荒井 克俊

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/28 14:21
 
アバター
研究者氏名
荒井 克俊
 
アライ カツトシ
所属
北海道大学
部署
高等教育推進機構
職名
特任教授
学位
水産学博士(北海道大学), 水産学修士(北海道大学)
科研費研究者番号
00137902

プロフィール

 北里大学、広島大学、そして北海道大学において、魚介類の雑種、倍数体、クローンについて、約40年にわたり遺伝学的・発生生物学的研究を行ない、それらの成果に基づき、水産遺伝育種学の体系化と確立に尽力した。そして、留学生を含む多くの学生の学士・修士・博士課程での研究指導と教育に力を注いだ。2017年3月に北大大学院水産科学研究院における定年退職を迎え、同研究院・特任教授を1年間務めた後、2018年4月より北大国際連携機構・特任教授に採用され(8月に機構改革により高等教育推進機構・特任教授に配置換え)、現在、北大生の海外留学プログラムの企画・運営ならびに特別教育プログラム「新渡戸カレッジ」の教育に携わっている。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年8月
 - 
現在
北海道大学 高等教育推進機構 国際教育研究部 特任教授
 
2018年4月
 - 
2018年7月
北海道大学 国際連携機構 特任教授
 
2017年4月
 - 
2018年3月
北海道大学大学院水産科学研究院 海洋応用生命科学部門育種生物学分野 特任教授
 
2005年4月
 - 
2017年3月
北海道大学大学院水産科学研究院 海洋応用生命科学部門育種生物学分野 教授
 
2000年4月
 - 
2005年3月
北海道大学大学院水産科学研究科 生命資源科学専攻育種生物学講座  教授
 

学歴

 
1978年4月
 - 
1980年4月
北海道大学 水産学研究科博士後期課程 水産増殖学専攻 (中途退学)
 
1976年4月
 - 
1978年3月
北海道大学 大学院水産学研究科博士前期(修士)課程 水産増殖学専攻
 
1972年4月
 - 
1976年3月
北海道大学 水産学部 水産増殖学科
 

委員歴

 
2014年3月
 - 
2018年3月
日本水産学会  理事
 
1981年
 - 
現在
水産育種研究会  幹事
 
2007年
 - 
2008年
日本水産学会  学会賞選考委員会副委員長
 
2008年
 - 
2009年
日本水産学会  シンポジウム企画委員会委員長
 
2003年
   
 
日本動物遺伝育種学会  理事
 

受賞

 
2017年9月
日本学術振興会 平成29年度科研費審査委員表彰
 
2017年4月
北海道大学 名誉教授
 
2017年3月
南ボヘミア大学 名誉博士学位(水産学) 魚類遺伝学における顕著な専門家
 
南ボヘミア大学学則6条に則り同大学科学委員会(The Scientific Board)が2016年3月16日に決定し、An outstanding expert in fish genetics魚類遺伝学における顕著な専門家としてDoctor Honoris Causa in Fisheryの称号と権利を授与する。
2013年7月
日本学術振興会 平成24年度特別研究員等審査会専門委員表彰
 
2003年
平成14年度 日本水産学会進歩賞
 
2010年
平成21年度日本水産学会論文賞
 

論文

 
Kenta Adachi, Katsutoshi Arai, Milagros R. De La Pena, Shunsuke Moriyama, Sei-ichi Okumura
Journal of Shellfish Research   37(5) 1067-1072   2018年12月   [査読有り]
George Shigueki Yasui, Taiju Saito, Yan Zhao, Takafumi Fujimoto, Etsuro Yamaha, Katsutoshi Arai
Zygote   26 408-416   2018年10月   [査読有り]
Milos Havelka, Elisa Boscari, Alexey Sergeev, Nikolai Mugue, Leonardo Congiu, Katsutoshi Arai
Animal Genetics   50(1) 112-119   2019年2月   [査読有り]
H Zhou, Y.-C. Gao, Z.-X. Zhuang, R. Zhang, Y.-T. Liang, Q.-Z. Xu, Y.-S. Wang, H.-R. Qi, K . Arai, Y.-J. Li
Journal of Applied Ichthyology   34 906-916   2018年8月   [査読有り]
Masamichi Kuroda, Takafumi Fujimoto, Masaru Murakami, Etsuro Yamaha, Katsutoshi Arai
Chromosome Research   26(4) 243-253   2018年6月   [査読有り]
Mitsuru Endoh, Takafumi Fujimoto, Etsuro Yamaha, Katsutoshi Arai
Zebrafish   15(1) 33-44   2018年2月   [査読有り]
Takafumi fujimoto, Aya Yamada, Yukihiro Kodo, Kohei Nakaya, Michiko Okubo-Murata, Taiju Saito, Kazuto Ninomiya, Michiko Inaba, Masamichi Kuroda, Katsutoshi Arai, Masaru Murakami
Fisheries Science   83 745-756   2017年9月   [査読有り]
Eisuke Takahashi, Yu Shimizu, Hirotaro Urushibata, Yutaka Kawakami, Katsutoshi Arai, Etsuro Yamaha
International Journal of Developmental Biology   61 397-405   2017年7月   [査読有り]
Shota Suzuki, Katsutoshi Arai, Hiroyuki Munehara
PLoS ONE   12(7) e0180626   2017年7月   [査読有り]
Milos Havelka, He Zhou, Seishi Hagihara, Masaki Ichimura, Takafumi Fujimoto, Etsuro Yamaha, Shinji Adachi, Katsutoshi Arai
Fisheries Science   83 587-595   2017年7月   [査読有り]
Milos Havelka, Takafumi Fujimoto, Seishi Hagihara, Shinji Adachi, Katsutoshi Arai
Scientific Reports   7 1694   2017年5月   [査読有り]
Kaori Sano, Mari Kawaguchi, Keita Katano, Kenji Tomita, Mayu Inokuchi, Tatsuki Nagasawa, Junya Hiroi, Toyoji Kaneko, Takashi Kitagawa, Takafumi Fujimoto, Katsutoshi Arai, Masaru Tanaka, Shigeki Yasumasu
Journal of experimental Zoology Part B Molecular and Developmental Evolution   328B 240-258   2017年5月   [査読有り]
Ryuzo Yanagimachi, Tatsuo Harumi, Hajime Matsubara, Wei Yan, Shuiqiao Yuan, Noritaka Hirohashi, Tomohiro Iida, Etsuro Yamaha, Katsutoshi Arai, Takahiro Matsubara, Tadashi Andoh, Carol Vines, Gary N. Cherr
Biology of Reproduction   96(4) 780-799   2017年4月   [査読有り]
Dorota Juchno, Katsutoshi Arai, Alicja Boron, Roman Kujawa
Ichthyological Research   64(2) 240-243   2017年4月   [査読有り]
Alan Marin, Claudio Villegas-LlerenaTakafumi Fujimoto, Katsutoshi Arai
Aquaculture Research   48 920-930   2017年3月   [査読有り]
Ya-Juan Li, Yang-Chun Gao, He Zhou, Hai-Yan Ma, Zhong-Qiao Lin, Tian-Yu Ma, Yi Sui, Katsutoshi Arai
Genetica   144(5) 601-609   2016年10月   [査読有り]
O. Jablonska, A. Marin, K. Kowalewska, T. Fujimoto, K. Arai
Genetics and Molecular Research   15(3) gmr.15039027   2016年9月   [査読有り]
Eisuke Takahashi, Yutaka Kawakami, Katsutoshi Arai, Etsuro Yamaha
Fisheries Science   82 639-652   2016年7月   [査読有り]
Joanna Nynca, Sylwia Judycka, Ewa Liszewska, Stefan Dobosz, Joanna Grudniewska, Katsutoshi Arai, Takafumi Fujimoto, Andrzej Ciereszko
Aquaculture   464 340-348   2016年7月   [査読有り]
Yan Zhao, Takafumi Fujimoto, Martin Psenicka, Taiju Saito, Katsutoshi Arai
Fisheries Science   82(1) 127-135   2016年1月   [査読有り]

Misc

 
魚介類における雑種、倍数体とクローンの研究 40年をふりかえって
荒井 克俊
水産育種   48(1) 1-50   2018年11月   [査読有り][依頼有り]
DNA解析を用いたチョウザメとキャビアの種判別
藤本貴史・Milos Havelka・荒井克俊
養殖ビジネス   55(5) 48-51   2018年4月
荒井克俊・古丸明・宗原弘幸
日本水産学会誌   79(5) 900-900   2013年9月
荒井 克俊
日本水産学会誌   79(5) 904-904   2013年9月
水産生物における染色体操作による育種
藤本貴史・荒井克俊
水産育種   41(2) 111-123   2012年3月
Regional Cooperation in Sustainable Fisheries Sciences: Fostering Young and Female Researchers from Southeast Asia
Junichiro Okamoto, Katsutoshi Arai, Vrigilia T Sulit
Fish for the People   10(1) 35-43   2012年
JSPS Asia-Africa Science Platform Program: Brief summaryu of first year activities
Katsutoshi Arai, Junichiro Okamoto, Nobuo Kimura, Yasuaki Takagi, Kunihiko Konno, John Bower, Virgilia Sulit
Fish for the People   10(2) 42-47   2012年
Bridging Japan and Czech by Bilateral Collaboration in Fisheries Science
Katsutoshi Arai
University of South Bohemia in a World of Science without Borders   DVD    2011年4月
Boosting the Capacity of Young and Female Researchers for Achieving Sustainable Fisheries in Southeast Asia: Initiative of Hokkaido University, Japan
Junichiro Okamoto, Katsutoshi Arai, Sawitree Chamsai
Fish for the People   8(3) 37-43   2011年
荒井 克俊
日本水産学会誌   76(3) 438-438   2010年5月
Cutting edge of chromosome manipulation for aquaculture and conservation of salmonids
Katsutoshi Arai, Suzu Sakao,Takafumi Fujimoto, Etsuro Yamaha
Journal of the National Taiwan Museum   Special Publication(14) 49-59   2010年3月   [査読有り]
荒井 克俊, 岡本 信明, 笠井 久会
日本水産学会誌   74(2) 265-265   2008年3月
荒井 克俊, 吉崎 悟朗, 山羽 悦郎
日本水産学会誌   72(5) 951-951   2006年9月
希少種ミカドチョウザメの復活に向けた生殖統御と染色体操作の研究
尾本直隆・前林衞・足立伸次・荒井克俊・原彰彦・山内皓平
水産育種   35(2) 141-150   2006年6月
ドジョウのクローンと倍数体、それらの生殖と出現機構
森島輝・荒井克俊
水産育種   35 93-100   2006年6月
平成17年度日本学術会議地域振興・北海道地区フォーラム
荒井 克俊
日本学術会議北海道地区会議ニュース   (39) 5-7   2006年3月

書籍等出版物

 
Sex Control in Aquaculture Volume II
ミロシュ ハベルカ, 荒井克俊 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 34 Hybridization and Polyploidization in Sturgeon)
Wiley & Sons, Ltd.   2018年11月   
Sex Control in Aquaculture Volume I
荒井克俊、藤本貴史 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 6 Chromosome Manipulation Techniques and Applications to Aquaculture)
Wiley and Sons, Ltd.   2018年11月   ISBN:9781119127291
魚類発生学の基礎
山羽悦郎・荒井克俊 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 初期胚発生 )
恒星社厚生閣   2018年9月   ISBN:978-4-7699-1485-3 C3045
水産遺伝育種学
荒井克俊 (担当:共編者, 範囲:第6章染色体操作と育種および第10章交雑と育種)
東北大学出版会、仙台   2017年3月   ISBN:978-4-86163-270-9
アクアバイオ学概論
荒井 克俊 (担当:分担執筆, 範囲:第10章 北海道網走の地域特異的遺伝資源としてのクローンドジョウ)
生物研究社   2016年10月   ISBN:978-4-915342-74-5

講演・口頭発表等

 
Recent progress in studies on androgenesis of fishes
荒井 克俊
Diversification in Inland Finfish Aquaculture II   2013年9月24日   南ボヘミア大学水産・水系保護学部

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 荒井 克俊
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 荒井 克俊
ミカドチョウザメはゲノムサイズ(8.2pg/N)から見て、進化的な四倍体種と推定された。そして、人工受精に従来する子孫に上記のDNA量を持つ遺伝的な二倍体(2n)のみならず、三倍体(3n)が高頻度で、また、四倍体(4n)が少数生じた。従って、現在もゲノム重複をもたらす染色体倍加が自然に生じている。そこで、倍加機構解明に資するため、予めフローサイトメトリーで倍数性を判定した2n、3n仔魚について細胞遺伝学的な解析を実施した。その結果、2nは250-280の、3nは360-402の染色体数を示...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 荒井 克俊
外来ドジョウの実態とその在来種の影響を解明する為、ドジョウ類を分子レベルで特徴付けるために有効な2種類のDNA配列((1)Man-DRAと(2)MASA33.6d)を単離し、これらの存在様態について詳細な解析を行ったところ、(1)はゲノム中の0.1%を占める縦列反復配列であるが、(2)は数分子しか存在しないと推定された。特異的PCRで調べると(1)は全てのドジョウMisgurnus anguillicaudatusで見られ、欧州ドジョウM.fosshilis等で検出できなかった。一方、(2...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 荒井 克俊
ドジョウは両性生殖で繁殖するのが普通であるが、通常の減数分裂によらず非還元二倍体の卵を産み、かつ、これらの卵が雌性発生により父親の遺伝的関与なく発生するクローン系統、および偶然の精子核取り込みにより生じる自然三倍体系統が野生集団に見られる。本研究は、このような特殊な生殖の機構と起源を明らかにするとともに、このような変異体を遺伝資源(育種素材)として、交雑・染色体操作と組み合わせることにより育種技術開発を行った。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 荒井 克俊
ミカドチョウザメの沿岸捕獲個体は得られなかったが、昨年度広尾水族館より入手した1個体(性別不明)を加えた合計6尾を北大七飯淡水実験所で飼育している。本年度は雄個体(体重11Kg)からLH-Rha注射により国内では初めて精子を得ることに成功した。そこで、同実験所において飼育中のダウリアチョウザメの雌個体(体重80Kg)からLH-Rha注射により得た成熟卵と人工授精を行なった。水温調節の問題から、受精卵の多くが死亡したが、国内で初めて交雑種の孵化仔魚(約50尾)を得ることができ、飼育を継続して...

特許

 
特許5843153 : 生殖系列キメラを介して致死的魚類半数体に由来する生殖細胞から遺伝的に同一な配偶子を得る方法
山羽悦郎・荒井克俊・藤本貴史・斎藤大樹