小山 眞也

J-GLOBALへ         更新日: 08/09/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
小山 眞也
 
コヤマ シンヤ
所属
就実大学
部署
薬学部
職名
教授
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1990年
広島大学医学部助手(生化学第一講座)
 
1988年
 - 
1989年
米国ハーバード大学医学部,マサチューセッツ総合病院 消化器内科 
 
 
   
 
ポストドクトラルフェロー
 
1990年
 - 
1997年
広島大学医学部 講師 (医学科生化学第一講座) 
 
 
   
 
広島大学大学院医学系研究科博士課程担当(生物化学特論)
 

学歴

 
 
 - 
1986年
広島大学 医学系研究科 生理系生化学
 
 
 - 
1981年
広島大学 医学部 医学科
 

Misc

 
脳・神経のはたらきとビタミン
からだの科学   171巻33-37    1993年
RalGDSを介する発がん遺伝子産物Rasの細胞内シグナル伝達機構(共著)
生化学   68(10) 1646-1650   1996年
ヒト赤血球におけるチアミン代謝酵素系の同定精製ならびに再構成(共著)
1160,171-178    1992年
動物におけるチアミンミリン酸の生合成と生理的意義
生化学   64    1992年

書籍等出版物

 
神経疾患理解のための病態生理
別冊・医学の歩み 神経疾患―state of arts Ver. 1 医歯薬出版   1999年   
Ras interaction with RalGDS effector targets.
Methods Enzymol.   2001年   

競争的資金等の研究課題

 
Ent1とEps15に結合する蛋白質POB1による小胞輸送の制御機構
研究期間: 1998年 - 2008年
薬学基礎教育における効果的な基礎生物、物理、数学の教授法の開発