9) 689-694   1988年

書籍等出版物

 
非線形音響 =基礎と応用=
鎌倉友男編著,土屋隆生 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 非線形音場の数値解析)
コロナ社   2014年3月   
電子情報通信学会100年史
電子情報通信学会編,土屋 隆生他 (担当:分担執筆, 範囲:3.5 音響シミュレーション)
電子情報通信学会   2017年5月   
遮音・吸音材料の 開発、評価と騒音低減技術
土屋 隆生 (担当:分担執筆, 範囲:第9章第11節 音空間レンダリング技術の開発)
(株)技術情報協会   2018年7月   
音響キーワードブック
日本音響学会編,土屋 隆生 (担当:分担執筆, 範囲:音空間レンダリング)
コロナ社    2016年3月   
シミュレーション辞典
日本シミュレーション学会編,土屋 隆生 (担当:分担執筆, 範囲:FDTD法による音場シミュレーション,有限要素法による音場シミュレーション)
コロナ社   2012年2月   
FEMプログラム選1
加川幸雄編,山淵龍夫,村井忠邦,土屋隆生 (担当:共著)
森北出版   1994年   
FEMプログラム選2
加川幸雄編,山淵龍夫,村井忠邦,土屋隆生 (担当:共著)
森北出版   1997年   
FEMプログラム選3
加川幸雄編,山淵龍夫,村井忠邦,土屋隆生 (担当:共著)
森北出版   1998年   
等価回路網法入門 -伝達線路行列法と空間回路網法
加川幸雄,吉田則信,土屋隆生,佐藤雅弘 (担当:共著, 範囲:第1-3章)
森北出版   2000年   

講演・口頭発表等

 
音空間レンダリングにおける移動音源の表現
土屋隆生,金森正史,高橋孝
電子情報通信学会技術研究報告,EA2019-26   2019年8月8日   東北大通研
高次の球面調和関数展開に基づいた多重極子による指向性合成の試み ~FDTD法への実装~
坂本大地,土屋隆生
電子情報通信学会技術研究報告,EA2019-14   2019年7月16日   
ISSACにおける航空機内外の解析・計測技術に関する研究
高橋孝,浦弘樹,池田友明,大久保寛,土屋隆生
第51回流体力学講演会/第37回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,1A16   2019年7月2日   
温度勾配及び速度擾乱を持つ大気中における Mach cutoff 発生時の線形音波伝搬解析
土屋 隆生,金森 正史,高橋 孝
日本音響学会2019年春季研究発表会, 1-7-4   2019年3月5日   
マッハカットオフ再現を目指した 温度勾配及び速度擾乱を持つ大気中の線形音波伝搬解析
土屋 隆生
第56回飛行機シンポジウム,1E16   2018年11月14日   
マッハカットオフ再現を目指した温度勾配を持つ大気中の線形音波伝搬解析
土屋隆生,金森正史,高橋 孝
日本音響学会2018年度秋季研究発表会,1-8-10   2018年9月12日   日本音響学会
高次の球面調和関数展開に基づいた多重極子による指向性合成の試み
坂本大地,土屋隆生
電子情報通信学会技術研究報告,EA2018-30   2018年8月   
音空間レンダリングによる薬師堂の鳴竜の再現
竹貫一生,神原拓也,土屋隆生,長谷川光司
電子情報通信学会技術研究報告,EA2017-122   2018年3月   
シミュレーションと実験によるバイノーラル信号を用いた水平面音像定位実験
青山澪,坂本大地,土屋隆生
電子情報通信学会技術研究報告,EA2017-121   2018年3月   
全方位に対応したバイノーラルレンダリングの試み
松下 翔,土屋 隆生
日本音響学会2018年度春季研究発表会,2-P-27   2018年3月   
A study on the object-based audio by sound field rendering with surrounding loudspeaker array system
T. Tsuchiya, Y. Iwaya, M. Otani, S. Sakamoto
東北大学平成29年度共同プロジェクト研究発表会   2018年2月   
バイノーラル音空間レンダリングを用いた自由視聴点VRの試み [招待有り]
土屋隆生
超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF), 「VR/ARのためのオーディオ」セミナー   2018年1月   
FDTD系音響数値解析における境界条件の実装に関する一検討
大西絵理,大久保寛,土屋隆生,金森正史
電子情報通信学会技術研究報告,US2017-100, 2018年1月   2018年1月   
CIP-MOC法を用いた音響ドップラー効果の時間領域数値解析
園部拓郎,大久保寛,田川憲男,土屋隆生
電子情報通信学会技術研究報告,US2017-97   2018年1月   
実空間を対象とした音空間レンダリング −実測との比較−
竹貫一生,土屋隆生
第20回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会   2017年12月   
二軸回転に対応したバイノーラルレンダリングの実装
松下 翔,飯野慎吾,土屋隆生
第20回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会   2017年12月   
移動視聴点を実装した VR 音響の試み
飯野慎吾,松下 翔,土屋隆生
第20回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会   2017年12月   
3-D compact explicit-finite difference time domain scheme for density variation
Takao Tsuchiya and Naoki Maruta
38th. Sympo. Ultrason. Electron.   2017年11月   
Three-dimensional Numerical Acoustic Simulation with Background Flow Using Method of Characteristics
A. Fukuda, K. Okubo, T. Oshima, T. Tsuchiya, M. Kanamori
38th. Sympo. Ultrason. Electron.   2017年11月   
自由視聴点VR
土屋隆生
2017年度リエゾンフェア・ハリス理化学研究所発表会   2017年11月   
自由視聴点レンダリング技術の開発
土屋隆生
2017年度ハリス理化学研究所発表会   2017年11月   
CIP法を用いた媒質の移流を考慮した3次元音波伝搬シミュレーション
福田晃大, 大久保寛, 大嶋拓也, 土屋隆生, 金森正史
日本音響学会2017年度秋季研究発表会,1-Q-33   2017年9月   
フレネル・キルヒホッフ回折公式を用いたバイノーラル音空間レンダリングの高速化の検討
飯野慎吾,松下 翔,土屋隆生
電子情報通信学会技術研究報告,EA2017-8   2017年8月   
移動音源から放射された音波の長距離伝搬解析
土屋隆生,金森正史
2017年度非線形音響研究会資料17-13   2017年7月   
パラメトリックスピーカの3次元FDTD法解析
土屋隆生,野村英之
電子情報通信学会技術研究報告,US2017-4   2017年4月   
大気の温度勾配を考慮した長距離音波伝搬解析
土屋隆生,金森正史
日本音響学会騒音・振動研究会資料,N-2017-10   2017年3月   
エッジコンピューティングを用いたネットワーク型聴覚ディスプレイシステムの検討
伊藤修平,岩谷幸雄,大谷 真,土屋隆生
電子情報通信学会技術研究報告,EA2016-121   2017年3月   
媒質の移流を考慮した音波伝搬解析へのCIP法の適用と評価
福田晃大,大久保寛,大嶋拓也,土屋隆生,金森正史
電子情報通信学会技術研究報告,EA2016-90   2017年3月   
音空間レンダリングを実装したVRシステム 〜 自由視聴点レンダリングを目指して 〜 [招待有り]
土屋隆生
電子情報通信学会技術研究報告,EA2016-76   2017年1月   
純水と湖水の音速 -琵琶湖北個(2015年3月)-
北村暁晴,土屋隆生,坂本眞一,小山大介,松川真美,渡辺好章
電子情報通信学会技術研究報告,US2016-119   2017年1月   
Perceptual optimization of sound field reproduction system and sound field rendering with software/hardware-based acoustic simulation.
M. Otani, T. Tsuchiya, Y. Iwaya, and Y. Inoguchi
ASA and ASJ 5th Joint Meeting   2016年12月   
Evaluation of dependence on calculation parameters in interface settings for finite-difference time-domain analyses of acoustic fields
C. Ogawa, K. Okubo, and T. Tsuchiya
ASA and ASJ 5th Joint Meeting   2016年12月   
Multi-dimensional numerical simulation of sound propagation with background flow using constrained interpolation profile method
K. Okubo, T. Oshima, T. Tsuchiya, and M. Kanamori
ASA and ASJ 5th Joint Meeting   2016年12月   
A novel numerical simulation of acoustic Doppler effect using CIP-MOC method
T. Sonobe, K. Okubo, N. Tagawa and T. Tsuchiya
ASA and ASJ 5th Joint Meeting   2016年12月   
Three-dimensional numerical simulation of parametric speaker by compact explicit finite-difference time-domain method
T. Tsuchiya, and H. Nomura
ASA and ASJ 5th Joint Meeting   2016年12月   
Development of a high presence virtual reality system by binaural sound field rendering with head mount display
K. Sugiura, S. Iino, and T. Tsuchiya
ASA and ASJ 5th Joint Meeting   2016年12月   
Discrimination of virtual sound fields different in spatial aliasing
Y. Iwaya, M. Otani, and T. Tsuchiya
ASA and ASJ 5th Joint Meeting   2016年12月   
頭部モデルを考慮したバイノーラル音空間レンダリングとHMDによる高臨場感VRシステム
杉浦恭輔(M2),飯野慎吾,土屋隆生
日本音響学会2016年度秋季研究発表会,2-P-42   2016年9月   
FDTD音響解析における媒質間境界に対する計算パラメータの依存性評価
小川千尋,大久保寛,土屋隆生
日本音響学会2016年度秋季研究発表会,1-Q-33   2016年9月   
時間領域数値解析を用いた音響ドップラー効果のシミュレーション
園部拓郎,大久保寛,田川憲男,土屋隆生
日本音響学会2016年度秋季研究発表会,1-Q-31   2016年9月   
CIP法を用いた媒質の移流を含む音響数値シミュレーション
福田晃大, 大久保寛, 大嶋拓也, 土屋隆生, 金森正史
日本音響学会2016年度秋季研究発表会,1-2-9   2016年9月   
FDTD法による任意境界音場計算のためのボクセライザーの開発
土屋隆生
電子情報通信学会技術研究報告,EA2016-28   2016年8月   
リアルタイム畳み込みシステムを用いた音空間レンダラーの構築と評価
杉浦恭輔,土屋隆生,大谷 真,末永 司,白木原太
電子情報通信学会技術研究報告,EA2016-17   2016年7月   
非同次波動方程式のFDTD 法解析
土屋隆生,大久保寛,金森正史,大道勇哉,高橋 孝ー
2016年度非線形音響研究会資料16-7   2016年7月   
Lighthill方程式の3次元FDTD法解析
土屋隆生,大久保寛,金森正史,大道勇哉,高橋 孝
電子情報通信学会技術研究報告,US2016-29   2016年6月   
特性曲線法を用いた媒質の移流を含む音響伝搬数値解析の検討
福田晃大・大久保 寛,大嶋拓也,土屋隆生,金森正史
電子情報通信学会技術研究報告,EA2015-107   2016年3月   
空間的折り返し歪み発生の上限周波数の異なる合成音場の弁別
鎗水翔也・岩谷幸雄,土屋隆生,大谷 真
電子情報通信学会技術研究報告,EA2015-102   2016年3月   
ネットワーク聴覚ディスプレイに基づくバーチャルコンサートシステムの開発と評価
伊藤修平,岩谷幸雄,大谷 真,土屋隆生
電子情報通信学会技術研究報告,EA2015-101   2016年3月   
バイノーラル合成による超多チャンネル波面合成の模擬 〜汎用計算機による再現可能周波数の検討〜
渡部 光,大谷 真,細萱 友貴,土屋隆生,岩谷幸雄
日本音響学会2016年度春季研究発表会   2016年3月   
リアルタイム畳み込みシステムによる音空間レンダラー
杉浦恭輔,國本佳樹,土屋隆生,大谷 真,岩谷幸雄
日本音響学会2016年度春季研究発表会   2016年3月   
Design of a real-time sound field rendering processor
T. Yiyu, Y. Inoguchi, M. Otani, Y. Iwaya, and Takao Tsuchiya
RISP Int. Workshop Nonlinear Circuits, Comm. and Signal Processing 2016   2016年3月   
音空間レンダリングを用いたリアルタイム音場再現システムの構築
杉浦 恭輔,國本 佳樹,土屋 隆生
第18回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会   2015年12月   
波面合成における境界離散化間隔が室内音場の合成精度に与える影響の検討
渡部 光,大谷 真,土屋隆生,岩谷幸雄
電子情報通信学会技術研究報告,EA2015-44   2015年12月   
ベクトル型FDTD法の境界条件について
杉浦恭輔,土屋隆生,岩谷幸雄,大谷 真
日本音響学会2015年度秋季研究発表会   2015年9月   
これから始める音響数値シミュレーション [招待有り]
土屋隆生
日本音響学会2015年度秋季研究発表会   2015年9月   
Virtual Auditory Display on a Smartphone for High-Resolution Acoustic Space by Remote Rendering
Y. Iwaya, M. Otani, T. Tsuchiya and J. Li
11th Int. Conf. Intelligent Info. Hiding and Multimedia Signal Proc., IIH-MSP 2015   2015年9月   
Perception of acoustical spatial attributes and impression in virtually rendered sound field
Y. Iwaya, M. Otani, T. Tsichiya and Y. Inoguchi
22th Int. Cong. Sound & Vib.   2015年7月   
Impact of discretization spacing on reproduction accuracy in wave field synthesis
M. Otani, H. Watabe, T. Tsuchiya, and Y. Iwaya
22th Int. Cong. Sound & Vib.   2015年7月   
粒子速度を用いたCE-FDTD法 −2次元の場合−
土屋 隆生,杉浦 恭輔,岩谷幸雄,大谷 真
電子情報通信学会技術研究報告,US2015-26   2015年6月   
不均一グリッドを用いた特性曲線法音響解析におけるPML吸収性能の評価
松村勇汰,大久保寛,土屋隆生,田川憲男,石塚崇
電子情報通信学会技術研究報告,US2015-25   2015年6月   
CE-FDTD法による球面上の音圧解析
山下 脩,土屋隆生,岩谷幸雄,大谷 真,井口 寧
日本音響学会2015年度春季研究発表会   2015年3月   
バイノーラル合成による超多チャンネル波面合成の模擬 〜境界離散化間隔が合成音場に与える影響の検討〜
渡部 光,大谷 真,土屋隆生,岩谷幸雄
日本音響学会2015年度春季研究発表会   2015年3月   
空間的折り返し歪みの異なる仮想音空間の音質評価
鎗水翔也,岩谷幸雄,大谷 真,土屋隆生
日本音響学会2015年度春季研究発表会   2015年3月   
クライアント音源の遠隔空間レンダリング遅延解析
庄子拓也,岩谷幸雄,大谷 真, 土屋隆生,Junfeng Li
電子情報通信学会技術研究報告,EA2014-53   2014年12月   
スピーカ密度の異なる仮想音場の主観評価
鎗水翔也,岩谷幸雄,大谷 真, 土屋隆生
電子情報通信学会技術研究報告,EA2014-52   2014年12月   
Reflective boundary condition with arbitrary boundary shape for compact explicit-finite difference time domain method
O. Yamashita, T. Tsuchiya, Y. Iwaya, M. Otani, Y. Inoguchi
35th. Sympo. Ultrasonic Electron   2014年12月   
波面合成方式における離散化間隔が合成精度に与える影響
渡部 光, 大谷 真, 土屋隆生, 岩谷幸雄
電子情報通信学会技術研究報告,EA2014-51   2014年12月   
音響トモグラフィによる琵琶湖の水質環境モニタリングに向けた基礎的研究−湖水音速の検討−
北村暁晴,土屋隆生,渡辺好章,坂本眞一
第52回同志社大学理工学研究所研究発表会   2014年12月   
音空間レンダリングによる仮想音響空間創出の試み(招待講演) [招待有り]
土屋隆生,岩谷幸雄,大谷 真
熊本大学SCOPE技術検討委員会   2014年10月   
音空間レンダリングによる仮想音響空間の創出とその展望(招待講演) [招待有り]
土屋隆生
関西大学先端科学技術推進機構講演会   2014年10月   
音空間レンダリングとその今後 [招待有り]
土屋隆生,岩谷幸雄,大谷 真
電子情報通信学会2014年ソサイエティ大会, AI-1-4   2014年10月   
弾性波数値解析のためのGPGPUインタラクティブシミュレーション
河田直樹,大久保寛,田川憲男,土屋隆生
日本音響学会2014年度秋季研究発表会   2014年9月   
音空間レンダリングのための任意形状の取り扱いについて -その2 適用例-
山下 脩,土屋隆生,岩谷幸雄,大谷 真,井口 寧
日本音響学会2014年度秋季研究発表会   2014年9月   
音空間レンダリングのための任意形状の取り扱いについて _その1 境界条件_
土屋隆生,山下 脩,岩谷幸雄,大谷 真,井口 寧
日本音響学会2014年度秋季研究発表会   2014年9月   
不均一グリッドを用いた特性曲線法による音響数値シミュレーション
松村勇汰, 大久保寛,田川憲男,土屋隆生,石塚崇
日本音響学会2014年度秋季研究発表会   2014年9月   
Binaural synthesis of virtual acoustic field by numerous-channel reproduction
M. Otani, T. Tsuchiya and Y. Iwaya
Three-Dimensional Systems and Applications Conference (3DSA2014)_   2014年9月   
Sound localization in surrounding loudspeaker array with spatial aliasing
Y. Iwaya, T.Tsuchiya and M. Otani
Three-Dimensional Systems and Applications Conference (3DSA2014)_   2014年9月   
Virtual Auditory Display by Remote Rendering via Computer Networ
Y. Iwaya, M. Otani and T. Tsuchiya
10th Int. Conf. Intelligent Info. Hiding and Multimedia Signal Proc., IIH-MSP 2014   2014年8月   
音空間レンダリングとその可能性について [招待有り]
土屋隆生,岩谷幸雄,大谷 真
日本音響学会建築音響研究会,AA2014-30   2014年5月   
FDTD 法による大規模音場解析と音空間レンダリング [招待有り]
土屋隆生
海洋音響学会2014年度研究発表会   2014年5月   
多チャンネル音場再現のバイノーラル合成による模擬
大谷 真,内田 涼,土屋隆生,岩谷幸雄
2014年電子情報通信学会総合大会   2014年3月   
CE-FDTD法の反射境界について
土屋隆生,岩谷幸雄,大谷 真
日本音響学会2014年春季研究発表会   2014年3月   
空間的折り返し歪みがある稠密スピーカ音場における音像定位
鎗水翔也,山本逸朗,東海林凌,岩谷幸雄,土屋隆生
日本音響学会2014年春季研究発表会   2014年3月   
包囲型スピーカアレイにレンダリングされた高精細音空間の主観的評価
土屋隆生,岩谷幸雄,大谷 真,井口 寧,鈴木陽一
東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会   2014年2月   
遠隔レンダリング型聴覚ディスプレイの試作
岩谷幸雄,庄子拓也,川崎誉洋,千葉順子,大谷 真,土屋隆生
電子情報通信学会技術研究報告,EMM2013-90   2014年1月   
CE-FDTD法の境界条件について 〜密度変化の取り扱い〜
丸田直樹,山下 脩,土屋隆生,大谷 真,岩谷幸雄
電子情報通信学会技術研究報告,US2013-90   2014年1月   
音響トモグラフィを用いた琵琶湖の水質環境モニタリングヘ向けた基礎的研究
北村暁晴,土屋隆生,末松周,渡辺好章,坂本眞一
第51回同志社大学理工学研究所研究発表会   2013年12月   
A Real-time Sound Rendering System based on the Finite-Difference Time-Domain Algorithm
T. Yiyu, Y. Inoguchi, Y. Sato, M. Otani, Y. Iwaya, H. Matsuoka and T. Tsuchiya
34 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,   2013年11月   
Numerical Analysis of Sound Wave Propagation by Combination Method using Amplitude Component of FDTD Solution and Phase Component of CIP Solution
T. Tsuchiya, S. Sugimura, and K. Okubo
34 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,   2013年11月   
Subjective Evaluation of High-definition Virtual Sound Field using a 157-channel Surrounding Loudspeaker Arr
Y. Iwaya and T. Tsuchiya
9th Int. Conf. Intelligent Info. Hiding and Multimedia Signal Proc., IIH-MSP 2013   2013年10月   
空間レンダリングされた高精細音空間の主観評価
山本逸朗,鎗水翔也,岩谷幸雄,土屋隆生
日本音響学会2013年秋季研究発表会   2013年9月   
包囲型マイクロホン・スピーカアレイによる音空間レンダリングの試み
土屋隆生,岩谷幸雄(東北学院大),大谷 真(信州大),井口 寧
電子情報通信学会技術研究報告,EA2013-57   2013年8月   
GPUクラスタによる音空間レンダリングと高精細可聴化 [招待有り]
土屋隆生
GPU Technology Conference (GTC) Japan 2013   2013年7月   
Large-Scale Sound Field Rendering in Rectangular room with Specular Reflection
T. Tsuchiya and O. Yamashita
20th Int. Conf. Sound & Vib.   2013年7月   
Large-scale sound field rendering with graphics processing unit cluster for three-dimensional audio with loudspeaker array
T. Tsuchiya, Y. Iwaya and M. Otani
Int. Conf. Acoustics 2013   2013年6月   
GPU Computing-Based High-Speed Visualization Techniquws for Numerical Simulation of Sound Wave Propagation
N. Kawada, K. Okubo, N. Tagaewa and T.Tsuchiya
32nd Int. Acoustical Imaging Sympo.   2013年4月   
矩形室非拡散音場の残響特性に関する検討 −3次元CE-FDTD法と理論の比較−
土屋隆生,山下 脩,蓮池祐真
日本音響学会2013年春季研究発表会   2013年3月   
音空間レンダリング技術の開発 〜シリコンコンサートホールの実現に向けて〜 [招待有り]
土屋隆生,岩谷幸雄,大谷 真,井口 寧
電子情報通信学会技術研究報告,EA2012-127   2013年1月   
Three-dimensional sound field analysis using compact explicit FDTD method with GPU cluster system
T. Ishii, T. Tsuchiya, and K. Okubo
33 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,   2012年11月   
Accuracy Evaluation of Boundary Interface in Sound Field Simulation Using High-order FDTD Methods
33 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,   2012年11月   

競争的資金等の研究課題

 
音空問レンダリングによる防災行政無線の音声明瞭度予測・提示システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 土屋隆生
高精細音空間コンテンツのための主観的最適化音空間ディスプレイの研究開発
総務省 東北総合通信局: 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 岩谷幸雄
シリコンコンサートホールのための音響レンダリング手法の高精度・高速化
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 土屋隆生
革新的な三次元映像技術による超臨場感コミュニケーション技術の研究開発
情報通信研究機構: 委託研究
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 土屋隆生
FPGAによるシリコンコンサートホール実現の検討
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 土屋隆生
離散ホイヘンスモデルによる音場の実時間数値解析システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 土屋隆生
シリコンコンサートホールの実現を目指したリアルタイム音響レンダリング技術の開発
高度通信・放送研究開発に係る研究開発委託
研究期間: 2009年 - 2013年
圧電フィードバック系を含むマクロ/マイクロシステムの振動制御
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 土屋隆生
TLM逆伝搬アルゴリズムによる音源探査システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 土屋隆生
TLM逆伝搬アルゴリズムによる超音波CTの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 土屋隆生
強力電磁誘導トランスジューサによって形成される非線形集束音場の時間応答解析 と実験
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(A)
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 土屋隆生
数値ファントムを用いた集束衝撃波胆石破砕のための数値シミュレータの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 土屋隆生
超音波圧電トランスデューサによって形成される過渡音場の解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(A)
研究期間: 1992年 - 1992年    代表者: 土屋隆生

特許

 
画像処理方法及び装置
2901048
電磁音響洗浄方法及び電磁音響洗浄器
3360941
電磁音響変換器
3494696