入江 正郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/01/08 03:01
 
アバター
研究者氏名
入江 正郎
 
イリエ マサオ
所属
岡山大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 岡山大学医歯薬学総合研究科
職名
助教
学位
歯学博士(城西歯科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 岡山大学医歯薬学総合研究科 助教
 

学歴

 
 
 - 
1976年
明海大学 歯学部 歯学
 

受賞

 
1994年
(財)両備(]J3727[)園記念財団より研究助成金授与
 
 
日本歯科医学会より研究奨励金授与
 

Misc

 
M.Irie, Y. Maruo, G. Nishigawa, K. Suzuki, D.C. WattsiIie,
Dental Materials   26(6) 608-615   2010年
Marginal seal of resin-modified glass ionomers and compomers: Effect of delaying polishing procedure after one-day storage.
*Masao Irie, Kazuomi Suzuki
Operative Dentistry      2000年
*入江正郎,鈴木一臣
接着歯学      2000年
*入江正郎,ロサリナ・チャンドラウィナッタ,鈴木一臣
接着歯学      2001年

書籍等出版物

 
う蝕治療のミニマルインターデンション 象牙質・歯髄を守るために
クインテッセンス出版,東京   2004年   
臨床歯科理工学
医歯薬出版,東京   2006年   
臨床歯科理工学
医歯薬出版,東京   2006年   
スタンダード歯科理工学
学建書院   2013年   ISBN:978-4-762
Study on Restorative Materials for Geriatric Dentistry -Light-activated Glass Ionomer-
Report of Reseach Project, Grant-in-Aid for Scientific Research(1993) General Scientific Reseach (C)   

講演・口頭発表等

 
試作光硬化型グラスアイオノマーの高齢者および訪問診療用修復材としての可能性
第16回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い(平成11年度)」   2000年   
充填用グラスアイオノマー粉末部の球状化についての試み
第18回日本接着歯学会学術大会   2000年   
Adhesive effect on the marginal seal of compomers.
78th General Session of the International Association for Dental Research.   2000年   
最近のフッ素徐放性修復材料の諸性質について.
日本歯科保存学会2000年春季学会   2000年   
フルオロアルミノシリケートガラスの球状化がグラスアイオノマーセメントの特性に及ぼす影響
第35回日本歯科理工学会学術講演会   2000年   

Works

 
Light-activated Glass Ionomers -Base Usage, Restarative Usage-
芸術活動   
Light-activated Glass Ionomers -New Restorative Materials-
芸術活動   
Glass ionomers : History for 20 years
芸術活動   
Resin-modified Glass ionomer Restorative waterials : Effect of the Delayed Polishing Technigue
芸術活動   
The Status of Luting Cements : Basic Science
芸術活動   

競争的資金等の研究課題

 
光硬化型グラスアイオノマーの辺縁適合性に関する研究
その他の試験研究機関
研究期間: 1990年   
歯科用コンポジットレジンおよびレジンセメントの物性改良
その他の試験研究機関
研究期間: 1995年   
光硬化型グラスアイオノマーのフッ素除放性に関する研究
光硬化型グラスアイオノマーの歯質処理材の開発

特許

 
生体硬組織接着用キット