藤田 耕之輔

J-GLOBALへ         更新日: 05/02/04 00:00
 
アバター
研究者氏名
藤田 耕之輔
 
フジタ コウノスケ
所属
広島大学
部署
大学院生物圏科学研究科 大学院生物圏科学研究科
職名
教授
学位
農学博士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
   
 
- 広島大学 教授
 
1981年
 - 
1990年
 広島大学 助教授
 
1973年
 - 
1981年
 北海道大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1973年
北海道大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1968年
北海道大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
1986年
   
 
日本草地学会  学会賞推薦委員
 

受賞

 
2003年
日本土壌肥料学会賞
 
1981年
第1回日本土壌肥料学会奨励賞
 

Misc

 
暖地型マメ科植物の生育・窒素固定に与えるPせよの影響
日本草地学会近畿中国支部会報   11 33-38   1988年
マメ科・イネ科試料作物の混作に関する研究
日本草地学会近畿中国支部会報   16 18-23   1987年
暖地型マメ科植物の生育・窒素固定に与えるP施与の影響
日本草地学会近畿中国支部会報   11 33-38   1983年
日本土壌肥料学雑誌   74(5) 585-588   2003年

書籍等出版物

 
Sugar metabolism in expanding husk leaf of flint corn (Zea mays L.) genotypes differing in husk leaf size
Kluwer Academic Publishers Developments in plant and soil sciences   2001年   
生物生産学のプロローグ「植物生産と食糧」
共立出版   1993年   
Roots and nitrogen in cropping systems of the semi-arid tropics
農林水産省国際農林水産学研究センター   1994年   
Manipulation of growth through nitrogen management in soybean
Sympojium under Japan-US Science program   1982年   
植物生産と食糧(生物生産学のプロローグ)
共立出版   1993年   

所属学協会

 
 

Works

 
アマゾン流域の赤色土地帯の農業生態学的条件。ブラジルにおけるセラードからフォレスト地帯の調査報告.
1988年
数種マメ科作物の乾物生産および窒素固定に対する環境条件の影響(熱帯農業研究センター)
1987年
ダイズの光合成と窒素代謝の相互作用,(グリーンエナジー計画成果シリーズ(]G0002[)系,No.1農林水産技術会議)
1983年
Characteristic performance of pigeon pea(Cajanus cajan L. Millsp. )to phosphorus nutrition
1992年
ダイズにおける窒素固定能のシンク能による調節について(総合研究(A)成果報告書)
1993年

競争的資金等の研究課題

 
植物の環境ストレスのリアルタイム診断
研究期間: 2001年   
マメ科植物の共生窒素固定に関する研究
作物生産能のソース・シンク関係よりの解析