片岡 洋行

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 20:48
 
アバター
研究者氏名
片岡 洋行
 
カタオカ ヒロユキ
URL
https://www.shujitsu.ac.jp/yakugaku_site/faculty-introduction/basis/#basis01
所属
就実大学
部署
薬学部
職名
教授
学位
薬学博士(東北大学)
その他の所属
就実大学就実大学大学院

プロフィール

Hiroyuki KATAOKA received the BS degree (Nagasaki University, 1977), the MS degree (Osaka University, 1979), and the PhD degree (Tohoku University, 1986). After working as a Research Associate and an Associate Professor in Okayama University in 1979 − 2003, he has been serving as a Professor in Shujitsu University. In 1998 − 1999, he worked with Professor Janusz Pawliszyn as a postdoctoral research fellow in the Solid Phase Microextraction Group at University of Waterloo (Waterloo, Ontario, Canada) for developing in-tube solid-phase microextraction. His research interests are the development of selective and sensitive methods for the analysis of bioactive and potentially harmful compounds in living systems, foods and environments. His present research projects also cover the development of automated sample preparation methods and their applications in environmental and pharmaceutical fields. He is an author of over 160 scientific publications in peer reviewed journals and his Hirsch Index is 38 (November, 2018). He is now a member of the Editorial Board of Analytica Chimica Acta, Analytica Chemistry Letters, Journal of Environmental & Analytical Toxicology, Journal of Analytical Methods in Chemistry, Journal of Translational Biomarkers & Diagnosis, Journal of Bioanalytical Techniques, Chromatography and Journal of Chromatography A.

研究分野

 
 

経歴

 
1979年4月
 - 
1999年5月
岡山大学 薬学部 助手
 
1998年4月
 - 
1999年3月
カナダウォータールー大学 化学科 博士研究員
 
1999年6月
 - 
2003年3月
岡山大学 薬学部 助教授
 
2003年4月
 - 
現在
就実大学 薬学部 教授
 
2003年4月
 - 
2009年3月
就実大学 薬学部 生物薬学科長
 
2009年4月
 - 
2013年3月
就実大学・就実短期大学 教務部 部長
 
2012年4月
 - 
現在
就実大学大学院 医療薬学研究科 疾病治療薬学専攻 教授
 
2013年4月
 - 
2015年3月
就実大学 薬学部 薬学部長
 
2015年4月
 - 
現在
就実大学・就実短期大学 学長
 

学歴

 
1973年4月
 - 
1977年3月
長崎大学 薬学部 製薬化学科
 
1977年4月
 - 
1979年3月
大阪大学大学院 薬学研究科 応用薬学
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
Editorial Advisory Board Member of Journal of Chromatography A (Elsevier)
 
2017年1月
 - 
現在
Editorial Board Member of Journal of Biochemistry and Analytical Studies (Sciforschen)
 
2016年6月
 - 
2018年5月
就実生活協同組合  監事
 
2016年4月
 - 
2018年3月
大学コンソーシアム岡山  第六期会長
 
2016年4月
 - 
現在
岡山県私立短期大学協会  副会長(2016-2017)、会長(2018-2019)
 
2016年4月
 - 
現在
日本私立短期大学協会  常任理事(2018-2019)・中四国支部監事(2016-2017)、副会長(2018-2019)
 
2016年4月
 - 
2018年3月
岡山マラソン実行委員会  大学コンソーシアム岡山代表委員
 
2016年
 - 
2018年3月
岡山EU協会  理事
 
2015年11月
 - 
現在
Editorial Board Member of Journal of Bioanalytical Techniques (Sciforschen)
 
2015年10月
 - 
現在
Editorial Board Member of Journal of Translational Biomarkers & Diagnosis (SciDoc Publishers)
 
2015年4月
 - 
現在
国際化を進める岡山中央協議会  理事
 
2015年4月
 - 
現在
日本私立大学協会  中国四国支部評議員
 
2015年4月
 - 
現在
日本私立短期大学協会  中四国支部評議員
 
2015年4月
 - 
現在
就実大学・就実短期大学  学長
 
2015年4月
 - 
現在
就実学園  専務理事
 
2015年4月
 - 
2017年3月
就実大学  教育開発センター長
 
2015年4月
 - 
現在
岡山県  薬事審議会委員
 
2013年4月
 - 
2018年3月
Permanent Contributing Editor in Trends in Analytical Chemistry (Elsevier)
 
2013年4月
 - 
2015年3月
就実大学薬学部  学部長
 
2013年4月
 - 
2015年3月
岡山県薬剤師会  顧問
 
2013年4月
 - 
現在
日本薬学会  中国四国支部代議委員
 
2013年4月
 - 
現在
薬学教育評価機構  評価委員
 
2013年4月
 - 
現在
学校法人就実学園  理事
 
2012年4月
 - 
現在
Editorial Board Member of Chromatography
 
2012年1月
 - 
現在
クロマトグラフィー科学会評議員
 
2011年11月
 - 
現在
Editorial Board Member of Journal of Analytical Methods in Chemistry (Hindawi)
 
2011年4月
 - 
現在
- 日本分析化学会中国四国支部幹事
 
2011年4月
 - 
現在
Editorial Board Member of Journal of Environmental & Analytical Toxicology (OMICS)
 
2011年4月
 - 
現在
おかやまバイオアクティブ研究会幹事
 
2009年
 - 
現在
Editorial Advisory Board of Analytica Chimica Acta (Elsevier)
 
2014年
 - 
2015年
日本学術振興会科学研究費審査委員
 
2010年
 - 
現在
- Editorial Board of Analytica Chemistry Letters (Bhalla & Sons)
 
2009年
   
 
 (財)大学基準協会評価委員
 
2009年
   
 
 内閣府食品安全委員会専門調査検討委員
 
2009年
 - 
2013年
- 就実大学教務部長
 
2003年
 - 
2008年
日本薬学会代議員
 
2003年4月
 - 
現在
薬学教育協議会  分析化学教科検討委員
 
2003年
 - 
2008年
学校法人就実学園評議委員
 
2003年
 - 
2008年
就実大学薬学部生物薬学科長
 
2000年
 - 
2002年
日本薬学会ファルマシアアドバイザー
 

受賞

 
2018年4月
平成30年度 喫煙科学研究財団 研究助成
 
2018年
TALANTA “Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing” awarded March, 2018 in recognition of the contributions to the quality of the journal
 
2017年4月
平成29年度 喫煙科学研究財団研究助成
 
2017年
JOURNAL OF PHARMACEUTICAL AND BIOMEDICAL ANALYSIS “Certificate of Reviewing” awarded November, 2017 in recognition of the review made for the journal.
 
2017年
ANALYTICA CHIMICA ACTA “Certificate of Reviewing” awarded October, 2017 in recognition of the review made for the journal.
 
2017年
JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY “Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing” awarded August, 2017 in recognition of the contributions to the quality of the journal
 
2017年
JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY “Certificate of Reviewing” awarded August, 2017 in recognition of the review made for the journal.
 
2017年
ARABIAN JOURNAL OF CHEMISTRY “Certificate of Reviewing” awarded July, 2017 in recognition of the review made for the journal.
 
2017年
ANALYTICA CHIMICA ACTA “Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing” awarded February, 2017 in recognition of the contributions to the quality of the journal
 
2016年
JOURNAL OF PHARMACEUTICAL AND BIOMEDICAL ANALYSIS “Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing” awarded October, 2016 in recognition of the contributions to the quality of the journal
 
2016年
TALANTA “Certificate of Reviewing” awarded October, 2016 in recognition of the review made for the journal.
 
2016年
FOOD CHEMISTRY “Certificate of Reviewing” awarded December, 2015 in recognition of the review made for the journal.
 
2016年
JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B “Certificate of Reviewing” awarded August, 2016 in recognition of the review made for the journal.
 
2015年
JOURNAL OF PHARMACEUTICAL AND BIOMEDICAL ANALYSIS “Certificate of Reviewing” awarded August, 2015 in recognition of the review made for the journal
 
2015年
The most cited articles published since 2010 extracted from Scopus (Ranked 2nd on the TOP 25) for Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis
 
2015年
ANALYTICA CHIMICA ACTA “Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing” awarded February, 2015 in recognition of the contributions to the quality of the journal
 
2015年
ANALYTICA CHIMICA ACTA “Certificate of Reviewing” awarded August, 2015 in recognition of the review made for the journal
 
2015年
JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY “Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing” awarded June, 2015 in recognition of the contributions to the quality of the journal
 
2015年
JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY “Certificate of Reviewing” awarded June, 2015 in recognition of the review made for the journal
 
2014年
Science Direct TOP 25 List of Most Downloaded Articles (Ranked 16th on the TOP 25) for Journal of Chromatography A, 2014 full year
 

論文

 
Analysis of nicotine and cotinine in hair by on-line in-tube solid-phase microextraction coupled with liquid chromatography-tandem mass spectrometry as biomarkers of exposure to tobacco smoke.
Inukai T., Kaji S., Kataoka H.
J. Pharm. Biomed. Anal.,   156 272-277   2018年   [査読有り]
Simultaneous analysis of multiple urinary biomarkers for the evaluation of oxidative stress by automated online in-tube solid-phase microextraction coupled with negative/positive ion-switching mode liquid chromatography−tandem mass spectrometry.
Saito A., Hamano M., Kataoka H.
J. Sep. Sci., in press. (10.1002/jssc.201800175).   41    2018年   [査読有り]
A sensitive method to determine melatonin in saliva by automated online in-tube solid-phase microextraction coupled with stable isotope-dilution liquid chromatography-tandem mass spectrometry.
Ishizaki A., Uemura A., Kataoka H.
Anal.Methods   9 3134-3140   2017年   [査読有り]
Funasaka K., Asakawa D., Oku Y., Kishikawa N., Deguchi Y., Sera N., Seiyama T., Horasaki K., Arashidani K., Toriba A., Hayakawa K., Watanabe M., Kataoka H., Yamaguchi T., Ikemori F., Inaba Y., Tonokura K., Akiyama M., Kokunai O., Coulibaly S., Hasei T., Watanabe T
Environ. Monit. Assess.   188 1-14   2016年   [査読有り]
Solid-phase microextraction for pharmaceutical and biomedical analysis.
Kataoka H., Ishizaki A., Saito K.
Anal. Methods   8 5773-5788   2016年   [査読有り]
Automated analysis of oxytocin by on-line in-tube solid-phase microextraction coupled with liquid chromatography-tandem mass spectrometry.
Moriyama E., Kataoka H
Chromatography (doi:10.3390/chromatography2030382)   2 382-391   2015年   [査読有り]
Solid-phase microextraction techniques for biomedical analysis. (Review)
Kataoka H.
Bioanalysis   7(17) 2135-2144   2015年   [査読有り][招待有り]
Kataoka H, Inoue T, Saito K, Kato H, Masuda K
Analytica chimica acta   786 54-60   2013年7月   [査読有り]
Kataoka H, Saito K, Kato H, Masuda K
Bioanalysis   5 1443-1459   2013年6月   [査読有り]
Kataoka H.
Trends in Anal. Chem.   45 135   2013年   [査読有り][招待有り]
Kataoka H, Inoue R, Yagi K, Saito K
Journal of pharmaceutical and biomedical analysis   49 108-114   2009年1月   [査読有り]
Simulations of needle insertion by using a Eulerian hydrocode FEM and the experimental validations.
Kataoka H, Noda S, Yokota H, Takagi S, Himeno R, Okazawa S
Medical image computing and computer-assisted intervention : MICCAI ... International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention   11 560-568   2008年   [査読有り]
Kataoka H, Terada Y, Inoue R, Mitani K
Journal of chromatography. A   1155 100-104   2007年6月   [査読有り]
Kataoka H, Matsuura E, Mitani K
Journal of pharmaceutical and biomedical analysis   44 160-165   2007年5月   [査読有り]
Aly NS, Hiramoto A, Sanai H, Hiraoka O, Hiramoto K, Kataoka H, Wu JM, Masuyama A, Nojima M, Kawai S, Kim HS, Wataya Y
Parasitology research   100 1119-1124   2007年4月   [査読有り]
Wang BL, Takigawa T, Takeuchi A, Yamasaki Y, Kataoka H, Wang DH, Ogino K
Journal of occupational health   49 104-110   2007年3月   [査読有り]
Analysis of aromatic amines as N-propoxycarbonyl derivatives by gas chromatography with nitrogen-phosphorus selective detection.
Kataoka H, Miyake M, Mitani K
Journal of separation science   30 90-97   2007年1月   [査読有り]
Nishigaki R, Totsuka Y, Kataoka H, Ushiyama H, Goto S, Akasu T, Watanabe T, Sugimura T, Wakabayashi K
Cancer epidemiology, biomarkers & prevention : a publication of the American Association for Cancer Research, cosponsored by the American Society of Preventive Oncology   16 151-156   2007年1月   [査読有り]
Kataoka H, Kimura Y, Fujita H, Takatani S
Artificial organs   30 841-854   2006年11月   [査読有り]
Analysis of phthalate contamination in infusion solutions by automated on-line in-tube solid-phase microextraction coupled with high-performance liquid chromatography.
Mitani K, Izushi F, Kataoka H
Journal of analytical toxicology   28 575-580   2004年10月   [査読有り]
Mitani K, Narimatsu S, Izushi F, Kataoka H
Journal of pharmaceutical and biomedical analysis   32 469-478   2003年7月   [査読有り]
Mitani K, Narimatsu S, Kataoka H
Journal of chromatography. A   986 169-177   2003年2月   [査読有り]
Narimatsu S, Takemi C, Tsuzuki D, Kataoka H, Yamamoto S, Shimada N, Suzuki S, Satoh T, Meyer UA, Gonzalez FJ
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   303 172-178   2002年10月   [査読有り]
Hichiya H, Takemi C, Tsuzuki D, Yamamoto S, Asaoka K, Suzuki S, Satoh T, Shinoda S, Kataoka H, Narimatsu S
Biochemical pharmacology   64 1101-1110   2002年10月   [査読有り]
Kobayashi M, Hanaoka T, Nishioka S, Kataoka H, Tsugane S
Mutation research   506-507 233-241   2002年9月   [査読有り]
Totsuka Y, Kataoka H, Takamura-Enya T, Sugimura T, Wakabayashi K
Mutation research   506-507 49-54   2002年9月   [査読有り]

Misc

 
Solid-phase microextraction techniques for biomedical analysis.
Kataoka H.
Bioanalysis   7(17) 2135-2144   2015年   [査読有り]
Kataoka H., Saito K., Kato H., Masuda K.
Bioanalysis   5(11) 1443-1459   2013年   [査読有り]
Kataoka H., Inoue T. Saito K, Kato H., Masuda K.
Anal. Chim. Acta   786 54-60   2013年   [査読有り]
Kataoka H.
Trends in Anal. Chem.   45 135   2013年   [査読有り]
Kataoka H., Miyake M., Saito K., Mitani K.
Food Chem.   130(3) 725-729   2012年   [査読有り]
Kataoka H., Saito K.
Bioanalysis   4(7) 809-832   2012年   [査読有り]
Hanioka N., Nonaka, Y., Saito K., Negishi T., Okamoto K., Kataoka H., Narimatsu S.,
Chemosphere,   89(5) 526-529   2012年   [査読有り]
Ishizaki A., Saito K., Kataoka H.
Anal. Methods   3 299-305   2011年
Narimatsu S., Nakanishi R., Hanioka N., Saito K., Kataoka H.
Chem. Biol. Interact.   194(2-3) 120-126   2011年   [査読有り]
Kataoka H., Saito K.
J. Pharm. Biomed. Anal.   54(5) 926-950   2011年
Kataoka H.
Anal. Sci.   27(9) 893   2011年   [査読有り][依頼有り]
On-line automated analysis of polycyclic aromatic hydrocarbons: Applications to herbal medicines.
Kataoka H, Ishizaki A., Saito K.
Chemistry Today   28(5) 21-24   2010年
Kataoka H.
Curr. Org. Chem.   14 1698-1713   2010年
Ishizaki A., Saito K., Hanioka N., Narimatsu S., Kataoka H.
J. Chromatogr. A   1217(35) 5555-5563   2010年
Kataoka H., Miyake M., Nishioka S., Saito K., Mitani K.
Mol. Nutr. Food Chem.   54(7) 1039-1048   2010年
Iwasaki M., Kataoka H., Ishihara J., Takachi R., Hamada G.S., Sharma S., Le Marchand L., Tsugane S.
J. Food Composit. Anal.   23(1) 61-69   2010年
Kataoka H
Anal. Bioanal. Chem.   396(1) 339-364   2010年
Kataoka H, Ishizaki A., Nonaka, Y., Saito K.
Anal. Chim. Acta   655(1-2) 8-29   2009年
Nonaka, Y., Saito K., Hanioka N., Narimatsu S., Kataoka H.
J. Chromatogr. A   1216(20) 4416-4422   2009年
食品中における微量化学物質汚染分析のための試料前処理法:固相マイクロ抽出及び関連マイクロ抽出法,
片岡洋行, 齋藤啓太
FFIジャーナル   215    2008年
Aly NS, Hiramoto A, Sanai H, Hiraoka O, Hiramoto K, Kataoka H, Wu JM, Masuyama A, Nojima M, Kawai S, Kim HS, Wataya Y.
Parasitol Res.   100 1119-1124   2007年
Wang BL, Takigawa T, Takeuchi A, Yamasaki Y, Kataoka H, Wang DH, Ogino K.
J. Occup. Health   49(2) 104-110   2007年
Kataoka H., Terada Y., Inoue R., Mitani K.
J. Chromatogr. A   1155(1) 100-104   2007年
Nishigaki R., Totsuka Y., Kataoka H., Ushiyama H., Goto S., Akasu T., Watanabe T., Sugimura T., Wakabayashi K.
Cancer Epidemiol. Biomarkers Prev   16 151-156   2007年
Recent Advances in Solid-Phase Microextraction and Related Techniques (Review)
Kataoka H.
Current Pharmaceutical Analysis   Volume 1(1) 65-84   2005年
Takigawa T., Usami M., Yamasaki Y., Wang B., Sakano N., Horike T., Kataoka H., Ohtsuka A., Kira S.
Bull. Environ. Contam. Toxicol.   74(6) 1027-1033   2005年
解説 固相マイクロ抽出法,
片岡洋行
ぶんせき   2005(8) 432-438   2005年
D.A. Wells: High Throughput Bioanalytical Sample Preparation (Book Review)
Kataoka H.
Anal. Bioanal. Chem.   381 1313-1314   2005年
Recent Advances in Solid-Phase Microextraction and Related Techniques (Review)
Kataoka, H.
Current Pharmaceutical Analysis   1(1) 65-84   2005年
Takigawa T., Horike T., Ohashi Y., Kataoka H., Wang D.-H., Kira S.
Environ. Toxicol.   19(4) 280-290   2004年
Analysis of phthalate contamination in infusion solutions by automated on-line in-tube solid-phase microextraction coupled with high-performance liquid chromatography
Mitani K., Izushi F., Kataoka H.
J. Anal. Toxicol.   28 575-580   2004年
インチューブ固相マイクロ抽出法によるオンライン濃縮と食品分析への応用
三谷公里栄、片岡洋行
FFIジャーナル   209 970-981   2004年
Kataoka H.
Trends in Anal. Chem.   22 232-244   2003年
試料前処理のハイスループット化-インチューブ固相マイクロ抽出法を中心に
片岡洋行
ファルマシア   39(4) 310-314   2003年
Kataoka H.
Trends in Analytical Chemistry   22(4) 232-244   2003年
Narimatsu S, Takemi C, Tsuzuki D, Kataoka H, Yamamoto S, Shimada N, Suzuki S, Satoh T, Meyer UA, Gonzalez FJ.
J. Pharmacol. Exp. Ther.   303(1) 172-178   2002年
Totsuka Y., Kataoka H., Enya-Takamura T., Sugimura T., Wakabayashi K.
Mutat. Res.   506-507 49-54   2002年
Kobayashi M., Hanaoka T., Nishioka S., Kataoka H., Tsugane S.
Mutat. Res.   506-507 233-241   2002年
Kataoka H., Nishioka S., Kobayashi M., Hanaoka T., Tsugane S.
Bull. Environ. Contam. Toxicol.   69(5) 682-689   2002年
人工エストロゲンキャピラリーを用いる環境ホルモン類のインチューブSPME/HPLC
大橋泰浩、池内文、三谷公里栄、成松鎮雄、片岡洋行
Chromatography   23 Suppl. 77-78   2002年
インチューブSPME/HPLCによる輸液中可塑剤の全自動オンライン分析.
三谷公里栄、成松鎮雄、出石文男、片岡洋行
Chromatography   23 Suppl. 75-76   2002年
オンラインインチューブ固相マイクロ抽出法とその応用(総説)
片岡洋行、三谷公里栄
法中毒   20(3) 251-267   2002年
自動試料前処理法の最近の進歩.
片岡洋行
Chromatography   23 Suppl. 29-30   2002年
Development of evaluation method for endocrine-disrupting activity based on in vivo phosphorylation in Medaka (Oryzias latipes).
Kataoka H., Yamamoto R., Isobe A., Narimatsu S., Takeuchi T.
Environ. Sci.   9(2-3) 125   2002年
Hichiya H., Takemi C., Tsuzuki D., Yamamoto S., Asaoka K., Suzuki S., Sato T., Sjinoda S., Kataoka H., Narimatsu S.
Biochem. Pharmacol.   64 1101-1110   2002年
Tsuzuki D., Takemi C., Yamamoto S., Tamagake K., Imaoka S., Funae Y., Kataoka H., Shinoda S., Narimatsu S.
Pharmacogenetics   11(8) 709-718   2001年
Narimatsu S., Arai T., Masubuchi Y., Horie T., Hosokawa M., Ueno K., Kataoka H., Yamamoto S., Ishikawa T., Cho A.K.
Biol. Pharm. Bull.   24(9) 988-994   2001年
インチューブSPME/HPLCによるプラスチック関連内分泌攪乱化学物質のオンライン自動分析.
Kataoka H., Ise M., Ikeuchi A., Narimatsu S.
Chromatography   22 77-78   2001年
Narimatsu S., Kobayashi N., Asaoka K., Masubuchi Y., Horie T., Hosokawa M., Ishikawa T., Ohmori S., Kitada M., Miyano J., Kataoka H., Yamamoto S.
Chirality   13 140-147   2001年
In-Tube SPMEによる効率的試料前処理法の開発と応用.
片岡洋行, Wu J., Lord H.L., Pawliszyn J.
Chromatography   21 276-279   2000年
Narimatsu S., Kobayashi N., Masubuchi Y., Horie T., Kakegawa T., Kobayashi H., Hardwick J.P., Gonzalez F.J., Shimada K., Ohmori S., Kitada M., Asaoka K., Kataoka H., Yamamoto S., Satoh T.
Chemico-Biological Interactions   127(1) 73-90   2000年
SPME/イオントラップGC/MSによるニトロアレーンの分析.
片岡洋行, Lord H.L., Pawliszyn J.
Chromatography   21 123-124   2000年
Development of automated in-tube SPME/LC/MS method for the drug analysis
Kataoka, H., Yamamoto, S., Narimatsu, S., Load, H.L. and Pawliszyn, J.
Journal of Microcolumn Separation   12 493-500   2000年
Kataoka, H., Hayatsu, T., Hietsch, G., Steinkellner, H., Nishioka, S., Narimatsu, S., Knasmuller, S. and Hayatsu, H.
Mutation Research   466 27-35   2000年
Simple and rapid determination of amphetamine,methamphetamine and their methylenedioxy derivatives in urine by automated in-tube solid -phase microextraction coupled with liquid chromatography/electrospray ionization mass spectrometry.
Kataoka, H., Load, H.L. and Pawliszyn, J.
Journal of Analytical Toxicology   24 257-265   2000年
Kataoka H., Lord H.L. and Pawliszyn J.
Journal of Chromatography A   880(1/2) 35-62   2000年
Kataoka, H., Lord, H.L. and Pawliszyn, J.
J. Chromatogr. A   880(1/2) 35-62   2000年
Siderophore-mediated utilization of transferrin-and lactoferrin -bound iron by Acinetobacter baumannii.
Yamamoto, S., Okujo, N., Kataoka, H. and Narimatsu, S.
Journal of Health Science   45 297-302   1999年
Kataoka, H., Load, H.L. and Pawliszyn, J.
Journal of Chromatography B   731(2) 353-359   1999年
インチューブ固相マイクロ抽出/液体クロマトグラフィー/マススペクトロメトリーによる薬物の自動分析.
片岡洋行, Load, H.L. and Pawliszyn, J.
Chromatography   20 142-145   1999年
オンラインインチューブ固相マイクロ抽出/LC/MSシステムの開発(Focussing Review)
片岡洋行、成松鎮雄、Lord H.L., Pawliszyn J.
Chromatography   20 237-246   1999年
Koide, I., Noguchi, O., Okada, K., Yokoyama, A., Oda, H., Yamamoto, S. and Kataoka, H.
Journal of Chromatography B   707 99-104   1998年
Kataoka, H., Kondo, T. and Sumida, A.
Anal. Chim. Acta   358(3) 269-275   1998年
Kataoka, H, Kijima, K. and Maruo, G.
Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology   60(1) 60-67   1998年
Kataoka H.
Journal of Chromatography B   717(1/2) 247-262   1998年
Kataoka, H., Kurisu, M and Shindoh, S.
Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology   59(4) 570-576   1997年
Kataoka, H., Sumida, A and Makita, M.
Chromatographia   44(9-10) 491-496   1997年
Kataoka, H., Matsumura, S. and Makita, M.
Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis   15(9/10) 1271-1279   1997年
Kataoka, H., Matsumura, S., Koizumi, H. and Makita, M.
Journal of Chromatography A   758(1) 167-173   1997年

書籍等出版物

 
Handbooks in Separation Science: Liquid Chromatography 2nd Edition, Edited by S. Fanali, P.R. Haddad, C.F. Poole, M.-L Riekkola,
Kataoka H.
Elsevier: Amsterdam, Netherlands   2017年   ISBN:978-0-12-805392-8
Chemistry, Molecular Sciences and Chemical Engineering
片岡 洋行 (担当:分担執筆, 範囲:SOLID-PHASE MICROEXTRACTION Biomedical Applications.)
Elsevier, Academic Press: Oxford, UK   2014年   
Handbook of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons: Chemistry, Occurrence and Health Issues (Edited by Guilherme C. Bandeira and Henrique E. Meneses)
Kataoka H., Ishizaki A. (担当:分担執筆, 範囲:Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Foods and Herbal Medicines: Analysis and Occurrence. (Chapter 2),)
Nova Science Publishers, Inc., New York   2013年   
Comprehensive Sampling and Sample Preparation, (Edited by Janusz Pawliszyn and Heather Lord)
Kataoka H. (担当:分担執筆, 範囲:Column Switching Sample Preparation (Chapter 2.29), pp. 649-676)
Elsevier, Academic Press: Oxford, UK   2012年   
Advanced Gas Chromatography - Progress in Agricultural, Biomedical and Industrial Applications (Ed. by MA. Mohd)
Kataoka H., Ohashi Y., Mamiya T., Nami K., Saito K. , Ohcho K. (担当:分担執筆, 範囲:Indoor Air Monitoring of Volatile Organic Compounds and Evaluation of Their Emission from Various Building Materials and Common Products by GC-MS. (Chapter 9) pp. 161-184.)
InTech, Croatia   2012年   
Handbook of Sample Preparation (Eds. by J. Pawliszyn & H.L. Lord)
Kataoka H., Saito K., Yokoyama A. (担当:分担執筆, 範囲:Sampling and sample preparation for clinical and pharmaceutical analysis. (Chapter 16) pp. 283-309.)
John Wiely and Sons, Hoboken   2010年   
Comprehensive Analytical Chemistry, XXXVII, Sampling and Sampler Preparation for Field and Laboratory (Ed. by J. Pawliszyn)
Kataoka, H. and Lord, H.L. (担当:分担執筆, 範囲:Sampling and Sample Preparation for Clinical and Pharmaceutical Analysis.(Chapter 23) p. 779-836.)
Elsevier Science, Amsterdam   2002年   
Journal of Chromatography Library, Vol. 70 Quantitation of Amino Acids and Amines by Chromatography - Methods and Protocols (Ed. by Ibolya Molnar-Perl)
Kataoka, H. (担当:分担執筆, 範囲:Gas Chromatography of Amines as Various Derivatives (Chapter 2), pp. 364-404.)
Elsevier Science, Amsterdam   2005年   
Methods in Molecular Biology Vol. 159 Amino Acid Analysis Protocol (Eds. by C. Cooper, N. Packer and K. Williams) Chapter 9
Kataoka, H., Matsumura, S., Yamamoto, S. and Makita, M. (担当:分担執筆, 範囲:Capillary gas chromatographic analysis of protein and non-protein amino acids in biological samples.(Chapter 9) pp. 101-122.)
Humana Press, Totowa   2000年   
Methods in Molecular Biology Vol. 159 Amino Acid Analysis Protocol (Eds. by C. Cooper, N. Packer and K. Williams) Chapter 14
Kataoka, H., Sakiyama, N., Ueno, Y., Nakai, K. and Makita, M. (担当:分担執筆, 範囲:Analysis of O-phosphoamino acids in biological samples by gas chromatography with flame photometric detection.(Chapter 14) pp. 183-206.)
Humana Press, Totowa   2000年   
Methods in Molecular Biology Vol. 159 Amino Acid Analysis Protocol (Eds. by C. Cooper, N. Packer and K. Williams) Chapter 15
Kataoka, H., Takagi, K., Tanaka, H. and Makita, M. (担当:分担執筆, 範囲:Determination of sulfur amino acids, glutathione and related aminothiols in biological samples by gas chromatography with flame photometric detection. (Chapter 15) pp. 207-225.)
Humana Press, Totowa   2000年   
Methods in Enzymology Vol. 279 Vitamins and Coenzymes Part 1)(Eds. by D.B. McCormic, J.W. Suttie, C. Wagner)
Kataoka, H., Hirabayashi, N. and Makita, M. (担当:分担執筆, 範囲:Analysis of lipoic acid by gas chromatography with flame photometric detection. (Chapter 18) pp. 166-176.)
Academic Press, New York   1997年   
Handbook of Analytical Separations Vol. 3 (Ed. by W. Kleibohmer)
Kataoka, H., Yamamoto, S. and Narimatsu, S. (担当:分担執筆, 範囲:Gas chromatographic analysis of environmental amines with selective detectors. (Chapter 1) pp. 1-37.)
Elsevier Science, Amsterdam   2001年   
Methods in Biotechnology Vol. 19 Pesticide Protocols (Eds. by Martínez Vidal, José L. and Garrido Frenich, Antonia) Chapter 27
Tsutsumi T., Sakamoto M., Kataoka H., Pawliszyn J. (担当:分担執筆, 範囲:Automated Headspace Solid-Phase Microextraction and Gas Chromatography/Mass Spectrometry for the Screening and Determination of Multi-Class Pesticides in Water (Chapter 27) pp. 343-364.)
Humana Press, Totowa   2005年   
Methods in Biotechnology Vol. 19 Pesticide Protocols (Eds. by Martínez Vidal, José L. and Garrido Frenich, Antonia) Chapter 28
Kataoka H., Mitani K., Takino M. (担当:分担執筆, 範囲:Analysis of Herbicides in Water by Automated On-Line In-Tube Solid-Phase Microextraction Coupled With Liquid Chromatography/Mass Spectrometry (Chapter 28) pp. 365-382.)
Humana Press, Totowa   2005年   
Encyclopedia of Analytical Chemistry Vol. 3 (Ed. by R.A. Meyers)
Kataoka, H. (担当:分担執筆, 範囲:Selective detectors with gas chromatography for environmental amine analysis. pp. 2587-2618.)
John Wiley & Sons, Chichester   2000年   
Encyclopedia of Separation Science Vol. 5 (Eds. by I.D. Wilson, T.D. Adlard, C.F. Poole and M. Cook)
5. Kataoka, H., Yamamoto, S. and Narimatsu, S. (担当:分担執筆, 範囲:Amines: Gas Chromatography. pp. 1982-1990.)
Academic Press, London   2000年   
Encyclopedia of Separation Science Vol. 9 (EdS. by I.D. Wilson, T.D. Adlard, C.F. Poole and M. Cook)
Kataoka, H., Lord, H.L. and Pawliszyn, J. (担当:分担執筆, 範囲:Solid-Phase Microextraction : Biomedical Applications. pp. 4153-4169.)
Academic Press, London   2000年   
わかりやすい分析化学問題集(田中秀治・嶋林三郎 編集)第10章クロマトグラフ法ト電気泳動法
廣川書店   2003年   
わかりやすい機器分析学(椛澤洋三・中澤裕之・吉村吉博 編集)8章電気化学的分析法
廣川書店   2004年   
先端の分析法 -理工学からナノ・バイオまで-(監修:梅澤喜夫 澤田嗣夫 寺部茂)分離精製法、5節:抽出
エヌ・ティー・エス   2004年   
新・食品分析法(日本食品科学工学会・食品分析研究会編) 第7章 加工・流通過程生成有害物の分析 7-2 ヘテロサイクリックアミン類
光琳   2006年   
薬学分析化学の基礎と応用-薬学教育モデルコアカリキュラム準拠(片岡洋行・田和理市 編集)4章:容量分析, 9章:薬毒物分析
廣川書店   2006年   
第5版 実験化学講座20-1巻 分析化学(日本化学会編)2.2節 試料のサンプリング・前処理 有機試料
丸善   2007年   
パートナー分析化学Ⅰ(齋藤寛・千熊正彦・山口政俊・萩中淳編)第9章-2:熱分析法
南江堂   2007年   
パートナー分析化学Ⅱ(山口政俊・升島努・齋藤寛・能田均編)第7章-2:毒物分析
南江堂   2007年   
ベーシック薬学教科書シリーズ 分析科学(萩中淳編)4章:沈殿平衡, 7章-5:赤外吸光分析法, 7章-6:旋光度測定法, 8章:質量分析法, 12章:薬毒物分析
化学同人   2007年   
薬学分析科学の最前線(日本薬学会物理系薬学部会編)
じほう社   2009年   
薬毒物分析学辞典(山本郁男編)血圧降下薬
廣川書店   2009年   
衛生薬学新論
新井洋由・成松鎮雄・山田英之編
南山堂   2012年   
薬学分析化学
萩中淳・片岡洋行・四宮一総編
廣川書店   2015年   

講演・口頭発表等

 
新しいキャピラリーマイクロ抽出技術の開発と応用
日本薬学会第130年会(岡山市)   2010年   
Development of SPME/LC/MS Method for the Drug Analysis
Northeast Regional Chromatography Discussion Group Fall 1998 Meeting(Baffalo, USA)   1998年   
Rapid and simultaneous analysis of amino acids in biological samples by capillary gas
7th International Symposium on Pharmaceutical and Biomedical Analysis.(Osaka, Japan)   1996年   
固相マイクロ抽出法の開発とバイオメディカル分析への新展開
第124回日本薬学会中国四国支部例会講演(岡山市)   2011年   
In-Tube SPMEによる効率的試料前処理法の開発と応用
第11回クロマトグラフィー科学会(京都市)   2000年   
自動前処理法の最近の進歩
第9回クロマトグラフィーシンポジウム(豊橋市)   2002年   
Development of Automated In-Tube SPME/LC/MS Method for the Drug Analysis
22nd International Symposium on Capillary Chromatography(Gifu, Japan)   1999年   
Automated In-Tube Solid-Phase Microextraction/Liquid Chromatography/Electrospray Ionization Mass Spectrometry for the Determination of Ranitidine
ExTech'99: Advances in Extraction Technologies (Waterloo, Canada)   1999年   
Automated In-Tube Solid-Phase Microextraction Coupled with Liquid Chromatography/ Electrospray Ionization Mass Spectrometry for the Determination of -Blockers and Metabolites in Urine and Serum
ExTech'99: Advances in Extraction Technologies (Waterloo, Canada)   1999年   
Development of In-Tube Solid-Phase Microextraction/Liquid Chromatography/Electrospray
ExTech'99: Advances in Extraction Technologies (Waterloo, Canada)   1999年   
Simple and Rapid Determination of Amphetamine, Methamphetamine and Their Methylenedioxy Derivatives in Urine by Automated In-Tube Solid-Phase Microextraction Coupled with Liquid Chromatography/Electrospray Ionization Mass Spectrometry
ExTech'99: Advances in Extraction Technologies (Waterloo, Canada)   1999年   
Drug Analysis from Biological Matrices, using Fibre and In-Tube SPME/LC/MS
ExTech'99: Advances in Extraction Technologies (Waterloo, Canada)   1999年   
Analysis of monocylic and heterocyclic aromatic amines by fiber SPME/GC/FID and In-Tube SPME/LC/MS
6th International Symposium on Hyphenated Techniques in Chromatography and Hyphenated Chromatographic Analyzers(Brugge, Belgium)   2000年   
Drug analysis by In Tube SPME/LC/MS
6th International Symposium on Hyphenated Techniques in Chromatography and Hyphenated Chromatographic Analyzers(Brugge, Belgium)   2000年   
Analysis of monocylic and heterocyclic aromatic amines by fiber SPME/GC/FID and In-Tube SPME/LC/MS
PITTCON 2000(New Orleans, LA)   2000年   
Drug analysis by In Tube SPME/LC/MS
PITTCON 2000(New Orleans, LA)   2000年   
Grilled fish consumption as the main source of dietary heterocyclic amines intake in Japanese
8th International Conference on Environmental Mutagens(Shizuoka)   2001年   
Detection of Mutagenic and Carcinogenic Aminophenylnorharman in Human Urine Samples
The 9th International Conference on Environmental Mutagens(San Fransisco, USA)   2005年   
Biological Properties of Aminophenylnorharman Formed from Norharman and Aniline
The 9th International Conference on Environmental Mutagens(San Fransisco, USA)   2005年   
抽出アルキル化法に基づく酸性保存料のGLC分析
日本薬学会第99年会(札幌)   1979年   
尿中馬尿酸のガスクロマトグラフィーによる定量
日本薬学会第100年会(東京)   1980年   
食品中Polyamineの定量法ー改良GC法とその応用
日本薬学会第100年会(東京)   1980年   
尿中TyramineおよびOctopamineの同時GC定量法
日本薬学会第100年会(東京)   1980年   
イオン対抽出法を利用した尿酸の定量
日本薬学会第101年会(熊本)   1981年   
イオン対抽出法を利用したクレアチニンの定量
日本薬学会第101年会(熊本)   1981年   
イオン対抽出法を利用した食用色素の系統的分析ー天然色素の分析についてー
第41回日本食品衛生学会(横浜)   1981年   
ガスクロマトグラフィーによるタウリンの定量
日本薬学会第102年会(大阪)   1982年   
ガスクロマトグラフィーによる血中タウリンの定量
日本薬学会第103年会(東京)   1983年   
GC-ECDによるTaurineの微量定量
第22回日本薬学会中国四国支部大会(高知)   1983年   
ガスクロマトグラフィーによる臓器・組織中Taurineの定量
日本分析化学会第33年会(名古屋)   1984年   
ガスクロマトグラフィーによるHypotaurineの定量法
日本生化学会第57回大会(東京)   1984年   
ガスクロマトグラフィーによるCysteic Acidの定量法
第23回日本薬学会中国四国支部大会(岡山)   1984年   
ガスクロマトグラフィーによるアルギナーゼ活性の測定
第23回日本薬学会中国四国支部大会(岡山)   1984年   
抽出アルキル化とガスクロマトグラフィーによる血漿中フェニトインの定量
第23回日本薬学会中国四国支部大会(岡山)   1984年   
植物試料中タウリンの同定及び定量
日本薬学会第105年会(金沢)   1985年   
スルホンアミド誘導体としてのスルホン酸のガスクロマトグラフィー
日本薬学会第105年会(金沢)   1985年   
ガスクロマトグラフィーによるTaurineおよびHypotaurineの分別定量
第8回含硫アミノ酸研究会(大津)   1985年   
ガスクロマトグラフィーによるシステインスルフィン酸及びヒポタウリンの同時定量
日本分析化学会第34年会(神戸)   1985年   
ガスクロマトグラフィーによるCysteamine dioxygenaseの活性測定
第24回日本薬学会中国四国支部大会(徳島)   1985年   
ガスクロマトグラフィーによるCysteine sulfinic acid decarboxylaseの活性測定
第24回日本薬学会中国四国支部大会(徳島)   1985年   
動物の諸臓器におけるCysteine sulfinate decarboxylaseおよびCysteamine dioxygenase活性の分布について
第9回含硫アミノ酸研究会(京都)   1986年   
電子捕獲ガスクロマトグラフィーによる直鎖アルキルベンゼンスルホン酸の定量
日本分析化学会第35年会(岡山)   1986年   
ガスクロマトグラフィーによるアスパルテームの定量
日本薬学会第107年会(京都)   1987年   
ガスクロマトグラフィーによるアミノアルキルホスホン酸およびアミノアルキルホスフェー   トの定量
日本薬学会第108年会(広島)   1988年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる動物組織中アミノホスホン酸の高感度定量
第27回日本薬学会中国四国支部大会(島根)   1988年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる生体内ホスホエタノールアミン含量の測定
第27回日本薬学会中国四国支部大会(島根)   1988年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによるスルホン酸化合物の選択的高感度分析
第27回日本薬学会中国四国支部大会(島根)   1988年   
尿及び血漿中ホスホエタノールアミンの選択的高感度定量
第29回日本臨床化学会(東京)   1989年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる生体試料中遊離型O-ホスホアミノ酸の定量
第28回日本薬学会中国四国支部大会(愛媛)   1989年   
生体内における遊離型O-ホスホアミノ酸の存在
日本生化学会第63回大会(京都)   1989年   
抽出アルキル化とガスクロマトグラフィーによる食品中のサッカリンの迅速定量
第59回日本食品衛生学会(東京)   1990年   
電子捕獲ガスクロマトグラフィーによる一級アミンの選択的高感度分析
第27回日本薬学会近畿支部大会(大阪)   1990年   
アルコール性水酸基の選択的シリル化法とその糖GC分析への応用
第1回クロマトグラフィー科学会(東京)   1990年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる生体内含リンアミノ酸の選択的高感度分析
第16回CーP研究会(東京)   1990年   
蛋白質中のO-ホスホアミノ酸の選択的高感度分析
第29回日本薬学会中国四国支部大会(広島)   1990年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる1級アミン類の選択的高感度分析
第29回日本薬学会中国四国支部大会(広島)   1990年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによるO-ホスホアミノ酸の選択的高感度分析
第9回生体成分の分析化学シンポジウム(東京)   1990年   
環境の変異原物質分析における妨害因子としての高級脂肪酸
日本薬学会第111年会(東京)   1991年   
リン酸化蛋白質中のO-ホスホアミノ酸の選択的高感度分析
日本生化学会第65回大会(東京)   1991年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる生体内O-ホスホアミノ酸の選択的高感度析
日本分析化学会第40年会(横浜)   1991年   
ベンゼンスルホニル化/炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる生体試料中一級アミン   の高感度定量
日本分析化学会第40年会(横浜)   1991年   
ガスクロマトグラフィーによる二級アミノ酸の分別定量
日本薬学会第112年会(福岡)   1992年   
中井清彦、片岡洋行、片桐佳美、蒔田政見
日本薬学会第112年会(福岡)   1992年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる二級アミノ化合物の選択的高感度分析
第10回生体成分の分析化学シンポジウム(京都)   1992年   
ベンゼンスルホニルジメチルアミノメチレン誘導体としてのアンモニアの炎光光度検出ガス   クロマトグラフィー
日本分析化学会第41年会(京都)   1992年   
結合型O-ホスホアミノ酸の尿中排泄とその動態
第31回日本薬学会中国四国支部大会(岡山)   1992年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる生体試料中のプロリン及びヒドロキシプロリン   の選択的高感度定量
第31回日本薬学会中国四国支部大会(岡山)   1992年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる生体内リポ酸の選択的高感度分析
第31回日本薬学会中国四国支部大会(岡山)   1992年   
生体内における遊離型及び結合型プロリン及びヒドロキシプロリンの選択的高感度定量
日本薬学会第113年会(大阪)   1993年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる含硫アミノ酸の選択的高感度分析
日本薬学会第113年会(大阪)   1993年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる生体内システアミン及びシスタミンの選択的高   感度定量
日本薬学会第113年会(大阪)   1993年   
セレン化合物の炎光光度検出ガスクロマトグラフィー
日本分析化学会第42年会(広島)   1993年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる尿及び血漿中総システアミンの選択的高感度   定量
第32回日本薬学会中国四国支部大会(徳島)   1993年   
部分肝切除マウスにおける結合型O-ホスホアミノ酸の尿中排泄とその動態
日本薬学会第114年会(東京)   1994年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる含硫アミノ酸及び関連化合物の選択的高感度 分析
第11回生体成分の分析化学シンポジウム(船橋)   1994年   
チアゾリジン誘導体としてのアルデヒド類の炎光光度検出ガスクロマトグラフィー
日本分析化学会第43年会(福岡)   1994年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる食品中二級アミンの選択的高感度定量
日本分析化学会第43年会(福岡)   1994年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる生体内グルタチオン及び関連代謝物の選択的   高感度分析
日本分析化学会第43年会(福岡)   1994年   
キャピラリーガスクロマトグラフィーによるアミノ酸の迅速一斉分析
第56回分析化学討論会(大阪)   1995年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる含リンアミノ酸系除草剤の分析
第56回分析化学討論会(大阪)   1995年   
キャピラリーガスクロマトグラフィーによるアミノ酸の一斉分析の開発とその応用
第34回日本薬学会中国四国支部大会(高松)   1995年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる芳香族アミン類の選択的高感度分析
第34回日本薬学会中国四国支部大会(高松)   1995年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる生体内グルタチオン及び関連アミノチオールの   高感度分析
第34回日本薬学会中国四国支部大会(高松)   1995年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる環境中N-ニトロソアミンの選択的高感度析
第21回環境トキシコロジーシンポジウム(大阪)   1995年   
一級アミンの電子捕獲検出ガスクロマトグラフィー(II) N-ベンゼンスルホニル-N-ペン   タフルオロプロピオニル誘導体について
第45回日本薬学会近畿支部大会(大阪)   1995年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる環境中アルデヒドの選択的高感度分析
日本薬学会第116年会(金沢)   1996年   
血中薬物濃度測定へのイオン電極法の応用
日本分析化学第45年会(仙台)   1996年   
小出泉、横山敦志、野口修、岡田邦夫、小田秀生、片岡洋行、山本重雄
第35回日本薬学会中国四国支部大会(出雲)   1996年   
窒素選択検出ガスクロマトグラフィーによる蛋白および非蛋白アミノ酸の一斉分析
第35回日本薬学会中国四国支部大会(出雲)   1996年   
窒素選択検出ガスクロマトグラフィーによるヘテロサイクリックアミン類の高感度分析
第35回日本薬学会中国四国支部大会(出雲)   1996年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる-グルタミルトランスペプチダーゼ活性測定
第35回日本薬学会中国四国支部大会(出雲)   1996年   
窒素選択検出ガスクロマトグラフィーによる燃焼煙中ヘテロサイクリックアミン類の分析
第58回分析化学討論会(福岡)   1997年   
炎光光度検出ガスクロマトグラフィーによる生体内リポ酸の選択的高感度分析
第12回生体成分の分析化学シンポジウム(広島)   1997年   
FUR-TA法による腸炎ビブリオ鉄制御遺伝子の単離と解析
第50回日本細菌学会中国四国支部総会(徳島)   1997年   
窒素選択検出ガスクロマトグラフィーによる環境試料中ヘテロサイクリックアミンの高感度   分析
第36回日本薬学会中国四国支部大会(松山)   1997年   
DNA-キトサン-セライトカラムの開発とその応用
第36回日本薬学会中国四国支部大会(松山)   1997年   
固相マイクロ抽出(SPME)法による大麻草の分析
日本鑑識科学技術学会第3回学術集会(東京)   1997年   
腸炎ビブリオの鉄-Fur制御遺伝子について
第31回腸炎ビブリオシンポジウム(岡山)   1997年   
窒素選択検出ガスクロマトグラフィーによるヘテロサイクリックアミン類の高感度分析法の   開発と食品及び環境試料分析への応用
日本環境変異原学会第26回大会(秦野市)   1997年   
DNA-キトサン-セライトカラムによるヘテロサイクリックアミンの濃縮
日本環境変異原学会第26回大会(秦野市)   1997年   

Works

 
インチューブ固相マイクロ抽出法を用いた内分泌かく乱物質の全自動オンライン高速液体クロマトグラフ分析システムの開発
2000年
ヘテロサイクリックアミンによる発がんと分子機構に関する研究
1999年
シックハウス症候群に関連する環境因子の実態調査
2000年
プラスチックリサイクルと環境浄化への活用
2001年
ヒトがん発生に係わる環境要因及び感受性要因の掌握とその制御に基づいたがん予防法の開発に資する基盤的研究
2010年

競争的資金等の研究課題

 
終末糖化産物の新規オンライン高感度分析法の開発と多面的な生体ストレス評価への応用
科学研究費補助金: 基盤C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 片岡 洋行
In-tube SPME/LC-MS/MS法による受動喫煙バイオマーカーの高感度分析法の開発と生体曝露評価
喫煙科学研究財団: 平成30年度研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 片岡 洋行
「第26回クロマトグラフィーシンポジウム」2019.6.5~2019.6.7
八雲環境科学振興財団: 研究集会助成
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 片岡 洋行
In-tube SPME/LC-MS/MS法による受動喫煙バイオマーカーの高感度分析法の開発と生体曝露評価
喫煙科学研究財団: 平成29年度研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 片岡 洋行
固相マイクロ抽出法に基づく生体酸化損傷マルチマーカーの同時分析システムの開発
科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 片岡 洋行
モルヒネ耐性発現における活性代謝物モルヒノンの役割解明
科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 成松 鎮雄
基礎及び疫学研究の統合によるがんの原因究明と効果的な予防・検診法の開発に資する研究
がん研究開発費: 
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 中釜 斉
固相マイクロ抽出法に基づく体臭成分の高感度分析法の開発と香粧品・食品摂取やストレスによる体臭変化の解析
コスメトロジー研究振興財団: 研究助成
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 片岡 洋行
生体ガス・皮膚滲出液を用いる新規サンプリング手法と診断分析法の開発
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 片岡 洋行
危害化学物質の迅速スクリーニングシステムの開発と健康影響予測
私学事業団: 私学事業団学術研究振興資金
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 片岡 洋行
資源循環型環境浄化を指向した分子認識再生プラスチック吸着剤の開発
八雲環境科学振興財団: 環境研究助成(特定研究)
研究期間: 2011年       代表者: 片岡 洋行
ヒトがん発生に係わる環境要因及び感受性要因の掌握とその制御に基づいたがん予防法の開発に資する基盤的研究
がん研究開発費: 
研究期間: 2010年       代表者: 若林 敬二
機能性キャピラリー固相マイクロ抽出法に基づく薬毒物濃度と毒性の同時分析法の開発
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 片岡 洋行
ブラジル料理中ヘテロサイクリックアミン含有量測定と摂取量把握のための質問票の開発
科学研究費補助金 若手研究 (B)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 岩崎 基
口腔内気体成分組成と口腔内細菌叢の統合的解析に基づく口腔病態検査・診断法の開発
科学研究費補助金 萌芽研究
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 福井一博
分子認識キャピラリーの作製とハイスループット分析システムの開発
科学研究費補助金 萌芽研究
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 片岡 洋行
分子インプリント法により人工受容体や人工抗体などの分子認識能を有する機能性ポリマーを作成し、生体機能を模倣した環境ホルモンなどの環境汚染物質の簡便迅速で選択的な分析システムを開発し、さらにこの原理を環境浄化へ応用している。
ヒトがん発生に係わる環境要因及び感受性要因に関する研究
厚生労働省がん研究助成(指定研究16-1)
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 若林 敬二
食品容器包装関連化学物質の食品への移行性とリスク評価に関する研究
日本食品化学研究振興財団: 研究助成
研究期間: 2006年       代表者: 片岡 洋行
食品の加熱によるヘテロサイクリックアミン付加体の生成と調理法によるその制御
浦上食品・食文化振興財団: 
研究期間: 2006年       代表者: 片岡 洋行
食品容器包装を介した有害化学物質汚染の迅速分析法の開発と食品汚染の実態調査
日本食品化学研究振興財団: 研究助成
研究期間: 2005年       代表者: 片岡 洋行
インチューブ固相マイクロ抽出法を用いる薬毒物の全自動オンライン分析システムの開発
科学研究費補助金 基盤研究 (B)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 片岡 洋行
キャピラリーカラム内で抽出と濃縮を行うインチューブ固相マイクロ抽出法を考案し、高速液体クロマトグラフィーやLC/MSと連結してサンプリングから前処理、分離、検出、データ解析までを全自動で行う薬毒物のオンライン分析システムを開発している。
ヒトがん発生に係わる環境要因及び感受性要因に関する研究
厚生労働省: がん研究助成(指定研究13-1)
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 若林 敬二
居住環境における微量化学物質の生物学的モニタリング
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 吉良尚平
室内空気汚染によるシックハウス症候群の原因化学物質を解明するために、新築建物における化学物質汚染の実態や発生源を解析し、それらの体内代謝物を検出して曝露量と自覚症状や健康被害との因果関係の解析を進めている。
シックハウス症候群の実態調査疫学に関する研究
厚生労働省科学研究助成: 
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 吉良 尚平
環境及び生体汚染指標としての発癌性ヘテロサイクリックアミン―蛋白質付加体の解析
科学研究費補助金: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 片岡 洋行
分子認識能を利用した有害化学物質吸着剤としてのプラスチックリサイクル技術の開発とその評価
食品容器包装リサイクル高度化技術の開発事業: 
研究期間: 2001年       代表者: 片岡 洋行
モレキュラーインプリントキャピラリーを用いた全自動オンラインインチューブ固相マイクロ抽出法と高速液体クロマトグラフによるダイオキシン類及び内分泌かく乱物質分析の開発
食品容器包装リサイクル高度化技術の開発事業: 
研究期間: 2001年       代表者: 片岡 洋行
性的二色性メダカを用いる内分泌撹乱物質の環境リスク評価法の開発
科学研究費補助金 特定領域研究(A)
研究期間: 2001年       代表者: 片岡 洋行
ヘテロサイクリックアミンによる前立腺、膵、大腸、乳腺発がんと分子機構に関する研究
厚生労働省: がん研究助成(指定研究11-1)
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 若林 敬二
分子認識能をもつ人工ホルモン受容体の開発と環境中の内分泌撹乱化学物質分析への応用
八雲環境科学振興財団: 環境研究助成
研究期間: 2000年       代表者: 片岡 洋行
性的二色性メダカを用いる内分泌撹乱化学物質のバイオアッセイ法の開発と環境分析への応用
公益信託エスペック地球環境研究: 技術基金
研究期間: 2000年       代表者: 片岡 洋行
インチューブ固相マイクロ抽出法を用いた内分泌かく乱物質の全自動オンライン高速液体クロマトグラフ分析システムの開発
食品中の微量物質制御安全性確保技術の開発事業: 
研究期間: 2000年       代表者: 片岡 洋行
インチューブ固相マイクロ抽出/カラムスイッチングを用いる全自動オンライン高速液体クロマトグラフ分析システムの開発
島津科学技術振興財団: 研究開発助成
研究期間: 1999年       代表者: 片岡 洋行
尿中に存在するホスホプロテインの精製とその生理的意義に関する研究
科学研究費補助金: 一般研究(C)
研究期間: 1993年       代表者: 片岡 洋行
遊離型O-ホスホアミノ酸の体内動態とその生理的意義
科学研究費補助金: 一般研究(C)
研究期間: 1990年       代表者: 蒔田 政見
タウリン及びその関連化合物と関連代謝酵素活性の高感度微量分析
科学研究費補助金: 奨励研究(A)
研究期間: 1984年       代表者: 片岡 洋行