基本情報

所属
山口大学 山口大学 教育学部 教育学部 技術教育講座 大学院担当教授
(兼任) 教育学部 技術教育 教授
(兼任) 教育学部 技術教育 教授
学位
工学博士(九州大学)

研究者番号
70117125
J-GLOBAL ID
200901015319865158

経歴

  2

論文

  56

書籍等出版物

  3

講演・口頭発表等

  26

その他

  7
  • 1.耐摩耗材料を鋳造法により溶製する。摩耗試験、破壊じん性試験を行なう。顕微鏡による組織の観察を行い、摩耗機構や破壊機構の解析を行う。摩耗試験機を用いて摩耗重量減少量の測定、金属疲労の観察による耐疲労特性の研究を実施している。<br> <br>2.使用済みアルミニウム空き缶を回収して、七輪で溶解して、鋳造によるものづくりを行っている。溶解方法、砂型製作方法を検討して、学校現場で、成功率の高い授業実践方法を開発する。<br> <br>3.海洋浄化を行うために、空気を海洋の底部に挿入して、海洋の溶存酸素量を高める方法を開発する
  • 1.耐摩耗材料を鋳造法により溶製する。摩耗試験、破壊じん性試験を行なう。顕微鏡による組織の観察を行い、摩耗機構や破壊機構の解析を行う。摩耗試験機を用いて摩耗重量減少量の測定、金属疲労の観察による耐疲労特性の研究を実施している。<br> <br>2.使用済みアルミニウム空き缶を回収して、七輪で溶解して、鋳造によるものづくりを行っている。溶解方法、砂型製作方法を検討して、学校現場で、成功率の高い授業実践方法を開発する。<br> <br>3.海洋浄化を行うために、空気を海洋の底部に挿入して、海洋の溶存酸素量を高める方法を開発する
  • 1.耐摩耗材料を鋳造法により溶製する。摩耗試験、破壊じん性試験を行なう。顕微鏡による組織の観察を行い、摩耗機構や破壊機構の解析を行う。摩耗試験機を用いて摩耗重量減少量の測定、金属疲労の観察による耐疲労特性の研究を実施している。<br> <br>2.使用済みアルミニウム空き缶を回収して、七輪で溶解して、鋳造によるものづくりを行っている。溶解方法、砂型製作方法を検討して、学校現場で、成功率の高い授業実践方法を開発する。<br> <br>3.海洋浄化を行うために、空気を海洋の底部に挿入して、海洋の溶存酸素量を高める方法を開発する
  • 1.耐摩耗材料を鋳造法により溶製する。摩耗試験、破壊じん性試験を行なう。顕微鏡による組織の観察を行い、摩耗機構や破壊機構の解析を行う。摩耗試験機を用いて摩耗重量減少量の測定、金属疲労の観察による耐疲労特性の研究を実施している。<br> <br>2.使用済みアルミニウム空き缶を回収して、七輪で溶解して、鋳造によるものづくりを行っている。溶解方法、砂型製作方法を検討して、学校現場で、成功率の高い授業実践方法を開発する。<br> <br>3.海洋浄化を行うために、空気を海洋の底部に挿入して、海洋の溶存酸素量を高める方法を開発する。
  • 1.耐摩耗材料を鋳造法により溶製する。摩耗試験、破壊じん性試験を行なう。顕微鏡による組織の観察を行い、摩耗機構や破壊機構の解析を行う。摩耗試験機を用いて摩耗重量減少量の測定、金属疲労の観察による耐疲労特性の研究を実施している。<br> <br>2.使用済みアルミニウム空き缶を回収して、七輪で溶解して、鋳造によるものづくりを行っている。溶解方法、砂型製作方法を検討して、学校現場で、成功率の高い授業実践方法を開発する。<br> <br>3.海洋浄化を行うために、空気を海洋の底部に挿入して、海洋の溶存酸素量を高める方法を開発する。