松木 武彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 16:57
 
アバター
研究者氏名
松木 武彦
 
マツギ タケヒコ
eメール
matsugirekihaku.ac.jp
URL
https://www.rekihaku.ac.jp/research/researcher/matsugi_takehiko/
所属
国立歴史民俗博物館
部署
研究部
職名
教授
学位
博士(文学)(大阪大学), 文学修士

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
国立歴史民俗博物館 研究部 教授
 
2010年4月
 - 
2014年3月
岡山大学 社会文化科学研究科 教授
 
2006年4月
 - 
2010年3月
岡山大学 社会文化科学研究科 助教授(2007年3月より職名変更により准教授)
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1990年10月
大阪大学 文学研究科博士後期課程 考古学専攻
 
1985年4月
 - 
1987年3月
大阪大学 文学研究科博士前期課程 史学専攻
 
1980年4月
 - 
1984年3月
大阪大学 文学部 国史学
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本考古学協会  編集委員
 
1991年4月
 - 
2014年3月
考古学研究会  常任委員
 

受賞

 
2008年
サントリー学芸賞 思想・歴史部門
 
2004年11月
岡山市 岡山市文化奨励賞 学術部門
 

論文

 
ヨーロッパの神、日本の神
松木 武彦
季刊考古学   別冊27 124-130   2018年11月   [招待有り]
倭王権の地域構造-小古墳と集落を中心とした分析より-
松木 武彦
国立歴史民俗博物館研究報告   (211) 271-306   2018年3月   [査読有り]
Violence and warfare in prehistoric Japan
中川朋美, 中尾 央, 田村光平, 有松 唯, 松本直子,松木武彦
Letters on Evolutionary and Behavioral Science   8(1) 8-11   2017年   [査読有り]
前方後円墳の巨大性-日本列島の墳墓はなぜ大きいのか?-
松木 武彦
季刊考古学   別冊22 122-130   2015年4月   [招待有り]
Violence in the prehistoric period of Japan: the spatio-temporal pattern of skeletal evidence for violence in the Jomon period
中尾 央,田村光平,有松 唯,中川朋美,松本直子, 松木武彦
Biology Letters (Web)      2015年3月   [査読有り]
国家形成と軍事
松木 武彦
古墳時代の考古学   9 64-78   2014年6月   [招待有り]
人口と集落動態からみた弥生・古墳移行期の社会変化
松木 武彦
国立歴史民俗博物館研究報告   185 139-154   2014年2月   [査読有り]
認知考古学の課題と方法
松木 武彦
季刊考古学   (122) 14-18   2013年1月   [招待有り]
「世界」史のなかの弥生文化-環境・認知・文化伝達-
松木 武彦
考古学研究   58(3) 37-50   2011年12月   [査読有り][招待有り]
進化考古学からみた前方後円墳
松木 武彦
季刊考古学   (117) 60-64   2011年11月   [招待有り]
高地性集落と弥生中~後期の社会変化
松木 武彦
弥生時代の考古学   3 147-159   2011年5月   [招待有り]
弥生時代の集落と集団
松木 武彦
弥生時代の考古学   8 3-16   2008年9月   [招待有り]
コッツウォルド・セヴァーン・グループ長形墳の諸問題-ブリテン新石器時代墓制の一側面-
松木 武彦
岡山大学文学部紀要   (48) 49-59   2007年12月
ヒトの社会性と人工物の進化
松木 武彦
生物科学   58(2) 96-102   2007年2月   [査読有り][招待有り]
ブリテン石室墳研究の現状
松木 武彦
考古学研究   53(2) 94-100   2006年9月   [査読有り]
吉備地域における古墳築造パターンの変化
*松木武彦
考古学研究会例会シンポジウム記録      2006年
「首長制」から「国家」への変移に関する進化論的展望
松木 武彦
待兼山考古学論集-都出比呂志先生退任記念-   1-20   2005年3月
集団の軋轢と戦争
*松木武彦
列島の古代史      2005年
日本列島の武力抗争と古代国家形成
*松木武彦
国家形成の比較研究      2005年
中国地方における前方後円墳の消滅過程
松木 武彦
西日本における前方後円墳消滅過程の比較研究   27-42   2004年3月

Misc

 
卑弥呼「共立」前に起こった「倭国(大)乱」とはなにか
松木 武彦
古代史研究の最前線 邪馬台国   92-105   2015年   [依頼有り]
倭国の成立と吉備-「邪馬台国の時代」展によせて
松木 武彦
邪馬台国の時代(岡山県立博物館平成24年度特別展図録)   3-8   2012年10月   [依頼有り]
日本文化はどう構築されたか
松木武彦
揺らぎの中の日本文化(新納泉・山口和子・鐸木道剛編、岡山大学出版会)      2009年
王墓三遷
松木武彦
東アジアの古代文化   (137) 269-271   2009年
心の弥生化、戦いのはじまり
*松木武彦
大阪府立弥生文化博物館図録35   35 92-95   2007年

書籍等出版物

 
日本の古墳はなぜ巨大なのか?-古代モニュメントの比較考古学-
松木 武彦 (担当:編者)
国立歴史民俗博物館   2018年11月   ISBN:978-4-909293-07-7
人はなぜ戦うのか-考古学からみた戦争-
松木 武彦
中央公論社   2017年9月   ISBN:978-4122064584
縄文とケルト-辺境の比較考古学-
松木 武彦
筑摩書房   2017年5月   ISBN:978-4480069610
美の考古学:古代人は何に魅せられてきたか
松木 武彦
新潮社   2016年1月   ISBN:978-4106037801
未盗掘古墳と天皇陵古墳
松木 武彦
小学館   2013年5月   ISBN:978-4096263228
心と知の考古学
松木 武彦 (担当:編者)
雄山閣   2013年1月   ISBN:978-4639022572
古墳とはなにか-認知考古学からみる古代-
松木 武彦
角川学芸出版   2011年7月   ISBN:978-404703493
進化考古学の大冒険
松木 武彦
新潮社   2009年12月   ISBN:978-4106036538
列島創世記(全集日本の歴史 第1巻)
松木 武彦
小学館   2007年11月   ISBN:978-4096221013
日本列島の戦争と初期国家形成
松木 武彦
東京大学出版会   2007年1月   ISBN:978-4130262149

講演・口頭発表等

 
前方後円墳はいかにして成立したか
松木 武彦
桜井市纏向学研究センター 東京フォーラムⅦ   2018年10月14日   
Development of chiefdoms and climate change in central Kibi area, prehistoric Japan
松木 武彦
第8回世界考古学会議   2016年9月2日   
Social transformation in the Kofun period protohistoric Japan in the view of population change and burial practice
松木 武彦
第8回世界考古学会議   2016年8月30日   
Warrioir ideology and political authority in Kofun period Japan
松木 武彦
7th conference of Society for East Asian Archaeology   2016年6月11日   
Development of metal working and the formation of political power in Japan
松木 武彦
国際シンポジウム 「ヨーロッパと日本の墳丘墓─比較とコンテキストの視点から─   2015年11月7日   
The relation of mounded tombs, settlements and residences in the Kofun period: reflecting social  changes?”Burial Mounds in Europe and Japan: Comparative and Contextual Perspectives [招待有り]
松木 武彦
国際シンポジウム 「ヨーロッパと日本の墳丘墓─比較とコンテキストの視点から─   2015年11月6日   
「雄略朝」期吉備地域における帆立貝形前方後円墳の歴史的背景─天狗山・勝負砂・小ぐろ古墳の調査成果から─ [招待有り]
松木 武彦
考古学研究会岡山例会   2015年5月9日   
Fromation and transformation process of united chiefdoms in protohistoric Japan
第19回インド太平洋先史学会   2009年   
山陽地域の弥生~古墳時代集落
日韓集落研究会第5回共同研究会   2009年   
From ancient "chiefdoms" to medieval "states" :a new perspective on social transformation of protohistoric Japan, the 1st. century AD.
平成21年度日本欧州先端学術セミナー「アジアとヨーロッパにおける帝国と周辺:複雑性、偶発性、因果性」   2009年   

Works

 
Excavation of sikata site (6th)
Excavation of Tsushima-Okadai Site(9th)
Excavation of Tsushima-Okadai Site(10th)
Excavation of Tenguyama Tumulus (1-3rd.)
岡山市鹿田遺跡第6次調査

競争的資金等の研究課題

 
古墳時代鉄鏃の変化と地域性に関する数理的解析
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 松木 武彦
戦いと国家形成の環境的基盤─炭素14年代と酸素同位体による古気候復元と社会統合過程との比較照合─
国立歴史民俗博物館: 基幹研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 松木 武彦
高分解能古気候学と歴史・考古学の連携による気候変動に強い社会システムの構築
総合地球環境学研究所: フルリサーチ
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 中塚 武
歴史科学諸分野の連携による文化進化学の構築
文部科学省・日本学術振興会: 課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業(領域開拓プログラム)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 井原 泰雄
副葬品の構造・材質・色彩からみた古墳葬送空間の再現的研究
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 松木 武彦