片岡 勝子

J-GLOBALへ         更新日: 08/12/19 00:00
 
アバター
研究者氏名
片岡 勝子
 
カタオカ カツコ
所属
旧所属 広島大学 医学部 医学科
職名
教授,所長(センター長),館長,留学生センター長; 医学資料館長
学位
医学博士(広島大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
   
 
- 広島大学 教授
 
1976年
 - 
1981年
 滋賀医科大学 助教授
 
1974年
 - 
1976年
 ローズウェル・パーク記念研究所 客員研究員
 
1968年
 - 
1976年
 広島大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1968年
広島大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2004年
   
 
日本医史学会  評議員
 
1992年
   
 
日本医史学会  広島支部長
 

受賞

 
1999年
Best Imaging Award (晝馬賞)
 

Misc

 
Electron microscope observation on a case of congenital renal proximal tubular dysfunction(CRPTD).
J. Clin. Electron Mic.   22 5-6   1989年
Membrane modifications in chick osteoclasts revealed by freeze-fracture replicas.
Amer. J. Anat.   (188) 381-392   1990年
十二指腸のブルンナー腺細胞
病態生理   9(6) 489-492   1990年
Electron microscopic study of intercellular junctions in human gastric mucosa with special reference to their relationship to gastriculcer.
Gut   (34) 86-89   1993年
森野-河野 恵理
Archives of Histology and Cytology   56(1) 101-108   1993年

書籍等出版物

 
粘液分泌。微細構造上の側面
胃。その形態と機能(第2版) 医学書院   1994年   
小腸,特に十二指腸の微細構造をめぐって
Duodenal Club 1994   1995年   
「組織学 : 組織化学的アプローチ」朝倉書店   1996年   
光顕ラジオオートグラフィー
組織細胞化学1997,学際企画   1997年   
レクチン細胞組織化学-電子顕微鏡とコンフォーカルーレーザー走査顕微鏡で細胞の分泌装置をとらえる-
電子顕微鏡:基礎技術と応用1997、学際企画   1997年   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
消化管粘膜の組織形成と細胞分化
分泌細胞の組織細胞化学的研究
原子力の軍事利用と民生用利用が環境及び健康に与える影響