基本情報

所属
山口大学 山口大学 教育学部 教育学部 理科教育講座 大学院担当教授
(兼任) 教育学部 理科教育 教授
学位
理学博士(広島大学)

研究者番号
20157746
J-GLOBAL ID
201101074870472820

研究キーワード

  1

経歴

  2

論文

  31

MISC

  1

講演・口頭発表等

  7

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1

産業財産権

  1

その他

  8
  • 1.生体関連高分子と低分子の相互作用研究として、<br> 1)血中で多様な低分子物質(脂肪酸、アミノ酸、ビタミン、薬物等)の運搬機能を果たしている血清アルブミンの特異的な薬物結合能力の原因とされている”構造適応性”概念の実態を平衡論的・速度論的に研究し、アルブミン自身が持つ幾つかの構造変化のモードが重要な役割を果たしていること等を明らかにした。 <br> 2)近年、蛋白質およびその局所構造モデル物質に対する両親媒性物質の結合機構を理論的・実験的に研究している。特に、球状蛋白質に対する協同的結合の統計力学的解析法を初めて確立した。<br> 3)分析手法の一つである界面活性剤イオン選択性膜電極法の検出感度の改良研究を行なっている。<br>2.統合的科学教育教材の開発として、 <br> 1)アサリ貝殻模様の形成機構 <br> 2)物の性質と形の性質-植物葉の撥水性- <br> 3)植物の姿勢と形への重力の影響 <br> 4)気体状態方程式の視覚化教材<br>等の教材化研究を進めている。
  • 1.生体関連高分子と低分子の相互作用研究として、<br> 1)血中で多様な低分子物質(脂肪酸、アミノ酸、ビタミン、薬物等)の運搬機能を果たしている血清アルブミンの特異的な薬物結合能力の原因とされている”構造適応性”概念の実態を平衡論的・速度論的に研究し、アルブミン自身が持つ幾つかの構造変化のモードが重要な役割を果たしていること等を明らかにした。 <br> 2)近年、蛋白質およびその局所構造モデル物質に対する両親媒性物質の結合機構を理論的・実験的に研究している。特に、球状蛋白質に対する協同的結合の統計力学的解析法を初めて確立した。<br> 3)分析手法の一つである界面活性剤イオン選択性膜電極法の検出感度の改良研究を行なっている。<br>2.統合的科学教育教材の開発として、 <br> 1)アサリ貝殻模様の形成機構 <br> 2)物の性質と形の性質-植物葉の撥水性- <br> 3)植物の姿勢と形への重力の影響 <br> 4)気体状態方程式の視覚化教材<br>等の教材化研究を進めている。
  • 1.生体関連高分子と低分子の相互作用研究として、<br> 1)血中で多様な低分子物質(脂肪酸、アミノ酸、ビタミン、薬物等)の運搬機能を果たしている血清アルブミンの特異的な薬物結合能力の原因とされている”構造適応性”概念の実態を平衡論的・速度論的に研究し、アルブミン自身が持つ幾つかの構造変化のモードが重要な役割を果たしていること等を明らかにした。 <br> 2)近年、蛋白質およびその局所構造モデル物質に対する両親媒性物質の結合機構を理論的・実験的に研究している。特に、球状蛋白質に対する協同的結合の統計力学的解析法を初めて確立した。<br> 3)分析手法の一つである界面活性剤イオン選択性膜電極法の検出感度の改良研究を行なっている。<br>2.統合的科学教育教材の開発として、 <br> 1)アサリ貝殻模様の形成機構 <br> 2)物の性質と形の性質-植物葉の撥水性- <br> 3)植物の姿勢と形への重力の影響 <br> 4)気体状態方程式の視覚化教材<br>等の教材化研究を進めている。
  • 1.1)血中で多様な低分子物質(脂肪酸、アミノ酸、ビタミン、薬物等)の運搬機能を果たしている血清アルブミンの特異的な薬物結合能力の原因とされている”構造適応性”概念の実態を平行論的・速度論的に研究し、アルブミン自身が持つ幾つかの構造変化のモードが重要な役割を果たしていること等を明らかにした。2)近年、蛋白質およびその局所構造モデル物質に対する両親媒性物質の結合機構を理論的・実験的に研究している。特に、球状蛋白質に対する協同的結合の統計力学的解析法を始めて確立した。<br>2.統合的科学教育教材の開発として、1)アサリ貝殻模様の形成機構、2)物の性質と形の性質-植物葉の撥水性-、3)植物の姿勢と形などの分析と教材化の研究を進めている。
  • 1.1)血中で多様な低分子物質(脂肪酸、アミノ酸、ビタミン、薬物等)の運搬機能を果たしている血清アルブミンの特異的な薬物結合能力の原因とされている”構造適応性”概念の実態を平行論的・速度論的に研究し、アルブミン自身が持つ幾つかの構造変化のモードが重要な役割を果たしていること等を明らかにした。2)近年、蛋白質およびその局所構造モデル物質に対する両親媒性物質の結合機構を理論的・実験的に研究している。特に、球状蛋白質に対する協同的結合の統計力学的解析法を始めて確立した。<br>2.統合的科学教育教材の開発として、1)アサリ貝殻模様の形成機構、2)物の性質と形の性質-植物葉の撥水性-、3)植物の姿勢と形などの分析と教材化の研究を進めている。