北山 滋雄

J-GLOBALへ         更新日: 12/12/18 02:47
 
アバター
研究者氏名
北山 滋雄
 
キタヤマ シゲオ
所属
岡山大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 岡山大学医歯薬学総合研究科
職名
教授
学位
歯学博士(広島大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 岡山大学医歯薬学総合研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
広島大学 歯学研究科 歯学基礎系歯科薬理学
 
 
 - 
1981年
広島大学 歯学部 歯学
 

委員歴

 
2005年
   
 
日本薬理学会  第79回日本薬理学会年会・座長
 
2006年
   
 
日本薬理学会  第109回日本薬理学会近畿部会・座長
 
2006年
   
 
日本薬理学会  第110回日本薬理学会近畿部会・座長
 
2006年
   
 
日本薬理学会  第80回日本薬理学会年会・オーガナイザー,座長
 
2006年
   
 
日本薬理学会  賞等選考委員会・委員
 

Misc

 
T. Sato, *S. Kitayama, C. Mitsuhata, T. Ikeda, K. Morita and T. Dohi
Naunyn-Schmiedeberg's Arch. Pharmacol.   361(2) 214-220   2000年
Dopamine transporter transmembrane domain polar mutants: deltaG and deltadeltaG values implicate regions important for transporter functions.
N. Itokawa, Z. Lin, N.-S. Cai, C. Wu, *S. Kitayama, J.-B. Wang and G.R. Uhl
Mol. Pharmacol.      2000年
K. Shibata, H. Yoshino, N. Mizuno, H. Shinohara, K. Morita, *S. Kitayama, H. Kurihara and T. Dohi
Prostaglandins & Other Lipid Med.   62(4) 385-394   2000年
N. Fukuhara, Y. Imai, A. Sakakibara, K. Morita, *S. Kitayama, K. Tanne and T. Dohi
Neurosci. Lett.      2000年

書籍等出版物

 
歯科医院で使う薬の安心マニュアル
医歯薬出版株式会社   1999年   
先端医療シリーズ 歯科医学2「歯周病」
先端医療技術研究所   2000年   
薬物動態・作用と遺伝子多型
医薬ジャーナル社   2001年   
医学大辞典
医学書院,東京   2003年   
歯科薬理学第5版
医歯薬出版   2005年   

講演・口頭発表等

 
Dominant negative isoform of norepinephrine transporter
The 3rd Conference on ABC Proteins and Ion Channels -From Gene to Disease-   1999年   
ドミナントネガティブ効果を有するラットノルエピネフリントランスポーターアイソフォーム
第72回日本薬理学会年会   1999年   
ラットtrp相同遺伝子の分子クローニングと機能解析
第72回日本薬理学会年会   1999年   
メタンフェタミンおよびコカインの報酬効果に対するムスカリン性受容体拮抗薬の影響
第72回日本薬理学会年会   1999年   
全身麻酔薬の神経伝達物質トランスポーターに対する影響
第95回日本薬理学会近畿部会   1999年   

Works

 
ノルエピネフリントランスポーターmRNA3’非翻訳領域の細胞質修飾       
2007年 - 2008年
ヒスタミンH3受容体を介したモノアミントランスポーター機能調節に関する研究
2007年 - 2008年
ニコチンによる神経伝達物質トランスポーター機能発現の修飾とその疼痛制御への関わり
2007年 - 2008年
内分泌攪乱物質が発達期の脳ドパミン神経系に及ぼす影響
2007年 - 2008年
アロディニア発症の分子機構とその治療薬の開発に関する研究
2007年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
薬物中毒に関与する遺伝子の構造と機能発現
研究期間: 1992年   
シナプス伝達の分子神経薬理学
研究期間: 2002年   
薬物依存の分子薬理学的研究