坂田 桐子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/01 04:33
 
アバター
研究者氏名
坂田 桐子
eメール
kirikoshiroshima-u.ac.jp
所属
広島大学
学位
博士(学術)(広島大学), 学術修士(広島大学)
科研費研究者番号
00235152

研究分野

 
 

経歴

 
1995年10月
 - 
2001年3月
広島大学 総合科学部 講師
 
1991年7月
 - 
1995年10月
広島大学 総合科学部 助手
 
2001年4月
   
 
広島大学 総合科学部 助教授
 
2009年4月
   
 
広島大学 総合科学研究科 教授
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1991年6月
広島大学 生物圏科学研究科 環境計画科学
 
1983年4月
 - 
1987年3月
広島大学 総合科学部 総合科学科
 

受賞

 
2004年5月
日本グループ・ダイナミックス学会 日本グループ・ダイナミックス学会優秀論文賞 集団間状況における複数リーダー存在の効果に関する検討
 

論文

 
Sex differences in leader behavior from the perspective of atitudes toward sex roles and influence strategies.
sakata k. m.kurokawa 坂田 桐子
The Japanese Journal of Experimental Social Psychology   31(3) 3   1992年3月   [査読有り]
Marital satisfaction and division of family-related tasks among Japanese married couples
森永 雪枝 sakata k. r.koshi 坂田 桐子
Psychological Reports   70 163-168   1992年12月   [査読有り]
女性および男性管理職に対する態度に関する研究
坂田 桐子 黒川 正流
広島大学総合科学部紀要(]G0003[)   15 37-53   1991年2月
行動評価の性差の研究-「酒の強い」男性と女性はどちらが好ましいか-
黒川 正流 坂田 桐子 篠原しのぶ 金城亮
広島大学総合科学部紀要(]G0003[)   14 27-39   1990年2月
地方自治体における職場のリーダーシップ機能の性差の研究 -「上司の性別と部下の性別の組合せ」からの分析-
黒川 正流
産業・組織心理学研究   7(1) 15-23   1993年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Gender and Career in Japan
Jikyung Kim (担当:共編者)
Trans Pacific Press   2007年10月   ISBN:9781876843632
ジェンダーの心理学ハンドブック
ナカニシヤ出版   2008年4月   ISBN:9784779502422
社会心理学におけるリーダーシップ研究のパースペクティブⅠ
ナカニシヤ出版   2008年3月   ISBN:9784779502187
リーダーシップ過程における性差発現機序に関する研究
坂田 桐子
北大路書房   1998年1月   
社会心理学研究の技法
村田光二 山田一成 坂田 桐子 (担当:共編者)
福村出版   2000年3月   

講演・口頭発表等

 
目標達成集団における変動の功罪 [招待有り]
坂田 桐子
日本スポーツ心理学会第37回大会   2010年11月   
The role of trust in the necessary leadership for renaissance from radiation disaster [招待有り]
坂田 桐子
放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム第4回国際シンポジウム“Leadership and Trust in Radiation Disaster”   2015年2月15日   
社会的環境がジェンダーの自己ステレオタイプ化に及ぼす影響
坂田桐子
日本心理学会第79回大会   2015年9月24日   名古屋大学
Factors contributing to ethicality of employees in Japanese organizations
28th International Congress of Applied Psychology   2014年7月11日