神崎 浩

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/10 03:09
 
アバター
研究者氏名
神崎 浩
 
カンザキ ヒロシ
URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/agr/profile/nougaku01_2.html
所属
岡山大学
部署
環境生命科学研究科
職名
教授
学位
農学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年
   
 
- 岡山大学環境生命科学研究科 教授
 
2012年
 - 
2017年
 岡山大学環境生命科学研究科 教授
 
2017年
 - 
2018年
 岡山大学岡山大学 理事・副学長
 
1986年
 - 
1987年
 京都大学農学部 日本学術振興会特別研究員
 
1988年
 - 
1989年
 アメリカ公衆衛生研究所 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1986年
京都大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1981年
京都大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2013年
   
 
日本農芸化学会  広報委員会委員
 
2012年
   
 
おかやまバイオアクティブ研究会  会長
 

受賞

 
2000年
日本生物工学会斎藤賞
 

Misc

 
Panarat Arunrattiyakorn, Nuttika Suwannasai, Thammarat Aree, Somdej Kanokmedhakul, Hideyuki Ito, Hiroshi Kanzaki
Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic   102 174-179   2014年
Hiroto Shiota, Hiroshi Kanzaki, Tadashi Hatanaka, Teruhiko Nitoda
Carbohydrate Research   375 29-34   2013年
Enzymatic Dehydrogenation of Cyclo(L-Phe-L-Leu) to a Bioactive Derivative, Albonoursin.
Kanzaki, H., Imura, D., Nitoda, T., and Kawazu, K.
Journal of Molecular Catalysis B-Enzymatic      1999年
新規の環状ジペプチド脱水素酵素とその活性測定法の確立.
*神崎浩・赤澤和美・井村大輔・仁戸田照彦
岡山大学農学部学術報告      1999年
病原体を接種して萎凋させたアカマツ実生からの病原体の再分離およびマツノザイセンチュウの分離系統間の病原性の差異.
河津一儀・金子昇・平岡享子・山下秀昭・神崎浩
岡山大学農学部学術報告      1999年

講演・口頭発表等

 
Cyclo(Phe-Leu) からalbonoursin への脱水素反応を触媒する新規酵素系(第二報)
日本農芸化学会1999年度大会   1999年   
DL-Homocysteine thiolactone から L-homocysteine への微生物変換(第二報)
日本農芸化学会1999年度大会   1999年   
Oxazolomycin ester の示すAgrobacterium 属細菌の植物への付着阻害活性  
日本農芸化学会1999年度大会   1999年   
デヒドロアミノ酸を構成成分とするジケトピペラジン類の新規生合成系を利用する生理活性物質の酵素合成
日本放線菌学会 1999年度大会   1999年   
微生物による cyclo(Gly-Leu) の分解
日本生物工学会1999年度大会   1999年   

特許

 
オリーブ葉抽出物を酵母処理することにより得られる抗酸化物質
特許第4652355号
L-ホモシステインの製造方法,日本国特許
特開平11-169192