SUZUKI Mitsuko

J-GLOBAL         Last updated: Apr 22, 2019 at 21:42
 
Avatar
Name
SUZUKI Mitsuko
E-mail
mitsuko.suzuki.c1tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/0888f84af8e1f40c7a037bb4e22e9ae3.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of International Cultural Studies

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2003
 - 
Mar 2013
Professor, Tohoku University Graduate School of International Cultural Studies, Department of Language Studies, Department of Cultural Uses of Language
 
2003
   
 
- Graduate School of International Cultural Studies, Tohoku University Professor
 
1999
 - 
2003
Osaka Women's University Professor
 
1998
 - 
1999
Osaka Women's University Professor
 
1996
 - 
1998
Department of Economics, Yamaguchi University Professor
 
1993
 - 
1996
Yamaguchi University Professor
 
1977
 - 
1989
Ube Junior College Lecturer, Assistant Professor
 
1973
 - 
1977
Miyagi Women's University
 

Education

 
 
 - 
1973
English Literature, Graduate School, Division of Letters, Tohoku University
 
 
 - 
1971
English Literature, Faculty of Literature, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
2011
 - 
2012
日本学術振興会 科学研究費委員会 審査委員
 
2012
   
 
日本学術振興会 「平成24年度博士課程教育リーディングプログラム」 書面レビュア
 
2010
 - 
2011
日本英文学会東北支部編集委員会  編集委員
 
2010
 - 
2011
日本学術振興会 科学研究費委員会 審査委員
 
2011
   
 
日本ブロンテ協会  評議員
 
2007
 - 
2010
日本ジョンソン協会論集委員会  代表
 
2001
 - 
2010
『試論』英文学会  編集委員
 
2009
   
 
日本ギャスケル協会編集委員会  委員
 
2007
   
 
日本オースティン協会 編集委員  委員
 
2004
 - 
2006
日本学術振興会 特別研究員等審査会 専門委員
 
2003
 - 
2006
日本ジョンソン協会論集委員会  委員
 
2003
 - 
2006
日本英文学会大会準備委員  委員長(平成17年〜18年
 
2002
 - 
2005
大学設置・学校法人審議会 専門委員
 
2001
 - 
2002
南山大学大学院文学研究科学位審査委員会 審査委員
 

Published Papers

 
イギリスの状況小説としての『エマ』─偽善と欺瞞、スパイ行為と裏切り
鈴木美津子
『英国小説研究』   24 5-31   2012
シャーロット・ブロンテとロマン主義時代の歴史小説・国民小説─『ヴィレット』に見られる枠組みの変容
鈴木美津子
Brontë Studies   5(3) 29-51   2011
崇高なる感受性に殉じてーー『不誠実な友人』と「若い女性が世の中に出る」
Mitsuko Suzuki
Studies in English Novels   20 63-82   2001
『秘密』における四つの歪められた物語ーーフェンウイックとルソー、ゲーテ、ラクロ
Mitsuko Suzuki
Journal of English Studies   創刊 35-52   2000
ペチコートをはいたハイエナか、ひたむきな女権論者か?ーー小説に描かれたメアリ・ウルストンクラフト
Suzuki Mitsuko
Studies in English Novels   18 66-84   1997
Julie, a Wanton Baggage or a Paragon of Virtue?: Julie, ou la Nouvelle Heloise and Intertextuality
Suzuki Mitsuko
東北大学『試論』   32 31-46   1993

Misc

 
Emma and Fashion
Suzuki Mitsuko
Studies in English Literature   64(2)    1988
Two Stories in Persuasion
Suzuki Mitsuko
Studies in English Literature   69(1)    1992
The War of Ideas in Belinda
Suzuki Mitsuko
Studies in English Literature   73(2) 207-19   1997
シャーロット・ブロンテとシドニー・オーウェンソン
鈴木美津子
Brontë Newsletter of Japan   (83)    2011
ロバート・ベイジとルーナー協会
鈴木美津子
『学会ニュース』   (63)    2010
The Novel over the Act of Union--Charles Maturin's The Irish Chief
Mitsuko Suzuki
Studies in English Novels   第23冊 81-102   2008
A National Tale and Regional Novel Constructed by Sydney Owenson
MItsuko Suzuki
Women Novelists' Contribution and Challenge to Fictions' Subgenre      2008
What Jane Austen Learned from Hermsprong'
Mitsuko Suzuki
For Those who Learn Jane Austen   125-138   2007
The age of chivalry has passed'?--Reaction and Repulsion against Edmund Burke
Mitsuko Suzuki
日本ジョンソン協会年報   (31) 22-26   2007
Mr Collins
Mitsuko Suzuki
The Rising Generation,Kenkyusha      2007
研究の現在
鈴木美津子
The Victorian Studies Society of Japan   (6)    2007
How Does Sydney Owenson Represent Ireland ?
Mitsuko Suzuki
Studies in English Novels   22 25-52   2006
A Vindication of Mary Wollstonecraft: Jacobin Elements Latent in Amelia Opie's The Father and Daughter
Mitsuko Suzuki
Journal of the Graduate School of International Cultural Studies   13 35-46   2005
Waves, Fire, Monsters and Steam: Representation of the Working Classes in Mary Barton
Mitsuko Suzuki
『ギャスケル論集』   13 11-18   2003
Representation of the Working Classes in Mary Barton
Mitsuko Suzuki
Journal of English Studies   4 75-88   2003
ジュリは浮気女か、美徳の鑑かーー『新エロイーズ』とロマン主義時代の英国小説
Mitsuko Suzuki
The Rising Generation   2月号 17-21   2002
A Seducing Tutor--Sydney Owenson's Criticism on Edmund Burke
Mitsuko Suzuki
Journal of English Studies   2 81-98   2001
「文明としての田園」
Mitsuko Suzuki
『世界の文学:ヨーロッパIII 』,朝日新聞社   (12) 36-39   1999
Coexistence of Genre in The Memoirs of the Modern Philosopher
Mitsuko Suzuki
Studies in English Novels   19 65-83   1999
The Female Utopia in Millenium Hall
Mitsuko Suzuki
大阪女子大学『女子大文学(外国文学編)』   51 27-38   1999

Books etc

 
The Rise of Readers and the Writers
Sekaishisosha   Apr 2008   ISBN:978-4-7907-1331-9
British Novelists Read Rousseau--The War of Ideas over La Nouvelle Heloise
Kokushokankoukai   2002   
Jane Austen and Her Age
Seibidou   Jan 1995   

Conference Activities & Talks

 
シャーロット・ブロンテとロマン主義時代の歴史小説・国民小説─『ヴィレット』に見られる枠組みの変容 [Invited]
16 Oct 2010   
奢侈、放縦、享楽─摂政時代の申し子
日本オースティン協会第4回大会   2010   
ロマン主義時代の歴史小説と『北と南』
日本ギャスケル協会第21回大会   2009   
『新エロイーズ』をめぐる英国作家の攻防 [Invited]
日本比較文学会東北支部第6回比較文学研究会   2008   
社会規範から逸脱した女の行方─排除・矯正か,称賛・擁護か?
東北英文学会第62回大会   2007   
イングランドの読者と国民小説の誕生─Sydney Owensonの The Wild Irish Girl に潜む戦略
イギリス・ロマン派学会第32回全国大会   2006   
仕事に生きる女性達─小説家と家庭教師 [Invited]
盛岡大学英語英米文学会秋季講演会   26 Oct 2006   
異文化体験の旅─Sydney Owensonの構築した国民小説、地域小説の枠組み
日本ジョンソン協会第39回大会   2006   
Sydney Owensonはいかにアイルランドを表象するか
日本英文学会第76回大会   2004   
エジェ先生からの贈り物─ VilletteにおけるPaul et Virginieの意味
日本ブロンテ協会2003年大会   2003   
労働者階級の表象─同時代の社会問題小説と比較して
日本ギャスケル協会第14回大会   2002   
『現代の哲学者の思い出』における小説ジャンルの混在
日本英文学会第70回大会   1998   
結婚しないで幸福に暮らしました─Sarah ScottのMellenium Hall
日本英文学会中部支部第49回大会   1997   
ペチコートをはいたハイエナか、ひたむきな女権論者か?
日本ジョンソン協会第29回大会   1996   
「感傷小説」の知的枠組みとしての『新エロイーズ』
日本英文学会第68回大会   1996   
ルソー的女子教育の欠陥
日本ギャスケル協会第7回大会   1995   
Belindaにおける思想の戦い
日本英文学会第67回大会   1995   
Northanger Abbeyと「国政」
日本ジョンソン協会第25回大会   1992   
Persuasionにおける二つの物語
日本英文学会第63回大会   1991   
シャーロット・ブロンテと縫い物
日本ブロンテ協会第5回大会   1989   
Emmaと流行
日本英文学会第58回大会   1986   
『高慢と偏見』における衣装描写
日本英文学会中四国支部第38回大会   1985   
Bathにおける中心と周縁
日本英文学会第54回大会   1982   
ジェイン・オースティンの教育小説
日本英文学会中四国支部第32回大会   1979   
ジェイン・オースティンのノンセンス
東北英文学会第30回大会   1975   
ジェイン・オースティンの「感傷小説」
東北英文学会第29回大会   1974   

Works

 
近代成立期における「中東」表象
2007 - 2008
18世紀ヨーロッパおよび東アジアにおける「中東」表象
2005 - 2006
十八世紀ヨーロッパおよび日本における「中東」表象
2005
米本弘一 著 『フィクションとしての歴史─ウォルター・スコットの語りの技法』
2007
 Harry E. Shaw, Narrating Reality: Austen, Scott, Eliot
2001
 Claudia L. Johnson, Equivocal Beings: Politics, Gender, and Sentimentality in the 1790s
1997
 John Carey, The Intellectuals and Masses, Pride and Prejudice among the Literary Intelligentsia, 1880-1839
1995
Elizabeth A. Bohls, Women Travel Writers and the Language of Aesthetics, 1716-1818
1997
『ロンドン事典』項目執筆
2001 - 2002
十八世紀女性作家研究会編『長い十八世紀の女性作家たち─アフラ・ベインからマライア・エッジワースまで』
2010
川津雅江著『サッポーたちの十八世紀─近代イギリスにおける女性・ジェンダー・セクシュアリティ』
2013
植松みどり著『ジェイン・オースティンと「お嬢さまヒロイン」』
2012
Review
1990
Jay Rubin, Injurious to Public Morals: Writers and Meiji State
2000 - 2010
Elizabeth Gaskell, 'Lancashire's Lesson'
2008
松本啓 著『イギリス小説の知的背景』
2006

Research Grants & Projects

 
The Rise and Transformation of the National Tale in the Romantic Era
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2011   
Jean-Jacques Rousseau's Influences on the Romantic Novels
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 1993 - 1994
British Novels of the Romantic Era
Project Year: 1973