ISHII Kojiro

J-GLOBAL         Last updated: Nov 5, 2019 at 11:09
 
Avatar
Name
ISHII Kojiro
Affiliation
Doshisha University
Section
Faculty of Health and Sports Science
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2008
 - 
2011
, Visiting Professor, Hokkaido University Graduate School of Medicine
 
2007
 - 
2008
, Associate Professor, Faculty of Education, Hokkaido University
 
2007
 - 
2008
, Visiting Associate Professor, School of Health and Sports Science, Juntendo University
 
2008
   
 
-, Professor, Faculty of Health and Sports Science, Doshisha University
 
2002
 - 
2007
, Associate Professor, Graduate School of Education, Hokkaido University
 
2007
   
 
-, Visiting Professor, School of Health and Sports Science, Juntendo University
 
2000
 - 
2002
, Lecturer, Graduate School of Education, Hokkaido University
 
1997
 - 
2000
, Lecturer, School of Education, Hokkaido University
 
1992
 - 
1997
, Instructor, Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University
 

Education

 
1990
 - 
1993
Graduate School of Human Life Science, Osaka City University
 
 
 - 
1993
Graduate School, Division of Domestic Science, Osaka City University
 
Apr 1987
 - 
Mar 1989
Graduate School of Education, Hyogo University of Teacher Education
 
 
 - 
1989
Graduate School, Division of School Education, Hyogo University of Teacher Education
 
Apr 1986
 - 
Mar 1987
Advanced Course, Osaka University of Health and Sport sciences
 

Committee Memberships

 
2017
 - 
Today
Japanese Society for Treatment of Obesity  Council
 
2016
 - 
Today
Japanese Society of Sarcopenia and Frailty  Director, Editorial Board
 
2015
 - 
Today
Japanese Mibyou System Association  Council
 
2014
 - 
Today
Japanese Association of Clinical Exercise Therapy and Prevention  Council
 
2013
 - 
Today
Japan Society of Health Promotion  Director
 
2011
 - 
Today
Japanese Society of Anti-Aging Medicine  Council, Program Committee Member
 
2010
 - 
Today
Japan Sports Nutrition Association  Council
 
2004
 - 
Today
Japan Society for the Study of Obesity  Council,Educational Committee, Editorial Board
 
2002
 - 
Today
Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine  Council
 
2002
 - 
Today
Japan Society of Exercise and Sports Physiology  Council
 

Published Papers

 
Ayabe M, Kumahara H, Yamaguchi-Watanabe A, Chiba H, Kobayashi N, Sakuma I, Ishii K
Annals of human biology   1-26   Jul 2019   [Refereed]
BACKGROUND: It remains unclear how past exercise habits can affect the skeletal muscle mass in adulthood in Japanese populations.
AIM: The purpose of the present investigation was to examine the association of appendicular muscle mass (AMM) and sk...
Relationship between visceral fat areas at the different levels and metabolic syndrome risk factors in middle-aged and older Japanese women
Yuki NAKAYAMA, Ayumi IDO, Kojiro ISHII, Motoyuki IEMITSU, Koji SATO, Masahiro FUJIMOTO, Toshiyuki KURIHARA, Noriko SATO-ASAHARA, Kiyoshi SANADA
Kyoto and Shiga journal of physical education, health and sport sciences   34 10-19   Aug 2018   [Refereed]
Kawakatsu Saki, Tsutsumi Kouichi, Tsuji Nobuhiro, Kume Daisuke, Ishii Kojiro, Kokudo Shohei, Kasanami Ryoji, Nagano Mayumi, Morita Noriteru, Suzuki Kazuhiro, Watanabe Masashi, Uechi Hiroaki, Yamatsu Koji
Jpn J Hum Growth Dev Res   2018(78) 43-60   Aug 2018   [Refereed]
A survey was conducted to assess physical activity, depression, and sense of coherence among early adolescents. This study used a cross-sectional sample of 12,086 students (G5-G9) from 28 public elementary schools and 22 public junior-high-schools...
Tanaka M, Masuda S, Yamakage H, Inoue T, Ohue-Kitano R, Yokota S, Kusakabe T, Wada H, Sanada K, Ishii K, Hasegawa K, Shimatsu A, Satoh-Asahara N
Diabetes research and clinical practice   142 195-202   Aug 2018   [Refereed]
村上 泰一, 中村 由紀, 古嶋 大詩, 家光 素行, 栗原 俊之, 藤本 雅大, 有光 琢磨, 石井 好二郎, 浅原 哲子, 真田 樹義
肥満研究 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity : 日本肥満学会誌   24(1) 30-40   Apr 2018   [Refereed]
本研究は、肥満者における腹部サルコペニアを対象とした低強度レジスタンストレーニングが、メタボリックシンドロームリスク因子および筋肥大に及ぼす影響について検討することを目的とした。被験者は体格指数(Body Mass Index:BMI)が25kg/m2以上の、日本人中高齢男女17名(男性10名、女性7名)を対象とした。超音波Bモード法によって被験者の腹部筋組織厚を測定し、40歳以下の若年者の平均値-1標準偏差をカットオフ値として、カットオフ値未満の者を腹部サルコペニア群、カットオフ値以上の...
Hikihara Yuki, Watanabe Masashi, Kawakatsu Saki, Ishii Kojiro
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   67(1) 83-98   Feb 2018   [Refereed]
<p>This report provides an overview of the effectiveness of objectively measured physical activity, sports participation, and outdoor play on outcomes related to mental health and social skills in children and adolescents. Findings based on observ...
Oshima Yoshitake, Hikihara Yuki, Kasanami Ryoji, Murase Norio, Ishii Kojiro
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   66(6) 427-436   Dec 2017   [Refereed]
<p>The International Physical Activity Questionnaire (IPAQ) is a self-reported questionnaire for assessment of physical activity and has been validated in many countries among adults. However, there are few studies about the validity of IPAQ for c...
Komura K, Nakae S, Hirakawa K, Ebine N, Suzuki K, Ozawa H, Yamada Y, Kimura M, Ishii K
Nutrition & metabolism   14 70   Nov 2017   [Refereed]
香村 恵介, 中西 健一郎, 塚本 博之, 石井 好二郎, 加藤 勇之助
スポーツと人間 : 静岡産業大学論集 = Environment and management : journal of Shizuoka Sangyo University   2(1) 41-48   Oct 2017   [Refereed]
宮崎 亮, 米井 嘉一, 綾部 誠也, 青木 拓巳, 河口 八重子, 桑原 健輔, 石井 好二郎
肥満研究 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity : 日本肥満学会誌   23(1) 49-61   Apr 2017   [Refereed]
【目的】中高齢者を対象とした3.5年間の身体活動増進プログラム中における歩数を長期的に測定し、歩数変化量と肥満関連指標との関係を検討した。【方法】対象は3.5年間研究に参加した中高齢者男女24名(男性9名、女性15名、70±1歳、BMI 23.0±0.6kg/m2)とした。対象者には毎日、終日歩数計を装着させた。身体活動量増加指導は、月に1度、個人毎に目標歩数を設定した(1,000歩/日の増加、7,500歩/日、10,000歩/日、現状維持)。開始時、0.5、1.5、2.5および3.5年後...
Aoki Takumi, Sakuma Haruo, Ishii Kojiro
The Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   66(2) 153-162   2017   [Refereed]
<p>The purpose of this study was to assess the effectiveness of 12 months of walking exercise interventions to improve sleep quality in older adults. One-hundred ninety healthy older adults were divided into a 12 months walking exercise group (n =...
Komura K, Ishii K
Japanese journal of health promotion   18(2) 1-8   Sep 2016   [Refereed]
香村 恵介, 中江 悟司, 平川 和文, 海老根 直之, 鈴木 和弘, 小澤 治夫, 山田 陽介, 木村 みさか, 石井 好二郎
日本未病システム学会雑誌 = The journal of Japan Mibyo System Association   22(2) 67-71   2016   [Refereed]
大場 友裕, 冨田 素子, 日沖 義治, 岩瀬 弘明, 上林 清孝, 石井 好二郎
日本未病システム学会雑誌 = The journal of Japan Mibyo System Association   22(2) 93-97   2016   [Refereed]
Miyazaki R, Kotani K, Tsuzaki K, Sakane N, Yonei Y & Ishii K
Asia Pac J Public Health   27(2) 155-163   Mar 2015   [Refereed]
Furushima T, Nakayama Y, Ido A, Iemitsu M, Kurihara T, Honma T, Sato K, Fijimoto M, Hamaoka T, Ishii K, Asahara N, Sanada K
Journal of Japan Society for the Study of Obesity : 日本肥満学会誌   21(3) 167-176   2015   [Refereed]
Ido A, Nakayama Y, Ishii K, Iemitsu M, Sato K, Fujimoto M, Kurihara T, Hamaoka T, Satoh-Asahara N, Sanada K
PLoS One   10(12) e0143858   2015   [Refereed]
Yamaguchi-Watanabe Ayako, Ayabe Makoto, Chiba Hitoshi, Kobayashi Noriko, Sakuma Ichiro, Ishii Kojiro
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   63(3) 305-312   Jun 2014   [Refereed]
The purpose of the present investigation was to examine the relationships between the exercise history and the bone mineral density (BMD) and bone mineral content (BMC) in female Japanese young adults using dual X-ray absorptiometry (DXA). One-hun...
Kawakatsu Saki, Kasanami Ryoji, Kokudo Shohei, Ishii Kojiro
Japan Journal of Human Growth and Development Research   62(62) 75-86   Mar 2014   [Refereed]
A questionnaire survey was conducted to assess the physical activity, health-related QOL and depression of junior high school students. The subjects were 1,332 students from 5 public junior high schools in a certain city;valid responses were obtai...
Sasaki Shota, Nakab Satoshi, Ebine Naoyuki, Aoi Wataru, Higashi Akane, Ishii Kojiro
JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY   60(1) 28-34   Feb 2014   [Refereed]
The effects of 1-week green tea catechin supplementation on energy metabolism during aerobic exercise in middle-aged male runners.
宮崎 亮, 綾部 誠也, 和氣坂 卓也, 竹下 尚男, 片嶋 充弘, 山内 武, 木下 藤寿, 高石 鉄雄, 米井 嘉一, 石井 好二郎
日本スポーツ栄養研究誌   7 11-16   Jan 2014   [Refereed]
目的 ランニング愛好中年男性ランナーを対象に、高濃度茶カテキン飲料(GTC)摂取が低強度有酸素性運動中のエネルギー代謝に及ぼす影響を検討した。方法 中年男性ランナー10名(平均52.1±6.2歳)を対象に、GTCまたは対照飲料(CON)のクロスオーバー試験を行った。被験者には本実験6日前より指定飲料(緑茶カテキン630.5mg/500mL/日)または対照飲料を毎日摂取させた。被験者は本実験日の前夜夕食以降水分摂取を除く絶食状態で来室し、30分以上の安静後、指定飲料500mlを1時間で飲み切...
Yamaguchi Taichi, Ishii Kojiro
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   3(1) 121-129   2014   [Refereed]
Previous studies have indicated that dynamic stretching acutely improves explosive performance, and dynamic stretching is now incorporated into warm-up protocols prior to sports activities that require explosive performance. The optimal protocol f...
Yamaguchi T & Ishii K
Int J Sport Health Sci   3(1) 121-129   2014   [Refereed]
OSHIMA Yoshitake, NAKAE Satoshi, YAMADA Yosuke, KIMURA Misaka, OZAWA Haruo, SUZUKI Kazuhiro, HIRAKAWA Kazuhumi, ISHII Kojiro
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   62(5) 391-397   Oct 2013   [Refereed]
The purpose of this study was to examine the relationships between patterns of daily physical activities measured by accelerometer and physical activity level (PAL) in children. Firstly, activity intensities during incremental exercise were measur...
NAKAE Satoshi, YAMADA Yosuke, KIMURA Misaka, SUZUKI Kazuhiro, OZAWA Haruo, HIRAKAWA Kazufumi, ISHII Kojiro
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   62(5) 353-360   Oct 2013   [Refereed]
The relationships between physical activity and childhood body size, low physical fitness epidemic are still unclear. The purpose of this study was to examine the relationship between energy expenditure estimated by doubly labeled water (DLW) meth...
Miyazaki R, Kotani K, Ayabe M, Tsuzaki K, Shimada J, Sakane N, Takase H, Ichikawa H, Yonei Y, Ishii K
Geriatrics & gerontology international   13(3) 622-629   Jul 2013   [Refereed]
山口 太一, 高嶋 渉, 瀧澤 一騎, 石井 好二郎
Journal of training science for exercise and sport   24(4) 291-300   May 2013   [Refereed]
本研究の目的は下肢筋群におけるストレッチングおよび等尺性筋活動が間欠的なジャンプパフォーマンスに及ぼす即時効果を明らかにすることであった.13名の男性が前処置後に間欠的なジャンプパフォーマンス測定を実施した.前処置は 1) 安静を保持するコントロール(CON), 2) 下肢筋群にスタティックストレッチングを実施するストレッチング処置(STR), 3) 下肢筋群において最大随意等尺性筋活動を行う等尺性筋活動処置(MVIC)であった.ジャンプパフォーマンスには垂直跳び跳躍高を採用し,30秒間隔...
Ayabe M, Kumahara H, Morimura K, Ishii K, Sakane N, Tanaka H
European journal of applied physiology   112(10) 3525-3532   Oct 2012   [Refereed]
Ayabe M, Kumahara H, Morimura K, Sakane N, Ishii K, Tanaka H
International journal of sports medicine   34(1) 62-67   Jan 2013   [Refereed]
石井 好二郎, 相塲 久仁香, 木下 藤寿, 三浦 隆, 岩嵜 徹治
臨床スポーツ医学   29(10) 1069-1073   Oct 2012   [Refereed]
ランニング愛好者および陸上競技長距離走者11名を対象として、段階的弾性(CG)装具(タイツ)の着用が漸増運動負荷試験中のダブルプロダクトブレイクポイント(DPBP)に及ぼす影響について無作為化クロスオーバー試験で検討した。実験は室温約25度、相対湿度60〜70%の室内で行い、被験者は実験前2時間以上の絶食後、電気制動式自転車エルゴメーターを用いて20watts/minのランプ負荷を実施し、収縮期血圧が230mmHg以上または心拍数が220-年齢の80%に達した時点で終了とした。その結果、C...
Takizawa K, Soma T, Nosaka K, Ishikawa T & Ishii K
Eur J Sport Sci   12(6) 455-461   2012   [Refereed]
The effects of 12-week home-based bench stepping exercise on aerobic capacity and cardiac autonomic nervous activities in older adults.
Takayama K, Ayabe M, Hamada T, Kimura T, Moritani T, Tanaka H & Ishii K
Anti-Aging Med   9(7) 196-200   Dec 2012   [Refereed]
Ayabe M, Yonei Y, Miyazaki R, Kumahara H, Sakane N & Ishii K
Anti-Aging Medicine   8(7) 103-107   2011   [Refereed]
Ayabe M, Aoki J, Kumahara H, Ishii K, Yonei Y & Tanaka H
Anti-Aging Medicine   8(4) 41-47   Jul 2011   [Refereed]
Miyazaki R, Yonei K, Azuma Y, Chiba H, Hayashi K, Yamatsu K & Ishii K
Anti-Aging Medicine   8(4) 35-40   Jul 2011   [Refereed]
MIYAZAKI Ryo, TAKASE Hideto, HARADA Ushio, ISHII Kojiro
Journal of Japan Society for the Study of Obesity   16(1) 74-81   Apr 2010   [Refereed]
メタボリックシンドローム(MS)の主要因と考えられる内臓脂肪蓄積は、先行研究により、歩行運動で比較的容易に減少し、緑茶に含まれる茶カテキンにも同様の効果が報告されている。歩行は日常的に実施しやすい運動であり、緑茶も中高齢者にとり身近な飲料である。しかしながら、歩行運動と茶カテキン摂取の組み合わせがMSに及ぼす効果については報告がない。そこで本研究では、長期間の歩行運動と高濃度茶カテキン飲料摂取併用による介入を行い、歩数の変化量がMSおよびその予備群の特定健康診査項目等に及ぼす影響を検証する...
Ayabe M, Ishii K, Takayama K, Aoki J, Shindo M & Tanaka H
Br J Sports Med   44(2) 95-99   Feb 2010   [Refereed]
内海 景憲, 山口 太一, 石井 好二郎, 安田 和則
Journal of training science for exercise and sport   22(1) 39-48   Mar 2010   [Refereed]
本研究の目的はパフォーマンス向上効果が認められているダイナミックストレッチングにパフォーマンス低下の恐れのあるスタティックストレッチングを組み合わせたプロトコルが等負荷性運動時の筋機能に及ぼす効果を明らかにすることであった,大学硬式野球部員13名を対象に以下の前処置を行った後,短縮性等負荷性膝関節伸展パワーを測定した。前処置は1. 膝関節伸筋群の伸張および膝関節伸展を行うダイナミックストレッチングを実施する処置,2. 膝関節伸筋群および膝関節屈筋群の30秒のスタティックストレッチング後に同...
Miyazaki Ryo, Ishii Kojiro, Ichikawa Hiroshi, Yonei Yoshikazu
ANTI-AGING MEDICINE   7(12) 143-152   2010   [Refereed]
Objective: The purpose of this study was to establish a long-term pedometer-based physical activity program for a group of community-dwelling older people and examine the effects on health and Anti-Aging medical indicators using an A...
石井 好二郎
Journal of Training Science for Exercise and Sport   21(4) 417-425   Dec 2009   [Invited]
ISHII Kojiro, MIYAZAKI Ryo, AZUMA Yoriko, HAYASHI Koichiro, YAMATSU Koji
Journal of Japan Society for the Study of Obesity   15(2) 126-132   Aug 2009   [Invited]
特定健診・特定保健指導は,その目的通りに事が進めば国民医療費の削減に結びつく.しかしながら,特に保健指導については外部委託できない場合,他の保健事業も進めながら指導を行うのは極めて厳しい状況にある.著者らは,保健センターなどと連携し,歩数計およびニューズレターを媒体とした道具的ソーシャルサポートを用いることにより,在宅ベースでの歩数増加介入を行った.その結果,歩数は平均2035±3249歩増加し(p<0.05),男女全体平均と女性では体重,腹囲,腰囲,および男性では体重の有意な低下が介入後...
Kishimoto N, Okita K, Takada S, Sakuma I, Saijo Y, Chiba H, Ishii K, Kishi R & Tsutsui H
Circ J   73(3) 534-539   Mar 2009   [Refereed]
Nakae Satoshi, Ishii Kojiro
Doshisha journal of health & sports science   1(1) 33-38   Mar 2009   [Refereed]
原著(Original Investigations)本研究では、従来の振り子式歩数計ではなく、より精度に優れた加速度計式歩数計を用いて評価した身体活動と体格との関連を男子児童を対象に検討した。4〜6年生児童17名を対象とし、加速時計式歩数計は、ライフコーダ(Lifecorder; スズケン社)を用いた。測定期間は7日間とし、得られたデータを体格別に比較した。また、エネルギー消費量は体重や体のサイズに依存するため、体重による補正およびアロメトリーによる補正を行った。体格は、肥満度によって分...
Miyazaki Ryo, Yonei Yoshikazu, Hasegawa Tsutomu, Fujioka Noriko, Iwabayashi Masaaki, Nomoto Keitaro, Takahashi Hozumi, Hamada Umenoi, Ichikawa Hiroshi, Ishii Kojiro
ANTI-AGING MEDICINE   6(9) 83-94   2009   [Refereed]
Objective: To-date, in middle-aged men the collection of data regarding the measurement of a wide range of health indicators, and the mutual relationships among these indicators, has been insufficient. Here, we evaluated from the viewpoint of anti...
高嶋 渉, 石井 好二郎, 山口 太一
Journal of training science for exercise and sport   21(2) 183-191   2009   [Refereed]
矢村 祐衣, 渡邊 將司, 石井 好二郎
Journal of training science for exercise and sport   21(1) 97-103   2009   [Refereed]
Kazuki Takizawa, Kojiro Ishii
Journal of training science for exercise and sport   21(1) 87-96   2009   [Refereed]
児童の身体活動量の違いが歩数計を用いた歩数量増加に及ぼす影響
加藤 華奈子, 中江 悟司, 大島 秀武, 石井 好二郎
体育の科学   58(4) 277-280   Apr 2008   [Refereed]
歩数計に基づいた身体活動増加プログラムの開発の第一段階として、一斉指導により、児童に歩数計を装着させた場合の歩数量増加に対して、当初の身体活動量の違いが影響するか検討した。小学校5年生および、6年生33例を対象とした。歩数上位群では、baseline値と比較して他のいずれの週でも有意差はみられなかった。歩数中位群では、baseline値と比較して1週目の歩数に有意な増加がみられた。歩数下位群では、baseline値と比較して1、4、6、8週目で約2000歩の有意な増加を認めた。歩数中位群お...
Nakae S, Oshima Y & Ishii K
J Physiol Anthropol   27(5) 233-239   Sep 2008   [Refereed]
Pedometer accuracy during stair climbing and bench stepping exercises.
Ayabe M, Aoki J, Ishii K, Takayama K & Tanaka H
Journal of Sports Science and Medicine   7(2) 249-254   2008   [Refereed]
Tanaka Y, Yamaguchi A, Fujikawa T, Sakuma K, Morita I & Ishii K
Acta Physiologica (Oxford, England)   194(2) 149-159   2008   [Refereed]
Minatsu Saito, Kojiro Ishii, Harukazu Tohyama
Japan journal of studies in athletics   6(1) 16-21   2008   [Refereed]
中江 悟司, 千葉 仁志, 石井 好二郎
肥満研究   13(2) 130-136   Aug 2007   [Refereed]
健康の維持・増進には,運動を中心とした生活習慣の改善が重要であることは広く知られている.高齢者の場合には,安全性が高く容易に実施できる運動形態であることが望ましい.したがって,運動中の事故や障害,血圧上昇などの危険性が低い歩行運動が望ましいと考えられる.実際に多くの研究では歩行運動を中心とした介入を行っている.しかしながら,運動負荷試験によって実施する運動の強度を定めたり,トレッドミルなどを用いた介入方法では対象者・検者の双方にとって負担が大きく,コストの問題や場所が専門的な施設に限られる...
Takashima Wataru, Ishii Kojiro, Takizawa Kazuki, Yamaguchi Taichi, Nosaka Kazunori
EUROPEAN JOURNAL OF SPORT SCIENCE   7(1) 27-33   Mar 2007   [Refereed]
Yamaguchi T, Ishii K, Yamanaka M & Yasuda K
Journal of Strength and Conditioning Research   21(4) 1238-1244   Nov 2007   [Refereed]
Angiotensin I converting enzyme gene polymorphism and exercise trainability in elderly women: An electrocardiological approach.
Tobina T, Kiyonaga A, Akagi Y, Mori Y, Ishii K, Chiba H, Shindo M & Tanaka H
Journal of Science and Medicine in Sport   6(2) 220-226   2007   [Refereed]
Takashima W, Ishii K, Takizawa K, Yamaguchi T & Nosaka K
European College of Sport Science   7(1) 27-33   2007   [Refereed]
Yanai, H., I. Watanabe, K. Ishii, M. Morimoto, H. Fujiwara, S. Yoshida, Hui SP, Matsuno K, Chiba H.
Journal of Medical Genetics   44(7) 445-447   Jul 2007   [Refereed]
山口 太一, 石井 好二郎, 瀧澤 一騎, 高嶋 渉, 稲森 謙吾
Journal of Training Science for Exercise and Sport   19(4) 351-359   2007   [Refereed]
本研究の目的は数分間隔で繰り返されるジャンプパフォーマンスの向上,維持に適した跳躍問の準備運動を明らかにすることであった.15名の男性が跳躍間に準備運動を実施しながら,10回のジャンプパフォーマンス測定を実施した.準備運動は1. コントロール (C), 2. 静的ストレッチング (S), 3. 練習ジャンプ (J), 4. 静的ストレッチングと練習ジャンプ (SJ)であった.ジャンプパフォーマンスには垂直跳び跳躍高を採用した.跳躍高の最大値(ベスト跳躍高)はJおよびSJでCよりも高値を示し...
Ishii Kojiro, Ayabe Makoto, Okabe Tetsuko, Iwata Takashi, Takayama Kohsaku, Yamaguchi Taichi
JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE   55 53-57   Oct 2006   [Refereed]
Hideaki Kumahara, Kojiro Ishii, Hiroaki Tanaka
Int J Sport Health Sci   4(SpecialIssue2) 380-393   2006   [Refereed]
Relationship between muscle oxygenation, VO2, and high intensity aerobic exercise performance improving effect of warm-up
Kazuki Takizawa, Kojiro Ishii
Adv Exerc Sports Physiol   12(4) 127-133   Dec 2006   [Refereed]
Iwata T, Ishii K, Kishimoto N, Sakuma I & Tanaka H
Int J Sport Health Sci   4(SpecialIssue2) 577-582   2006   [Refereed]
Makoto Ayabe, Kojiro Ishii, Kohsaku Takayama, Munehiro Shindo, Hiroaki Tanaka
Int J Sport Health Sci   4(SpecialIssue2) 536-543   2006   [Refereed]
Tobina T, Ayabe M, Yoshitake Y, Kimura Y, Miyazaki H, Ishii K, Zhang B, Saku K, Shindo M, Kiyonaga A & Tanaka H
Int J Sport Health Sci   4(SpecialIssue2) 460-464   2006   [Refereed]
Yamaguchi T, Ishii K, Yamanaka M & Yasuda K
J Strength Cond Res   20(4) 804-810   Nov 2006   [Refereed]
Yamaguchi T, Ishii K, Yamanaka M & Yasuda K
Jpn J Phys Fitness Sports Med   55(Suppl) 109-112   2006   [Refereed]
Ishii K, Ayabe M, Okabe T, Iwata T, Takayama K & Yamaguchi T
Jpn J Phys Fitness Sports Med   55(Suppl) 53-58   2006   [Refereed]
The effects of different warm-up loads {routines} at equal total workload for high intensity exercise performance.
Takizawa K & Ishii K
Int J Sport Health Sci   4(1) 1-9   2006   [Refereed]
TAKIZAWA Kazuki, ISHII Kojiro
Journal of exercise and sports physiology   12(2) 41-49   Sep 2005   [Refereed]
It is not clear what intensity of W-up is required for W-up to be effective for enhancement of exercise performance, and the physiological effects of W-up on exercise performance have not been fully elucidated. In this study, the effects of W-up a...
石井 好二郎, 加藤 華奈子, 岡部 哲子
肥満研究   11(2) 149-154   Aug 2005   [Invited]
Ayabe Makoto, Takayama Kohsaku, Ishii Kojiro, Kiyonaga Akira, Shindo Munehiro, Tanaka Hiroaki
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   37 S115   May 2005   [Refereed]
Taichi Yamaguchi, Kojiro Ishii
J Strength Cond Res   19(3) 677-683   Aug 2005   [Refereed]
石井 好二郎
J. Nutr. Sci. Vitaminol   51(5) 349-354   Oct 2005   [Refereed]
Comparison of 2 Accelerometers for Assessing Daily Energy Expenditure in Adults
Kumahara H, Schutz Y, Ayabe M, Yoshioka M, Yoshitake Y, Shindo M, Ishii K, Tanaka H
J Physical Activity Health   1(3) 270-284   2004   [Refereed]
Kumahara H, Schutz Y, Ayabe M, Yoshioka M, Yoshitake Y, Shindo M, Ishii K, Tanaka H.
Br J Nutr   91(2) 235-243   Feb 2004   [Refereed]
Ayabe M, Brubaker PH, Dobrosielski D, Miller HS, Ishi K, Yahiro T, Kiyonaga A, Shindo M, Tanaka H.
J Cardiopulm Rehabil   24(2) 80-86   Mar 2004   [Refereed]
NAKANISHI MIEKO, ISHII KOJIRO, WATANABE AYAKO, SUGIURA KATUMI, KAJIWARA YOKO, KOBAYASHI KANDO
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   52(5) 631-637   Oct 2003   [Refereed]
Recently, supplements for athletes are being increasingly used. To clarify the current status of supplement intake, we conducted a survey in female university long-distance runners An anonymous questionnaire survey was conducted in runners who par...
KUMAHARA HlDEAKI, YAHIRO TAKUYA, OTONARI MICHIHIKO, AYABE MAKOTO, NAKAGAWA HISAE, KUNO SHINYA, KIYONAGA AKIRA, SHINDO MUNEHIRO, ISHII KOJIRO, TANAKA HIROAKI
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   52(Suppl) 177-184   Aug 2003   [Refereed]
Double product (DP, heart rate × systolic blood pressure) during an incremental exercise test has been known to start to increase steeply at a workload, i.e. double product break point (DPBP), which corresponds to the blood lactate threshold. The ...
Simple assessment of lactate threshold by means of the bench stepping in older population
Makoto Ayabe, Takuya Yahiro, Yukari Mori, Kohsaku Takayama, Takuro Tobina, Hiroyuki Higuchi, Kojiro Ishii, Ichiro Sakuma, Yutaka Yoshitake, Hideo Miyazaki, Akira Kiyonaga, Munehiro Shindo, Hiroaki Tanaka
Int J Sport Health Sci   1(2) 207-215   2003   [Refereed]
TAKASAWA Hajime, ISHII Kojiro, TAKIZAWA Kazuki, KIME Ryotaro, YONEZAWA Kazuya
Journal of exercise and sports physiology   9(2) 77-84   Aug 2002   [Refereed]
The purpose of this study was to clarify the effects of warm up (W-up) intensity and length before Wingate anaerobic test. Experiments were performed under mild environment in a climatic chamber (room temperature: 24 ℃ , relative humidity: 50 %). ...
ISHII Kojiro
Jpn.J.Biomeorol.   39(1) 25-30   2002   [Refereed]
To clarify the range of normal body temperature in children, oral temperature at waking up was measured using a mercury thermometer in 1,090 elementary school boys (fourth-year to sixth-year students), 453 junior high school boys (first-year to th...
ISHII Kojiro
Japanese journal of school health   44(5) 403-415   2002   [Refereed]
ISHII Kojiro
Japanese journal of school health   42(4) 304-311   2000   [Refereed]
Satoshi MurakiMasahiro YamasakiKojiro IshiiKunio KikuchiKunihiro Seki
Eur J Appl Physiol   72 330-334   1996   [Refereed]
ISHI KOJIRO, YAMASAKI MASAHIRO, MURAKI SATOSHI, KOMURA TAKASHI, KIKUCHI KUNIO, MIYAGAWA TOSHIAKI, FUJIMOTO SHIGEO, MAEDA KAZUYA
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   44(4) 447-456   Aug 1995   [Refereed]
To clarify changes in body temperature during endurance exerise in patients with spinal cord injury(SCI), we measured tympanic temperature(Tty)and skin temperature in the head, arm, chest, thigh, shin and calf in 5 patients with SCI(T6-T12)and 7 n...
Effect of arm cranking exercise on skin blood flow of lowerlimb in spinal cord injured persons
Satoshi MurakiMasahiro YamasakiKojiro IshiiKunio KikuchiKunihiro Seki
Eur J Appl Physiol   71 28-32   1995   [Refereed]
Ishii K, Yamasaki M, Muraki S, Komura T, Kikuchi K, Satake T, Miyagawa T, Fujimoto S, Maeda K.
Appl Human Sci   14(3) 149-154   1995   [Refereed]
ISHII Kojiro, YAMASAKI Masahiro, MURAKI Satoshi, KOMURA Takashi, KIKUCHI Kunio, SAKATE Terutoshi, MAEDA Kazuya
日本運動生理学雑誌   1(2) 27-32   Nov 1994   [Refereed]
This study was conducted in a room where the temperature and relative humidity were controlled at about 25℃ and 50%. Five parients with spinal cord injury (SCI) at the T4-T12/L1 levels sat at rest during the first 60 minutes. Subsequently they per...
Muraki S, Maehara T, Ishii K, Ajimoto M, Kikuchi K.
Ann Physiol Anthrop   12(6) 379-384   1993   [Refereed]
Yamasaki M, Irizawa M, Ishii K, Komura T.
Ann Physiol Anthrop   12(2) 79-82   1993   [Refereed]
Ishii K, Muraki S, Komura T, Kikuchi K, Sato K, Maeda K.
Ann Physiol Anthrop   12(3) 189-194   1993   [Refereed]
Ishii Kojiro
OIU journal of international studies   31(1) 67-75   Sep 1991

Misc

 
石井 好二郎
医と食   10(4) 188-192   Aug 2018   [Invited]
【機能性食品とアンチエイジング】 《アンチエイジングをめざした身体機能の維持》 サルコペニア・フレイルの予防
渡邊 裕也, 石井 好二郎
Modern Physician   38(4) 349-352   Apr 2018   [Invited]
<ポイント>●サルコペニアはフレイルの中核的な要素である。●運動器の健康を保つキーとなるのが運動や活発な身体活動である。●なかでもサルコペニア予防にもっとも効果的な処方は筋力トレーニングである。●包括的なサルコペニア・フレイルの予防には、運動に加え、口腔ケアや栄養サポートも重要である。(著者抄録)
肥満・生活習慣病におけるサルコペニアの簡便な新規診断法と効果的治療プログラムの開発
浅原 哲子, 真田 樹義, 石井 好二郎, 島津 章, 増田 慎也, 田中 将志, 山陰 一
大和証券ヘルス財団研究業績集   (41) 106-109   Mar 2018
日本初の糖尿病・肥満症コホートを基盤に、肥満患者における骨格筋リモデリング関連因子の病態生理学的意義の検討から、サルコペニアの早期予知バイオマーカーの確立と効果的治療プログラムの開発を目指した。肥満外来患者74例(男性30例、女性44例、平均51.9歳)を対象に、体組成、糖脂質代謝指標に加え骨格筋・脂肪組織重量を測定した。さらに、骨格筋萎縮・肥大に関連する内分泌ホルモンの血清濃度および骨格筋に作用してその量を負に制御するmyostatinの血清濃度を測定し、代謝指標や骨格筋量との関連を横断...
石井 好二郎
臨床検査 = Journal of clinical laboratory medicine   61(6) 692-697   Jun 2017   [Invited]
診療の秘訣 運動療法を推奨する者としての生活習慣
石井 好二郎
Modern Physician   37(6) 634-634   Jun 2017   [Invited]
思春期前期の子どもにおける児童用SOCスケールの構造
川勝 佐希, 國土 将平, 長野 真弓, 石井 好二郎
思春期学   35(1) 93-94   Mar 2017   [Refereed]
石井 好二郎
肥満研究 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity : 日本肥満学会誌   23(3) 204-209   2017   [Invited]
これまでのサルコペニアこれからのサルコペニア
石井 好二郎
更年期と加齢のヘルスケア   15(1) 115-119   Jun 2016   [Invited]
サルコペニアとはRosenbergにより1989年に「加齢による骨格筋量の減少」として提唱された。2010年にヨーロッパのワーキンググループ(EWGSOP)、2014年にアジアのワーキンググループ(AWGS)によるサルコペニアのコンセンサスが発表されたが、握力と歩行速度の測定が、そのアルゴリズムの最初に位置づけられている。すなわち、現在においてサルコペニアは骨格筋量の減少だけでなく、身体機能(多くは歩行速度)and/or筋力の低下が加わっての複合概念へと変化している。また、骨格筋量の診断基...
私の処方 運動療法では達成困難な目標を設定しない
石井 好二郎
Modern Physician   36(6) 594-594   Jun 2016   [Invited]
【最近の日本人の肥満症-新知見が拓くこれからの肥満症診療】 Key words サルコペニア肥満
石井 好二郎
カレントテラピー   34(1) 82-82   Jan 2016   [Invited]
【肥満症診療最前線】 治療法の基礎 肥満症に生じるサルコペニアは運動で予防できますか? 筋肉、骨格の維持
石井 好二郎
Modern Physician   35(2) 162-164   Feb 2015   [Invited]
<ポイント>現在においてサルコペニアは骨格筋量の減少だけでなく、身体機能(多くは歩行速度)and/or筋力の低下が加わっての複合概念へと変化している。サルコペニアの骨格筋量の評価にはSMIが世界的に多く用いられている。高齢者の筋肥大には、高強度レジスタンストレーニングが必要であると、システマティックレビューにより報告されている。脂肪組織の増加は、炎症性サイトカイン・テストステロン・IGF-1をネガティブな方向に導き、骨格筋の異化作用を亢進させる。運動は、骨格筋の同化作用の促進、異化作用の減...
【肥満2型糖尿病の実践的管理】 実践的治療戦略 運動の実際 効果を高める運動療法
石井 好二郎
Diabetes Frontier   26(1) 53-58   Feb 2015   [Invited]
石井 好二郎
医学のあゆみ   250(9) 683-686   Aug 2014   [Invited]
【最新肥満症学-基礎・臨床研究の最前線-】 肥満症の予防・治療 食事療法 効果を高める運動療法・食事療法
石井 好二郎
日本臨床   72(増刊4 最新肥満症学) 428-431   May 2014   [Invited]
日常生活の身体活動強度に基づく非侵襲的な運動処方の作成法の開発 多メモリー加速度計付歩数計の新たな活用法の提案
綾部 誠也, 坂根 直樹, 石井 好二郎, 熊原 秀晃
医科学応用研究財団研究報告   31 43-48   Feb 2014
[Exercise therapy for obesity].
Ishii K
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   71(2) 320-323   Feb 2013   [Invited]
MiyazakI Ryo, Ishii Kojiro, Yonei Yoshikazu
The science and engineering review of Doshisha University   51(3) 37-44   Oct 2010   [Refereed]
This pilot study aimed to examine the effects of far-infrared radiation low temperature sauna bathing on recovery from muscle damage following the race among long-distance runners. The subjects were 4 well-trained male runners. After the running r...
石井 好二郎
綜合臨床   59(9) 1969-1973   Sep 2010   [Invited]
【新しい診断基準 国際化をめぐって】 隠れ肥満の基準は? 正常体重肥満(いわゆる隠れ肥満)の判定基準について教えてください
石井 好二郎
Q&Aでわかる肥満と糖尿病   9(3) 393-394   May 2010   [Invited]
【肥満治療 患者を中心とした集学的診療体制の構築】 これからの治療と診療体制 運動療法 運動量算定とその応用法
石井 好二郎
治療学   44(4) 432-435   Apr 2010   [Invited]
平成21年度 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 子どもの発達段階に応じた体力向上プログラムの開発事業 文部科学省委託事業
福林 徹, 木村 和彦, 佐々木 玲子, 竹中 晃二, 内藤 久士, 中村 和彦, 松尾 哲矢, 阿江 通良, 本間 三和子, 加藤 謙一, 佐藤 徹, 窪 康之, 佐々木 玲子, 國土 将平, 野中 壽子, 山神 眞一, 飯干 明, 橋本 公雄, 上地 広昭, 石井 好二郎, 大矢 幸弘, 田中 茂穂, 大場 ゆかり, 鈴木 和弘, 丹 信介, 丸山 敦夫, 石井 十郎, 齊藤 隆志, 作野 誠一, 佐藤 充宏, 米谷 正造, 伊藤 静夫, 森丘 保典, 青野 博, 財団法人日本体育協会スポーツ医・科学専門委員会
日本体育協会スポーツ科学研究報告集   2009年度 np3,1-173   Mar 2010
SHOTA SASAKI, RIKA HIRABAYASHI, NAO FUJIWARA, AKIKO IRITA, KOJIRO ISHII, AKANE HIGASHI
The scientific reports of Kyoto Prefectural University Life and environmental sciences   61 1-7   Dec 2009
本研究は, 健康教育を目的とした健康教室において, 歩数計の貸与, 運動および栄養に関する健康情報を掲載した印刷物を配布し, 5ケ月間(2008年10月から2009年3月)の介入を行った。対象は, 京都市南部の精華町在住の40-74歳の特定健診における腹囲, 血糖, 脂質, 血圧のリスクに1つでも該当する者(総数694名, 男性313名, 女性381名)のうち, 本研究に参加意思のあった52名(男性23名, 女性29名)であった。介入前後の評価指標は, 歩数, 身体組成および血圧を用いた。...
【小児の生活習慣病】 小児の生活習慣病についての最近のトピックス 小児における身体活動の重要性 心身の健康に及ぼす影響
中江 悟司, 石井 好二郎
日本小児科医会会報   (37) 37-41   Apr 2009   [Invited]
平成20年度 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 子どもの発達段階に応じた体力向上プログラムの開発事業 文部科学省委託事業
加賀谷 淳子, 木村 和彦, 佐々木 玲子, 竹中 晃二, 内藤 久士, 中村 和彦, 福林 徹, 松尾 哲矢, 阿江 通良, 本間 三和子, 加藤 謙一, 佐藤 徹, 中村 和彦, 窪 康之, 國土 将平, 野中 壽子, 山神 眞一, 飯干 明, 橋本 公雄, 上地 広昭, 石井 好二郎, 大矢 幸弘, 田中 茂穂, 大場 ゆかり, 鈴木 和弘, 丹 信介, 丸山 敦夫, 石井 十郎, 齊藤 隆志, 作野 誠一, 佐藤 充宏, 米谷 正造, 伊藤 静夫, 森丘 保典, 青野 博, 運動プログラム作成協力者会議
日本体育協会スポーツ科学研究報告集   2008年度 1-161   Mar 2009
平成20年度 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証(第3報)
竹中 晃二, 石井 好二郎, 上地 広昭, 大矢 幸弘, 田中 茂穂, 橋本 公雄, 大場 ゆかり, 森丘 保典
日本体育協会スポーツ科学研究報告集   2008年度 1-70   Mar 2009
平成19年度 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証(第2報)
竹中 晃二, 石井 好二郎, 上地 広昭, 大矢 幸弘, 田中 茂穂, 橋本 公雄, 大場 ゆかり, 森丘 保典, 日本体育協会スポーツ医・科学専門委員会
日本体育協会スポーツ科学研究報告集   2007年度 NP1,1-58   Mar 2008
【食事療法】 運動療法を高める食事療法とは?
石井 好二郎
Q&Aでわかる肥満と糖尿病   6(6) 1002-1004   Nov 2007   [Invited]
平成18年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証(第1報)
竹中 晃二, 石井 好二郎, 上地 広昭, 大矢 幸弘, 田中 茂穂, 橋本 公雄, 大場 ゆかり, 森丘 保典
日本体育協会スポーツ科学研究報告集   2006年度 1-79   Mar 2007
石井 好二郎, 野口 純正, 千田 辰己
Japan journal of studies in athletics   (6) 41-45   2007
【日本の肥満と糖尿病】 Q&A 日本人肥満者の運動療法とは?
石井 好二郎
Q&Aでわかる肥満と糖尿病   5(2) 223-225   Mar 2006
Ishii Kojiro
Japanese Journal of Clinical Chemistry   34(4) 344-349   Nov 2005   [Invited]
Clinical laboratory has recently come to play an important role in the field of sports science. Data obtained from clinical laboratory have been used in science-based coaching and training for athletic sports. The increased use of data obtained fr...
小林 範子, 石井 好二郎, 佐久間 一郎, 藤野 敬史, 古田 伊都子, 櫻木 範明
日本内分泌学会雑誌   81(Suppl) 7-9   Jun 2005
健康な女子大学生182名をBMI値と体脂肪率から正常体重肥満群50名,低体重正常体脂肪群23名,正常群109名に分類し,身体組成を比較検討した.正常体重肥満群は正常群に比べて骨密度と血中HDL-C値が有意に低く,血中LDL-C値,レプチン値が有意に高かった.低体重正常体脂肪群は正常群に比べて骨密度が有意に低かった
女性のスポーツ参加 高齢女性や障害女性の体脂肪や生活習慣病と固有のニーズ
石井 好二郎
リハビリテーションスポーツ   24(1) 18-19   Jun 2005
山口 太一, 石井 好二郎
Hokkaido journal of sports medicine and science   10 27-36   2005
瀧澤 一騎, 石井 好二郎
Hokkaido journal of sports medicine and science   10 3-8   2005
心臓   33(Suppl2) 104-105   Jun 2001
ヒトMCT1に対する抗体を作製した.赤血球でのMCT1の発現は,運動能力と相関する可能性が示唆された
石井 好二郎, 佐々木 幸子, 木元 奈々
Bulletin of Graduate School of Education,Hokkaido University   (83) 261-279   2001
Opening of the fat burner class on weight control.
ISHII Kojiro
Proceedings FISU/CESU Conference, the 18th Universiade 1995 Fukuoka Japan : "sport and man : creating a new vision" 24, 25, 26 August 1995   470-471   1995
xercise-induced temperature changes in the tympanic membrane and skin of patients with spinal cord injury.
ISHII Kojiro
Adapted physical activity : health and fitness   77-83   1994   [Refereed]

Books etc

 
Handbook of Trendy Sports Sciences
Hideaki Soya, Mitsugi Motoyama, Kojiro Ishii (Part:Joint Editor)
Apr 2017   ISBN:4062806649
Handbook of Trendy Sports Sciences
Hideaki Soya, Mitsugi Motoyama, Kojiro Ishii (Part:Joint Editor)
Oct 2007   ISBN:4061531301
Handbook of Trendy Sports Sciences
Hideaki Soya, Mitsugi Motoyama, Kojiro Ishii (Part:Joint Editor)
May 2002   ISBN:4061531182
Opening of the fat burner class on weight control
Proceedings FISU/CESU Conference, The 18th Universiade 1995 Fukuoka   1995   
Exercise-induced temperature changes in the tympanic membrane and skin of patients with spinal cord injury
Adapted physical Activity   1994   

Conference Activities & Talks

 
地域在住高齢者における咀嚼能力と身体機能の関連性 色変わりチューインガムを用いて
吉川 知希, 青木 拓巳, 佐藤 健, 伊藤 祐希, 大石 寛, 石井 好二郎
体力科学   Apr 2019   
握力から見た地域在住高齢者の筋量と筋機能
川端 一稀, 青木 拓巳, 佐藤 健, 伊藤 祐希, 大石 寛, 石井 好二郎
体力科学   Apr 2019   
地域在住女性高齢者における四肢骨格筋量の体格指数補正値の違いによる体力の比較
大石 寛, 青木 拓巳, 伊藤 祐希, 佐藤 健, 石井 好二郎
体力科学   Apr 2019   
地域在住高齢者における認知機能と歩数および年齢の関連
樋本 英悟, 青木 拓巳, 佐藤 健, 伊藤 祐希, 大石 寛, 石井 好二郎
体力科学   Apr 2019   
歩行に関連する環境要因の検討
小西 達貴, 青木 拓巳, 佐藤 健, 伊藤 祐希, 大石 寛, 石井 好二郎
体力科学   Apr 2019   
カトラリーの違いが咀嚼回数に及ぼす影響
村井 実怜, 青木 拓巳, 佐藤 健, 伊藤 祐希, 大石 寛, 石井 好二郎
体力科学   Apr 2019   
本学女子ラクロス部における睡眠と学業成績の横断研究
土居 優希, 青木 拓巳, 佐藤 健, 伊藤 祐希, 石井 好二郎
体力科学   Apr 2019   
幼児の自由遊びにおける遊び場所と身体活動量および運動能力との関係
高居 優奈, 香村 恵介, 石井 好二郎
体力科学   Apr 2019   
発育に関わる因子を調整した小児における足指筋力と疾走速度の関連
真鍋 渉, 青木 拓巳, 佐藤 健, 伊藤 祐希, 大石 寛, 石井 好二郎
体力科学   Apr 2019   
地域在住高齢者におけるロコモ25と筋量および筋力指標との関連
佐藤 健, 伊藤 祐希, 青木 拓巳, 大石 寛, 石井 好二郎
健康支援   Feb 2019   
地域在住高齢者におけるロコモの進行と健康関連QOLの関連
伊藤 祐希, 青木 拓巳, 佐藤 健, 大石 寛, 石井 好二郎
健康支援   Feb 2019   
地域在住女性高齢者における各骨格筋指標による体力の比較 AMM、SMI、%AMM、AMM/BMIを骨格筋指標として
大石 寛, 青木 拓巳, 伊藤 祐希, 佐藤 健, 石井 好二郎
健康支援   Feb 2019   
高齢者に対するエゾウコギ食品摂取が安静時および起立試験時の心臓自律神経活動に及ぼす影響
佐藤 健, 青木 拓巳, 伊藤 祐希, 石井 好二郎
日本スポーツ栄養研究誌   Jan 2019   
石井 好二郎
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   2019   
石井好二郎
日本未病システム学会学術総会抄録集   12 Oct 2018   
運動効果のメカニズム 高齢者の骨格筋萎縮と運動による筋肥大・筋力向上効果
石井 好二郎
日本臨床運動療法学会学術集会プログラム・抄録集   Sep 2018   
石井好二郎
日本骨形態計測学会雑誌   May 2018   
肥満患者における骨格筋由来液性因子・マイオスタチンを介した耐糖能悪化と骨格筋萎縮
田中 将志, 増田 慎也, 山陰 一, 井上 隆之, 北野 隆司, 横田 繁史, 村中 和哉, 日下部 徹, 和田 啓道, 真田 樹義, 石井 好二郎, 長谷川 浩二, 島津 章, 浅原 哲子
糖尿病   Apr 2018   
高齢者に対するエゾウコギ食品摂取が安静時の心臓自律神経活動に及ぼす影響
佐藤 健, 青木 拓巳, 香村 恵介, 伊藤 祐希, 石井 好二郎
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   Apr 2018   
肥満患者における骨格筋由来液性因子・マイオスタチンを介した耐糖能悪化と骨格筋萎縮
田中 将志, 増田 慎也, 山陰 一, 井上 隆之, 北野 隆司, 横田 繁史, 村中 和哉, 日下部 徹, 和田 啓道, 真田 樹義, 石井 好二郎, 長谷川 浩二, 島津 章, 浅原 哲子
糖尿病   Apr 2018   
2ステップテストの成績は健康関連体力を反映する
伊藤 祐希, 佐藤 健, 青木 拓巳, 香村 恵介, 石井 好二郎
健康支援   Feb 2018   
実習期間が大学女子陸上競技選手の身体組成に及ぼす影響
石井 好二郎, 橋本 優甫, 青木 拓巳, 藤川 浩喜
日本スポーツ栄養研究誌   Jan 2018   
サルコペニア・フレイルを予防する運動
石井 好二郎
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   Oct 2017   
単関節および多関節運動による下肢筋力と歩行能力との関連について
伊藤 祐希, 青木 拓巳, 香村 恵介, 小川 慶図, 佐藤 健, 福田 宗孝, 湯澤 章, 石井 好二郎
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   Oct 2017   
高齢者における歩行運動継続期間の違いが筋量・筋力指標に与える影響
青木 拓巳, 伊藤 祐希, 佐藤 健, 石井 好二郎
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   Oct 2017   
体力においても肥満パラドックスが認められるか? 日本肥満学会BMI判定基準を用いて
大石 寛, 小西 達貴, 伊藤 祐希, 佐藤 健, 小川 慶図, 香村 恵介, 福田 宗孝, 湯澤 章, 青木 拓巳, 石井 好二郎
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   Oct 2017   
体力においても肥満パラドックスが認められるか? WHOアジア人BMI評価基準を用いて
小西 達貴, 大石 寛, 伊藤 祐希, 佐藤 健, 小川 慶図, 青木 拓巳, 香村 恵介, 福田 宗孝, 湯澤 章, 石井 好二郎
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   Oct 2017   
単関節および多関節運動による下肢筋力と下肢筋量の関連について
佐藤 健, 青木 拓巳, 香村 恵介, 伊藤 祐希, 小川 慶図, 福田 宗孝, 湯澤 章, 石井 好二郎
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   Oct 2017   
サルコペニアと運動療法
石井 好二郎
日本臨床運動療法学会雑誌   Sep 2017   
2年間の歩行運動プログラムは高齢者の体重支持指数を増加させる
青木 拓巳, 伊藤 祐希, 佐藤 健, 石井 好二郎
日本臨床運動療法学会雑誌   Sep 2017   
サルコペニア肥満の効果的診断法の開発
日下部 徹, 横田 繁史, 田中 将志, 増田 慎也, 井上 隆之, 北野 隆司, 山陰 一, 村中 和哉, 石井 好二郎, 真田 樹義, 浅原 哲子
日本臨床運動療法学会雑誌   Sep 2017   
2ステップテストと運動機能の関連について
伊藤 祐希, 青木 拓巳, 香村 恵介, 小川 慶図, 佐藤 健, 福田 宗孝, 湯澤 章, 石井 好二郎
日本臨床運動療法学会雑誌   Sep 2017   
ロコモ25陽性該当者の新体力テストの特徴
佐藤 健, 青木 拓巳, 香村 恵介, 伊藤 祐希, 小川 慶図, 福田 宗孝, 湯澤 章, 石井 好二郎
日本臨床運動療法学会雑誌   Sep 2017   
肥満患者の糖代謝能・骨格筋量制御における筋肉由来液性因子・myostatinの病態意義
横田 繁史, 増田 慎也, 田中 将志, 山陰 一, 村中 和哉, 井上 隆之, 北野 隆司, 真田 樹義, 石井 好二郎, 日下部 徹, 島津 章, 浅原 哲子
肥満研究   Sep 2017   
睡眠障害と骨折リスク 睡眠および骨・骨格筋代謝に及ぼす身体活動の影響
石井 好二郎
日本骨粗鬆症学会雑誌   Sep 2017   
健康長寿のための体力・スポーツ医科学的役割 筋肉のフレイリティー理解と研究の現状
石井 好二郎
体力科学   Jun 2017   
Yearlong Walking Exercise Improves Depression and Health-related Quality of Life in Older Adults
Aoki Takumi, Sakuma Haruo, Ishii Kojiro
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   May 2017   
Relationships of Objectively Measured Parent-Child Physical Activity and Sedentary Behavior in Toddlers
Komura Keisuke, Ishii Kojiro
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   May 2017   
Appropriate Physical Activity on Mental Health in Early Adolescents
Kawakatsu Saki, Kokudo Shohei, Kasanami Ryoji, Nagano Mayumi, Ishii Kojiro
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   May 2017   
立ちくらみやめまいを有する運動選手に対するエゾウコギ食品摂取が安静時および起立試験時の心臓自律神経活動に及ぼす影響
佐藤 健, 増田 和也, 福田 宗孝, 青木 拓巳, 石井 好二郎
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   Apr 2017   
肥満者における糖代謝項目と心拍変動自律神経活動項目の関連について
福田 宗孝, 湯澤 章, 浅原 哲子, 村中 和哉, 山陰 一, 真田 樹義, 石井 好二郎
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   Apr 2017   
2ステップテストと体重支持指数および体力テストとの関連性
伊藤 祐希, 近藤 晃子, 香村 恵介, 大場 友裕, 福田 宗孝, 湯澤 章, 青木 拓巳, 石井 好二郎
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   Apr 2017   
BMIの違いによるメタボリックシンドロームリスク項目および心拍変動自律神経活動項目の差異について
福田 宗孝, 湯澤 章, 浅原 哲子, 村中 和哉, 山陰 一, 真田 樹義, 石井 好二郎
健康支援   Feb 2017   
山津 幸司, 國土 将平, 笠次 良爾, 長野 真弓, 堤 公一, 石井 好二郎
体力科学   Feb 2017   
川勝 佐希, 國土 将平, 森田 憲輝, 鈴木 和弘, 渡邊 將司, 笠次 良爾, 上地 広昭, 長野 真弓, 山津 幸司, 堤 公一, 辻 延浩, 久米 大祐, 石井 好二郎
体力科学   Feb 2017   
大島 秀武, 引原 有輝, 笠次 良爾, 石井 好二郎
体力科学   Feb 2017   
骨格筋からみた肥満症の病態と治療 サルコペニア肥満の診断と体力及び生活習慣病発症リスク
真田 樹義, 宮地 元彦, 石井 好二郎, 浅原 哲子
肥満研究   Sep 2016   
肥満者の心拍変動自律神経活動の変化と肥満症の進行は関連する
福田 宗孝, 湯澤 章, 浅原 哲子, 山陰 一, 真田 樹義, 石井 好二郎
肥満研究   Sep 2016   
肥満者における骨格筋量とメタボリックシンドローム(MetS)リスク項目の推移の縦断的検討
湯澤 章, 福田 宗孝, 真田 樹義, 浅原 哲子, 山陰 一, 渡邊 裕也, 石井 好二郎
肥満研究   Sep 2016   
日本人成人肥満男女を対象としたサルコペニア簡易評価法の開発
古嶋 大詩, 石井 好二郎, 浅原 哲子, 真田 樹義
肥満研究   Sep 2016   
骨と筋肉のアンチエイジングの現在とこれから 若い女性の筋肉が危ない! 忍びよるサルコペニアの現状
石井 好二郎
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   Jun 2016   
12ヵ月間の歩行運動介入が高齢者の睡眠およびメンタルヘルスに与える影響
青木 拓巳, 佐久間 春夫, 石井 好二郎
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   Jun 2016   
Indexes for Sarcopenia and Obesity Have The Difference Association with Metabolic Syndrome Risk Factors.
Murakami Taichi, Miyachi Motohiko, Iemitsu Motoyuki, Murakami Haruka, Kawano Hiroshi, Gando Yuko, Kawakami Ryoko, Ishii Kojiro, Satoh-Asahara Noriko, Sanada Kiyoshi
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   May 2016   
Intensity and Bouts of Physical Activity and Physical Activity Level in Pre-adolescent Children
Komura Keisuke, Nakae Satoshi, Hirakawa Kazufumi, Ebine Naoyuki, Suzuki Kazuhiro, Ozawa Haruo, Yamada Yosuke, Kimura Misaka, Ishii Kojiro
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   May 2016   
The Impact Of Physical Activity On Mental Health In The Early Japanese Adolescence
Kawakatsu Saki, Kokudo Shohei, Kasanami Ryoji, Nagano Mayumi, Ishii Kojiro
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   May 2016   
Reliability Of Step Counts Measured By Activity Monitors In Patients With Abnormal Gait
Oba Tomohiro, Iwase Hiroaki, Ishii Kojiro, Sawada Susumu
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   May 2016   
フレイル予防と鍼灸 超高齢社会に対する鍼灸師の意義 これまでのサルコペニアこれからのサルコペニアそして新たな概念フレイル
石井 好二郎
全日本鍼灸学会学術大会抄録集   May 2016   
部位別全身筋肉量とメタボリックシンドロームリスク項目との関連について
湯澤 章, 福田 宗孝, 大極 悠喜, 浅原 哲子, 村中 和哉, 真田 樹義, 石井 好二郎
健康支援   Feb 2016   
腹部筋厚とメタボリックシンドロームリスク項目との関連について
福田 宗孝, 湯澤 章, 大極 悠喜, 浅原 哲子, 村中 和哉, 真田 樹義, 石井 好二郎
健康支援   Feb 2016   
サルコペニア・フレイル・ロコモティブシンドロームを整理する サルコペニアおよびサルコペニア肥満の簡易推定法
真田 樹義, 宮地 元彦, 石井 好二郎, 浅原 哲子
体力科学   Feb 2016   
後藤 一成, 真田 樹義, 石井 好二郎, 浅原 哲子
体力科学   Feb 2016   
真田 樹義, 石井 好二郎, 浅原 哲子
体力科学   Feb 2016   
肥満者におけるサルコペニア簡易推定法の妥当性
古嶋 大詩, 家光 素行, 浜岡 隆文, 石井 好二郎, 浅原 哲子, 真田 樹義
体力科学   Dec 2015   
児童におけるLifecorderを用いた身体活動強度分析方法のレビュー
香村 恵介, 石井 好二郎
体力科学   Dec 2015   
中学生のスポーツ活動別の抑うつ傾向ならびに首尾一貫感覚(SOC)の特徴
川勝 佐希, 國土 将平, 笠次 良爾, 長野 真弓, 石井 好二郎
体力科学   Dec 2015   
地域在住高齢者におけるQuality Of Lifeとロコモティブシンドローム危険度との関連について
湯澤 章, 大極 悠喜, 大場 友裕, 石井 好二郎
体力科学   Dec 2015   
10-20歳代男女2000名における骨格筋量の1年刻み変化
宮崎 亮, 石井 好二郎, 綾部 誠也, 三輪 佳行, 吉川 敏一, 森脇 久隆, 米井 嘉一
体力科学   Dec 2015   
下半身陽圧負荷を利用した体重免荷がトレッドミル走行時の酸素消費量に及ぼす影響
大場 友裕, 石井 好二郎
体力科学   Dec 2015   
地域高齢者のロコモ診断ツール(ロコモ25)に関連する簡便な身体測定項目
福田 宗孝, 濱口 幹太, 石井 好二郎
体力科学   Dec 2015   
小学校低学年児童における身体活動量を確保する取り組みについて 元気っずクラブを通じて
村田 トオル, 石井 好二郎
体力科学   Dec 2015   
地域における子どもの健康運動を促進する取り組みについて
村田 トオル, 石井 好二郎
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2015   
老若男女のエクササイズ・サイエンス
石井 好二郎
日本未病システム学会学術総会抄録集   Sep 2015   
女子アイスホッケーならびにスピードスケート選手における主観的な月経状況と身体特性および栄養摂取状況
佐々木 将太, 森 由佳, 川口 亜佑子, 東郷 将成, 保科 圭汰, 山口 太一, 石井 好二郎, 石井 洋
日本未病システム学会学術総会抄録集   Sep 2015   
小児における身体活動レベル別の身体活動量 二重標識水法および加速度計法を用いた検討
香村 恵介, 中江 悟司, 平川 和文, 海老根 直之, 鈴木 和弘, 小澤 治夫, 山田 陽介, 木村 みさか, 石井 好二郎
日本未病システム学会学術総会抄録集   Sep 2015   
入院患者における活動量計の歩数計測の正確性
大場 友裕, 岩瀬 弘明, 石井 好二郎
日本未病システム学会学術総会抄録集   Sep 2015   
肥満者における自律神経活動とメタボリックシンドローム関連項目
大極 悠喜, 浅原 哲子, 村中 和哉, 湯澤 章, 福田 宗孝, 真田 樹義, 石井 好二郎
日本未病システム学会学術総会抄録集   Sep 2015   
42ヵ月間の身体活動量増進プログラム期間における中高齢者男女の歩数推移
宮崎 亮, 米井 嘉一, 綾部 誠也, 青木 拓巳, 河口 八重子, 桑原 健輔, 石井 好二郎
健康支援   Sep 2015   
女性のヘルスケアとしての「運動器の健康」 これまでのサルコペニアこれからのサルコペニア
石井 好二郎
更年期と加齢のヘルスケア学会・日本サプリメント学会学術集会プログラム・抄録集   Sep 2015   
サルコペニア肥満の病態とその治療 サルコペニアおよびサルコペニア肥満の定義とコンセンサス
石井 好二郎
日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集   Jun 2015   
サルコペニア肥満の病態とその治療 サルコペニア肥満とSite-specificサルコペニア
浅原 哲子, 石井 好二郎, 真田 樹義
日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集   Jun 2015   
肥満は病気?治療は必要なの? 運動の実際 効果を高める運動療法
石井 好二郎
日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集   Jun 2015   
サルコペニアと骨粗鬆症 サルコペニアの評価法
真田 樹義, 宮地 元彦, 石井 好二郎, 浅原 哲子
日本骨形態計測学会雑誌   May 2015   
サルコペニア・フレイルを整理して理解する サルコペニア肥満とSite-specificサルコペニア
真田 樹義, 宮地 元彦, 浅原 哲子, 石井 好二郎
体力科学   Apr 2015   
20歳以上日本人男女1万例における骨格筋量の加齢変化
宮崎 亮, 石井 好二郎, 綾部 誠也, 三輪 佳行, 吉川 敏一, 森脇 久隆, 長谷川 力, 平石 貴補, 鳥居 和久, 日比野 佐和子, 高橋 洋子, 米井 嘉一
健康支援   Feb 2015   
スポーツ用段階的弾性ソックスの着用が有酸素性作業能へ及ぼす影響
木綿 希望, 綾部 誠也, 下石 怜央, 高戸 仁郎, 犬飼 義秀, 石井 好二郎
健康支援   Feb 2015   
地域高齢者におけるロコチェック診断ツール(ロコモ25)と関連する要因について
濱口 幹太, 石井 好二郎
健康支援   Feb 2015   
Quality Of Lifeとロコモ及び身体的特性の関連について
大場 友裕, 石井 好二郎
健康支援   Feb 2015   
1.5年間の身体活動増加プログラム期間における中高齢者の筋量変化とインスリン感受性との関連
宮崎 亮, 米井 嘉一, 綾部 誠也, 石井 好二郎
体力科学   Dec 2014   
中学生の抑うつ傾向に対する至適な身体活動量(IPAQ)の検討
川勝 佐希, 國土 将平, 笠次 良爾, 石井 好二郎
体力科学   Dec 2014   
長距離走走行時のストライドと心拍数の変化から乳酸作業閾値時走速度を推定する試み
濱口 幹太, 瀧澤 一騎, 山口 太一, 石井 好二郎
体力科学   Dec 2014   
高齢者を中心とした地域住民のロコチェック合計点と下肢最大筋力および二重課題遂行能力の関連について
大場 友裕, 山田 実, 助川 智之, 石井 好二郎
体力科学   Dec 2014   
サルコペニア肥満とSite-specificサルコペニア
真田 樹義, 宮地 元彦, 浅原 哲子, 石井 好二郎
肥満研究   Oct 2014   
未病対策としてのスポーツの効果 サルコペニア、フレイル、肥満の関連、及びそれらに及ぼす身体活動の影響
石井 好二郎
日本未病システム学会学術総会抄録集   Oct 2014   
中高齢者男女における骨格筋量と連続歩行時間、インスリン様成長因子およびBMIとの相互関係
宮崎 亮, 米井 嘉一, 綾部 誠也, 石井 好二郎
肥満研究   Oct 2014   
運動の実際 効果を高める運動療法
石井 好二郎
日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集   Jul 2014   
Relationships between Site-specific Sarcopenia and Metabolic Syndrome in Obese Patients
Ido Ayumi, Nakayama Yuki, Satoh-Asahara Noriko, Muranaka Kazuya, Sasaki Yousuke, Ishii Kojiro, Sanada Kiyoshi
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   May 2014   
宮崎 亮, 米井 嘉一, 綾部 誠也, 青木 拓巳, 河口 八重子, 桑原 健輔, 石井 好二郎
体力科学   Feb 2014   
質問紙による中学生期における身体活動量と抑うつ傾向の関連性について 学年差に着目して
川勝 佐希, 笠次 良爾, 國土 将平, 石井 好二郎
健康支援   Feb 2014   
12ヵ月間の歩行運動介入が高齢者の主観的な睡眠の質に与える影響
青木 拓巳, 石井 好二郎, 佐久間 春夫
健康支援   Feb 2014