佐藤 和広

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/11 02:59
 
アバター
研究者氏名
佐藤 和広
 
サトウ カズヒロ
URL
http://www.rib.okayama-u.ac.jp
所属
岡山大学
部署
資源植物科学研究所
職名
教授
学位
博士(農学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
   
 
- 岡山大学資源植物科学研究所 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
北海道大学 農学部 農学科
 

受賞

 
1992年
北農賞
 
2013年
日本育種学会賞
 
2016年
村川技術奨励賞
 

Misc

 
ビールオオムギにおける穀皮歩合のダイアレル分析
育種学雑誌   39(4)    1989年
大麦網斑病菌(Pyrenophora teres Drechs.)の分生子形成に関する研究I.温度,培地および光質の効果
農学研究   62(2)    1990年
大麦網斑病菌(Pyrenophora teres Drechs.)の分生子形成に関する研究II.近紫外光照射下における日長培地および温度の効果
農学研究   62(3)    1991年
大麦網斑病における幼苗検定法の確立と抵抗性品種の検索
岡山大学資源生物科学研究所報告   1(1)    1992年
Numerical taxonomic studies in annual cyperaceous weeds.
Res. Inst. Bioresour. , Okayama Univ. 2      1994年

書籍等出版物

 
植物のゲノムサイエンスプロトコール-オオムギ-.
秀潤社   2000年   
ライフサイエンスのための系統保存とデータバンク
共立出版   2000年   
植物のゲノムサイエンスプロトコール
秀潤社   2000年   
Diversity in barley (Hordeum vulgare)
Elsevier Science, The Netherlands.   2003年   
Diversity in barley (Hordeum vulgare)
Elsevier Science, The Netherlands.   2003年   

講演・口頭発表等

 
オオムギの麦芽エキスと穀皮歩合に関するQTLの関係
日本育種学会講演会   1999年   
オオムギにおける酸性土壌耐性評価法の確立
日本育種学会講演会   1999年   
オオムギのアルミニウム耐性に関するバルクセグレガント分析
日本育種学会   2000年   
オオムギにおける酸性土壌耐性の大量検定法
日本育種学会   2000年   
オオムギ成植物の葉に由来するcDNAライブラリーのシーケンス特性
日本育種学会   2000年   

所属学協会

 
 

Works

 
Release of new malting barley variety ''Ryohfu''
Release of new feed barley variety ''Aominori''
二条大麦品種「りょうふう」の育成
飼料用大麦品種「あおみのり」の育成
中国及びその周縁国に分布する作物資源の遺伝的評価と開発的研究(第4次)
2007年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
オオムギのゲノム多様性解析
研究期間: 2000年   
国際オオムギシークエンスコンソーシアム(IBSC)に参画して,オオムギのゲノム解析を進めている.これまでに,オオムギゲノムの物理地図,遺伝地図を統合し,全長cDNAリソースを開発し,公表した.現在,高速シークエンサーを用いたRNA-seq解析を多数品種で実施し,多型解析を進めている.
オオムギ遺伝資源の評価と利用
DNAマーカーを利用したオオムギの遺伝解析

特許

 
新規網羅的発現プロファイル解析方法およびシステム
特許番号4302466
赤カビ病抵抗性品種因子に連鎖するDNAマーカーおよびその利用
休眠性に関与する遺伝子座に連鎖する遺伝マーカーおよびその利用
4298538
小穂脱落性に関与する遺伝子座に連鎖する遺伝マーカーおよびその利用.
4326981
オオムギ染色体にマップされるポリヌクレオチドを利用した検出器具