野垣 宏

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/10 15:18
 
アバター
研究者氏名
野垣 宏
 
ノガキ ヒロシ
eメール
nogakiyamaguchi-u.ac.jp
所属
山口大学
部署
山口大学 大学院医学系研究科(医学) 大学院医学系研究科(保健学専攻)(医学) 地域・老年看護学講座
職名
大学院担当教授
学位
博士(医学)(山口大学)
その他の所属
山口大学山口大学
科研費研究者番号
10218290

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
山口大学 大学院医学系研究科(医学) 大学院担当教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年3月
神戸大学 医学部 医学科
 

論文

 
鎮静下内視鏡診療後における高齢者の覚醒レベルの推移ー催眠深度測定指標を用いたパイロットスタディー
松本涼太、堤 雅恵、野垣 宏、末永弘美
山口医学   67(4) 193-199   2018年12月   [査読有り]
回復期リハビリテーション病棟看護師の認知症高齢者への退院支援:在宅の視点のある病棟看護の実践に対する自己評価尺度調査
清永麻子、永田千鶴、堤 雅恵、野垣 宏
日本リハビリテーション看護学会誌   8(1) 54-60   2018年11月   [査読有り]
Effects of stimulation by nostalgic images on heart rate variability
Suenaga Hiromi, Tsutsumi Masae, Nogaki Hiroshi
The Bulletin of the Yamaguchi Medical School   65(3-4)    2018年   [査読有り]
鎮静下内視鏡診療後に発現するせん妄様行動の関連因子の検討
松本涼太、堤 雅恵、野垣 宏、末永弘美、西川 潤、清水慶久、小林敏生
山口医学   66(2) 97-104   2017年5月   [査読有り]
Individual reactions to viewing preferred video representations of the natural environment: A comparison of mental and physical reactions
Tsutsumi Masae, Nogaki Hiroshi, et al
Japan Journal of Nursing Science   dos:10.1111/jjns.12131    2016年   [査読有り]
Effects of journal writing on cognitive function in older people
Tsutsumi M, Hirose H, Nogaki H, Kinoshita H, Mizuta K, Yamaguchi K, Yoshimura T
The bulletin of the Yamaguchi Medical School   61(1-2) 15-22   2014年   [査読有り]
個別のアクティビティとして夕方に行うおしゃべりが認知症事例の夜間睡眠に及ぼす効果(共著)
堤 雅恵,児玉悦子,野垣 宏,留畑寿美江,小林敏生
日本認知症ケア学会誌   12(2) 419-428   2013年7月   [査読有り]
立ち上がり動作に適したベッドの高さに関する研究
小澤美咲,堤 雅恵,野垣 宏
看護技術   59(4) 91-96   2013年   [査読有り]
和久, 美恵,野垣, 宏,児玉, 理恵
日本認知症ケア学会誌   11(3) 648-664   2012年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
筋力発揮の脳・神経科学-その基礎から臨床まで-
野垣 宏
市村出版   2017年3月   
医学・看護用語便利辞書
山勢博彰、野垣 宏 (担当:監修)
株式会社照林社   2012年9月   ISBN:9784796522724
Web版リハビリテーション医学用語事典
野垣 宏(共著) (担当:共著, 範囲:運動失調症)
日本リハビリテーション医学会   2011年   
看護大事典 第2版
野垣 宏(共著) (担当:共著, 範囲:電気生理学検査 他)
医学書院   2010年   
高齢者ケア「疑問すっきり」便利事典
阿部芳江&野垣宏&その他42名
金芳堂   2006年   

講演・口頭発表等

 
Effects of cosmetic therapy on sleep/wake patterns, cognitive function, and physical function of frail elderly women with dementia
野垣 宏
20th JAGG   2013年   
イヌ回虫幼虫移行症による脊髄炎の1例
福迫俊弘&山下博史&木山真紀子&尾本雅俊&野垣宏
日本内科学会雑誌   2008年5月   
VSRADの認知症患者診断における有用性
小笠原淳一&川井元晴&根来清&神田隆&野垣宏
第8回山口県認知症研究会   2007年3月   
リハビリテーション施設入院中の神経内科疾患患者の合併症についての検討
坂田尚広&野垣宏
リハビリテーション医学   2005年6月   
脳梗塞急性期患者の転倒についての検討
坂田尚広&野垣宏
リハビリテーション医学   2004年6月   
Effect of horticultural activities for demented elderly
Nogaki H.
Geriatrics and Gerontology International   2003年11月   
Effects of horticultural activities for demented elderly
The Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology   2003年   
痴呆性高齢者に対する園芸活動の効果
野垣宏
財団法人山口老年総合研究所年報   2002年10月   
各種疾患における在宅介護負担度の検討
野垣宏&岩山しずか&戎祐美&馬原亜希
平成13年度山口県介護保険研究大会集録集   2002年1月   
Changes of body surface temperatures and subjective feeling in subjects with prone position
Ito M. & Yoneda J. & Inagaki J. & Nogaki H.
Fourth International Nursing Research Conference   2001年6月   
Psychological effects of massage and shiatsu in subjects with prone position with face down
Ito M. & Yoneda J. & Inagaki J. & Nogaki H.
Fourth International Nursing Research Conference   2001年6月   
Psychophysiological effect of massage and shiatsu to prone position with face down
Inagaki J. & Yoneda J. & Ito M. & Nogaki H.
Interdisciplinary Approach Womens' Health -Elderly Health Care-   2001年6月   
Movement velocity dependent muscle strength in Parkinson's disease: Analysis of torque curve pattern
Nogaki H. & Kakinuma S. & Morimatsu M.
5th International Congress on Progress in Alzheimer's Disease and Parkinson's Disease   2001年4月   
Movement velocity dependent muscle strength in Parkinson's disease: Analysis of torque curve pattern
5th International Congress on Progress on Alzheimer's disease and Parkinson's disease   2001年   
Muscle weakness in Parkinson's disease: A follow-up study
13th Congress of International Society of Electrophysiology and Kinesiology   2000年   
Muscle strength in Parkinson's disease (the second report)
8th World Congress of the International Rehabilitation Medicine Association   1997年   
Muscle strength in Parkinson's disease
9th Asian Oceanian Congress of Neurology   1996年   
The influence of unilateral spatial neglect on standing balance and activities of daily living
The 4th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology   1991年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
痴呆性高齢者への園芸療法の試みとその評価方法に関する研究
山口大学: 
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月

その他

 
1.痴呆に関連する専門職からなる「やまぐち痴呆を考える会」を設立し、痴呆性老人およびその家族のQOL向上のための手法を検討している。<br>2.等運動性筋力測定装置Cybexを使用して、パーキンソン病患者の下肢筋力を測定し、その筋力低下が運動速度依存性であることを明らかにした。現在、その運動曲線パターンを解析している。<br>3.頭痛調査票MIDASを用い、看護系学生の頭痛の実態を調査している。頭痛により学生生活・日常生活が妨げられている学生については、相談のうえ、必要に応じて、検査・治療を行っている。
1.痴呆性高齢者の早期発見とその後の痴呆悪化防止のシステム作りを行政とタイアップして検討している。<br>2.山口県農業試験場と協力して、グループホーム入所中の痴呆性高齢者を対象に、園芸作業前後の唾液中ストレス関連物質を測定している。<br>3.長崎総合科学大学、NPO法人と協力して、三次元立体映像を使用した反応および体験型リハビリテーションプログラムの開発と実践に取り組んでいる。
1.痴呆に関連する専門職からなる「やまぐち痴呆を考える会」を設立し、痴呆性老人およびその家族のQOL向上のための手法を検討している。<br>2.痴呆性老人に対する園芸療法の効果を、タッチモニターを用いた反応時間やバイタルサインの変化の面から検討している。<br>3.頭痛調査表MIDASを用い、看護・検査技術系学生の頭痛の実態を調査している。頭痛により学生生活・日常生活が妨げられている学生については、相談のうえ、必要に応じて検査・治療を行っている。
1.ミラーボックス内で上肢の回内・回外運動を行い、磁気刺激、サーモグラフィ、<br>Functional MRI等を用いて解析する。
早期アルツハイマー病診断支援システムVSRADを用いて、アルツハイマー病が疑われる初期認知症患者の海馬傍回の萎縮の程度をMRI画像から解析し、早期診断に結びつける。