井上 幸江

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/10 15:24
 
アバター
研究者氏名
井上 幸江
所属
山陽小野田市立山口東京理科大学
部署
薬学部 薬学科
職名
教授
学位
医学博士(山口大学), 薬学修士(広島大学)

研究分野

 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
山陽小野田市立山口東京理科大学 薬学部・薬学科 教授
 
1983年
 - 
1990年
山口大学 助手
 
1990年
 - 
1992年
スタンフォード大学 研究員
 
1992年
   
 
- 山口大学 講師
 

学歴

 
 
 - 
1983年
山口大学 医学研究科 生化学
 
 
 - 
1977年
広島大学 薬学部 生化学
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
現在
日本生化学会  評議員
 
2015年11月
 - 
2017年11月
日本生化学会  代議員
 

受賞

 
2004年12月
山口大学 山口大学ニューフロンティアプロジェクト奨励賞
 
1987年7月
山口大学 山口医学中村賞
 

論文

 
NRF2 and HSF1 coordinately regulate heme oxygenase-1 expression
井上 幸江
BBRC      2018年   [査読有り]
井上 幸江
IUBMB Life   69 246-254   2017年   [査読有り]
井上 幸江
Biol Pharm Bull.   39 1007-1012   2016年   [査読有り]
井上 幸江
Mol Biol Cell   22 3571-3583   2011年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Heat Shock Factor
井上 幸江 (担当:共著, 範囲:Chaptor 9.HSF regulates immune and inflammatory response.)
Springer   2016年   
ベーシック生化学
井上 幸江 (担当:共著, 範囲:22章、タンパク質の合成と成熟)
化学同人   2009年   
熱ショック転写因子HSFと高次生命現象
井上 幸江 (担当:共著, 範囲:共著につき人担当部分抽出不可能)
実験医学   2007年   
熱ショック転写因子群の生理機能
井上 幸江 (担当:共著, 範囲:共著につき本人担当部分抽出不可能)
生化学   2004年   
分子遺伝学的手法を用いた細胞機能の解析
井上 幸江 (担当:共著, 範囲:共著につき本人担当部分抽出不可能)
山口医学別冊   2003年   

講演・口頭発表等

 
The partnership between cytosolic glutathione and copper flow to the secretory pathway visualized by fluorescent redox sensor
井上 幸江
FASEB”Trace Elements in Biology and Medicine”   2016年6月5日   
Modulation of heme-oxygenase gene expression by heat shock factor 1.
井上 幸江
CSSI 6th International Congress on Stress response in Biology and Medicine   2012年8月18日   
Glutamine protects intestinal barrier function in Caco-2 from various stresses by modulating Hsps expression
井上 幸江
CSSI 6th International Congress on Stress response in Biology and Medicine,   2012年8月18日   
HSF interplay during sensory placode development.
井上 幸江
Jacques Monod Conference   2008年9月17日   
Mouse HSF3 can protect cells against detrimental stresses.
井上 幸江
Jacques Monod Conference   2008年9月17日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ストレスタンパク質ヘムオキシゲナーゼの熱ショック転写因子による発現制御
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 井上幸江
ストレスタンパク質ヘムオキシゲナーゼ1の転写調節における熱ショック転写因子の作用機序を分子レベルで明らかにする。
消化管障害にに対するグルタミンの保護効果
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 赤木玲子
温熱ストレス、エタノール添加、酸化ストレスによる消化管障害に対するグルタミンの保護作用のメカニズムを分子レベルで明らかにする。
熱ショック転写因子による発熱・炎症性サイトカイン遺伝子群の転写制御
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 井上 幸江
熱ショック転写因子による炎症反応のネガティブフィードバック機構
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 中井彰
熱ショック転写因子によるIL-6遺伝子発現制御の分子機構
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 井上 幸江