小柳 光正

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:12
 
アバター
研究者氏名
小柳 光正
 
コヤナギ ミツマサ
eメール
koyanagisd.mech.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/67eff77f73dc89ffd686f5a1a2e9527b.html
所属
東北大学
部署
未来科学技術共同研究センター
職名
教授

研究分野

 
 

受賞

 
2004年3月
社団法人応用物理学会 応用物理学会光電子集積化技術業績賞(林厳雄賞)
 
2002年4月
文部科学省 文部科学大臣賞(科学技術功労者)
 
1997年1月
米国電気電子学会 (The Institute of Electrical and Electronics Engineers,Inc) IEEE Fellow
 
1996年12月
米国電気電子学会 (The Institute of Electrical and Electronics Engineers,Inc) IEEE Cledo Brunetti Award For pioneering research and development of the three-dimensionalstacked capacitor DRAM cell.
 
1994年8月
応用物理学会 (The Japan Society of Applied Physics) SSDM Award (Int. Conf. on Solid State Devices and Materials Novel High Density, Stacked Capacitor MOSRAM
受賞者: M. Koyanagi and N. Hashimoto
 

論文

 
自己組織化ウェーハ張り合わせによる三次元集積化技術
福島誉史、田中徹、小柳光正
応用物理学会分科会 シリコンテクノロジー 「多層配線」特集号   34-37   2008年2月
No.99
Fully Implantable Retinal Prosthesis Chip with Photodetector and Stimulus Current Generator
T. Tanaka, K. Sato, K. Komiya, T. Kobayashi, T. Watanabe, T. Fukushima, H.Tomita, H.Kurino, M. Tamai, and M. Koyanagi
IEEE International Electron Devices Meeting (IEDM) Tech. Dig.   1015-1018   2007年12月   [査読有り]
New Three-Dimensional Integration Technology Based on Reconfigured Wafer-on-Wafer Bonding Technique
Takafumi Fukushima, Hirokazu Kikuchi, Yusuke Yamada, Takayuki Konno, Jun Liang, Keiichi Sasaki, Kiyoshi Inamura, Tetsu Tanaka, and Mitsumasa Koyanagi
IEEE International Electron Devices Meeting (IEDM) Tech. Dig.   985-988   2007年12月   [査読有り]
Evaluation of Platinum-Black (Pt-b) Stimulus Electrode Array for Electrical Stimulation to Retinal Cells in Retinal Prosthesis System
T. Watanabe, R. Kobayashi, K. Komiya, T. Fukushima, H. Tomita, E. Sugano, H. Kurino, T. Tanaka, M. Tamai, and M. Koyanagi
Japanese Journal of Applied Physics   46(4B) 2785-2791   2007年4月   [査読有り]
Novel Optical/Electrical Printed Circuit Board with Polynorbornene Optical Waveguide
Makoto Fujiwara, Yoji Shirato, Hiroshi Owari, Kei Watanabe, Mutsuhiro Matsuyama, Keizo Takahama, Tetsuya Mori, Kenji Miyao, Koji Choki, Takafumi Fukushima, Tetsu Tanaka, and Mitsumasa Koyanagi
Japanese Journal of Applied Physics   46(4B) 2395-2400   2007年4月   [査読有り]

Misc

 
VCSEL のインターコネクションへの応用
小柳光正、福島誉史、田中徹、藤原誠
O Plus E   29(4) 348-352   2007年4月
特集:VCSELの最先端技術と応用、そして将来展望
メモリー王国復活への期待
小柳光正
応用物理   75(9) 1077   2006年9月
巻頭言
人工網膜の実現へ-眼球埋め込み用人工網膜チップ-
小柳光正、田中徹、富田浩史
Biophilia 季刊ビオフィリア   2(2) 32-37   2006年6月
超高密度磁気メモリ
安藤康夫、手束展規、大野裕三、栗野浩之、久保田均、大野英男
電子材料   (1月) 136-141   2004年1月
ウェーハレベル3次元集積化技術
栗野浩之、小柳光正
表面技術   53(4) 228-232   2002年4月

書籍等出版物

 
新訂版・ 表面科学の基礎と応用
日本表面学会編 (担当:共著, 範囲:第3編 第1章 922頁~931頁)
エヌ・ティーエス   2004年6月   
ナノテクノロジーハンドブック Ⅳ編 バイオ・化学へ使う
小柳光正、他51名 (担当:共著, 範囲:第9章 5 人工網膜)
2003年5月   
光コンピュ-ティングの事典
小柳光正 他55名 (担当:共著, 範囲:9.3 ボード間光インターコネクション、9.4 チップ間・内光インターコネクション)
1997年12月   
半導体プロセスにおけるチャ-ジング・ダメ-ジ
小柳光正 (担当:共著, 範囲:4.1 電気ストレスによるトランジスタ特性の劣化)
1996年2月   
新版情報処理ハンドブック
小柳光正 (担当:共著, 範囲:5.1 デバイス技術 、 5.5 将来技術)
1995年11月   

講演・口頭発表等

 
自己組織化ウェーハ張り合わせによる三次元集積化技術
福島誉史、田中徹、小柳光正
応用物理学会シリコンテクノロジー分科会多層配線システム研究委員会   2008年2月8日   
共催: 電子情報通信学会、シリコン材料・デバイス研究会(SDM)
日時 平成20年2月8日(金)10:00 - 17:00
会場 機械振興会館 地下3階 研修2号室
テーマ:「配線・実装技術と関連材料技術」
Investigation of FePt Nano-Dots Fabricated by Self-Assembled Nano-Dot Deposition Method Using X-ray Photoelectron Spectroscop
M. Murugesan, J. C. Bea, C-K. Yin, H. Nohira, E. Ikenaga, T. Hattori, M. Nishijima, T. Fukushima, T. Tanaka, M.Miyao, and M. Koyanagi
The 2007 International Coference on Solid State Device and Materials   2007年9月18日   
pp.1026-1027
New Reconfigurable Memory Architecture for Parallel Image Processing LSI with Three-Dimensional Structure
Shigeo Kodama, Daijirou Amano, Takeaki Sugimura, Takafumi Fukushima, Tetsu Tanaka, Mitumasa Koyanagi
The 2007 International Coference on Solid State Device and Materials   2007年9月18日   
pp.1064-1065
Passive Optical Alignment with High Accuracy for Low-Loss Optical Interposer
M. Fujiwara, S. Terada, Y. Shirato, H. Owari, K. Watanabe, M.Matsuyama, K. Takahama, T. Mori, K. Miyao, K. Choki, T. Fukushima, T.Tanaka, M. Koyanagi
The 2007 International Coference on Solid State Device and Materials   2007年9月18日   
pp.988-989
Development of Power Supply System for Three-Dimensionally Stacked Retinal Prosthesis Chip
Ken Komiya, Risato Kobayashi, Takafumi Kobayashi, Keigo Sato, Takafumi Fukushima, Hiroshi Tomita, Hiroyuki Kurino, Tetsu Tanaka, Makoto Tamai, and Mitsumasa Koyanagi
The 2007 International Coference on Solid State Device and Materials   2007年9月18日   
pp.658-689

社会貢献活動

 
チップ10層 立体LSI 厚さ0.3ミリ
【その他】  朝日新聞  2005年12月28日
3-D chip vendor corrects course
【その他】  Electronic Engineering Times  2005年12月28日
3次元LSIを試作 積層構造で高速処理
【その他】  河北新報  2005年12月23日
三次元集積回路を開発
【その他】  毎日新聞  2005年12月23日
チップ積み上げLSI 東北大が新手法
【その他】  日本経済新聞  2005年12月23日

その他

 
2002年11月   超高速・超省電力高性能ナノデバイス・システムの創製
ナノ領域において高速で安定に動作するメモリを実現するために、スピン状態と共鳴トンネル効果を利用した、新しい不揮発性メモリである「共鳴磁気トンネル・ナノドット不揮発性メモリ」と、それを用いたメモリベースの新しい回路とアーキテクチャの開発を目的とする
1997年11月   脳型情報処理システムのための視覚情報処理プロセッサの開発
・網膜のもつ機能を記述するためのアナログ・デジタルCMOS集積回路モデルの構築
・CMOSイメージセンサによる光受容器の形成と光学特性の評価
・集積回路微細加工技術とマイクロマシン技術を融合したシステム集積化技術の開発と3次元集積回路および3次元集積システムの実現
・低電力アナログ・デジタル回路技術
・視覚情報処理のための新しいコンピュータ・アーキテクチャの検討
・視覚情報処理システムの設計および試作