奥山 喜久夫

J-GLOBALへ         更新日: 05/02/28 00:00
 
アバター
研究者氏名
奥山 喜久夫
 
オクヤマ キクオ
所属
広島大学
部署
大学院工学研究科 物質化学システム専攻 大学院工学研究科 物質化学システム専攻
職名
教授
学位
工学博士(大阪府立大学), 工学修士(金沢大学), 工学士(金沢大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
   
 
- 広島大学 教授
 
1986年
 - 
1990年
 大阪府立大学 助教授
 
1984年
 - 
1986年
 大阪府立大学 講師
 
1973年
 - 
1984年
 大阪府立大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1973年
金沢大学 工学研究科 化学工学
 
 
 - 
1971年
金沢大学 工学部 化学工学
 

委員歴

 
1993年
   
 
日本空気清浄協会  空気清浄学会特別会員
 
1994年
   
 
日本静電気学会  理事
 
1996年
 - 
2000年
化学工学会  化学工学特別研究会委員長
 
1997年
 - 
1999年
化学工学会  化学工学会研究企画委員
 
1997年
 - 
1999年
化学工学会  化学工学会マイクロサイエンステクノロジー委員会委員長
 

受賞

 
1998年
日本空気清浄協会会長賞
 
2001年
日本空気清浄協会奨励賞
 
1997年
化学工学会研究賞
 
1996年
日本エアロゾル学会論文賞
 
1993年
日本空気清浄協会会長賞
 

Misc

 
気相合成プロセスによるナノ粒子の合成と性状の評価
粉砕   45 31-40   2001年
ナノ粒子の合成と機能化
混相流   16(1) 4-12   2002年
一般動力学方程式による核生成・成長のシミュレーション
粉体工学会誌   39(4) 274-287   2002年
ナノ粒子製造と気相重合プロセス
化学装置   44(5) 34-40   2002年
奥山 喜久夫, 中曽 浩一
粉体工学会誌   39(9) 670-678   2002年

書籍等出版物

 
微粒子工学
オーム社   1992年   
化学工学便覧(改訂六版)(共著)
九善   1999年   
新版シリコンウェーハ表面のクリーン化技術(共著)
リアライズ社   2000年   
微粒子の付着・凝集メカニズムと実用系における評価, 制御(共著)
技術情報協会   2000年   
粉体工学用語辞典 第2版(共著)
日刊工業新聞   2000年   

Works

 
気相核生成現象の評価と制御によるクリーンCVDプロセスの開発
1995年 - 1996年
材料の異常成長
1996年 - 2001年
CVDプロセスで発生するパーティクルの計測とクリーン化に関する研究
1998年 - 2001年
日米科学協力事業・セミナー 日本学術振興会日米協力事業の支援のもとで、「気相中のナノ粒子の製造と応用」というセミナーを日米の研究者で開催した。
1996年 - 1996年
地球温暖化防止国際共同研究 NEDOの地球温暖化防止国際共同研究として、「地球大気における水蒸気および化学種の粒子化制御に関する研究」を推進した。
1998年 - 1999年

競争的資金等の研究課題

 
気相プロセスによる機能性微粒子および薄膜の製造
CVDプロセスによる気相核生成現象の評価
イオン誘発核生成現象の評価

特許

 
チタン酸バリウム粒子粉末の製造法
特開2004-245795
エアロゾル粒子荷電装置
特開2004-053298
電極材料及びそれを用いたリチウムイオン電池並びに電極材料の製造方法
特開2004-014340
無機多孔性薄膜、それを用いた積層体、及び無機多孔性薄膜の製造方法
特開2004-250321
ポリマー組成物およびその製造方法
特開2003-327840