舩橋 誠

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/29 09:14
 
アバター
研究者氏名
舩橋 誠
 
フナハシ マコト
URL
http://www.den.hokudai.ac.jp/
所属
北海道大学
部署
大学院歯学研究院 口腔医学部門 口腔機能学講座 口腔生理学教室
職名
教授
学位
博士(歯学)(岡山大学)
その他の所属
北海道大学脳科学研究教育センター

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学大学院歯学研究院 口腔医学部門 口腔機能学分野 口腔生理学教室 教授
 
2012年4月
 - 
現在
北海道大学脳科学研究教育センター 教授(兼任)
 
2008年2月
 - 
2017年3月
北海道大学大学院歯学研究科口腔機能学講座口腔生理学教室 教授
 
2005年4月
 - 
2008年2月
北海道大学大学院歯学研究科口腔機能学講座口腔生理細胞情報学教室 助教授(2007年から准教授)
 
2001年
 - 
2005年3月
岡山大学大学院医歯学総合研究科・口腔生理学分野助手(歯学部教官は併任) 助手
 
1989年10月
 - 
2001年3月
岡山大学歯学部口腔生理学講座 助手
 
1995年6月
 - 
1997年7月
State Univ. of New York at Brooklyn, Downstate Medical Center, Department of Physiology, Postdoctral fellow
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1989年3月
岡山大学 歯学部 歯学科
 
1989年4月
 - 
1989年9月
岡山大学大学院 歯学研究科 (口腔生理学専攻)入学(中退)
 

委員歴

 
1994年
 - 
現在
日本生理学会  評議員
 
2005年4月
 - 
現在
歯科基礎医学会  評議員
 
2013年
 - 
現在
歯科基礎医学会  編集委員会委員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本生理学会  北海道地区理事
 

受賞

 
2001年9月
歯科基礎医学会 歯科基礎医学会賞 Propagation of synchronous burst discharges from entorhinal cortex to morphologically and electrophysiologically identified neurons of rat lateral amygdala
 

論文

 
Okusha Y, Hirai Y, Maezawa H, Hisadome K, Inoue N, Yamazaki Y, Funahashi M
The journal of physiological sciences : JPS   67(4) 467-474   2017年7月   [査読有り]
Maezawa H, Oguma H, Hirai Y, Hisadome K, Shiraishi H, Funahashi M
Neuroscience research   117 22-27   2017年4月   [査読有り]
Electrophysiological analysis of neurons in the area postrema.
Funahashi Makoto
Hokkaido J. Dent. Sci.   38(supple) 63-67   2017年   [招待有り]
Premotoneuronal inputs to early developing trigeminal motoneurons.
Matsuda K, Nakamura S, Nonaka M, Mochizuki A, Nakayama K, Iijima T, Yokoyama A, Funahashi M, Inoue T
59 96-103   2017年   [査読有り]
Maezawa H, Oguma H, Hirai Y, Hisadome K, Shiraishi H, Funahashi
Neurosci Res.      2016年   [査読有り]
Maezawa H, Onishi K, Yagyu K, Shiraishi H, Hirai Y, Funahashi M
Clin Neurophysiol   127(1) 698-705   2016年1月   [査読有り]
Maezawa H, Mima T, Yazawa S, Matsuhashi M, Shiraishi H, Funahashi M
Neuroimage   128 284-292   2016年3月   [査読有り]
Sugeta S, Hirai Y, Maezawa H, Inoue N, Yamazaki Y, Funahashi M
Brain Research   1618 83-90   2015年8月   [査読有り]
延髄最後野ニューロンの機能解明 −摂食調節と悪心誘発に関わるニューロンの機能分化が見えてきた−
舩橋 誠
北海道歯学雑誌   36(1) 24-26   2015年   [招待有り]
Tsuboi H, Hirai Y, Maezawa H, Notani K, Inoue N, Funahashi M,
Physiology & Behavior, 138:1-5, 2015   138 1-5   2015年1月   [査読有り]
Maezawa H, Hirai Y, Shiraishi H, Funahashi M
J Neurol Sci   347(1-2) 288-294   2014年12月   [査読有り]
Maezawa H, Mima T, Yazawa S, Matsuhashi M, Shiraishi H, Hirai Y, Funahashi M
Neuroimage   17(101C) 245-255   2014年11月   [査読有り]
Fukuda T, Hirai Y, Maezawa H, Kitagawa Y, Funahashi M
Brain Research   1494 9-16   2013年2月   [査読有り]
Shinpo K, Hirai Y, Maezawa H, Totsuka Y, Funahashi M
Physiology & Behavior   107(1) 98-103   2012年8月   [査読有り]
強制運動が恐怖条件付けと記憶に及ぼす影響
野島靖子,八若保孝,舩橋 誠
北海道歯学雑誌   33(1) 10-16   2012年   [査読有り]
Kazuhiro Matsushita, Wei Wang, Soichiro Itoh, Takanori Domon, Makoto Funahashi,Yasunori Totsuka
Journal of Neuroscience Methods   205(2) 246-251   2012年4月   [査読有り]
脳幹スライス標本における中枢ニューロンの生命力に対するポリエチレングリコールの作用
石尾知亮,平井喜幸,井上農夫男,舩橋 誠
北海道歯学雑誌   31(1) 25-34   2011年   [査読有り]
脳磁図による歯科へのアプローチ
前澤仁志,舩橋 誠
北海道歯学雑誌   31 2-5   2010年   [招待有り]
唾液中ストレスマーカーの動態分析
児玉高有,阿部貴恵,兼平 孝,森田 学,舩橋 誠
北海道歯学雑誌   31(2) 32   2010年   [査読有り]
Mitoh Y, Funahashi M, Fujii A, Fujita M, Kobashi M, Matsuo R
Brain Research   1191 47-54   2008年1月   [査読有り]
Mitoh Y, Funahashi M, Masako Fujita, M, Kobashi M, Matsuo R
The Journal of Medical Investigation   56(Supplement) 270-272   2009年   [査読有り]
Kodama N, Funahashi M, Mitoh Y, Minagi S, Matsuo R
Brain Research   1165C 50-59   2007年   [査読有り]
Funahashi M., Mitoh Y. Akaike T.
Neuroscience Research   54(1) 43-48   2006年1月   [査読有り]
Kohjitani A, Funahashi M, Miyawaki T, Hanazaki M, Matsuo R and Shimada M
Anesthesia & Analgesia   101(6) 1681-1688   2005年12月   [査読有り]
Kobashi M, Ichikawa H, Kobashi M, Funahashi M, Mitoh Y and Matsuo R
Brain Research   1060(1-2) 184-087-187   2005年10月   [査読有り]
Mitoh Y, Funahashi M, Kobashi M, Matsuo R.
Brain Research   999(1) 62-67   2004年2月   [査読有り]
Funahashi M, Mitoh Y and Matsuo R,
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology   26(8) 615-622   2004年   [査読有り]
Funahashi M, Mitoh Y and Matsuo R
Brain Research 1015(1-2):198-201, 2004*   1015(1-2) 198-201   2004年7月   [査読有り]
Funahashi M, Mitoh Y and Matsuo R
Brain Research   1017(1-2) 227-233   2004年8月   [査読有り]
Kohjitani A, Miyawaki T, Funahashi M, Mitoh Y, Matsuo R, Shimada M.
European Journal of Pharmacology   465(1-2) 145-151   2003年3月   [査読有り]
Morphological study on the superior salivatory nucleus innervating the submandibular and sublingual salivatory glands and tongue in rats.
Matsuo R, Mitoh Y, Funahashi M, Kobashi M
Dentistry in Japan   39 34-36   2003年
プロポフォールの中枢神経抑制作用に関する電気生理学的研究
樋口仁,舩橋 誠,宮脇卓也,美藤純弘,糀谷 淳,嶋田昌彦,松尾龍二
岡山歯学会雑誌   22 165-176   2003年   [査読有り]
Funahashi M, Mitoh Y, Kohjitani A and Matsuo R
Journal of Physiology (London)   552(1) 135-148   2003年10月   [査読有り]
Kohjitani A, Miyawaki T, Funahashi M, Higuchi H, Matsuo R, Shimada M.
Anesthesiology   98(2) 449-458   2003年2月   [査読有り]
Higuchi H, Funahashi M, Miyawaki T, Mitoh Y, Kohjitani A, Shimada M and Matsuo R
Neurosicence Research   45(4) 459-472   2003年4月   [査読有り]
舩橋 誠
Japanese Journal of Oral Biology   44(3) 195-202   2002年   [査読有り]
Funahashi M, Mitoh Y, and Matsuo R
Brain Research Bulletin   58(3) 337-343   2002年7月   [査読有り]
Funahashi M, Mitoh Y, and Matsuo R
Brain Research   942(1-2) 31-45   2002年6月   [査読有り]
Funahashi M, Matsuo R and Stewart M
Neuroscience Research   42(1) 65-77   2002年1月   [査読有り]
Intravenous anesthetics inhibit nonadrenergic noncholinergic lower esophageal sphincter relaxation via nitric oxcide-cyclic guanosine monophosphate pathway modulation in rabbits.
Kohjitani A, Miyawaki T, Funahashi M, Mitoh Y, Matsuo R, Shimada M,
Anesthesiology   95 176-182   2001年
Matsuo R, Yamauchi Y, Kobashi M, Funahashi M, Mitoh Y and Adachi A,
Autonomic Neuroscience, Basic & Clinical   88 61-73   2001年   [査読有り]
Funahashi M, Higuchi H, Miyawaki T, Shimada M, Matsuo R,
Neuroscience Letters   311 177-180   2001年   [査読有り]
Izawa S, Inoue K, Adachi A and Funahashi M,
Neuroscience Letters   288 33-36   2000年   [査読有り]
Funahashi M, Matsuo R and Stewart M,
Brain Research   884(1/2) 104-115   2000年   [査読有り]
Funahashi M, Harris E and Stewart M,
Brain Research   849(1/2) 139-146   1999年   [査読有り]
Funahashi M, He Y, Sugimoto T and Matsuo R,
Brain Research   827(1/2) 215-220   1999年   [査読有り]
Funahashi M and Stewart M,
Journal of Physiology (London)   510(1) 191-208   1998年   [査読有り]
Funahashi M and Stewart M,
Brain Research   787(1) 19-33   1998年   [査読有り]
Sugimoto T, He Y, Funahashi M and Ichikawa H,
Brain Research   794(2) 353-358   1998年   [査読有り]
Glucose sensors in the medulla oblongata.
Adachi A, Kobashi M, Funahashi M,
Japanese Journal of Physiology   47((supple)) 37-38   1997年   [査読有り]
Sugimoto T, Funahashi M, Xiao C, Adachi A and Ichikawa H,
Neuroscinece Research   27(2) 161-167   1997年   [査読有り]
Funahashi M and Stewart M,
Hippocampus   7 117-129   1997年   [査読有り]
Funahashi M and Stewart M,
Journal of Physiology (London)   501(2) 387-403   1997年   [査読有り]
Glucose responsive neurons in the brainstem.
Adachi A, Kobashi M and Funahashi M,
Obesity Research   735S-740S   1995年
ラット最後野中のグルコース応答性ニューロンに関する電気生理学的研究
船橋誠,足立明,
第13回日本肥満学会記録   127-129   1993年
Glucose-responsive neurons exist within the area postrema of the rat: In vitro study on the isolated slice preparation.
Funahashi M and Adachi A,
Brain Research Bulletin   32(5) 531-535   1993年   [査読有り]
Hepatic thermogenesis relation to food intake in the conscious rat.
Adachi A, Funahashi M and Ohga J,
Brain Research Bulletin   27 529-533   1991年   [査読有り]
摂食に伴う肝温変化に対する腹部迷走神経切断の影響
足立明,研山知子,船橋誠,
第10回日本肥満学会記録   109-110   1990年
Possible role of the area postrema in the control of ingestion.
Adachi A, Funahashi M, Kobashi M, and Aoyama M,
Progress in Obesity Research   37-39   1990年

書籍等出版物

 
基礎歯科生理学 第5版
医歯薬出版   2008年   
人体の構造と機能
医歯薬出版   2010年   
歯・口腔の構造と機能 口腔解剖学・口腔組織発生学,口腔生理学
医歯薬出版   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
嘔吐誘発と摂食調節に関わる延髄最後野ニューロンの機能分化とその分子基盤の解明
文部科学省: 学術研究助成基金助成金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 舩橋 誠
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 舩橋 誠
本研究は化学感受性嘔吐誘発域である延髄最後野の機能を解明するために,行動科学的手法と単一ニューロン活動を解析する電気生理学的手法とを用いて研究を行った.これまでの我々の研究から,最後野ニューロンはHチャネルを発現型(60%)とHチャネルを非発現型(40%)とに分類されることを明らかにしており,このいずれのタイプのニューロン群が嘔吐誘発に関わっているのかを検証することを目指した.塩化リチウムの腹腔内投与を無条件刺激として悪心を惹起することにより,条件刺激(味覚)に対して味覚嫌悪学習が成立する...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 脇田 稔, 高橋 茂
本研究はソフトフード過剰摂取により惹起される唾液腺の萎縮がどのようなメカニズムによるものかを解明しようとするものである。本年度は、昨年度作製された試料に対して主に細胞増殖活性に関する検討を行った。また、昨年度、ディープフリーザーの不慮の故障により損傷を被った凍結試料および凍結ブロックの作製のための追加動物実験も行った。今年度に得られた実験結果は以下の通りである。液状飼料を与えられたラット(実験群)の耳下腺は固形飼料を与えられたラット(対照群)の耳下腺よりも肉眼的に縮小し、湿重量も小さかった...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 黒住 章弘
本研究の目的は,全身麻酔中の低血圧が持続することにより,延髄に存在する嘔吐中枢に何らかの影響を与え,術後の悪心・嘔吐を引き起こすという仮説を検証することにある.本年度までは,嘔吐と密接な関係があるとされる延髄最後野への低血圧刺激が与える影響についてc-Fos発現数を指標に検討した.実験動物は8~12週齢のSD系雄性ラットを研究対象とした.ラットに空気・酸素・イソフルランで麻酔を行い,入眠後,気管挿管を行った.その後,調節呼吸下に尾動脈および尾静脈にカテーテルを挿入し,観血的動脈圧測定および...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 美藤 純弘
上唾液核は顎下腺・舌下腺などを支配する副交感神経の一次中枢である。我々は、上唾液核細胞の興奮性シナプス伝達はグルタミン酸によって、抑制性はGABAおよびグリシンによって行われていることを明らかにした。発育時、口腔機能は劇的に変化する。これに伴って上唾液核細胞に対するシナプス伝達は発達する可能性がある。本研究は上唾液核細胞における抑制シナプス伝達の生後発達について電気生理学的に検討した。生後2-14日齢(P2-14)のWistar系ラット使用した。上唾液核細胞は逆行性軸索輸送法により蛍光色素...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 舩橋 誠
スライスパッチクランプ法を用いて,Hチャネル(過分極作動性カチオンチャネル)活性を示す最後野ニューロンについて以下のことを明らかにした。1)細胞形態についてニューロバイオチントレーサーを用いた免疫組織化学的手法を用いた。Hチャネル活性を示すニューロンの細胞体は比較的小型のものが多く,平均直径が10,4±1.2ミクロン,Hチャネル非活性を示し,遅減衰型一過性外向き電流が検出されるニューロンでは13.9±1.8ミクロンで,統計学的に有意差が認められた。細胞体からは2つの樹状突起と1本の軸索が起...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 舩橋 誠
実験動物にはSD系幼若ラット(7-21日齢)を用いた。新鮮脳スライス標本(厚さ150-250μm)を作製した。近赤外光ノマルスキー微分干渉顕微鏡下にて脳スライス標本中の最後野および海馬CA1領域のニューロンを同定し,ホールセル記録を行った。アセチルコリン(ACh)受容体およびセロトニン受容体を介するニューロン活動の修飾機序を調べた。また,静脈麻酔薬(プロポフォール)の過分極作動性カチオン電流(Ih)に対する抑制作用について,最後野ニューロンと海馬CAIニューロンにおいて比較検討した。これら...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 宮脇 卓也
本研究は,健康成人ボランティアを対象に,静脈内鎮静法によって引き起こされると考えられる,嚥下に関連した中枢神経活動への影響を,機能的磁気共鳴画像(機能的MRI)を用いることによって評価することが,目的であった。平成14年度の研究結果として,大脳皮質運動野において嚥下によって賦活する部位の神経活動が,静脈内鎮静法によって抑制される傾向がみられた。さらに前年度(平成15年度)の研究結果から,静脈内鎮静法による高位の中枢神経における嚥下動作の抑制は,静脈麻酔薬の用量依存性であることが示唆された。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 松尾 龍二
唾液腺を支配する分泌神経のインパルス形成機構を解析するため、ラットの脳幹部スライス標本を用いて電気生理学的に上唾液核と最後野の神経活動を分析した。これに並行して胃や食道の自律反応も分析して唾液腺活動と比較検討し、以下の研究成果を得た。1.ホールセルパッチクランプ法が適用しやすい幼若ラットを使用した。上唾液核細胞は唾液腺だけでなく舌の動脈にも分泌しているため、両者について比較した。その結果、唾液腺支配と舌支配の上唾液核細胞は延髄外側網様体に混在しており明確な局在は認められなかった。樹状突起を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 松尾 龍二
研究目的:延随の外側網様体には顎口腔の自律機能や運動機能に関与する神経細胞集団がある。これら網様体の細胞は互いに連絡し、自律機能と運動機能を相互に円滑に遂行させていると考えられる。そこで、新鮮脳薄切標本を用いて電気生理学的に外側網様体(とくに唾液分泌または舌の血流変化に関与する神経)や三叉神経運動核の性質を分析した。分析項目は主に、電気生理学的膜特性、伝達物質とシナブス入力の解析であった。一方、顎運動、唾液分泌、胃運動を麻酔下または覚醒下の動物で測定し、顎舌運動の運動系と自律系の活動の相関...