安井 弥

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 08:20
 
アバター
研究者氏名
安井 弥
 
ヤスイ ワタル
eメール
wyasuihiroshima-u.ac.jp
所属
広島大学
学位
医学博士(広島大学), 医学士(広島大学)
科研費研究者番号
40191118

研究分野

 
 

経歴

 
1986年4月
 - 
1987年6月
広島大学 病理学第一講座 助手
 
1987年7月
 - 
1989年4月
米国スクリップス研究所 研究員
 
1989年5月
 - 
1989年7月
広島大学 病理学第一講座 助手(学部内講師)
 
1989年8月
 - 
1992年9月
広島大学 病理学第一講座 講師
 
1992年10月
 - 
2000年5月
広島大学 病理学第一講座 助教授
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1986年3月
広島大学 医学系研究科 病理学
 
1976年4月
 - 
1982年3月
広島大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
2023年9月
日本学術会議  日本学術会議 連携会員
 
2006年8月
 - 
2008年9月
日本学術会議  日本学術会議 連携会員
 
2016年5月
 - 
2020年5月
日本病理学会  日本病理学会 副理事長
 
2014年1月
 - 
2019年12月
日本癌学会  日本癌学会 理事
 
2004年
 - 
2021年3月
国際消化器発癌学会  国際消化器発癌学会 理事
 

受賞

 
2013年
広島大学 Distinguished Professor
 
2011年3月
広島県医師会 広島県医師会代議員永年勤続表彰
 
2009年11月
広島大学 広島大学学長表彰 胃がんのSAGE解析による診断・治療標的の同定
 
2008年5月
日本病理学会 日本病理学賞 胃がんのtranscriptome dissection-組織からのシーズの発見とその診断・治療への展開-
 

論文

 
Honma, Ririno; Sakamoto, Naoya; Ishikawa, Akira; Taniyama, Daiki; Fukada, Kaho; Hattori, Takuya; Sentani, Kazuhiro; Oue, Naohide; Tanabe, Kazuaki; Ohdan, Hideki; Yasui, Wataru
ANTICANCER RESEARCH   38(3) 1419-1425   2018年3月   [査読有り]
Background/Aim: Gastric cancer (GC) is one of the most common malignancies worldwide. Gremlin1 is an antagonist of bone morphogenetic proteins that plays a critical role in several biological processes including cancer biology. Materials and Metho...
Yuge, Ryo; Kitadai, Yasuhiko; Takigawa, Hidehiko; Naito, Toshikatsu; Oue, Naohide; Yasui, Wataru; Tanaka, Shinji; Chayama, Kazuaki
TRANSLATIONAL ONCOLOGY   11(3) 575-584   2018年6月   [査読有り]
Accumulating evidence suggests that a unique set of receptor tyrosine kinases, known as discoidin domain receptors (DDRs), plays a role in cancer progression by interacting with the surrounding collagen matrix. In this study, we investigated the e...
Shimizu, Ai; Takahashi, Toshiyuki; Kushima, Ryoji; Sentani, Kazuhiro; Yasui, Wataru; Matsuno, Yoshihiro
PATHOLOGY INTERNATIONAL   68(1) 41-46   2018年1月   [査読有り]
Epstein-Barr virus (EBV)-associated gastric carcinoma (EBVGC) is defined as a neoplasm comprising monoclonal proliferation of EBV-infected gastric epithelial cells. Although the typical histology is gastric carcinoma with lymphoid stroma (GCLS), t...
Hattori, Yui; Sentani, Kazuhiro; Hattori, Takuya; Oue, Naohide; Yasui, Wataru
APMIS   126(2) 166-170   2018年2月   [査読有り]
Pseudomesotheliomatous carcinoma is a malignant tumor that extends along the pleura mimicking malignant mesothelioma. An 81-year-old male patient presented to our hospital with epigastralgia, and abdominal computed tomography (CT) showed a 36-mm t...
Kitagawa, Toshiro; Yamamoto, Hideya; Hattori, Takuya; Sentani, Kazuhiro; Takahashi, Shinya; Senoo, Atsuhiro; Kubo, Yumiko; Yasui, Wataru; Sueda, Taijiro; Kihara, Yasuki
JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   25(3) 269-280   2018年   [査読有り]
Aims: Tumor necrosis factor (TNF)-alpha reportedly has key pro-inflammatory properties in both atherosclerosis and adipocytes. To further investigate the biologic impact of epicardial adipose tissue (EAT) on coronary atherosclerosis, we evaluated ...

書籍等出版物

 
標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野「病理学」第4版
安井 弥 (担当:共著)
医学書院   2017年2月   ISBN:978-4-260-02871-4
ルービン病理学 改訂版
西村書店   2017年11月   ISBN:978-4-89013-478-6
シンプル病理学改訂第7版
笹野公伸、岡田保典、安井 弥 (担当:共編者)
南江堂   2015年8月   ISBN:ISBN978-4-524-26154-3C3047
シンプル病理学改訂第7版
安井 弥 (担当:共著)
南江堂   2015年8月   
シンプル病理学改訂第7版
安井 弥 (担当:共著)
南江堂   2015年8月   

講演・口頭発表等

 
Imaging futures of cystic renal lesions in the era of the 2016 WHO classification
Honda Y, Yasui W, Goto K, Hayashi T, Teishima J and Matsubara A
The 103rd Annual Meeting of the Radiological Society of North America 2017   2017年11月26日   Radiological Society of North America
大腸癌幹細胞におけるT-UCRの発現
本間りりの、坂本直也、石川 洸、深田佳穂、関野陽平、向井正一朗、仙谷和弘、大上直秀、恵木浩之、大段秀樹、安井 弥
第28回日本消化器癌発生学会総会・第9回国際消化器癌発生会議   2017年11月17日   
PtenとApc変異大腸癌のマウスモデルとその発癌機序
佐田春樹、檜井孝夫、斎藤保文、三口真司、新津宏明、河内雅年、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹
第28回日本消化器癌発生学会総会・第9回国際消化器癌発生会議   2017年11月17日   
食道扁平上皮癌においてSPC18の発現は予後不良因子である
山本悠司、大上直秀、浅井竜一、坂本直也、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥
第28回日本消化器癌発生学会総会・第9回国際消化器癌発生会議   2017年11月17日   
Signal peptidase complex 18 (SPC18) contributes to proliferation and invasion capacity through EGFR pathway in bladder cancer
重松慶紀、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥
第69回西日本泌尿器科学会総会   2017年11月9日